白鯨な日々

アクセスカウンタ

zoom RSS ハッピッピークリスマス! Part2

<<   作成日時 : 2013/01/03 22:38   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

先月、4年ぶりに神戸チキンジョージに行って来ました!
前に行った時は、再燃したスクェア熱がとんでもなく上昇していた時期。
(当時のレポは、約4年前の記事「ハッピッピークリスマス!」に)
現在は…平熱?実は、割と落ち着いていたりして。
ファンをやめた訳じゃありませんし、ライブにも可能な限り参加していますが、
スクェアに熱狂するというよりは、安藤さん好きな自分を再確認している…
といった感じですかね(爆)。

私の人生、神戸には縁が無い…という、ちょっとしたトラウマがありまして、
学生時代からの憧れのライブハウス、チキンジョージにも縁がなかったのですが、
4年前ようやくそのチキンジョージに行く決心をし、T-スクェア5daysライブ
最終日公演を観て、大満足で帰りました。
チキン初参戦のスクェアファンって、「また来年も行きたい!」と強く思う人が
多いそうですが、私の場合「満足したから、もういいや」になっちゃったんですね。
あと、ライブとは関係ない所でトラウマになる出来事があったりして
「やっぱ、私は神戸に縁がないんや…」と気持ちが沈んだ事もあり、その後3年間
スクェア神戸5daysに参加する事はありませんでした。

そんな私が、「またチキンに行こう!」という気まぐれを起こしました。
職場の勤務シフト、実家への帰省日程、諸々考慮して選択した公演日は…

最終日の12月24日!

自分のスケジュールを調整した時点では、ゲスト出演者の情報はまだ
発表されていなかったので…24日のゲストが和泉さんだと知った時は、苦笑い。
その後、ライブ仲間さんと会話していて、「今年はチキンに行くんですよー」
「いつ?」「最終日です」「あー、やっぱりねー(笑)」「いやいやいや、
決して和泉さん目当てな訳じゃないんですって!」「またまたー(ニヤニヤ)」
という展開になり、更に苦笑い。

昔からのブログ読者さんや知り合いが私を「熱心な和泉さんファン」と
捉えているだろうという事は、分かっています。
実際、熱心にライブ聴きに行っていましたけどね…(←意味深な過去形^^;)

来年にデビュー35周年を控えたスクェア。年末は、チキン公演カウントダウン公演
共にゲストを迎えて賑やかにライブを行おう!という趣向。
このゲスト効果もあったのか、チキン公演は早い時期に全5公演SOLD OUT!
祝祭日公演の開演時間が早い(=終演時間が早い)という事も、チケット人気に
繋がったのでは?遠方からのお客さんが来やすいですし。
私も、夕刻開演は大歓迎でした。4年前は、実家(関西某所)への終電を
気にしながらのライブ参戦でしたが、今回は終電は楽勝。終バスにだって
間に合うかもという、余裕の終演時間でした。

FC枠で1日券を購入。入場の順番となる整理番号は結構早い番号だったのですが、
1日券の人よりも5日通し券購入者が先に入場するシステムなので、
前方に座れる可能性はゼロ。中央の全体を見渡せる席に行けるといいなぁと
思いながら、入場を待っておりました。

いやはや…驚きました!
読み上げられた5日通し券の整理番号。つまり、チキン公演フル参加者の数。
70を超えていましたよ!

後方席になってしまうと、傍にテーブルがないのでドリンクが置けないのです。
ヤバイ!アワアワアワアワ…
散々慌てて、なんとかテーブルがある中央席を確保しました。
斜め前方客の背中に遮られて、ステージ右側がかなり見え辛かったですが、
左側の安藤さんがガン見出来るポジションだったので、プラマイゼロっすね。

今回、言葉を交わせる知り合いは1人しか来ていなくて、でもその人は
5日参加組の人だったんで、そのグループの中に割って入るのも何だなぁと
思い、開演前と終演後にちょっとお話しただけで、あとは静かにしていました。

1人で静かーにしているとですね、アウェーな空気をヒシヒシと感じる訳。
これが初日だったら全然違う雰囲気なのかもしれませんが、5日目の最終日とも
なると、前方席のお客さん達から放たれる熱気とか連帯感みたいなものが
半端ないんですよ。
ライブのMC中とか、連日参加しているお客さんにしか分からない話題が出て、
前方のお客さん達だけ盛り上がったりすると、1日参加組はちょっと寂しく
感じます。全日参加組とそうでない組の温度差が出る1コマですよね。

ただ、曲の演奏に対する情熱は、フル参加組も1日参加組も関係無し!
お客さん全員で大いに盛り上がりました! \(^o^)/

第1部にはゲスト様は登場されず、メンバー5人でのステージ。
流れるオープニングSE…
あぁ、スティッフ・ネイルズだー。
思えば、ファンになって間もない頃、スクェアのライブがFMで放送されると知り、
ウキウキしてラジオをつけたのが、27年前の…そう、あの日も寒い12月でした。
スクェアがオーケストラと共演した『Stars And The Moonコンサート』
そのコンサートの1曲目が、この曲だったのです。

懐かしく、しみじみとした気持ちと、ライブが始まるワクワクとした気持ちと、
スティッフ・ネイルズと思わせておいて全然違う曲の演奏が始まる可能性が
チラつき、ニヤニヤした気持ちと…ごちゃ混ぜ状態で待ちかまえていた私。

ジノ・ヴァネリのライブを観て以来、「Aという曲のイントロが始まって
Bという曲に繋がる」パターンがツボに入ってしまい、今回そのパターン
だったら面白いのになぁと秘かに思っていたのですが、SEから曲はそのまま
「Stiff Nails」に突入。

続く2曲目は「Beat In Beat」。この辺りは、東京カウントダウン公演ゲストの
仙波清彦さんを意識した選曲なのかな?

「The Bird of Wonder」の終わりがけで、安藤さんがヒヤリ事故!
5日連続公演の最終日、皆さんの疲労はピークに達しているようで、
演奏がグダグダになる場面が時折見受けられました。

私の場合…許せるグダグダと、我慢ならないグダグダがありまして、
スクェアのライブの場合は、ほとんど前者の許せるグダグダ。
メンバーの皆さんが演奏をミスって焦ったり苦笑いする姿を見るのが楽しくて、
許容範囲内のグダグダであれば、むしろ沢山やって欲しかったりして(爆)。

なんにしろ、安藤さんのミスでゲスト様のハードルが一気に下がりましたね。
ライブ5日目なのに入念にリハーサルをしているスクェアメンバー達を見て、
ゲスト様はかなり気後れしていたとの事なので、さぞホッとされたかと…

アルバム『WINGS』からの曲が続き、夏のツアーでは披露されなかった
「Tell Your Story」が演奏されました。
この曲では、安藤さんのスライドギターが見所!

そして、曲名紹介なしで始まった曲が…うっ!懐かし過ぎる!!
初期のアルバム(1st〜3rd)に収録された曲という事だけは分かるけど…
タッ、タイトルが出て来ない!(汗)
…2ndアルバムからの曲「This Song」でしたー。

続いて、ここでまさかの和泉バラード2曲連続演奏!
今、楽屋に作曲者さんがいるのに…(^^;
ゲスト様不在でゲスト様の曲を演奏とは、なんだか勿体ない感じ。
「遠雷」『虹曲』バージョンで披露したかったんだと思うので納得ですが、
「Catcher In The Rye」は2ndステージのゲスト様登場コーナーに持って来ても
よかったのでは?あ、でもそうなるとバラードだらけになってしまうので
「Twilight In Upper West」がカットされる事になっちゃったのかな?

盛り上がって1stステージ終了。続く2ndステージのオープニング。
イントロのシンセの所、最初の音が耳に入った瞬間…

なっ…!?
もっ…


 モーニングスター、キターッ!!! \(ToT)/

「Morning Star」の生演奏を聴いたのは、1989年の『WAVE』ツアー以来かも。
EWI奏者必須の曲なので、自分がフュージョンコピーバンドを組んでいた頃は
選曲候補に出来なくて凄く残念でした。バンドでは演奏出来ないけれど、
序盤のキーボードパートとかヒッソリと自宅でコピーしたっけなぁ。
楽器屋さんでシンセを試し弾きする時、この曲のイントロばっかり弾くという
時期がありました(笑)。

夏の『WINGS』コンサートツアーのレポで「コンサートで聴きたい曲ナンバー1の
メリルが聴けて嬉しかった」と書きましたが、「Merylu」を聴く夢が叶った後に
聴きたい曲ナンバー1に昇格した曲が、この「Morning Star」でした。

夢が実現してからブログに書くのは、後出しジャンケンのようで…
「ホンマかいな?」と皆さんに疑われるかもしれませんが、ホンマなんですー!
願望を心の中にしまっておいた方が、実現が早いような気がして来ました。
「○×が聴きたい」とネットに書いたり、機会があってもメンバーの皆さんに
リクエストしたりせずに、「コンサートで聴きたい曲リスト」は自分の心の奥底に
隠し持っていようと思います。
そんな訳で…選曲係(今回も坂東君?)、ありがとう!
最高のクリスマスプレゼントでしたよー!!(*^^*)

まだゲスト様の登場前だというのに、「Morning Star」で私のテンションMAX状態。
むしろ、ゲスト様が出て来たらテンション下がりそうな悪寒、もとい予感が
ヒシヒシと(爆)。
なんかねー、和泉さんライブ常連委員会の元幹部としては、スクェア脱退後の
和泉さんについてそれなりに詳しい身としては、色々心配でして。
演奏にしろトークにしろ、変な方向に行かなきゃいいけど…

そんな心配をしていたのは、100数十人(200人弱?)のお客さん達の中で
私だけだったんでしょうかね?ほとんどのお客さんは、5年ぶりにチキンで
スクェアと和泉さんが共演する事にワクワクしておられたと思います。

「Morning Star」「Radio Star」"Star曲"が立て続けに演奏され、
安藤さん作の新曲が披露された後、いよいよ本日のゲスト様登場タイム!
長髪は束ねていない状態で、サングラスを着用。
海外から来た出稼ぎミュージシャンというキャラ設定で、片言の日本語を
しゃべりながら登場するゲスト様…

"この人は一体どこに行くんだろう"感が、ヒシヒシと。
その姿は、まるで胡散臭い奇術師のように見えました。
私は「うわー、やってもうたー」と頭を抱えてしまいましたが、
周りのお客さん達には割とウケていたので、これでよかったんやろか?複雑な心境。

もし、伊東さんがこういう事をやらかしたら…間違いなく安藤さんが毒ツッコミ
入れるはずなんですけど、和泉さんには絡みにくいのか絡みたくないのか…
今回のゲスト様のフォロー役は、全て伊東さんが担っておりました。
伊東さん、御苦労様です。(^^;

ゲスト様は、フェンダーローズエレピを演奏。
後日T-スクェアのメンバーズサイト(有料ネットFC)にUPされた河野さんの
日記によりますと…このローズエレピは河野さんの個人所有楽器だそうで、
「和泉宏隆さんが弾いて下さった事は実に光栄な事でした。」という
感想を書かれていました。

河野さんが敬う、そんなゲスト様の演奏は…
正直言って、目立っていませんでした(爆)。
エレクトリックピアノという楽器の特性もあるでしょうが、若干音が弱い?
バンドサウンドに埋もれ気味でした。
「Twilight In Upper West」の出だしの伊東さんとのデュオ演奏、
コロコロと踊るバッキング、和泉節が強く出るソロ…と、見せ場はありましたが。

今回、ゲスト様のエレピ参加によって、河野さんの演奏が普段のスクェアライブと
どう変わるのかに凄く注目していた私。
エレピ系、ピアノ系のバッキングやソロを担当しない代わりに、ブラスとか
パッドとかのオカズ系サウンドを存分手弾き出来る訳で…果たしてどう出るか?
私が感動したのは、「宝島」での「ッタタ、ッタタ、ッタタ、ッタタ、」という
シーケンスフレーズの手弾き!
普段だったら絶対弾かないフレーズですよね。ツボにハマりました!

アンコールの1曲目は、クリスマス(イブ)の日にしか演奏されない
「Your Christmas」…4年前は、この曲を聴きたいがために神戸に来たんだっけ。
念願叶った後、アルバム『WAVE』繋がりで「モーニングスターも聴きたいなぁ」
当時思ったような記憶があります。4年後、遂に夢が叶いましたね…

T-Sクリスマスライブの定番、アンコールでのメンバーの仮装
坂東君がつけていたお面が…凄く気持ち悪かったです(笑)。
(その時の写真は、FacebookのT-Square&Staff PAGEで見る事が出来ます!
アカウント持っていなくても見れます)
お面を付けたままドラム叩くなんて窒息しそうな感じで心配でしたが、
大丈夫だったようです。
華麗にスティック回しをする坂東君が、このお面によって
ジャグリングをするピエロのように見えました。(^^)

晋吾さんが筋肉シャツを着て出て来られて、伊東さんと「なんか微妙だよね」と
苦笑いしたり、安藤さんのコスプレもなんだか微妙だったり…(キツネのサンタみたい)
昨年の安藤さんの超激萌えペンギンコスプレを拝見出来なかった事が、
未だに悔しい今日この頃。
そして、ゲスト様がどんなコスプレをして来たかといいますと…

  ビール帽子着用!

しかも、缶ビール片手に登場。(その時の写真も、上記のFacebookにあります)
ちなみに…和泉さんは、御自身のソロライブの最中は、絶対に飲酒しません。
その代わり、終演後は必ず飲みます!ビールを水のように飲みます(苦笑)。

仕事の都合がつかず、私が泣く泣く観に行くのを我慢した12月29日の
『CROSSOVER NIGHT』パラシュートのライブ、めっちゃ観たかったんですー!)に
出演予定だったナニワEXPの東原力哉さん痛風のため急遽出れなくなった
という事を知った時、真っ先に和泉さんの事が頭を過りました。
だって、痛風発症リスク高そうですもん。
このブログに何度も書いていますが…暴飲暴食夜型生活を送る人間は、
病気になった時に絶対後悔する事になりますよ!
指を動かすのが辛くなったら、音楽家人生おしまいですよ!

あと、力哉さんのピンチヒッターとして出演されたのが、平陸君だった
という事にもビックリ!
陸君、なんかもうすっかり大きくなられたそうで…
ちっちゃかった中学生の頃にお会いした時、記念写真を撮ってもらえば
よかったなぁと、後悔しています。

話をチキンT-Sライブに戻しまして…
ゲスト様のコスプレは、そんな訳で無難な感じでした。
伊東さんは、ゲスト様の事を「エレガント」と表現していましたし、
メンバーの皆さんは、和泉さんに無理なコスプレはさせられないという風に
思っておられたのかなぁ?
…でも、数年前に水戸黄門のコスプレして、シンセ漫談なんて出し物を
やってたんですよ、この人ってば。だから、遠慮の必要なんてないですよー。

案の定、演奏に支障が出たのか…曲の中盤で帽子を外し、髪を束ねる
ゲスト様だったのでした。

4日目までは、アンコールは2回(3曲)だったそうですが、
最終日の場合は、お客さん達がライブ終了を許してくれません(笑)。
その結果、アンコールは4回(5曲)に。

終演アナウンスを無視して、アンコールの手拍子を続ける我々。
「参りました!」と再登場する、伊東さんをはじめメンバーの皆さん。
…あっ、ゲスト様の姿がないっ。もしや、一足先に帰ったか!?(^^;
翌日から御自身のピアノトリオツアーが始まる事だし…

最後の曲は、お約束の「Truth」!
もしかしたら、今回はトゥルース無いかも…と、別の意味で期待していたのですが、
やはり最終日の大トリはこの曲じゃないとあかんのでしょうな。
やけになった伊東さん(←コレもお約束)が、客席のど真ん中までやって来て
EWIを吹く、吹く、吹きまくるー!
そして、伊東さんめがけてコブシを振り上げるお客さん達!
会場内最高潮で、5日間のお祭りは幕を閉じたのでした。

その後の私は、数日実家に滞在。今回はネットから離れて過ごしました。
そして、自宅に戻ってネットに繋いで、チキン5daysのネタバレ情報を
色々見ていた所…
「Truth」を演奏しない日があったそうですね!
フルサイズのライブで「Truth」無しって、結構貴重かも。

12月31日は、年末恒例のカウントダウンライブを観に行って来ましたが、
「チキンのライブに行っていてよかった!」と改めて思ったのでした。
その理由は、次回のブログにて…


T-SQUARE "YEAREND SPECIAL 2012" 5day's
  2012年12月24日(月・休) 16:30〜 神戸CHICKEN GEORGE

<メンバー(敬称略)>
安藤正容(g)、伊東たけし(sax、flute、EWI)、
河野啓三(key)、坂東慧(dr)、田中晋吾(b)
ゲスト:和泉宏隆(ep)

<セットリスト>
(第1部)
1.SE〜Stiff Nails
2.Beat In Beat
3.The Bird of Wonder
4.The Flight of The Phoenix
5.Tell Your Story
6.This Song
7.遠雷
8.Catcher In The Rye
9.High Time

(第2部)
10.Morning Star
11.Radio Star
12.(安藤さん新曲)
13.Miss You *
14.Twilight In Upper West *
15.El Mirage *
16.いとしのうなじ
17.Rondo
18.Faces

(アンコール1)
19.Your Christmas
20.Japanese Soul Brothers *

(アンコール2)
21.宝島 *

(アンコール3)
22.Omens Of Love *

(アンコール4)
23.Truth

* …ゲスト参加曲(13〜15、20〜22)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
私はトッキーデーで八ピッピーでした。(爆)
今回は毎回、曲も替ってたみたいで、5days通った組は楽しかったろうなぁ・・・
神戸に住みたいって思いましたよ。
トッキー氏に伊東さんがトッキー・セッションの企画を押してましたが・・・
いろいろと大人の事情がありそうですね。
その辺を無視する伊東さんって・・・
写真で見る和泉さんはボノラート効果もすっかり無縁となった様子。
25周年の際、「一番のダイエット食品は」との私の質問に「ボノラートでしょう」と答えた頃が懐かしいです。
それにしても、ライブ・レポ、流石です。
また、お願いします。
himebow
2013/01/03 23:23
himebowさんのブログ、拝見しましたよー。
豊雪さんデーは、鼻血モノの展開だったそうで。(^^)
そして、この日は「Truth」無しだったんですね!
今回の5daysは、ゲスト無しの年よりも色々な曲が聴けたようで、
通し参加の人は大満足だったでしょうね。
トッキー・セッションが実現したら、観に行きたいなぁ。
でも…大人の事情ですか。

和泉さんの体重、2〜3年ぐらい前に「人生最大体重だった85年を
超えるか超えないか」とかおっしゃっていたような気がしますが、
多分今は人生最大を更新中かと。
昔、皮肉を込めて和泉さんにボノラートを贈ったろかなと
考えた事があります(爆)。
あの人には、ミュージックチャージは散々貢ぎましたが、
プレゼントを贈った事って、ないんですよね…

カウントダウン公演のレポ書きも、頑張ります!
管理人
2013/01/04 21:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
ハッピッピークリスマス! Part2 白鯨な日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる