白鯨な日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 祝!半世紀

<<   作成日時 : 2009/12/05 21:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

鳥山さんのギターを初めて認識したのは、彩恵津子さんのアルバム
『Delication』だったと思います。艶っぽい音色にコドモ心にときめいた記憶が。
その後、鳥山さんのソロアルバムからの曲が「クロスオーバーイレブン」で
流れたりして、ますます気になる存在に。
ギタリストとしての鳥山さんとアレンジャーとしての鳥山さんをほぼ同時進行で
追いかけていました。
そう、何気にファン歴はスクェアと同じくらい長いんです。
でも・・・

"御本人の魅力"にメロメロになった(爆)のは、つい数年前。

なんてカッコいいんだ!
なぜ今まで気付かなかった!?

実は、ブログではその秘めた想い(笑)を隠していた時期がありました。
なのに・・・いつの間にかダダ漏れ状態に。(^^;
でも、鳥山さんに関する萌え発言とかアホな発言は、一時的な書き込み用に
利用しているブログTOPページの「ひとこと欄」に書く事が多かったので、
今はネット上に残ってないんだよ〜ん。ふふふ。

2日、フジテレビ系列でFNS歌謡祭がオンエアされました。
とあるTVガイドに「鳥山雄司&綾戸智恵&コバ&村治佳織&宮本笑里
&小林武史ら豪華音楽家も花を添える」と書かれていたのですが、
この豪華メンバーの中でトップに名前が挙がっていたのが嬉しかったです。
(あいうえお順でも年齢順でもなく、何順なんだろう?)
鳥山さんは朝の7時半から準備をされていたんだとか。
4時間超の生放送で30曲以上の曲を演奏されたんだそうです。
編曲も担当されており、毎年この時期は大変な御様子。

なのに・・・
翌日3日は、スイートベイジルで御自身のライブ!
きっと物凄くお疲れに違いない。大丈夫かなぁ〜と心配しながら
雨の降る中、六本木へ。

鳥山好みVol.2 
 2009年12月3日(木) 19:30〜  STB139
<メンバー(敬称略)>
鳥山雄司(G)、和泉宏隆(P、Rhodes Ep)、則竹裕之(Dr)、
コモブチキイチロウ(B)、露崎春女(Vo)

開演時間になり、鳥山さんが御一人で登場。
赤いシャツ黒のベストでカッコよくキメておられていると思いきや
背中を見るとベストにフード(頭巾)が付いていて、そのあまりの可愛さに
のっけから鳥山さん萌えを暴発させた客が約1名いた事なんて御本人は
知る由もなく、にこやかにアコースティックギターを手にされ椅子に。

ライブの構成は、以下の通り。
<第1部>前半:ギターソロ、後半:露崎さんをお迎えして数曲披露、
ラストは鳥山さん&和泉さん&露崎さんで「チュニジアの夜」!

<第2部>バンド形態(鳥山、和泉、則竹、コモブチさん)での演奏
(鳥山さんはずっとJames Tylerを使用)、中盤に露崎さんが加わり数曲演奏

<アンコール>鳥山さんソロ

第1部は、まったりとした感じで進行。徹子の部屋ならぬ「鳥子の部屋」とか
おっしゃっていました(笑)。
アルバム『Guitarist』から数曲披露。
遂にジノ・ヴァネリの曲はライブでは演奏してもらえませんでした。(T_T)

2部になった途端、エレキギターを弾き倒し・・・
「やかましくなっちゃってごめんなさい!」(by鳥山さん)
今回は12月のライブと言う事で、2002年の鳥山さんのクリスマスアルバム
『Christmas Greetings』から何曲か演奏されました。
ちょっぴり早くクリスマス気分を満喫。

個人的に聴けて嬉しかった曲は、「チュニジアの夜」!
大学の軽音仲間のバンドを思い出しながら感慨深く演奏を聴きました。
そのバンドではチャカ・カーンバージョンで演奏していましたが、
ボーカルの子が上手かっんだコレが!本人は歌う音楽のジャンルにこだわりを
持っていないようで、和洋男女問わずロックからポップスまで幅広く歌っていました。
彼女とは学園祭やクリスマスパーティーの時に演奏する即席バンドでドリカムとか
一緒にやりました。そうそう、鳥山さん曰く"ストーカーの歌"である(笑)
「Private Eyes」も本家(ホール・アンド・オーツ)バージョンで演奏したっけ。

そして「Street Life」・・・露崎さんがゲスト出演されると聞いた時に
真っ先に期待をしたのが、この曲の演奏。しかもピラミッドバージョンで。
数年前のピラミッドSTBライブで披露されたそうですが、そのライブには
私行けなかったので、和泉さんがローズでイントロを奏でられた瞬間、
念願叶った・・・!とジワリと来ました。

露崎さんの艶と張りのあるボーカル、素敵でした〜!(*^^*)
御本人のブログによると、楽屋で「チーママ」と呼ばれていたようですが、
確かにチーママっぽいスタイルでした(笑)。

則竹さんとコモブチさんの演奏を聴くのは、8月末の新宿御苑ライブでの
渡辺貞夫さんバンド以来。
コモブチさんと鳥山さんはライブ初共演なんだそうです。
お互いを褒め倒し合戦(笑)。
則竹さんがスクェアに入りたての頃、レコーディング(『TRANSFUSION』?)に
妥協しない鳥山さんを見て「とても恐い人だ!」と思ったエピソードとか、
当時の伊東さんのソロライブツアー(鳥山さんがバンマスだった)で
則竹さんが酷い目に遭った話とかで客席が爆笑の渦に。

そして、和泉さん。
前日に御自身のピアノトリオアルバムが発売という絶妙のタイミング(笑)。
このアルバムで鳥山さんは助っ人として4曲ミックスを担当されています。
これが流石の仕上がり具合!全曲鳥山さんにお願いすればよかったのに・・・
思ってしまったのは、ココだけの話です。(^^;
アルバムと12月〜1月に出演するライブの宣伝をされる和泉さん。
相変わらずの早口告知にドッと沸くお客さん達&鳥山さん達バンドメンバー。
でもきっと和泉さんライブ常連の一部は「しょうがねえなあ」と苦笑い
していたのではないかと(爆)。

今回のライブでは、和泉さんはピアノよりローズ(エレピ)に向かう時間の方が
多かったです。ローズの上にシンセ(MOTIF ES7)が1台置かれていたのですが、
時折聴こえるストリングス系音色は・・・和泉さんが弾いておられたのではなく、
PCで出していたんですよね?
その辺りの事が不明瞭な理由は・・・

ライブ中の私の視線が、鳥山さん時々則竹さんだったから(爆)。

和泉さんがローズの前に座っておられる時、私のいた席からはオデコしか
見えなかったもので。関さんのオデコならともかく(1つ前のブログ参照)、
和泉さんのオデコはレアじゃないし。
ちなみに、コモブチさんも御姿が見えにくい位置でした。

そんな訳で、久しぶりにPCがライブで活躍!
和泉さんの機材の間にちょこんと置かれた1台のパソコン。
2006年夏のピラミッドのライブでのピラ(平)幹三朗、再び?
あ、でも今回は鳥山さん名義のライブなので、鳥山雄"三"かな?
雄三の操作は和泉さんが担当されていました。

第2部ラストでは、Imageでやったバージョンを再現!という事で、
雄三、もといPCからオーケストラの音を出して「The Song Of Life」
「Let Me Go」を演奏。

アンコールは、鳥山さんのソロで「All By Myself」
第1部の"ギター1本勝負タイム"で何気にミス率が高かった鳥山さんでしたが、
やはり疲れがピークに達しておられたのか、見事な音の外しっぷりに
「鳥山さん、もうちょっとだから頑張って〜!」と、心の中で応援。
正しい道からどんどん逸れて行き、うわっ、反対車線に入っちゃったよ!
という感じでした。そして、鳥山さんが本来の道に戻るまで試行錯誤する様子に
萌えてしまったどうしようもない私でした(爆)。

MCについて。
トーク中は全体的にユル〜い雰囲気が漂っていて、とっても和みました。(*^^*)
なんと!今年の鳥山さんのライブではほぼ毎回聞かされていた
渾身のセレクトオムニバスカセットテープ話が出ませんでした!
今回はアルバム『Guitarist』についての詳細説明をしなかったので
この話をする流れにならなかったみたいです。

でも、アラフィフ&アラ還の人達にウケるネタをしっかり仕込んで来ておられる
辺りは、もう笑うしかないなと。(^^;
『ワインライト』のアルバムジャケットはビミョーだとか、
「Just The Two Of Us」の邦題(「クリスタルな恋人たち」)は
バブル一直線!な感じだとか。

他にも面白い話がいっぱい飛び出しましたが、詳細を書いていると
今日中にUP出来なくなるので、この辺でライブレポはおしまいにします。
そう、こんなにダラダラ長いの書いておいてなんですが、レポはあくまでも
"前フリ"だったのです(爆)。
今日12月5日は、スペシャルデイ。

鳥山雄司さん、50歳のお誕生日おめでとうございます!

・・・え?めでたくない?(笑)
40代から50代に突入する男性の気持ちって、どんな感じなのでしょうね。
女性だったら間違いなくショックな出来事だと思いますが、男性の場合は
意外とそうでもないのかも。俺の人生まだまだこれからだぜ!とか。(^^)

お世辞ではなく、とても50歳には見えません!
数年前のロン毛時代(爆)は、実年齢に近い印象だったのに、今は
『プラチナ通り』の頃くらいに若返っておられるように感じるのは私だけ?

1年前このブログでお誕生日祝いをUPする際、「スタジオワークは控え目に、
是非外での活動を!どんなにしつこいと言われようと、ピラミッド再始動を
待ち続けますよ〜!!」と書いたのですが・・・
かなりの数のスタジオ仕事をこなされる一方で、御自身のソロアルバムを制作。
ライブへの出演も多数。そして夢にまで見たピラミッドのライブが実現!

慶応大学150周年記念イベントでの"疑似ピラミッド"のライブに立ち会えなかった
身としては、実に3年ぶりのライブ。待ちに待った瞬間でした。(T_T)
しかも、今回はサポートベースの鳥越啓介さんに加え、本田雅人さん
スペシャルゲストとして御出演!
メンバーの数が3人から5人になった事によって、2次元の△が3次元の四角錐になり
世界が広がった印象を受けました。本当に素晴らしいライブでした!
四角錐の5点をメンバーに例えるとしたら、誰が頂点に立つのか!?なんて
お馬鹿な事を考えたりしたっけ。(結論は、鳥山さん名義のライブだから
頂点が鳥山さん、底の四角が他の4人。でも"キャラ"として考えると、頂点は
間違いなく俺様@本田さん!^^;)

鳥山さん40代最後の1年は、御本人にとってもファンにとっても充実した年に
なったと思います。鳥山さんには感謝の気持ちで一杯です。
ただ、超多忙な日々を過ごしておられる事が気掛かり。
体調崩されないか、とても心配です。
益々のご活躍を期待しつつ、決して無理だけはなさらぬよう。

3日ライブ終演後のサイン会では、鳥山さんの前でCDのブックレット&帯を
バサーっと床に落としてしまい、ドジっ子キャラを印象付けてしまった私。
いや、ワザとじゃないんですよ(汗)。
言いたい事の10%も言えず(お誕生日のお祝い言いそびれた・・・!)相変わらず
緊張しまくりでしたが、あのほのぼの口調で私のつまらない話に対応して下さる
鳥山さんに萌えが止まりませんでした。本当に優しい御方です。大好きです!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
豪華メンバーでのライブ羨ましいです;;
担当先が変わってしまい、平日のライブにほとんど参加出来なくなってしまったので、かなりションボリです><;
しかし、何とか機会を作って参加したいと思いますので、ぜひまたご一緒させてくださいませorz。
お魚
2009/12/06 10:46
御無沙汰しています〜!
もう4ヶ月ぐらいお会いしていないのかな?

平日のライブだとお魚さんは行くのが難しいだろうなぁと思い、
ここしばらくはお誘い出来ずにいました。
厳しい状況は変わらないのですね。(T_T)

来年のライブについて何件か御相談したい事があります。
近いうちに連絡しますので、よろしく〜!
とくぅ〜@管理人
2009/12/07 00:36
鳥山さんのライブはお疲れ様です、と言う感じでしたね。
正直FNSは予想外でした。TVガイドはあまり当てにしていなかったので(爆)びっくりでした。
鳥山さんのホームページは出演番組が書いていないことも多々あるので油断ができません。(19日のミュージックフェアにも出演していたのに書かれていなかったし…)
神保さんの日記でPYRAMID再始動計画もあるそうで、楽しみですね♪

因みに、私はとくぅ〜さんとは逆でブログで鳥山さんの想いは最初からタダ漏れ状態でした(笑)
yuna
2009/12/20 23:19
yunaさん、こんばんは〜!

FNS歌謡祭生出演の翌日に御自身名義のライブ・・・
鳥山さん、本当にお疲れ様でしたよね。
TVガイド誌にお名前が載っていたものの、私もTVで御本人の
姿を確認するまでは、今年は編曲に携わっただけかもと
予想していました。

鳥山さんHPの情報、某フュージョングループの公式HPよりは当てに
なると思っていたのですが(爆)、完璧じゃないんですね。(^^;
では、ピラメンバーのHPの中で出演情報等のフォローが
バッチリなのは、神保さんの所だけ?
ピアノのおじさんのHPも何だかなぁ〜という感じですし。

そんなピラミッドが、来年から本格的に再始動!
超多忙の御二人&適度に忙しい御一人(←誰とは敢えて書かない)
なので、ライブなら来年もやってくれそうだけどCDのリリースは
厳しいかな?と思っていた矢先の嬉しいニュース!
本当に楽しみです。

これからもお互い鳥山さん愛タダ漏れ状態で行きましょう!(^^)
とくぅ〜@管理人
2009/12/21 23:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
祝!半世紀 白鯨な日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる