白鯨な日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 42の25thアニバーサリー

<<   作成日時 : 2013/02/08 22:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2月4日はT-SQUAREのキーボーディスト河野啓三さんの42歳のお誕生日でした。
おめでとうございます!
河野さんが42歳を迎えたこの日、42繋がりでLEVELl42のライブを観て来ました(笑)。
21世紀に入ってから3度目、前回から1年半ぶりの来日公演。
今公演をT-スクェアのライブに例えて説明しますと…
現スクェアメンバーが、2012年に『あぁ、TRUTHから25年』という名の
スペシャルライブを開催したような、そんな驚きのライブでした!
アルバム『TRUTH』の全曲を曲順通りに演奏し、その後「Little Mermaid」
「All About You」と続け、アンコールでは「Magic」を演奏したとしたら、
スクェアファンの皆さんはビックリするでしょう?
LEVEL42のライブでは、それと同じ事が実現したんですよ。

私、普段LEVEL42についての情報収集はサボり気味で、来日公演決定の
ニュースを知ってからは…ネタバレを避けるために、いつも以上に情報から
離れていたんですね。
なので、2012年10〜11月に彼らが『RUNNING IN THE FAMILY』25周年
コンサートツアーなるものを行っていた事を、全然知らなかったのです!

今回の来日公演、8公演(大阪1日×2公演、東京3日×2公演)の内、
東京公演1日目2ndステージを観に行きました。
客席に入る前にロビーの販売コーナーをチラッと見たのですが、
ホント遠目に一瞬見ただけだったので、ワタクシ非常にトンチンカンな
反応をしました。

…ん?CDだけじゃなく、メンバーのサイン色紙も売られている?
『RUNNING IN THE FAMILY』のアルバムジャケット風の台紙に、
サインが書かれていたような…

終演後、それが恥ずかしい勘違いだったと思い知る訳ですが、
そうなる事も知らない私は、呑気に客席へ移動。
1年半前の公演同様、ほぼ満席の自由席とDXシートに対して、
カジュアルエリア&DUOシートはガラガラ…
どうして、席種でこんなに集客の差があるんだろう?
(ちなみに、東京2日目&3日目の2ndの自由席は完売)

「Lessons In Love」からライブはスタート!
マークのベース、今度はです。ボディも、ネック上で光るLEDも赤!

1曲演奏後、マークが挨拶。
確かこんな事を英語で言っていたような…

「アルバム『RUNNING IN THE FAMILY』からの曲を全て演奏するつもりだよ。」

 (゚◇゚)  な  ん  で  す  と  ?  ?  ?

目が点になる私。

この時点では、まだ今公演が『RUNNING IN THE FAMILY』25周年ライブだと
理解していなかった私は、「えっ?何?どういう事?」と動揺。そして、
「もしや日替わりメニュー?今日は『RUNNING IN THE FAMILY』ナイトで、
明日は『STARING AT THE SUN』ナイトだったりして。そんなんだったら、
全公演観ないと悔いが残るー!」などど、今振り返ってみると
非常にトンチンカンな事を考えてアタフタしておりました(爆)。

『RUNNING IN THE FAMILY』全9曲を、アルバム収録順に披露するマーク達。
いつもみたいに演奏曲が正確に思い出せない心配、まるで無し!(苦笑)
このアルバムの曲はライブで演奏される頻度が高いので、正直言って
新鮮味はなかったのですが…全曲通しで演奏されると、やっぱり
「うわー」と感嘆してしまいます。
今回聴けて一番嬉しかった曲は、「Two Solitudes」かな。

『RUNNING IN THE FAMILY』全曲演奏後は、ライブ定番曲で会場大盛り上がり!
開演前まで「今回は何が演奏されるのかな?マニアックな曲が出て来たら
いいのにな」と思っていた私は、まさかの展開に戸惑いながらも
盛り上がりの輪の中に加わったのでした。

ライブ中の戸惑いと疑問への答えは、終演後に出ました。
開演前にチラ見したサイン色紙らしきものが、実は2012年コンサートツアーの
パンフレット(サイン入り)だった事が分かったのです。

2010年に、バンド30周年記念ツアーを行ったLEVEL42。その2年後に
企画されたのが、『RUNNING IN THE FAMILY』25周年だった訳です。
年が明けて2013年になってしまいましたが、今回の日本公演も2012年の
コンサートツアーと同様『RUNNING IN THE FAMILY』25周年を祝うコンセプトで
行われた模様。なるほど、そういう事だったのか…

『RUNNING IN THE FAMILY』がマーク達にとって特別なアルバムだという事を、
今更ながら知りました。
奇しくも私がLEVEL42のファンになったのは、この『RUNNING IN THE FAMILY』が
リリースされた1987年
「一番好きなアルバムは?」と質問されると、実は即答出来ないのですが
(まんべんなく好きなので…)、『RUNNING IN THE FAMILY』は
「初めて聴いたアルバム」として思い入れのある作品です。

そんな訳で、2012年ツアーパンフレットを迷うことなく購入!
他には、CD『LEVEL BEST』『THE ACOUSTIC ALBUM』が売られていました。
アコースティックアルバムは、オススメですよ!2010年に発売された
4枚組企画盤『LIVING IT UP』のCD4と同じ内容のようだったので、
企画盤を所有している私は購入しませんでしたが、このアコースティック
アルバム、1曲目からグッと来る事間違い無し!の素晴らしい演奏が聴けます。

東京公演では、終演後のサイン会の開催は無し。
パンフレット購入後、ビルボードライブ東京オープン5周年を祝しての
出演ミュージシャンの寄せ書きサインボードを眺めたり(バート・バカラック
サインをガン見して来ました)、再び客席に入ったり、少し様子を
見ていましたが…

ドラマーのピートのみ楽屋から出て来て、熱心なファンらしき数人と
話をしていました。他のお客さんに混じって、ピートに「私、インコグニートも
好きなんです!」とか話しかけるチャンスがあった訳ですが…
積極的な気分になれず、遠目にピート達を眺め、割とすぐ会場を出る事に。

東京公演の初日だったためか、出待ち態勢で粘るお客さんは少なかった模様。
多分、皆さん2or3日目にもライブ参戦予定なので、初日は見送ったのしょうね。
あっさり解散して行く他のお客さん達。でも、私は今日しかライブ観れないの。
だから今日に賭けたかったのだけど…(T_T)

前回(2011年8月)の来日公演のレポにも書きましたが、あの時は東京での3日間の
公演の内、私の観に行った日だけ終演後のメンバー達との交流の機会が無くて、
悔し涙を流したんですね。当時のレポには敢えて書かなかったんですけど、
手紙まで用意してたんですよ、私。

もしサイン会があったとしても、英会話力に乏しいものだから、
マーク達に自分の気持ちを上手く伝えられないだろうなぁと思い、
英語で手紙を書いて来たのです。結局、その手紙は渡せませんでした。
お店のスタッフさんに手紙を託し、後で渡してもらう事は出来たかもしれませんが、
私にとっては直接メンバーに渡さないと意味が無かったんです。

あれから1年半…渡せなかった手紙は、押入れの中です。
少し書き直して新たな手紙を用意したのですが、結局それはボツに。
手紙作戦をやめて、マーク&マイクに何を話すかをあらかじめ考えて行く事に
決めました。そして、思い付いたのが…まさかのダジャレ。
ろくに英会話出来ない私が、ダジャレなんて高度な技を使えるのか???

過去の色々な出来事を振り返ると…私、用意周到で挑むとコケる事が結構
多いんですよねぇ。なので、今回も哀しい結果に終わりそうな予感が
ヒシヒシとしました。終演後メンバー達に会えない可能性の方が高いよ、
あんまり期待しちゃダメだよ、とライブ数日前から自分に言い聞かせ続ける始末。
もう、何やってんだろう自分…(^^;

案の定、哀しい結果に終わりました…
これで2日目か3日目にマークとマイクが終演後に姿を見せていたら、1年半前と
同じくらい「なんて運が悪いんだぁー」と落ち込みそうですが、幸い今の所
そういった情報は耳にしていません。

『RUNNING IN THE FAMILY』9曲演奏は、全公演共通メニューだったと思いますが、
終盤&アンコールは多分公演によって違う曲が演奏されたのではないかと。

東京公演2日目2ndのアンコールでは「Heathrow」が披露されたそうで、
生で聴けた人はラッキーでしたね!
これも後で知った事ですが、2012年のワールドツアーのセットリストに
この曲が入っていたみたいです。日本よりも公演時間が長めなのか、
アルバム『RUNNING IN THE FAMILY』の曲の他にも結構色々演奏された
らしいのですが、その中に個人的にメチャメチャ聴きたい曲が入っていて、
今回の公演で演奏してくれたらよかったのに…!とジタバタしてしまいました。
曲名は秘密。結構マニアックです(笑)。

あと、もう1つジタバタした事。
大阪公演では、終演後に正式なサイン会が行われたそうです!
東京より2ndステージの開演時間が早く、終演後も時間に余裕があるから
なんだろうなぁ。
…もう、次回の来日公演は大阪に行くしかないな!(爆)

そんな訳で、親愛なるLEVEL42のメンバーの皆様、再び日本に来てくれて
本当にありがとうございました!(*^^*)
再びあなた達のステージを観れる日を楽しみに待っています。
なんだったら、年内の再来日もOKですよ!(笑)
今度は、マニアックなあの曲を是非!
あと、ショーンがEWIを吹く姿も生で見てみたいです。

余談。
ビルボードライブ東京、LEVEL42の次は、シルヴィ・バルタンの公演。
なんと!昨日の公演では、アンコール時にバルタン星人
サプライズゲストとして登場したそうです!そりゃ、サプライズだわ…(^^;



LEVEL42 東京公演1日目2ndステージ
  2013年2月4日(月) 21:30〜  ビルボードライブ東京
<メンバー(敬称略)>
マーク・キング(Vo/B)、マイク・リンダップ(Key/Vo)、
ネイサン・キング(G/Vo)、ショーン・フリーマン(Sax/Vo)、
ピート・レイ・ビギン(Dr)

<セットリスト>

1.Lessons In Love
2.Children Say
3.Running In The Family
4.It's Over
5.To Be With You Again
6.Two Solitudes
7.Fashion Fever
8.The Sleepwalkers
9.Freedom Someday

10.Starchild
11.Something About You
(アンコール)
12.Hot Water

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
42の25thアニバーサリー 白鯨な日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる