白鯨な日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 裏のうらはオモテ!!

<<   作成日時 : 2008/05/20 22:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

マクドナルドCMに遭遇以来、ずっと私の頭の中ではスクェアの皆さんが
「Islet Beauty」を演奏しながら踊っています。
19日は下北沢に着いてからいそいそと本屋へ行き、この日発売の「ADLiB」6月号
(T-SQUARE SUPER BANDが表紙!)を買ってウキウキ。
コラーッ!アンタこれからどこに行くか、わかってるの?
楽しみにしていた関さんのお芝居観に行くんでしょう?
今までも何度か似たような状況に陥った事はありましたが、今回は本当に
開演ギリギリまでコチラの世界に戻って来れませんでした。
でも、幕が上がれば岸野組ワールドに惹き込まれると信じていましたよ。(^^)

という訳で、劇団岸野組1990プロジェクト公演「裏のうらはオモテ!!」
3日目の公演を観劇しました。
岸野組のお芝居を観るのは前回関さんと飯塚さんが客演された
「森の石松外伝2 石松と土佐のよばれたれ」以来、約2年ぶり。
今回も娯楽時代劇を楽しみにしていました。
致命的なネタバレは伏せ字にしていますが色々書いてしまいますので、
これから観劇予定の方は、ここから先はお読みにならない事をおススメします。



最初からクライマックス!?な「必殺」シーンに、お客さん大いにウケていました。
必殺仕事人もとい闇の退治人役の大倉さん&奥戸さん&志賀さん、カッコイイ〜!
悪役の皆さんも、イキイキとした悪者っぷりで楽しかったです。
「おぬしもワルよのう。」というお約束のセリフ、舞台の上で言えたら
気持ちよさそうですね〜。

関さん演じる利吉は、岸野さん演じる半次と一緒に退治人の下働きをしています。
でも、2人共役立たず(笑)。
しょっぱなから呑んだくれシーンで、関さんの本領発揮!(爆)
このコンビ、名付けるならあほんだらコンビ
2人のお馬鹿ぶりは素晴らしかったです!足の裏をひっつけあったりして、
お茶目なやり取りが可愛い〜。
一方で、物語が佳境に入ってからのぶつかり合いの迫真の演技にはグッと来ました。
ラストで2人が向き合う(現実には対面していないのだけれど)シーンにはホロリ。

くじらさん・・・配役がズルイです(笑)。ズルイ上に似合い過ぎです!
「石松と土佐のよばれたれ」でのくじらさんの初登場シーンは衝撃的でしたが、
今回もヤラレタ!と思いました。
○○に憑依(←電王?・笑)されるシーンが、たまらなく面白かったです。

飯塚さんは、前回の客演時と同じく華奢な印象。
乞食姿も娘さん姿も可愛かったです!
今回は、まーちゃんファンの男性にとってショックなシーンがありましたね・・・

物語は一応ハッピーエンドと言えるのかな?でも・・・
○○が多過ぎて悲し過ぎる結末でした。

今回は、とても良い席で観劇させていただけました!
全体を振り返って「あれが関さんの一番の見せ場だったなぁ」と思ったシーンで
関さんを目の前で拝見出来たのは幸せでした。

でも、舞台が近過ぎると・・・どうしても目が追っちゃうんですよね。
何をって?あの・・・その・・・関さんの素足を!(爆)
だって〜、太腿からつま先にかけて肌があらわになった格好なんですもの。
関さんの足は処理済みツルツルでした。

あと、舞台効果でスモークが焚かれたのですが、前方ブロック上手〜中央にいた
お客さん達はもろにカブりました!ううっ・・・私、スモーク苦手なんです。
学生時代軽音部の定期演奏会出演中に起きた悲惨な出来事を
思い出してしまいました。

「関さん客演のお芝居観劇は1公演のみ」というマイルール、
今回で取り払う事にしました!あと1回観に行く予定です。

今、私の中では関さん祭り&スクェア祭り同時開催中!
嬉しいような困ったような状況です・・・
明日は『劇場版仮面ライダー電王 俺、誕生!ファイナルカット版』を堪能し、
CD『Wonderful Days』を泣きながら聴く予定です。
DVDの方は今日某通販でフライング到着し、初回封入特典のCD
「Double-Action Wing form」だけ聴きました。
再編集の映画本編と久しぶりの「モモなつ」は、明日までお預け〜。
スクェアのCDはショップで予約したので、明日仕事に行く前に取りに行く予定。
(失敗した〜!通販で予約しておけば今日届いたかも・・・)
お店は家→職場と逆方向かつ遙か遠くの場所にあるので非常に面倒ですが、
今回ばかりはそんな事言ってられない!



劇団岸野組1990プロジェクト公演「裏のうらはオモテ!!」
下北沢本多劇場 5月17日(土)〜25日(日)
<キャスト(敬称略)>
岸野幸正、関俊彦、飯塚雅弓、大倉正章、奥戸裕子、志賀克也、くじら、
山路清子、釘宮由稀、上岡昌雄、桝中玲、大泉龍也、村上佳之、小野真佑、
中村美緒、今澤慧美、村田絵美

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
とくぅ〜さん、こんばんは。
お待ちしておりました♪
アニメでは「お馬鹿」な役など少なく、二枚目でいらっしゃるのに、お芝居だとお馬鹿でお茶目な役が多いのでしょうか。そんな関さんも、いつか観てみたいです。
二度観たい、と思われるようなよい作品だったのですね。次に行かれたら、また違ったご感想になるかもしれませんね。読ませていただく楽しみも増えます♪ありがとうございましたm(__)m
riru
2008/05/20 23:40
こんばんは!
いつも大した感想書けなくて申し訳ないのですが、
楽しみにしていただいているそうで恐縮です。

確かに関さん、アニメでお馬鹿な役を演じられる事が最近
少ないですね。「ひぐらしのなく頃に」のメイドさん萌え
モード入ってる時の入江先生くらい?
・・・と言うより今、アニメの御出演自体が少ないですよね(泣)。

お芝居では実直でちょっぴり情けなくて、でも熱い若者役が
多いように思います。
昨年のDC公演での佐平次はお茶目でお調子者でしたが、
そういう役も見事にハマっておられます。
ハマリ役を演じられる関さんも魅力的ですが、
えっ!?というような役柄の関さんも見てみたいなと思う
今日この頃。贅沢を言い出すとキリがありません〜!

2回目の感想は書かないつもりだったのですが
(ご、ごめんなさい〜!)、付け加えたい事があれば
UPしようと思います。
とくぅ〜@管理人
2008/05/21 22:51
く、くじらさん・・・
どんな舞台なのかちょっと観てみたいかも。

すいません。
「くじらさん」というフレーズに思いっきり反応してしまいました。ええ、くじらさんの大蛇丸は最高なのです(何の話やねん!(笑))。
しかし。
たまには舞台なんかも観てみたいですが、時間がないのはどうにもならないですからね・・・
赤い梅干し
2008/05/24 00:23
お久しぶりです。コメントありがとうございます!(^^)

私もくじらさんの大蛇丸、好きですよ〜!
あと1公演残っていますがネタバレしてしまいますと、
くじらさんの役は退治人の元締め役(注:男性)です。
これがまたお似合いで・・・(爆)

声優誌に今回のお芝居のレポートが載るといいなぁと
期待しています。取り扱いが大きかったら
くじらさんの素敵な写真が掲載されるかも?
とくぅ〜@管理人
2008/05/24 21:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
裏のうらはオモテ!! 白鯨な日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる