白鯨な日々

アクセスカウンタ

zoom RSS ライブレポ復活

<<   作成日時 : 2011/05/23 22:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

3月の地震における我が家最大の被害は、塀の崩壊。
家の中は軽微の被害で済んだので、ホント騒ぎ立てるほどの事じゃない。
うん、全然平気。被災地の過酷さを思うと、申し訳ない気持ちにさえなる。
ただ…修繕費用をライブ費用(ミュージックチャージ+飲食代+交通費)に
換算した所、ライブに20回近く行けるお金が吹っ飛んで行った事が分かり、
計算なんてするんじゃなかったぁ!と若干切なくなったのでした。

修繕工事は先月完了しましたが、今度また大きな地震が来たら…と思うと
全く安心出来ない日々です。
ドン!と突き上げるような地震が続くと、たとえそれが震度1〜2程度でも
ジワジワと家や塀にダメージが加わっているような気がしてなりません。

20と言えば、あちこちのライブハウスのHPでスケジュールをチェックして、
行きたいと思った5月のライブを数えてみたら、20を超えていたんですよね…

……
ドンガラガッシャーン!(←心のちゃぶ台をひっくり返す音)
行けるかぁ〜〜〜っ!! \(ToT)/

「ライブを観に行く心境じゃない」という状態からは完全に脱したのですが、
行きたいライブ全てに行くのは物理的に不可能です!
結局今月は4公演に参加予定で、断念率高し。

そして…「しばらくお休みします」と宣言していたライブレポ、早くも復活!
ホント嘘つきですいません。(^^;
でも、2ヶ月前「レポなんか書いている場合じゃないし、書く気力もない」と
うな垂れていたのは嘘偽りじゃないって…分かっていただけますよね。
私と似たような心の揺れ動きをした人は多いような気がします。
それでは、4月後半〜5月前半に行って来たライブについて御報告致します。


 和泉宏隆 with Voice Pics featuring 小沼ようすけ
 4月27日(水) STB139
<メンバー(敬称略)>
和泉宏隆(p)
Voice Pics:菰口雄矢(g)、森岡克司(b)、山内陽一朗(dr)、白井アキト(key)
スペシャルゲスト:小沼ようすけ(g)

3月に予定していたライブが全て中止になったので、和泉さんが
お客さんの前で演奏するのは2月上旬(←そのライブには私行かなかった)
以来でしょうか?

3月11日以来、音楽家の皆さんの行動って以下の3パターンに分かれたと
勝手に想像しています。
 A:支援活動を始める。積極的にライブやイベントを企画して行く。
 B:スタジオワークやライブ等、日々の仕事に黙々と取り組む
 C:何も手に付かない。音楽に向き合えない。

震災以来和泉さんどうしておられたんだろう?という謎が、この日の
ライブMCでの近況報告で判明した訳ですが…
うん、多分落ち込んでおられると思っていました。
楽しみにしておられたであろうピアノトリオのライブツアーは中止になるし、
東北の知人友人の安否が気になって、さぞ辛い思いをされているだろうと…

…予想通り、和泉さんはCタイプでした。

決して、AとBが偉くてCがダメという訳ではないんですよ!
私だって音楽が聴けない日々があったし。
でも、私の場合は音楽=趣味。和泉さんは音楽=仕事でしょう?
社会人としては、仕事を放棄するのは…ちょっと…(^^;
ライブが中止になっても、ピアノから離れないでいて欲しかった。  

今回のライブで色々お話されていましたが、せっかく御自身のHP&ブログを
お持ちなのだから、心境をじっくり文章として綴られては?と思う今日この頃。
ていうか、「謹賀新年」以来更新される気配の全くないあのブログって一体…

↑…と、上の文を書いたのが5月19日の事。
5月3週目に入ってからチマチマとこのライブレポの下書きを始めたのですが、
一向に仕上がらず、UP予定の20日を過ぎ…でも、まぁいいか。和泉さん
ブログ書きそうにないし(爆)…なんて思っていたら、20日にブログを
更新されていたではないですかぁっ!(^^;

そうそう!思っている事をどんどんブログに書いて行かれたらいいんですよ。
ブログ書きとしては、和泉さんは私とタイプが似ているような気がしますので
(本当は色々書きたい→書き始めると長くなる→しんどい→更新が億劫になる)
なかなか書く気になれない気持ちは凄く分かりますが、今後も色々書いて下さいな。

この際なので、今まで言えずにいた事を書いてしまいます。
和泉さんがMCやブログで触れられていた、能代の竹山さんこと加藤先生の訃報、
実は私、1月23日のKOREKATA SOUL BALLADのライブに行く前、須藤さんのブログを
拝見して知っていたんです。なので、この日は須藤さんと和泉さんの御様子が
気掛かりな中で演奏を聴いていました。

和泉さん、開演前だったか休憩中だったか、我々常連客の座っているテーブルを
通り過ぎる時「静かですね、お通夜みたいですね」って語りかけたんですよ。
「いやいや、さっきまで普通におしゃべりに花を咲かせてましたよ!和泉さんが
近くに来られたから、皆急に黙っただけで。あ!別に聞かれたらマズイ話を
していた訳じゃないですよ(汗)。でも…お通夜みたいなのは、和泉さん達の
楽屋の方なのでは?」と心の中で返事しましたが、実際に御本人にそんな事
言えるほど無神経じゃない訳で…

この日は是方さん&万作さんと共に楽しく演奏&おしゃべりされていた
和泉さんと須藤さんでしたが、大事な人を亡くされたばかりのお二人の胸中を
想うと、切ない気持ちにならずにはいられなかったのでした。
以上、今だから言える話終わり!

復活早々脱線しました(苦笑)。私のライブレポでは、お約束の展開?
そんなこんなで、この日のMCの大まかな内容は、和泉さんが20日に
書かれたブログを参照していただければ。
いつも以上にダークでネガティブでありました。

菰口君は、以前にも和泉さんとライブで共演したりギタリストのライブツアーを
行ったりと、And Forest Musicと縁が出来た模様。
そんでもって、彼の率いるバンドVoice Picsと和泉さんのジョイントライブが
実現したのかな?

始動したばかりの若手バンドVoice Pics、いきなりのメンバーチェンジ!
ベーシストが抜けてしまい、一時期T-スクェアのサポートメンバーを
されていた事もある森岡克司さんが急遽加入する事に。

演奏曲は、和泉さんがピアノソロorトリオで発表した曲中心。
Voice Picsのメンバーとは「White Mane」「Travelers」をやったりも。

「Tornado」が凄くとっちらかった感じの演奏で…ズッコケそうになりました。
いや、コレはコレで面白かったんですけどね。
イントロのユニゾンが全パートビシッと決まるのが、この曲のキモなのに。
練習量の圧倒的な差もあるのだろうけど、この曲はやっぱり本家(ピラミッド)の
演奏でなくちゃ!と思ってしまいました。ごめんなさい…(^^;

2ndステージからは、小沼ようすけさんが登場。
小沼さんと菰口君というカラーの違うギタリストの共演が興味深かったです。
アンコールが「Cactus」でビックリ!

和泉さんのライブでは珍しく、終演後のサイン会が実施されませんでした。
やっぱり、まだ人と話すのがしんどかったりファンとの交流が億劫だったり
するのかな?と邪推。
この日の私は超毒舌モードに入っていて、久しぶりにお会いした
ライブ常連仲間さん達に語る語る!もう絶好調の舌好調。
もし和泉さんを前にしたら何を言い出すか分からない恐ろしさがあったので、
お話する機会が無かった事に若干ホッとして帰路についたのでした。


 坂東Session
 4月29日(金) ginz
<メンバー(敬称略)>
坂東慧(dr)、宮崎隆睦(sax、EWI)、後藤克臣(b)、佐藤雄大(key)、菰口雄矢(g)   

20時15分頃、かなり時間おしてのライブスタート。
時間がおした事を理由に、MCを端折る坂東君。
MC苦手な身としては、長くしゃべらなくて済んで思うツボの展開?

演奏中、ベースのアンプから煙がモクモクと!
発火したらあっという間に後ろのカーテンに燃え広がって…なんて想像して
ゾッとしてしまったり。

全曲リハーサルが出来なかったために、演奏前にメンバー間で打ち合わせやら
業務連絡やらでテンヤワンヤ。
特に坂東君セッション初参加の後藤さんは、初めて演奏する曲が
多かった御様子で大変そうでした。
なので、所々ベースラインが気持ち悪く聴こえたのは御愛嬌。
打ち合わせミスで一人だけ違う曲を演奏し始めてしまうという可愛そうな目にも。

T-スクェアのNEWアルバムから「A Little Big Life」を披露。
詰めて練習出来なかったのか、2日前のどこぞのトルネード同様コチラも
とっちらかった演奏で、妙に面白かったです。
とは言っても、前述のVoice Picsの皆さんといい坂東君達といい、
僅かなリハーサルをしただけで、曲によっては一度も合わせなくても、
本番でこれだけの演奏が出来るって…やはり凄い。
これぞプロのミュージシャンです。

坂東君が、御自身のソロアルバム発売記念ツアーを行うと告知。
この日には具体的な地名は明かされませんでしたが、先日T-スクェアの
公式サイトで詳細発表がありましたね。関東から九州まで11本。
それにしても、本家(スクェア)よりもツアーの本数が多いとは…(^^;

レポのUPが遅れに遅れ…意図的に宮崎さんの誕生日に合わせた訳では
ないのですが(笑)、
折角ですのでお祝いのメッセージを。

 宮崎隆睦さん、お誕生日おめでとうございます!
これからも素敵な演奏とトークで我々を和ませて下さいね。(*^^*)
益々の御活躍期待しています。


 PYRAMID〜New Album『PYRAMID3』リリース記念ライヴ〜
 5月11日(水) ビルボードライブ東京
<メンバー(敬称略)>
鳥山雄司(g)、神保彰(dr)、和泉宏隆(p、rhodes)
サポート:鳥越啓介(b)
スペシャルゲスト:鈴木雄大(vo、key、g)、本田雅人(sax)

近年はスイートベイジルで行われて来たピラミッドのライブですが、
場所をビルボードライブ東京に移してのアルバム発売記念ライブ!
神保さんと本田さんは、ビルボードのステージに立つのは初めてなんだそうです。
多分、和泉さんもそう。

ピラミッドのライブとなると、2daysであれば2日とも行く!1日2公演であれば
2公演とも観る!というスタンスの私なので(爆)、今回も当然のように1st2nd
両ステージを予約。奇しくも一般発売の日が3月11日だったんですよね。
まさか電話予約を入れた数時間後にあんな事が起きるなんて…

ちょうど1ヶ月後の4月11日にも大きな地震がありました。更に1ヶ月後の
5月11日にも何かが起こる?…なんて不安をずっと抱えながらライブ当日を
迎えました。そしたら…

 雨だ〜〜〜!

雨ですよ本田さん!!
本田さんが急遽ゲスト出演するから雨が降ったのかな…(^^;

アルバム発売記念ライブと言う事で、Newアルバムからの曲が中心。
というか、アルバム収録11曲中9曲も演奏してもらえたのにはビックリ!
「Ticket To Ride」「Night Stream」以外の9曲)
ビルボードのライブは長くても1時間半しかなく、演奏曲数少ないと思っていたので。

ピラミッドの御三方&鳥越さんの4人での演奏→ゲストの鈴木雄大さん登場→
鈴木さん退場&本田雅人さん登場→全員でアンコール…という構成。

パソコンのピラ幹三朗が、久しぶりに復活。
オカズ的シンセパートとパーカッションの音は、パソコンから出された模様。
鳥山さん、データ作成本当に御苦労様です!
これによって、和泉さんはグランドピアノとフェンダーローズ弾きに専念。
"ピアノは両手で弾きたい"主義の和泉さん、御満悦。
曲によっては、鈴木さんがシンセでオルガンやストリングスパートを弾いて
色を添えて下さる場面も。
ホントもう、至れり尽くせりですよね。これでピアノの演奏事故ったら
タダじゃおかない…とヒッソリと厳しい目線を送っていた私でした。

すると、ピラ幹三朗が暴れ出す事故発生!
…というか、単に和泉さんのPC操作ミスです(爆)。
1stではMC中に次の曲のイントロを流し、2ndでは既に演奏した曲のデータを
再び流してしまいました。和泉さん、久しぶりに巻き戻し芸披露。

演奏曲、1stと2ndで違ったのは1曲のみでした。
1stで本田さん登場後「Rhapsody In Blue」の次に曲名紹介なしで和泉さんが
奏でたイントロが…

「Twilight In Upper West」!!!

本田さんのゲスト出演が決まった際、本田さんの曲を演奏しましょうかと
話を進めた所、「なかなか共演の機会が無いから、和泉さんのバラード
やりましょうよ」と本田さんがおっしゃって、この曲が取り上げられたそうで。

いやはや、それにしても…もしかして私、お二人の「Twilight In Upper West」の
共演、生で聴いたのは初めてかも。
和泉さん&本田さん在籍時のスクェアのコンサートに行ったのは92年だけなので、
その年のツアーでこの曲を演奏していなければ、初です。
ピラミッドのライブでスクェアの曲が聴けるとは思ってもいなかったので、
驚きのあまり涙腺が緩みました。

この曲、2ndステージで再び聴けると楽しみにしていたら…聴けませんでした(泣)。
2ndでは「Twilight In Upper West」を飛ばす形で、あとはずっと同じ曲&順番で
アンコールまで進行。
ええっ!?2ndの方が1曲少ないの?と一瞬思ったら(ちなみに、別の店ですが
ブルーノート東京では2ndが1stより1曲多いというパターンが結構あります)、
そうではありませんでした。

アンコール。
8日に亡くなったコーネル・デュプリーを偲んで、スタッフの曲を演奏。
そして「Sun Goddess」へ。
昨年12月のライブで和泉さんが物凄く嫌そうな顔で(爆)弾いていた
イントロのシンセフレーズは、本田さんのアルトが担当。
Aメロでは鈴木さん&本田さんのダブルスキャット!

1stは「Sun Goddess」でステージ終了。
そして、2nd。「Sun〜」に引き続き演奏されたのは…
「Feel Like Makin' Love」!
うん、分かった!1st終了後の若干の違和感は、この曲が演奏されなかったからだ!
ステージの背後のカーテンが開き、六本木の夜景が視界に広がります。

という訳で、充実の2ステージ堪能して来ました。
やっぱり、本家による「Tornado」は格別!(^^)
そして、4月のライブの時に比べて表情も演奏も柔らかくなっていた和泉さんに
心底ホッとしたのでした。
ライブ常連仲間さんに聞く所によると、5月アタマに横浜で行われた
ピアノトリオのライブが会心の出来だったそうで(なぜだあぁぁぁ!?
私が行かなかった時に限って…)、調子を取り戻した御様子。


以上、ライブレポ三本立てでお送り致しました。
3つまとめて書くから長くなるんだよね。1つずつ書けば、更新も楽なのにね。
うん、分かってます…(^^;

<2011.6.20追記>

下のコメント欄に「撮影隊が入っていた」と書きましたが、
後でネット配信するための撮影だった事が、6月上旬に判明しました。
やった〜!再びライブの映像が見れる!!と一瞬喜びましたが…

  配信日 6月10日 20時〜

見られへん。(T_T)
なぜならば、その時間は六本木のジャズバーで和泉さんと一緒にいるから。

とか書くと誤解を招きそうなので、詳細を説明しますと…
この日はSoftWindで和泉さんのライブがあったんです。開演時間は20時(苦笑)。

この時点で「更に曲を増やして別の日に再配信する予定です」という
告知があったので、取り敢えず安心。どうか次回の配信が在宅時に
なりますようにと秘かに祈っていたのでした。

そんでもって、本日6月20日の21時から1時間枠にパワーアップして
(といっても前回の配信曲とか全然知らない^^;)ライブの模様が
配信され、先程まで堪能しておりました。
前半が2ndステージ、後半が1stステージから。合わせて9曲も!
なぜ1st2ndの区別が付くのかというと、鳥山さんの服が違うから!(*^^*)

MCまで配信されてたし(笑)。神保さんのハワイ挙式話とか、
懐かしのT-Sロンドンレコーディングでの和泉料理長の話とか。
ちなみに、神保さんは10日も今日もライブ行脚中だったようです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
きっとPYRAMIDライブの雨は鳥山さんの影響もあるかと…(笑)あの人もかなりの雨男です(^^
ピラミッドのライブは行きたいなぁと思いつつ日程を見た瞬間、無理だと思って早々諦めました(爆)大人の事情があるとは分っていますが、映像化して欲しいなぁと思ってしまう今日この頃…。
7月のライブがどんな感じになるのか楽しみです。
yuna
2011/05/25 00:01
鳥山さんも雨男なのですね!(^^;

11日のライブでは撮影隊が入っていたのですが、
果たして何らかの形で映像が世に出るのか?それとも
鳥山さんか神保さんの単なるプライベートな記録なのか?
気になる所です。

7月中野のライブは、ビルボードと違って時間の制約が緩いと
思うので、沢山の曲が聴ける事を楽しみにしています。(^^)
とくぅ〜@管理人
2011/05/25 21:13

コメントする help

ニックネーム
本 文
ライブレポ復活 白鯨な日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる