白鯨な日々

アクセスカウンタ

zoom RSS T.K. Plays "DEAR HEARTS"

<<   作成日時 : 2012/02/25 22:37   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

今月前半は、不幸の連続。
まず5日に壮絶に吐きました!昨春以来の嘔吐。
あの時は、職場で何度もトイレに駆け込む私に対して、同僚のオッサンが
ニヤリとしながらお腹ポッコリ(妊婦さん)のジェスチャーをしやがった!
オッサンって…ホント、オッサンって。(-_-;)10人中10人がああいうリアクション
取るんだろうなぁと思うと、吐き気に加えて苦笑いがこみ上げて来たのでした。
あれから数ヶ月。今度は職場でなく自宅で吐いたのが、不幸中の幸い。
そして、前回同様ツワリではありませんでした。

そして、8日には歯が欠けました!
出勤前に御飯をモソモソ食べていた所…ん?口の中に何か固いモノが。
ちりめんじゃこに甲殻類か小石でも混ざっていたのかな?と思い、
口から取り出してみると…

  はっ!?

  歯っ!?

……( ̄□ ̄lll) ←7年前の辛い歯医者通いの日々が走馬灯のように駆け巡っている 

奥歯が割れるような形で欠けてしまいました。
歯を食いしばるクセが無い事は無い私。もしかして噛み締め過ぎて歯が割れた?
最近色々ストレスを抱えていた事もあり、一瞬そう思ったのですが、
単に虫歯でボロボロになってしまったのだろうという結論に落ち着きました。

正確な月日は思い出せないのですが、昨年後半ぐらいに奥歯がうずくという症状が
出た日が1日だけあったんですよ。思い返せば、アレは虫歯を警告するサイン
だったのかも。
歯の痛みというと、ズキズキとメチャメチャ痛くて、頬も腫れて夜も眠れない
という表現を漫画やドラマ等で刷り込みされていたせいか(笑)、あのうずく感じが
虫歯に結び付かなかった訳で…今回の悲劇に至りました。

歯が欠けた時も欠けた後も、痛みは全く無し。
でも、かなり欠けた(全体の4分の1くらい)ので放置しておくわけにもいかず、
7年前にお世話になった歯科医院に即電話をしました。
よりによって花粉症シーズンが始まるという時に、歯医者通い開始。
今は平気ですが、来月あたりからは鼻で息が出来ない状態での治療。
かなりキツイだろうなぁ。(T_T)

あぁ、ツイていないなぁ。不幸の連鎖はまだまだ続くのだろうか?
そんな風にネガティブモードに入りかけていた時、あの人が鎖を
ぶった斬ってくれました!

  伊東さん!!

T-スクェアメンバーズサイト内の「伊東の部屋」での伊東さんの書き込みを
見た瞬間、興奮のあまり歯がもう数本割れるんじゃないかというくらい
食いしばってしまいました…(^^;
今度のライブで伊東さんのデビューソロアルバム『DEAR HEARTS』から
数曲演奏予定、しかも初披露の曲あり!との事。

なにしろ伊東さんセプテットのライブが恒例化してからこの数年、『DEAR HEARTS』
曲の数々を演奏して欲しいとずっと願っていたものですから、奥歯割れそうに
なるのも無理はありません。俄然テンションUP!
ここ数日のプチ不幸なんてぶっ飛びましたよ。

『DEAR HEARTS』1984年リリースのアルバム。
84年当時の私は、まだスクェアの事も伊東さんの事も知らず、このアルバムは
少し遅れてスクェアのファンになった後に購入しました。
年月は覚えていないのですが、多分85年末〜86年前半にスクェアのアルバムと
伊東さんの『DEAR HEARTS』『L7』をミュージックテープで買い集めたはず。
そう、CDでもレコードでもなくカセットテープでね(爆)。

このブログで何度もしつこく語っていてホント申し訳ないのですが、
ガキンチョ時代にテープが擦り切れるほど聴いた曲への思い入れというのは、
未だに尋常じゃないのです。
80年代半ばのスクェアのアルバムと伊東さんの『DEAR HEARTS』と『L7』は、
私にとって本当に特別なのです。
他にも『VISIONS』『T.K. LA』『GROOVE ISLAND』などなど、伊東さんの
ソロアルバムは結構所有しておりますが、さほど繰り返し聴いていない分、
初期2作と比べると愛着がありません。

さてさて『DEAR HEARTS』から何が演奏されるのか?
三管編成が映えるという視点から、私が予想した曲は…

  「Godzilla」
  「On Ventura BLVD.」
  「Brues For Lee」

伊東さん宮崎さんルイスさんの三管大活躍!で盛り上がりそうな3曲。
なかでも私がイチオシなのは、「On Ventura BLVD.」!
和泉さんの隠れた名曲。改めてこの曲を聴き直すと、後の「Tornado」に繋がる
路線だという事に気付き、ハッとした私でした。
コアな和泉さんファンの中でも、この曲の存在を御存知でない人って
意外と多そうな気がします。というか、この曲を作った事も、伊東さんのアルバムに
提供した事も、和泉さん御本人が忘れている気がしてならないのは私だけ?(爆)

『DEAR HEARTS』では、レコーディングはアメリカのミュージシャンが
担当しているので、この曲を和泉さんが演奏するのを聴いた事ってないんです。
以前、和泉さんのピアノソロライブでリクエスト大会という企画がありましたが、
一瞬この曲を思い付いて…でも、マニアック過ぎる!そして、ピアノソロに
アレンジするのは厳しそうな曲と思い、リクエストを断念した事があります(笑)。
いつになるかは分かりませんが、和泉さんがまた管楽器が入った編成のライブを
する時には、是非和泉版「On Ventura BLVD.」を披露して欲しいなと期待。
和泉さん、曲紹介する時「おべんちゃらBLVD.」って言いそう(笑)。

「Godzilla」の演奏は確実として、「On Ventura BLVD.」「Brues For Lee」
どちらに軍配が上がるかなぁ?前者は和泉さん作曲で後者は伊東さん作曲だけど、
伊東さんの場合「他の人に提供してもらった曲」より「自分が書いた曲」を
優先するって事は無さそうだし…ここ数年のライブを聴いて判断する限りは。

曲そのものとしては「Flight In Mistral」「Marina」も好きなのですが、
多分やらないだろうなぁ…
あれこれ考えたり予想したりしながら、久しぶりに『DEAR HEARTS』を何度も
繰り返し聴きました。そして、私が出した結論は…

  もう、「On Ventura BLVD.」しかないやろ!(←強気)

お願い!どうか演奏してくれますように!(←時々弱気)
そして、やって来ましたライブ当日。
今回は、1日目の1stステージのみ予約しました。仮に1stの演奏曲に引っかかりを
感じた場合、2ndでとんでもない曲が出て来るのでは?と思った場合は、即2ndも
購入する心積もりで臨みました。ネットで確認出来る空席情報が、直前まで
満席表示になったり残席僅か表示になったりするのを見ていてハラハラしていたのは
ココだけの話。(それなら最初から1st2nd通しで予約すればいいのにね…^^;)

ステージ上にメンバーの皆さん登場。
そして、「今日は『DEAR HEARTS』からの曲をやります」と伊東さんが挨拶。
果たして1発目は何が来るか?

  ゴジラ来たーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!! \(^o^)/

「Godzilla」は、スクェアのライブで演奏された事もありましたよね。
昔FM番組で聴いた記憶があります。
スクェアバージョンも良かったですが、三管編成の今回の演奏も
テンション上がります。

続く曲は、予想外の「Flight In Mistral」!
アルバムの曲順通りに曲が続いたものだから、「このまま全曲ディアハーツの
ライブでも構わなくってよ!むしろ、アルバム収録順に全曲演奏してー!」
思ってしまった私でした(爆)。

ほら、特定のアルバムの全曲を演奏するコンサートをしている海外のバンドって
多いじゃないですか。スティーリー・ダンの『THE ROYAL SCAM』NIGHTとか
マジで渡米して観に行きたかった…
今度エクストリームが来日して『ポルノグラフィティ』完全再現ライブ
行うそうで。実は私、ハードロックに縁が無い事も無く、昔バンドで
エクストリームの曲を演奏した事があります。キーボード奏者必要無いやん!
って、ずーっとメンバー達に訴え続けたのも、今では愉快な想い出。

3曲目は、「Mr. Gokigen」…そうだ!この曲も三管編成なら盛り上がるよね。
候補に挙げなかったのは不覚!
…ふむ。『DEAR HEARTS』からの演奏は、この3曲かぁ。
おべんちゃら出なかったのは残念だけど、思いがけず「Flight In Mistral」
聴けたから嬉しい。

さて、3曲続けて演奏されたから、次は伊東さんのMCコーナーだな。
…あれ?
伊東さんがマイクを持つ気配は無し。って事は、MC無しで4曲目突入?

  (゚◇゚)

あれだけ待ち侘びていたくせに、3曲演奏された時点で『DEAR HEARTS』収録曲の
演奏は終了だと思い込んで、あっさり諦めようとしていたその時…
切望していた曲の、「On Ventura BLVD.」のイントロが耳に入って来た!
鳩が豆鉄砲くらったような顔していたと思う、私。
演奏中、全ての歯を噛み砕いてしまうんじゃないかというほど
食いしばっていました。涙を堪えるために。
無理しないで素直に泣けばいいのに…(^^;

4曲連続演奏の後、MCを挟んで披露されたのが「This Masquerade」!
この曲は昨年のライブでも演奏されていたらしいのですが、私が観た公演では
聴けなかったので、それこそ奥歯が割れるほど悔しくて歯ぎしりしたものでした。
悔しい思いをしてから1年、ようやくマスカレードを聴く事が出来て感激。(T_T)

「This Masquerade」アルバムバージョンでは、ボーカルが入っていて、
伊東さんはイントロやソロパートでリリコンを吹いておられます。
今回のライブでは、メロディーをEWIで演奏。

その後「Gaiya」、「High Blow」と続き、ラストとアンコールは
すっかり定番となった「Pick Up the Pieces」、「Wolverine」で大いに
盛り上がりました!
ふふふ、演奏曲の記憶保持能力が低い私が、珍しく全曲覚えていましたよー!
80分前後と、ライブの時間が短めという事もありますが。
(2時間越えのライブの演奏曲目は、まず書けません^^;)

短いライブ時間でガッツリ曲を演奏して下さった分、MCは少な目。
MCで印象に残っている話といえば…
4月に開催予定の灼熱オルケスタライブのチケットの売れ行きが芳しくないと
伊東さんぶっちゃけておられました。(^^;
あぁ、やっぱり…昨年10月の灼熱オルケスタお披露目ライブを観に行った時、
リピーターは少ないだろうなぁと正直思っていたのですよ(爆)。
演奏の良し悪しの問題じゃなくて、キューバラテン音楽に馴染めなかった人は
もうこのライブに足を運ぶ事は無さそうだなぁと。

『DEAR HEARTS』リリース当時は、アルバム発売記念ライブを行わなかったそうで、
このアルバムの曲をこれだけ沢山演奏するのは、今回が初めてなんだそうです。
本当に嬉しかったです!まさか5曲も聴けるなんて、思ってもみなかった…

そんな訳で、充足感で満たされた1stステージ終演後。
演奏曲に納得がいかなければ、続けて2ndを観る予定でしたが…
超納得の状態にも関わらず、2ndステージ参加決定!
なぜならば、「On Ventura BLVD.」をもう一度聴きたかったから!
満席の恐れがありましたが、若干席が残っていたのは幸いでした。

1stとほぼ同じ展開で、2ndステージスタート。
3曲演奏が終わり、さあ4曲目。「On Ventura BLVD.」のイントロが来るのを
待ちかねていたら…

  違う曲が始まったーーーーーーーーーーーーーーーー!! /(ToT)\

なんていうか、その時の私の心境はですね…
身体ひっくり返って、客席フロアの端から端までドテーッと壮絶に滑って行く
ような感じでした。(「すべる」なんて…受験生の皆さん、ごめんなさい!)
『DEAR HEARTS』4曲連続演奏は2ndでも不動だと思い込んでいたものだから、
苦笑いするしかありませんでした。

4曲目は「Core Zone」でした。
あと、1stで演奏された「This Masquerade」「High Blow」が2ndでは出て来ず、
代わりに「To You」「Islet Beauty」が演奏されました。

私の周囲で不人気な「Gaiya」が両公演とも演奏され、苦笑い。
でも、この曲はダブルEWI(伊東さんEWI4000S&宮崎さんEWI1000)の演奏が
聴ける曲として、なかなか興味深くはあるのです。
だけど私、「To You」もそうなんですけど、住友さんの曲に…
今一つ愛着を持てないんですよ(爆)。
「Gaiya」「To You」も伊東さんセプテットライブの常連曲ですが、
次は違う曲が聴きたいと思うのは贅沢な望みでしょうか?

という訳で、1stと2ndで演奏曲は3曲変わりました。
伊東さんによるMCの内容は、ほぼ同じ(笑)。

2ndで印象に残ったエピソードは…伊東さんのソロアルバム収録曲を熟知して
おられる宮崎さんが、そのアルバムでの伊東さんのアドリブソロを完コピした
フレーズを演奏されたそうで、伊東さんはその完コピソロを聴いて
苦笑されたの事。

そして、アンコール曲「Wolverine」では、伊東さんVS宮崎さんの
ブレス対決が勃発!伊東さんのアルトがブオーッ。宮崎さんのテナーもブオーッ。
どちらの息が長く続くか?結果は、宮崎さんの勝利!(^^)

振り返ってみれば、2ndでのみ演奏された曲にお目当ての曲が無かったので、
1stだけ観て帰ったとしても充分満足だった訳です。
でもなぁ、何が演奏されるかは、当日蓋を開けてみないと分からないからなぁ。
もし、2ndステージだけ観に行っていたら…その場では「ディアハーツから
3曲も演奏してくれた!」と大喜びしたと思います。
そして、後日1stの演奏曲を知った私は、喜び一転失意のどん底に落ちていた
事でしょう。悔し過ぎて全ての歯が砕けたかも。(^^;

2日目(2月19日)の公演を観に行けば、再び「On Ventura BLVD.」
聴けるんだろうな。でも、19日は六本木で別の用事が(笑)。
なので、伊東さんセプテットの2日目公演は、残念ながら観に行けませんでした。
その六本木の用事で「Velas」を聴く事が出来、「そう言えば、伊東さんの
ライブでヴェラスを聴きたいと前々から思っていたっけ。今回はディアハーツ
収録曲の事だけで頭が一杯だったけど…(^^;」なんて、ぼんやり思いました。
そして、「On Ventura BLVD.」から続くルート上にある曲「Tornado」も聴けて
感慨にふけった私でした。

いやはや…(^^;
今回は(も?)激長レポで、申し訳ありませんでした!
ライブ当日の話になるまでが、物凄く長いし(苦笑)。
書き終わるまでに、5日かかりました(爆)。
毎晩毎晩「あー、今日も仕上がらなかった…」と、うな垂れながら
PCを閉じておりました。徹夜すれば一晩で何とか書けそうですが、
最近は徹夜してまでブログを書く事は控えているのです。


TAKESHI ITOH Mellow Madness Septet "Luxury Night"
  2月18日(土) 17:00〜、19:30〜  丸の内COTTON CLUB
<メンバー(敬称略)>
伊東たけし(Asax、EWI)、宮崎隆睦(Tsax、EWI)、Luis Valle(tp)、
安部潤(key)、養父貴(g)、川崎哲平(b)、坂東慧(dr)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ほぞを噛むって言葉・・・かみしめて奥歯が痛い。。。
自分のバンドのライブを入れた後にこの公演の告知に気づいたんですよ。
年末に出てたら行ってた、絶対!!
それにしても、凄いリスト。
ミスターゴキゲンの前奏とか安部氏手弾きしたんだろうか?
フライト・・・の音は原曲モードだったのか?
マスカレードはあの重苦しさをEWIで表現したのだろうか?
気になって夜中に歯ぎしりしそうですよ。。。
なにはともあれ、レポ感謝です。
なかなか出ないんで歯ぎしりで奥歯逝かれる直前でした!?
himebow
2012/02/25 23:44
本当にお待たせしてしまい、ごめんなさい!

「Mr. Gokigen」、アルバムではシーケンスフレーズが
ふんだんに入っていましたが、ライブでは安部さん
そこら辺は無視されたようです(笑)。
イントロでギターがギャーンと入っていたような記憶が。

EWIの音については、特に印象に残っていませんが(爆)、
リリコン的では…なかったです。
マスカレードは、重苦しい曲調がEWIによって軽やかに(笑)。

今回のライブ情報、私は確か11月ぐらいにコットンクラブのHPを
見て知りました。ブログで告知すればよかったですね…
伊東さんセプテットのライブは毎年2月にコットンクラブで開催
という形がすっかり定着したようなので、秋が深まったら
コットンクラブのHPをマメにチェックする事をオススメします。
スクェア事務所の情報発信は本当にアテにならないので、
自分達で情報収集しないといけないのが何ともはや…(^^;
管理人
2012/02/26 21:01

コメントする help

ニックネーム
本 文
T.K. Plays "DEAR HEARTS" 白鯨な日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる