白鯨な日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 来ちゃった

<<   作成日時 : 2009/07/03 00:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

6月26〜29日、関西の実家に帰省しました。
今回は26日のT-S大阪公演ネタバレなしレポと、行けないと思っていたんですが
行ける事になった28日のライブレポをお送りします。
T-Sのツアーはまだ11日の東京公演が控えていますので、大阪公演で演奏された曲の
タイトルは一切書きませんが、メンバーのおしゃべりや服装については書く予定です。
大阪と東京ではMCの内容や衣装は変わると思いますが、東京公演を観るまで
コンサートの雰囲気を知りたくないという方は、以下は御覧にならないで下さいね。



昨年の『Wonderful Days』ツアーでは、余裕を持って大阪公演の前日に実家に
帰りましたが、今回はコンサート開始数時間前に出発する事に。
新幹線止まったらオシマイでしたが、なんとか間に合いました!

ちなみに、午前は電子チケットぴあの一般発売チケットを取るためPCの前に。
(8月に諏訪湖畔にある美術館のホールで行われる和泉さん&鳥山さんデュオ
コンサートのチケット)
昨年も出掛ける直前までT-S高崎公演のチケット取りでギャ〜ッとなっていたっけ。
1年365日の中で「昨年の今頃も全く同じ事やってたなぁ」と苦笑する日が
結構多いのは何故なんでしょう?(^^;

今回の一般発売、本当は2週間前の6月12日に受付開始だったのですが、11日に
突如ネットから公演情報が消え、当日発売開始時間を前にしても状況は変わらず、
大慌てで開催場所の美術館やチケットぴあに電話で問い合わせる羽目に。
1週間後に発売延期と判明したのはその日の晩でした。しかし・・・翌週も再び
公演情報が消え、さらに1週間延期に!(怒)
そんなこんなで3度目の正直。ようやくチケットを購入出来たのが、大阪に出発
する日だった訳です。

大学時代は、大阪ミナミでブイブイ言わしていた私。(←死語)
関東に引っ越してからも近鉄南海の難波方面へは行く機会があったのですが、
湊町方面に足を向けるのは本当に久しぶりで、今回のコンサート会場である
なんばHatchを見て「何、このホール!?」とビックリしてしまいました!
OCATが出来た頃はまだ関西にいましたが、湊町リバープレイスが出来たのは2002年
との事。そりゃ知らん訳だ。JR難波駅が湊町駅という名前だった頃は、この辺りには
なんもなかったんですよ〜。
会場はお客さんで一杯。客席から聞こえる大阪弁に「帰って来たんやなぁ〜」と
しみじみ。そうこうしている内に開演時間に。

メンバー登場〜。
伊東さん、かっちょえぇ!
3月に札幌ドームでのサッカーの試合前にEWI吹いた時の衣装かな?
(違ってたらごめんなさい!)紺のシャツ、黒革パンツ、黒バンダナ帽。
河野さんは、マダラ柄のシャツにジーンズ。
晋吾さんは、白シャツに紫パンツ。
そして、坂東君の来ていたシャツが・・・以前河野さんが来ていた服と同じモノに
見えたんですが(爆)、きっとそれは目の錯覚でしょう。
残る御一人は・・・
・・・・・・・・・
事前に座席表を確認して、分かっていたつもりだけど・・・

安藤さんが・・・
・・・・・・・・・遠いよぉ。(T_T)
客席が総立ちになると、前列のお客さんの頭で安藤さんが見えないよぉ。
そして・・・眩しいよぉ。
なんかね、光るの。安藤さんのおムネがキラキラと。

なぜか幼児口調になってしまいました。(^^;大人に戻ります。
安藤さんは黒いTシャツにジーンズという御姿でしたが、Tシャツの胸の部分が
金色のラメ?入り???それが照明に反射してピカーッピカーッと眩しくて、
「光り輝く安藤さんだ・・・」と、また変な萌えスイッチが入りました(爆)。
遠いけれど、お顔の表情は分かりました。ニコニコ安藤さん、オトボケ安藤さん、
焦る安藤さん・・・いかなる時も、素敵です。(*^^*)

終盤には、再び見れるとは思っていなかったアレ(1)が!安藤さ〜〜〜ん!!
私を萌え死にさせる気ですかっ!?今回は遠くてよく見えなかったから
死なずに済みました。(うがぁ〜、早くネタバレしたいです!)
そして、○回目(2)のアンコール曲演奏を終え退場時に小走りする安藤さんに萌え。
最初から最後まで50代のオジサマに翻弄されていた私でした。

もう一人の50代のオジサマ、こちらも相変わらずで。
以前も妙な聞き間違いをして「おじいちゃん、大丈夫!?」と心配になった事が
ありましたが、今回はディスクピアイクスピアリと聞き間違えた伊東さん。
大阪のお客さん達、ポカーンとされていましたよ。(^^;
ちなみに「イクスピアリ」とは、千葉県の舞浜、ディズニーリゾート内の
ショッピングモールの事。伊東さんや河野さんが時々御出演されている
クラブイクスピアリというライブハウスもあります。

翌27日にディスクピア日本橋店でサイン会をやるという告知があったのですが、
客席の反応が薄い・・・「行くよ〜!」とステージに呼び掛けていたお客さんも
いましたが、行く予定の人は少なそう(爆)。
当日お店でアルバム『DISCOVERIES』を購入した人先着200名までがサイン会に
参加出来るというイベントだったのですが、私は行きませんでした。
ライブをやってくれるのであれば、アルバムをもう1枚余分に買う事になっても
喜んで参加したと思うのですが。

昨年のツアーでは地元大阪でも全くしゃべらなかった坂東君ですが、今年は
伊東さんに「坂東慧ワンマンショー!」と促され、マイクを持たされる事に。
しかし、ワンマンショーは予想通りあっさり終了。
28日に心斎橋で行われるドラムクリニックの告知を真っ先にして、あとは
しゃべる意思まるでなし。確信犯ですよ、この人!(爆)
伊東さんが助けてくれるのが分かっているから・・・
結局、その後は伊東さんの問いかけに坂東君が合わせるという形になりました。
会話の内容(3)は、この日演奏された曲に関わっているので、書けません。
(は〜や〜く〜ネタバレした〜〜〜い!)

トークは少な目でした。物足りないなぁと感じたのは、ここ最近某ピアニストの
"曲続き無し"の(1曲終わる毎にトークに突入する)ライブばかり目にしていた
せいだと思います。(^^;
あ、書き忘れてた!伊東さんは坂東君に「大阪万博の頃は生まれていない」
言われ、崩れ落ちたらしいです。でもね、伊東さん・・・坂東君だけじゃなくて
晋吾さんも70年にはこの世に存在していなかったんですよ!河野さんもギリギリ
生まれていなかったし。関係ないですが、ワタクシも同じく。

前述の通り演奏曲名は一切書きませんが、コレだけは書かせて下さい!
今回"色々な時代からのファンの人が楽しめるメドレー"なるものが
演奏されたのですが、これがもう〜〜〜涙、涙で。
正直"色々な時代からの選曲"とは思いませんでしたが(○○時代(4)が多い印象)、
個人的に超ツボにハマる選曲でした!
1曲目で既に涙目に。3曲目、安藤さんフィーチャーのあの曲で半泣きになり、
その次の曲(5)で昨年の30th野音並みの衝撃を受ける事に。

昨年の野音レポで、「聴いたら号泣する曲」を心の中でリストアップしていると
書いた事がありましたが、その中でも真っ先に浮かんだ曲、リスト筆頭の曲が
今回演奏されたのです!ライブ向きの曲ではなく「凄く聴きたいけど、やって
くれそうにないなぁ」と諦めてもいたので、イントロが耳に入った時の驚きと
いったらもう・・・(T_T)
野音で「ハワイへ行きたい」のドラムフィルインが聴こえた時と全く同じ状況に。
声にならない叫び声を上げ、涙が止まらず、ただただ立ちつくすばかり・・・

「昨年の30周年のお祭りが凄かっただけに、5人に戻っての活動にプレッシャーを
感じたけど、気負わず"今のスクェア"を出して行こうとアルバムを作った」と
安藤さんはおっしゃっていましたが、ステージ上でも気負いは見受けられず、
メンバーの皆さん自然体でした。
皆さんがお互いの顔を合わせて、または客席に向かってニコニコとしている様子を
見ていたら、涙が頬を伝っていました。コンサート中、そんな風に感極まる瞬間が
何度もありました。
今年はもうちょい冷静にライブ観れるやろと思ってたんやけどなぁ。
相変わらず泣いてばっかり。

東京公演待ちのファンの皆さんへ。感動する事間違いなし!ですので、
11日を楽しみにしていて下さいね〜!(^^)
上のレポでウヤムヤにしている部分の補足説明やセットリストの公開は、
東京公演終了後にしようかなと思っています。

<7.12追記>
コンサートツアー最終公演が終了しましたので、ネタバレ補足とセットリストをUPします。

(1)膝つきプレイ
(2)2回目。ちなみに、アンコールは3回(4曲)でした。
(3)「Undo」演奏後、「なんでそんな大人な曲が書けるの?」と伊東さんが
 坂東君に質問。昨年のツアーで和泉さんが全く同じ問いかけを坂東君に
 していましたが(笑)、昨年同様答えに困った様子の坂東君。
 「Undo」のタイトルについての話になり「アンドゥって安藤の事じゃないですよ。  
 僕は最初、運動(うんどう)と読んでしまいました!」と、伊東さん。(^^;
(4)本田さん在籍時代
(5)「雲路」東京公演でも泣きました〜!


(セットリスト)
1.Discoveries
2.夜明けのビーナス
3.Survivor
4.Crazy Beach
5.Seeking The Pearl
6.Paperplane
7.かわらぬ想い
8.Undo

<メドレー>
9.真夏のためいき〜10.Your Restless Eyes〜11.カピオラニの通り雨
〜12.雲路〜13.Pioggia Di Capri〜14.El Mirage

15.Rondo
16.Future Maze
17.明日への扉

<アンコール1>
18.Smile Smile Smile
19.Truth

<アンコール2>
20.Omens Of Love

<アンコール3>
21.All About You


T-SQUARE CONCERT TOUR 2009 DISCOVERIES
  6月26日(金) 19:00〜  なんばHatch
<メンバー(敬称略)>
安藤正容(g)、伊東たけし(sax、flute、EWI)、
河野啓三(key)、坂東慧(dr)、田中晋吾(b)

                                   

2日後の日曜日。お手伝いのため、丸一日実家でカンヅメ状態になるはずでした。
この日は、午後から心斎橋で坂東君がドラムクリニック。
晩から梅田で和泉さんピアノトリオがライブ。
1ヶ月前それを知った時は「お二人共大阪におられるのに、実家からそう
遠くない所におられるのに、観に行けない〜!」と泣き崩れました。

まぁ、ドラムクリニックの方はすぐ諦める事が出来ました。ドラムに関して
専門外の自分が行ってどうするんだ!?という感じですし。(^^;
諦めきれなかったのは、和泉さんの方。私が帰省している時に和泉さんが
大阪に来られているなんて偶然はそうそうありませんよ!
滅多にないチャンスを逃すのは悔しい〜。そんな訳で、無理言って夕方から
外出させてもらう事に。

社会人になったばかりの頃は、大阪キタでブイブイ言わしていた私。(←死語再び)
20代前半は、梅田で働いていました。久しぶりに通勤路を歩いてみる事に。
様変わりしている所もあれば、全然変わっていない所も。
・・・来ちゃった。
元・職場のあるビルに着いてしまいました。日曜でもオフィスは開いていました。
実は、退職してから数年は帰省する度に顔を出して先輩後輩達とお昼ご飯食べたり
していたのですが、今は年賀状のやり取りだけで疎遠に。

・・・・・・・・・
日曜出勤してたりして。
今、エレベーター乗ってオフィスに入ったら・・・
会えるかも。
・・・ヤバイ。震えて来た。

突如、乙女モードに入ってしまった私。今回元・職場に行こうと思い付いた時から
こんな展開になる事は自分でもわかっていました。ヤバイ。会いたい。でも怖い。
躊躇しているうちに時間切れ。現実に戻る事に。

地下街に潜って和泉・・・もとい、泉の広場まで行き、地上に出て少し歩くと
ロイヤルホースというお店に辿り着きました。
さっきと違ってここでは「来ちゃった」という乙女な心境にはなっていません
でしたが、和泉さんビックリするかな?とドッキリを仕掛ける前のワクワク感を
抱いて店に入りました。しかし・・・

ドッキリ企画、失敗。 

和泉さん、私の顔見て「どうしたの?」と尋ねてくれはしましたが、滅茶苦茶
ビックリはされていない様子でした。
さらに・・・

席選びに失敗。 

以前のトリオライブでロイヤルホースが満員御礼になったそうで、じゃあ今回は
地元のお客さんに遠慮して後ろの席で観る事にしようと思い、バーカウンター席
予約したんですね。ところが、この日は客席がガラガラ。
インフルエンザ騒動はヤマを越えているはずなのに。やっぱり不景気のせい?

お店の前方3分の1のスペースにお客さんが固まっていて、残り3分の2はガラーン。
客は私だけ。ライブ中は、陸の孤島に取り残された気分でした。
ちょっと離れた所に宝島があって、そこで皆がライブを楽しんでいるのを
別の島から眺めているようでもありました・・・(T_T)
この状況を心底悲しんでいた自分と、「コレはネタになるぞ!」とブロガー魂に
火が点いたもう一人の自分が、そこにはいました(爆)。

1)ステージ上の板垣さんが、お店中央の柱に隠れて全く見えなかった。
2)飲み物を作る音(氷をガラガラ)とか電話が鳴る音とかスタッフさんの会話とか
 気が散る要素がてんこ盛りだった。
3)和泉さんのMCが聞き取れなかった。
4)バーカウンター席が、和泉さん達の休憩所になっていた。


バーカウンター席を選んで失敗だった〜!と思った理由は、上の通り。
1つ目と2つ目については、年に1回観れるか観れないかのライブの場合だったら凄く
後悔していたかもしれないんですが、和泉さんトリオのライブは8月末に行く事が
決まっているので、さほど気になりませんでした。

しかし・・・悔やまれるのは、3つ目のMC聞こえなかった件。
ライブレポ書きの身としては、致命的な失敗でした。
1曲目の演奏終えてから和泉さんがピアノの不具合をスタッフさんに訴えておられた
ようなのですが、状況が今一つ掴めませんでした(泣)。その際巻き戻し芸
披露されたのですが、私独り「?」。宝島にいるお客さん達が楽しそうに
されていただけに、ションボリ・・・

終盤、3曲続けての演奏前に曲名を告げる和泉さん。
「Silver Girl In The Mist〜Omens Of Love〜Takarajima」だったのですが、
私には「Silver・・・〜Golden Land〜Takarajima」と聞こえまして、
変な取り合わせだなぁ、何故ココでゴールデンランドが出るんだろう?と
思っていたら、オーメンズオブラブの聞き間違いでした。
こんなんでは、私も伊東さんの事をおじいちゃん呼ばわり出来ませんね。(^^;

今回はMCそんなに多くなく(最近のマンスリーライブでのおしゃべりの多さは
尋常じゃありません!^^;いや、もちろんトーク三昧は大歓迎ですよ〜)、
聞こえにくい環境で神経集中させて必死で聞いたトークの中に特筆すべき
エピソードはなかったので、助かりました。

4つ目の「カウンター席=休憩所」については、ホンマ失敗やった(汗)。
開演前と第1部2部間の休憩中は、自分とちょっと離れた所に和泉さん、村上さん、
板垣さん、そして中村社長がおられる訳です。
お客さんに知り合いが1人でもいれば、その場を離れて前方席にいる知り合いと
話すとか出来たのでしょうが、どうする事も出来ず独りでモソモソと飲み食い
しておりました。

和泉さん達の会話が意識しなくても聞こえてしまって、なんだか気まずい。
といっても「ETC割引のために早くお店を出なくては〜!」と相談をされていた事
ぐらいしか記憶に残っていませんが(爆)。全員ではないようですが、終演後すぐ
車で東京に戻るメンバーがおられるらしく、0時を過ぎて月曜になると
"高速道路料金1000円"の適用外になってしまうのかな?

休憩中、お客さんの何人かが、和泉さん達とお話したりサインもらったり
するためにバーカウンターに来ました。この時も私は席を立つに立てず、
ライブMC中とは逆に意識的に話が耳に入らないようになんて努力をしていました。
"地元のお客さん優先"という気持ちはここでも働いて、この日は和泉さんと色々
お話するのはやめておこうと思っていたのですが、休憩時間も後半になると
人が来なくなり・・・結局話しかけてしまいました(爆)。

確か、休憩中じゃなくて顔を合わせた直後に和泉さんに言われたんだったかな?
「カウンター席、安くていいじゃないですか」
ち、違うんです!この席を選んだのは安いからじゃないんです〜。
大阪のお客さんに遠慮しての選択なんです〜〜〜!!
確かにね、コットンクラブやブルーノートでは食事代が高くつくので飲み物しか
頼まないとか、節約出来る場面では節約していますよ。でも、今回は違うんです。
板垣さんにも同じ弁解を繰り返し、ああでもこんな言い訳を繰り返していると
逆に嘘っぽく聞こえるのでは・・・と情けない気持ちになって来ました。
いや、ちょっと待って下さいよ!
ETC割引を気にする和泉さん達にセコイと思われるのは心外です。(^^;

演奏曲について。アルバム発売記念ツアーの割には『BEYOND THE RIVER』からの
曲が少な目でした(笑)。
8月末からレコーディングに入る洋楽カバーアルバムに収録する予定の曲が
5曲披露されました。
なんと!その中の1曲が、マキシンでした〜〜〜!!

現在一般からアルバムに収録する曲を募集中なのですが、私が真っ先に
思い浮かべた曲がドナルド・フェイゲンの「Maxine」だったのです!
自分がリクエストする前に和泉さんが既にこの曲を選んでくれていたという偶然の
一致を喜ぶべきなのか、この曲が採用対象から除外された事を悲しむべきなのか。
リクエストはまだしていなくて、締切ギリギリまでどの曲にしようか悩むと思います。

相変わらずMCはよく聞こえなかったのですが、マキシンにかけて「牧伸二」
ダジャレをおっしゃっていました。でも、私もこの曲を聴く度に「真喜志〜ン」
アタマの中で勝手に漢字変換してしまうので、人の事は笑えません。(^^;
ちなみに、真喜志とは・・・近鉄バファローズで活躍された元プロ野球選手の
真喜志康永さんの事です。

という訳で、東京でのライブとは違った、ある意味貴重な経験をして来ました。
でも、次にロイヤルホースに来る機会があったら、絶対バーカウンター席は
選びません!(^^;


和泉宏隆トリオ『BEYOND THE RIVER』発売記念ツアー
  6月28日(日) 19:00〜(←実際はもうちょい遅いスタート) ROYAL HORSE
<メンバー(敬称略)>
和泉宏隆(p)、村上聖(b)、板垣正美(dr)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
とくぅ〜さんこんにちは。
東京公演を控え、読むのを先延ばしにしようかと考えましたが、我慢できるわけもなく。。。(笑)
本当はたっぷり書きたいはずなのにご配慮いただきありがとうございます!!
おかげで楽しみが倍増しましたぁ!コンサの時の伊東さん、カッコ良かったですよ〜。あの衣装私も好きです。東京でもまた見れますかねぇ・・・
そしてそして!粋な坂東さんが前日にイベントを仕込んで下さったおかげで今年の目標もひとつクリア出来そうです危うく航空券を決済しようとした時だったのであの日程発表は絶妙でした(笑)
今日のイベントはさすがにムリたっだので、ここでレポってもらえるかな。。。と期待しています
”そのうち”で構いませんのでよろしくお願いします!

yuu
2009/07/04 08:11
yuuさん、こんばんは!
T-S東京公演、いよいよ1週間後ですね〜。
ネタバレ必死で我慢しました(笑)。

コンサドーレ札幌の試合観に行かれたんですね。
某動画サイトでその時の様子をちょびっと拝見しましたが、
伊東さんの演奏中にサポーター達が別の曲を大合唱していて
これは一体何事!?と思いました。(^^;

遂にBBライブ参戦なのですね。おめでとうございます!
日程がT-S東京公演の前日に決まったのは坂東君の策略(笑)では
ないみたいですが(たまたまメンバー全員の都合が良かったのが
この日だったそうです)、私もこの日程を伺った時、遠方から
東京に来られるファンの皆さんがT-SとBBのライブを連日楽しめる
絶好の機会が来たぞ!と思いました。
来週は大いに楽しみましょうね!(^^)

今日のイベント、短い時間でしたが楽しく過ごせました。
多くの方が涙を呑んだそうなので、今回に限ってはレポを書く事は
幸運にも参加出来た者の義務だと肝に銘じております。
UPまでもう少しお待ち下さいね。
とくぅ〜@管理人
2009/07/04 22:54
お返事ありがとうございます。
コンサドーレの試合ではいつもあの曲がかかるとサポ達が大合唱を始めるので私も当日が心配だったのですが、最初にEWIソロを披露してくれて大歓声を浴びてましたよ!!まぁ、途中からはもう。。。仕方がないかな、と
でも、札幌ドームに響く伊東さんのEWIはホントに鳥肌モノでした〜
義務にさせてしまって申し訳ないのですが(笑)今日のイベントレポも楽しみにしていますね。
yuu
2009/07/04 23:25
こんばんは!
コンサドーレの試合、なるほど、そういう事
だったのですね。(^^;
ドームに響き渡るEWI、私も生で聴いてみたかったです。

イベントレポ、昨晩からちまちま書き始めました。
そんなに長文にはならないと思いますが、
今日中のUPは無理かなぁ?
きっと、明日に持ち越します。ごめんなさい!
とくぅ〜@管理人
2009/07/05 20:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
来ちゃった 白鯨な日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる