白鯨な日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 時間旅行 感想

<<   作成日時 : 2010/05/31 01:39   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 9

デンライナーが、電王ワールドに連れて行ってくれる"時の列車"だとすれば、
T-スクェアのNEWアルバムは、時間旅行に誘ってくれる飛行艇"SQUAIRLINE"!
電王関係のレポが一段落したので、お次はライブレポを・・・と行きたい所ですが、
やはり新譜について語らなくちゃ!
そんな訳で、5月26日にリリースされたアルバム『時間旅行』の感想を
ツラツラ書いてみます。


日本語タイトルの付いたアルバムは、1994年『夏の惑星』以来。
今度のコンサートツアーで「日本語タイトル曲メドレー」とかやってくれたら
面白いかも。
でも、絶対「複眼人生」「かわいいテクノ」は演奏しないよね。(^^;

さて、今回のアルバム。"初聴き"でグッと来た曲は・・・

  「Morning Delight」
  「World Star」
  「AiAiSa」

・・・あれ?安藤さんの曲が無いですね(爆)。ごめんちゃい!安藤さ〜ん。(^^;

 「Fantastic Story〜時間旅行〜」

「Rondo第2楽章」と勝手に命名。
"旅の始まり"のワクワク感が詰まったハッピーソング。
'09→'10年のカウントダウンライブのレポで、「河野さんは曲作りの引き出しが
多過ぎて、その事が逆に"河野節"というモノを感じられない理由になっている」とか
生意気な事を書いてしまいましたが・・・今回のアルバムでハッとさせられました。
私、河野節が分かったような気がします!

ちなみに、23日Hey-JOEでのあんみつのライブ中に安藤さんがこの曲のウラ話を
教えて下さいました。河野さんから8トラック分のバッキングを命じられ頑張って
弾いたものの、ミックスの段階でギターの音を小さくされてしまい(しかも
ミキサーさんが安藤さんの頑張りに配慮して音量上げていた所、河野さんが
「いや、下げて下さい」と意見したらしい・・・か、河野さんヒドイ^^;)、
バッキングのギターの音がよく聴こえないという結果に。
全国の安藤さんマニアの皆さんへ。8人の今にも消え入りそうな安藤さん達が
一生懸命ギターを弾いている姿を思い浮かべながらこの曲を聴くと、とても愉快な
気持ちになる事間違いなしです!

 「Morning Delight」

出だしの和音3つで鷲掴み(笑)。「坂東バンド路線キター!\(^o^)/」が第一印象。
いやいや、もちろんココではBBではなくスクェアの音世界が展開されている訳ですが。
Aメロの河野さんのシンセ、安藤さんのギターソロ、坂東君の手掛けるシンセベースが
イイ感じ。なんちゃってシンセベーシストだった自分は、ただただ
ひれ伏すしかありません。

 「A Little Way Off」

繰り返し聴くと、味わいが増して来ました。(^^)
ストリングス音色の裏メロがツボです。

 「Ocean Express」

T-Sライブで披露済みの曲。
全体に散りばめられたキラキラ系のシンセ音を聴くと「これぞスクェアだよなぁ」と
顔がほころびます。

 「Behind Lavender」

これもライブでお披露目済み。
練習のつもりで演奏したテイク、つまり"テイク・ゼロ"が採用になったとの事。
今回のアルバム作りは、デモテープを準備せずにメンバーがアイデアを持ち寄って
作り上げていったそうですが、そういった作り方の良い面が如実に表れているのが
この曲なのでは。

 「Cosmic Pancake」

「A Little〜」同様、何度か聴いて「いいなぁ」と思いました。
最近の安藤さんの曲は、噛めば噛むほど味わいが出るスルメ系の曲が多い?
この曲も、キラキラ系の音や宇宙的な音色、裏メロストリングスなど
個人的にツボな装飾が施されています。

 「World Star」

2月下旬コットンクラブでの伊東さんライブで演奏されましたが、その時は
終盤で過熱した伊東さんと宮崎さんのサックスバトルがあまりに強烈で、
どんな曲だったかほとんど印象に残らなかったという・・・(^^;
改めてアルバムに収録された曲を聴くと、アーバンな感じが凄くいい!
合いの手で入るブラスの音、オルガンの音、Bメロのウニョ〜ンなシンセ音、
ギターのカッティング、跳ねるベース、タイトなドラム、そして唄うサックス。

 「Wild River」

和泉宏隆さんが昨年披露した新曲に「River Stone」という曲があるのですが、
命名の経緯が「石川雅春さんに捧げる曲 → 石川 → Stone River
→ ブリジストン形式で逆読みしてRiver Stone」だったそうで。
そこで、ふと思ったんですけど・・・

Wild River → 逆読みでRiver Wild → 川、野生 → 河、野
河野さんに捧げる曲!

・・・違うって!(笑)絶対、そんな命名じゃないと思います。(^^;

 「AiAiSa」

この曲が、今回のアルバムの最大のインパクト!
早いパッセージのストリングスが超ツボ!
出だしでガツンとやられて、サビで「ええーっ?そう来るの!?」と
琴線に触れまくり。胸がキューッとなって今にも走り出しそうになりました!
これは「Rondo」初聴きの時と同じ感覚。またそんな感覚にさせてくれた
スクェアというバンドに、心からありがとうを言いたいです。

個人的な事を言わせてもらいますと、この曲で93年頃に時間旅行しました!
当時の私は、フュージョンから若干離れていて(スクェアのアルバムは辛うじて
聴き続けていましたが^^;)アシッド・ジャズに傾倒しておりました。
インコグニートや、初期のコーデュロイ、そしてデビューしたてのジャミロクワイ。
スクェアの曲にアシッド・ジャズのニオイを感じるなんて、新鮮でした。

 「MJ」

伊東さんが明治神宮に・・・じゃなくて(笑)、マイケル・ジャクソンに捧げた
スローバラード。安藤さんのブルースギターが渋いです。
河野さんのピアノが流暢に語りかけ、晋吾さんと坂東君がユッタリとボトムを支え、
SQUAIRLINEの旅は静かに終りを告げます。


・・・以上、ニューアルバムの感想でした。
29日は、TOKYO-FM系全国ネットでスクェアのライブ公開生放送がありましたね。
何が何でも出掛けなくてはいけない!という大切な用事があって(笑)、
ラジオ放送時には家を空けておりました。
モノラル録音かつ若干雑音が混じっていたものの、無事タイマー録音出来ており
ホッと安堵。
新作からは4曲披露されました。夏のコンサートが楽しみです!(^^)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
お久しぶりです(・ω・)
時間旅行、聞きましたー。
あたしの感想としては、安藤さんの曲が少ない代わりに坂東さんと河野さんの曲が多いなと思いました。
曲は、前のDISCOVERIESよりも聞きやすい感じがしました。
特にBehind Lavenderは、テイクゼロということで聞いてて、すごく楽しくセッションしてるんだろうなーって思いました(´∀`)
29日の生放送も聞きましたよ。
宝島を演奏されてたんで、おぉー!!って思いました。
Amny
2010/06/02 17:35
私もAiAiSaが今回のイチオシ!
World starが次、かな!?
っていうか、ほとんどいいなぁ・・・
ライブ、楽しみ・・・です。
himebow
2010/06/02 22:13
>Amnyさん

お久しぶりです!
今回のアルバムは3、3、2、2とメンバーの曲がバランスよく
収録されていますよね。

29日、番組のオープニング(オットットリオの「WATCH IT」)に
のっけから過剰反応(笑)。そして、「宝島」冒頭の伊東さんのミス
(1オクターブ低い音を出す)に、あちゃ〜と思いました。(^^;
生放送なので、この曲の作曲者がライブでしょっちゅう披露する
巻き戻し芸は出来ませんし(爆)、聴いていてドキドキしました。

>himebowさん

おおっ!好みが一致しましたね。(^^)
今回のアルバム、全体を通して好感触です。

8月のライブが待ち遠しいです〜!
とくぅ〜@管理人
2010/06/02 23:36
ウチ的には「Ocean Express」がお気に入りです。
いかにもスクエアの曲って感じが良いですよね。

4月中は式で使えるかどうかって基準で曲を聞きまくっていたので、新譜も選ぶ基準がまだそうなっているからだと言うのは内緒です(^_^;。

8月のライブではよろしくでーす。
お魚ちゃん
2010/06/12 08:21
お魚さん、こんばんは〜!

「Ocean Express」は、「明るくハッピーな曲を作れ」という
安藤さんの命令(笑)で坂東君が作って来た曲ですね。
うん、この曲も結婚式の披露宴に合いそう!

8月公演、こちらこそよろしく〜!(^^)
とくぅ〜@管理人
2010/06/12 22:15
 どうもはじめまして、YT−FIGHTERと申します。
 今更ながら、感想は、1曲目は、確かに「Rondo」に似ていますね。
 2曲目は、板東君の曲ながら、「SPIRITS」に収録されていた、「Once In A Life Time」にも似ているかな?とも思いました。
 「Ocean...」イイですね。年末に披露された時は「Flying Colors」のロック版だと評価していました。非常に爽快感あふれる曲です。
 次の「Behind A Lavender」は、T−Sとしては今までにないタイプと言われていましたが、自身パンゲアに提供している「Three Dog Fight」にも似ているなと思いました。その点を年末終演後に直接ご本人に聞いてみると、同じようなイメージで、書かれたと、言われていました。
 後「World Star」では、晋吾君のバキバキスラップが、聴ける内容ですね。
 「AiAiSa」は 名前の通り ノリノリな感じですね。
 さて、自身は、大阪と東京連日で参加です。
 大阪の前日「SLAP SLAP」も行きますので、3夜連続ライブ「3夜連続河野君」です。
 東京は3列目が、当たりました。これ以上のことは、言えませんが、
 というのは、公式ページでも、従来のHNで 書き込みを行っており、また自身も今年に入り、ブログやインターネットショップを始めたりと色々あって、HNを差別化しています。ですから会場で実際に会ったとき実は、誰のことだったということが、判ると思います。
 でも、ここでは、あくまでYT−FIGHTERでお世話になりますので、他のHNを出すことは、控えたいと思いますので、その点よろしくです。
 では、T−S東京、お互いに楽しみましょう。
 
 
YT−FIGHTER
2010/07/16 19:15
YT−FIGHTERさん、コチラでは初めまして!

もしかして、正体を隠したつもりで書き込みをされました?
コメントの前半部分でYT−FIGHTERさんの正体に
気付いた私です。(^^;(文体に特徴があるので)
そして、後半部分を読んだら、公式ページのBBSを御覧に
なっている人のほぼ全員が正体分かってしまうと思いますよ。

8月は「河野さん祭」なんですね(笑)。
T-Sツアー、盛り上がりましょう!でも最低限のマナーは守って
(騒ぎ過ぎは、周りのお客さんの迷惑)、メンバーお客さん
全てが楽しめるコンサートにしましょう!
とくぅ〜@管理人
2010/07/17 00:27
 アハハハハッ... そういうコメントされるとね。
 最近は色々なライブ、昨年は10本を軽く超えましたが、今年は、ここまでで、13本見ていますので、20本は軽く超えるでしょうね。
 これまでは、仕事でのストレス発散的なものが、多かったけれど、最近は それが、少なくなってきましたね。
 詳しいことは、言えませんが、またお会いできれば、お話しできるとイイですね。
 そういえば、とあるライブで、※%&L#Eさんやそのお友達(以前にも会った)にも再会出来ました。T−S東京でも、再会できることでしょう。
 ただ、最近は、どのページにもあまり出入りはしていません。
 何か目立ったことが、ある以外は。
 今後とも、YT−FIGHTERで、よろしくです。
 
YT−FIGHTER
2010/07/17 09:37
YT−FIGHTERさん、こんばんは!
先程ライブから帰って来た所です(苦笑)。

ライブ、私は今年どのくらい行ったのかな?と数えてみたら、
既に20本を超えており、ひっくり返ってしまいました!(^^;
驚愕の記録を作ってしまった昨年よりは下回ると思いますが、
相変わらずライブ行き過ぎだなぁ〜と自分でも呆れます。
(音楽以外のイベントも10本くらい行っていますし)

昨年の夏秋ぐらいでしたでしょうか。
趣味で楽しんでいたはずのライブ通いそのものがストレスに
なってしまった事があって、本末転倒?と思ったりもしました。
今もライブレポを書くのは若干ストレスになっています(笑)。
もっと気楽な気持ちで短時間でチャチャッと書けるようになれば
負担に思わなくなるのになぁ。

とあるライブ、楽しまれたようで何よりです。
今年のT-S東京公演は知人友人大集合のようなので、
私アチコチ放浪しているかもしれません。見かけましたら
よろしくです。(^^)
とくぅ〜@管理人
2010/07/18 02:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
時間旅行 感想 白鯨な日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる