白鯨な日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 忘れられない日が、また1日

<<   作成日時 : 2008/07/24 23:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

21日、T-SQUAREのキーボーディスト河野啓三さんのリーダーセッションライブに
行って来ました。
ライブ行く前は、ウチのブログ見て下さる方の大半は関俊彦さんファンなので
読んでくれる人少ないだろうし(爆)、レポは簡潔に・・・と考えていたのですが、
今年の1月1日と3月15日に続き、私にとって生涯忘れられない日となり、
簡潔に書く事が不可能に。
それにT-S SBツアー中のこぼれ話がワンサカ出てくるわ、安藤さん伝説に続き
河野さん伝説が誕生するわで、ブロガー魂に火がつきました!
覚えている限りのエピソードを書かせて頂きます。
終演後に私がどれだけうろたえたかも、包み隠さず報告します。

目黒ブルースアレイに行くのは1年ぶり。
このお店には出演アーティストとのコラボレーションメニューがありまして、
メニューはアーティストによってディナーだったりデザートだったりお酒だったり
色々です。河野さんバンドのアーティストメニューはカクテルでした。
2週間前からずっと体調が悪く、今回はソフトドリンクを頼もうと思っていたのですが、
アーティストメニューの名前が"Truth!"と来ちゃあ・・・
つい注文してしまったじゃないですか!(^^;
TRUTH→F1→フェラーリという事で、フェラーリカラーをイメージした
赤いカクテルが出て来ました。ストロベリー、ラズベリー、パッションフルーツの
味が甘〜く、美味しくいただきましたよ。

今回のライブは指定席制。私は先行予約特典のあるBAJ会員にはなっていないので、
会員の人達よりやや遅れて電話予約を入れました。
ライブ当日に現地で座席位置が判明したのですが、ちょっと残念な結果に。(T_T)
斜め前のテーブルに座っていた人の頭でステージの一部が見えなかったのです。
でも、きっと私自身の頭も他のお客さんの邪魔になっていたんだろうな(苦笑)。
前方のテーブルはスクェアライブの常連さんっぽい、自分と同世代〜やや年上の
お兄様お姉様方で埋め尽くされていました。
私もスクェアファン歴は長いけど、和泉さん関係以外のライブにマメに
行き出したのはつい最近の事なので・・・なんだか萎縮しちゃうなぁ。

スクェアのライブと同様、凝ったSEでライブはスタート。
バンドのオリジナル曲、カバー曲、安達久美クラブパンゲアの曲、
そしてスクェアの曲が演奏されました。
今回は「あの曲やって欲しい」とか「スクェアの曲たくさん聴きたい」とか
色々期待することなく、まっさらな気持ちでライブに向かった私。
フタを開けてみれば、個人的にとても思い入れのある曲が聴けて号泣する事に。
それについては後で書くとしまして・・・
アルバム&ツアーでは須藤さんがベースを弾いておられた「Calera」を豊雪さんの
演奏で聴けたり(この曲のタイトルの由来、2ヶ月前ブログに書いた私の予想
ビンゴでした!カリフォルニアワインの銘柄にちなんで名付けたんだそうです)、
ツインギターでの「Rodan」を聴けたり(ライブでこの曲をツインギターで
演奏するのが豊雪さんの夢だったそうです)。
5拍子、7拍子の曲には、ただただ圧倒されました。皆さん凄いなぁ〜。
でも、演奏中ミスしたのがすぐわかってしまいました!
だって河野さん、リアクションがデカイんだもん。(^^;

吉井さん、平家さん、岡野さんについては存じ上げなかったのですが、
河野さんとのMCで、皆さんがどんな人なのかがよくわかりました。
意外にも河野さんのMCはナイスでした!
安藤さんに「いつも(スクェアの時)と違うね!」と突っ込まれてるし。
さらには「伊東さんに遠慮してるんでしょ?」なんて言われてるし。
「Teen Town」を演奏する前に「今、故・ジョーザビヌルにハマっている」という
話を長々として、「そのザビヌルの曲をやりたいと思います・・・あ、違った!
これジャコパスの曲でした(汗)」と大ボケをかました河野さんに、お客さん達は
爆笑!和泉さんのMCに負けないくらいのウケっぷりでしたよ!
ちなみに、「Teen Town」の演奏前のMC中、豊雪さんはひたすらベースの練習を
していました(爆)。

スペシャルゲストの安藤さんは、第一部の終盤に登場!
ステージに上がってからずっと左手でTシャツの裾を引っ張り続ける安藤さん
目が釘付け。どうしたんですか?裾短いんですか?何が気になってるんですか?
初っ端から私をメロメロにさせる罪な人・・・(^^;

と、ここで安藤さんと河野さんの長〜いMCが始まります。
「あの事件」についてスクェアツアー中はダンマリだった安藤さんが、ついに
語り出しました!そう、日刊スポーツにまでネタにされてしまった
安藤さん、ホテルのテレビリモコン持ち去り事件について。
新潟公演後に宿泊したホテルのTVのリモコンを持って来てしまった事に安藤さんが
気付いたのは、翌日札幌行きの飛行機内でカバンを開けた時だったらしいです。
なぜカバンの中にリモコンが入っていたのか、自分でもわからなかったそうです。
「リモコンフェチなんですか?」←河野さん、ナイスツッコミ!(^^)
すると安藤さんが反撃開始!河野さんにひとこと。
「新潟で遅刻したでしょ?」
安藤さん伝説に続き、河野さん伝説誕生か!?
この後ポロポロ出て来たツアー中のエピソードについては、第二部で繰り広げられた
安藤さんと豊雪さんのMCでの話と合わせて後で書きます。
いや〜、本当に長いMCでした!見かねた豊雪さんが話に割って入らなかったら
どれだけ続いていた事か。豊雪さんに「(今回のツアーの)則竹君の
ドラムソロ並に長い」
と言われていました。

そして、安藤さんをゲストにお迎えしての最初の曲。これが第一部ラストの曲と
なった訳ですが、河野さんから告げられた曲名を聞いて小さな叫び声をあげて
しまいました!
安藤さんの1stソロアルバム『メロディー・ブック』から「Another Night」!
学生時代にバンドで演奏した曲です。かなり昔のオットットリオのコンサートで
演奏されたのを観た記憶もあります。そう、この曲を生で聴くのは初めてでは
なかったのですが、今回このバンドの演奏で聴けるなんて・・・う、嬉し涙が。
「河野さん、キーボードパートは自己流アレンジしているなぁ。サビの
ストリングス系音色の裏メロは是非弾いて欲しかった!(←自分は完コピした)」
とか冷静に分析しつつも、感激で涙が止まりませんでした。

それでは、今回語られたT-SQUARE SUPER BAND "Wonderful Days"ツアー中の
エピソードを書いて行きます。

・ツアーの途中までは豊雪さんと河野さんによるトークコーナーがあったのに、
 「面白くない」と上から言われて(青木社長かな?)、東京公演ではお二人の
 MCが一切なくなってしまった!

確かに大阪公演での豊雪さんのMC、あんまりウケていなかった気がします(爆)。
私は面白いと思ったんですけどねぇ・・・
(豊雪さんのMCの内容については7月7日のブログに書いています。)
安藤さんがリモコン事件について一切口を挟まなかったのも、青木さんあたりが
「MCの時間が長くなってコンサートに支障が出るからしゃべるな!」と
命令したのかもしれないなぁ。

・新潟公演が行われる日の朝、乗るはずの新幹線の出発時間に起きた河野さん。
 しかもマネージャーからの電話で起こされたらしい。

何とか間に合ったそうですが、ひょっとして河野さんって・・・
須藤さん以上に遅刻魔!?

・福岡公演後、豊雪さん達が空港に到着すると、その日パンゲアの仕事があるので
 一足先に飛行機に乗ったはずの二人の名前を呼び出すアナウンスが流れたらしい。
 「河野啓三様〜〜、則竹裕之様〜〜」

河野さんと則竹さん、予定より早く空港に着いたので食事をする事に
したんだそうです。そしたら話に夢中になってしまい、呼び出しくらって
乗るはずの飛行機には結局乗れず、クラブパンゲアのライブのリハーサルに
遅刻したそうです。本番の演奏はボロボロだったとか。(^^;
このエピソードを聞いて面白かったのが、「緻密そうな則竹さんがいるから
自分は時間気にしなくていいや」と判断したという河野さん。アナタってヒトは・・・

・豊雪さんは新潟公演の「Omens Of Love」で客席乱入。
 ステージに戻る時にコケて、危うく頭を打ちそうに。おろしたてのジーンズは
 破けるし、ベースのペグが1本折れるし、散々だったらしい。

今回、新潟で破ったジーンズをはいて来られていました!
ペグが折れたエピソードは「ANDY'S」HPの安藤さんの日記(6月25日)を読んで
知っていましたが、そんな大事件が起きていたなんて!
豊雪さんが御無事でよかったです〜。

以上、河野さん、安藤さん、豊雪さんによって語られたツアー四方山話でした。
MCについて、もうちょっとだけ書こうかな。
自分のリモコン事件ばかり取り沙汰されるのが、内心嫌だったのでしょう。
鬱憤を晴らすかのように、安藤さんの河野さんイジメが始まりました(爆)。
「よく遅刻するよね」とネチネチ。
「すごくします」とサラリと答える河野さんが面白かったです。
昔はもっと酷かった、と過去の遅刻エピソードを告白する河野さん。
「譜面は緻密に書くのに、そういう所はダメなのね」と安藤さんに言われると、
「自分はB型だから、こだわる所にはこだわるけど興味ない事はどうでもいい」と。
すると、A型の安藤さんがB型の歴代キーボーディスト達に対して結構ヒドイ発言を。
安藤さんに代わって、同じA型の私が謝罪します。全国のB型の皆さんごめんなさい!

第二部が終わり、アンコール。ドラムの岡野さんだけお休みです。
そう、ここでもう1人のスーパーゲストが登場!先日「全力!Tunes」で伊東さんと
セッションした12歳のドラマー、平陸君が後方の客席からトコトコ歩いて来るでは
ないですか!あ、あんな所にいたんだ。全然気付かなかった・・・(汗)
演奏曲は、もちろんアレ(笑)。
アタマでEWIの音が出ないトラブルがありましたが、大いに盛り上がりました!
さすがに場所がブルースアレイだと立ち上がるお客さんはおらず、
コブシを振り上げている人も少なかったですが。
演奏後、岡野さんが出て来られて「ドラムやめようかと思いました」と発言。
岡野さんご自身も小学生の時にお兄さんの学校の文化祭に出たり、ドラムを
始めた時期は早かったそうですが、陸君の演奏を見て「あの頃もっとしっかり
やっていれば・・・」とため息まじりに仰っていました。

河野さんと岡野さんの同学年コンビトークの後、
「この後メンバー全員でサイン会っぽい事やります」と河野さんから告知が!
(゚д゚) !!・・・・・・
いや、確かに今日出かける前に思い巡らせはしたんですよ。
河野さんのライブではサイン会ってあるのかな?と。
いつぞやのクラブパンゲアのライブで終演後にサイン会をやったらしいという
話は耳にしていたけど、今回は・・・う〜ん・・・ないかな?と勝手に結論付けて
気軽な気持ちで出かけたのでした。ところがドッコイ!

しかも、スクェアやメンバー関連のCDをこの場で購入しなくても構わないそうで。
希望すれば誰にでもサインしてくれるなんて・・・
河野さんからMCの達者さを羨ましがられている某ピアニストIさん(B型)の
サイン会しか経験した事のない私は衝撃を受けました!
Iさんの場合、サインもらうにはCDを買う事が暗黙のルールっぽい雰囲気に
なってるもんなぁ、いつも(爆)。
そう言えば、Iさん(←もはや伏字にしているのは無意味な気がしますが^^;)の
ピアノトリオのライブにサポートキーボーディストとして河野さんが出演された事が
ありましたが、その時は河野さんはサイン会に御姿を見せませんでした。
ちなみに、鳥山雄司さんゲストの時も佐藤雄大さんサポートの時もトリオ3人のみ
でのサイン会でした。

河野さんの告知の後、最後の曲が演奏されたのですが・・・
私、ここで記憶が飛びました!曲が「Moon Over The Castle」だったのは
覚えているのですが、演奏している皆さんの様子が全く思い出せません(汗)。
頭の中で「サイン会・・・サイン会・・・」と連呼でもしていたのでしょうか?
大馬鹿者です。最後の曲なんやから、しっかり目に焼き付けなあかんやろ?自分。

そんな訳で、ついにやって来ました〜。河野さんとお話出来る機会が!
豊雪さんとも、そして・・・安藤さんとも。
色々なライブに通っていればいつかはこんな日が来るだろう、来て欲しいとは
思っていましたが、それがこの日になるとは・・・心の準備が〜。
終演後、しばらくしてメンバーが出て来られて、丸テーブルを囲むように6人
座られてサイン会が始まりました。
陸君が真っ先にサイン書いてもらっていました。あぁ、可愛いなぁ〜。(^^)

待っている間、何にサインを書いてもらおう?何をしゃべろう?と頭をフル回転・・・
させたはずなのに、自分の順番が来た時には全てが真っ白に。
安藤さんの使っていたペンのインクの出が悪く、部分的にかすれた、ある意味貴重な
サインを頂けました!
安藤さんを前に言葉を失っていると・・・隣の河野さんが、あの独特の笑顔で私を
見て下さっているのに気付きハッとし、咄嗟に同い年ネタを振ったら、
「全然見えないですねー」と言われました!
以前勤め先で10歳若く見られた事のある私。しかし!どうでもいい人に言われるのと
好きな人に言われるのとでは、天と地ほどの差が。
河野さんに若く見えると言ってもらえてすっかり舞い上がってしまって・・・
その後何かわめいたようなのですが、覚えていません(爆)。

安藤さんには・・・何て言ったんでしょう、私。「ずっと憧れていました」とか
言ったのかな?言葉に詰まってしまって、もう全然ダメで・・・(泣)
豊雪さんには、今日このような形でお会い出来て本当に嬉しい気持ちを伝えました。
「10年前の野音にも行きました、今年の野音も楽しみにしています!」と
お話した時、豊雪さんから返ってきたお言葉が「長谷部も来ますよ」
その瞬間、泣きそうになりました。もちろん今度の野音に長谷部さんが
出演されるのは知っていましたが、豊雪さんの口から長谷部さんのお名前が出て・・・
感極まってしまいました。

安藤さんも河野さんも豊雪さんも、ビックリするくらい手があたたかくて・・・
握手して頂いた瞬間、ほわあぁぁ〜〜〜、うわあぁぁ〜〜〜となりました。
そうして全員にサインして頂き、ヨタヨタと少し離れた客席へへたり込み、
引き続き行われているサイン会を眺めながら呆然としていました。
「夢・・・じゃないんだ」と思ったら涙がジワリと出て来て・・・
うー、こんな所で泣いちゃ、いかんいかん!
その後、陸君にもサインをお願いするか迷いました。
私が躊躇している間にオバサマ軍団に取り囲まれる陸君。
ツーショット写真大会になっていました。陸君、モテモテです!
結局陸君に声をかける事は断念し、再び席に戻って河野さん達とファンの方々が
お話しているのを遠くからボンヤリ眺めていました。そろそろ帰ろうかな、でも
帰るに帰れないなぁと思っていると、コチラでも写真撮影大会が始まりました!
えっ、写真OKなの!?(゚д゚)

デジカメは持って来ていないけど、ケータイなら今、手元に。
なので、写真を撮ってもらう事は可能。再び心拍数が上昇。
照明の暗い場所での、しかもケータイのカメラでの撮影なので、ボンヤリとした
映りになってしまいましたが、いやいやそんな事言うなんて贅沢だ!
撮影に協力して下さったお客さんには凄くご迷惑をおかけしました(汗)。
河野さんとのツーショット写真を撮ってもらっている時に安藤さんを
邪魔者扱いするような流れになってしまい、それはもうコメツキバッタのように
謝り倒した私。サインしてもらう時も写真撮影の時もパニック状態でした。
あ〜情けない。

店を出て駅まで歩いてアンケートを渡すのを忘れていた事に気付き慌てて戻ったり、
駅のホームに着いてからすぐやって来た電車に乗ったら目的地への電車と逆方向の
だったり、帰りはボロボロでした。よく無事に家に帰れたと思う・・・
電車の中でも家に帰ってからも布団に入ってからも、思い出しては嬉し泣き
していました。

翌朝夢を見ました。
私は「急遽ライブに出演する(させられる)事になる」という夢を時々見ます。
大抵の場合、弾けずに呆然とするか、「弾けません!」とその場から逃げて
夢は終わるのですが、今回初めて勇気ある行動に出ました!
ステージに誰がいたのかは覚えていないのですが、多分21日のメンバーか
スクェアのメンバーだと思います。「Omens Of Love」をセッションしました!
音色の設定間違えたり完璧には弾けなかったものの、最後まで演奏出来ました。
奇跡だ〜!

夢は場面転換し、どうやらライブから帰る途中のようです。
なぜかバスに乗っていて、そこには陸君とお母さんが!
席が近かったので、自然と会話する流れになりました。
陸君に話しかける事が出来なかった心残りが、夢となって出現したようです。
そして、夢の中でもサインと写真お願いしようか迷っている私。
すると突然「ライブ来てた人でしょ?」と須藤さんが前の座席からヒョコッと
顔を出したものだからビックリ!あれ・・・?21日はストさんいなかったのに何故?
まあ、それは夢の中のお話だから。(^^;

やっぱり河野さんは凄い!
"けいぞーちゃん"なんて軽々しく呼べないなと思った次第です。
今回で河野さん株が大幅上昇しました!(←若く見えると言われたり、
河野さん自ら握手を求めて下さった事が、かなり嬉しかったらしい)
「半年に1度のペースで質の高いライブをやって行きたい」と仰った河野さん。
次のライブは、来年?河野さんのお誕生日の頃でしょうか?
是非、バースデーライブをやって欲しいなぁ。(そして、ドサクサにまぎれて
自分の誕生日も祝ってもらうんだ!^^;)
場所は、出来れば横浜ではなく都心でお願いします!


河野啓三 Summer Session
  7月21日(祝・月)18:30〜 目黒BLUES ALLEY JAPAN
<メンバー(敬称略)>
河野啓三(Key)、吉井俊倫(G)、平家徹也(Sax&EWI)、田中豊雪(B)、岡野大介(Dr)
スペシャルゲスト:安藤正容(G)、平陸(Dr)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
最高の一日でしたねー。うらやましいなあ><b
和泉さんのライブも今からたのしみです。
お魚ちゃん
2008/07/25 07:17
こんばんは。
本当に・・・夢のような日でした!
思い出す度、赤くなったり青くなったりしています。
和泉さんのライブ、いよいよ来週に迫りましたね!
当日はヨロシクお願い致します〜。(^^)
とくぅ〜@管理人
2008/07/25 22:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
忘れられない日が、また1日 白鯨な日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる