白鯨な日々

アクセスカウンタ

zoom RSS ドラマティック・カンパニーと行く札幌3日間 その2

<<   作成日時 : 2008/03/19 01:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

このブログを始めたばかりの頃、同じ話題をその1その2と何回かに分けてUPした所、
その2以降のアクセス数がガク〜ンと落ちて、「そうか、面白くなかったんで
続きを読んでもらえなかったんだな。」とヘコんだ事がありました。
それ以来、イベントレポを書いていてどんなに長文になっても分ける事はしまい!
とムキになっていたのですが、今回ばかりは無理でした!というか、丸1日かけても
書き終える事が出来ませんでした。
では、北海道ツアーレポの後半行きます!

               

3月15日(土)後半

夕方、イベント会場の2階「ポプラ」に向かうと、黒地に赤のDRAMATIC COMPANY
ロゴが入ったTシャツ姿のメンバーがお出迎え。
ああっ、伝坂さんが来られている!
今回は不参加なんだとガッカリしていたので嬉しい〜。

参加者は予め7つのグループに分けられており、その中からくじを引く代表者を
1人選出。くじが一斉に引かれテーブルの位置が決定。
ショーの前、ビュッフェ形式で各自食事。この時突然お腹が痛くなり出す!
ピーゴロゴロの腹痛ではなく、刺し込むような痛みで原因不明。
緊張しているのか?それにしてもなぜこんな大事な時に〜!(焦)
痛さの余りろくに食事も出来ず、同じテーブルの方達と色々お話したかったのに
急に無口な奴に・・・

しばらくすると、メンバーが会場に来られて懇親会がスタート。
余り時間がなく、皆さんが全てのテーブルを回る事は無理だったみたいで残念〜。
Reさんと私とで堀本さんを挟んで”両手に花”写真を撮ってもらう。
えへへ・・・(←お腹痛いのと写真撮ってもらって嬉しいのとでオカシクなっている)
ちなみに、関さんとは懇親会序盤に目の前を横切られた時軽く会釈をしただけで
終わってしまった(泣)。

「NEWYORK NEWYORK」でショーの幕が上がる。カッコイイ〜〜〜!!
メンバー自己紹介の後は、
「ハッピーライド'06」メドレー(客演・和田さんのパートは関さんが担当!^^)、
「十一ぴきのネコが旅に出た」(本さん振り付け指導で我々も参加)と続き・・・

次はクイズコーナー。司会進行は酒哲さん&波岡さん。
1日目にバス車内で解答したクイズの上位5名が今から行われるクイズに参加出来る
との事。次々と名前が呼ばれる。「流石○さんですよね、スゴイなぁ〜」とか
Reさんと話していたら・・・へっ!?

私の名前が出た!

同点4位が3人・・・その中の1人が私だった。フラフラと前へ出る。
(この時、お腹が痛い事をすっかり忘れていた)
残る枠は2人なので、ジャンケンで出場者を決める事に。
すぐ1人が勝ち抜け、Aさんと私の一騎打ちに・・・白熱した戦いになる。
未だかつてこんなに「あいこでしょ」を繰り返した事があっただろうか!?
結局、負けてしまった〜。

この後のクイズは、早押しを抜きに考えれば簡単な問題だった。(←負け惜しみ)
ラストのサービス問題(何を答えても正解^^)の答え、私も「仇討」かな。
プレゼンターは関さん。優勝者にはDCマグカップ、そして他の4人には
「居残り佐平次」で使用された小道具赤木屋ティッシュが贈呈される。
ああぁ〜、ジャンケンに勝っていたら関さんと握手出来たんだなぁ。

クイズ出場者の皆さんが客席に戻ると、あちらこちらで「凄い」「いいなぁ〜」と
盛り上がる。ざわめく客席に向かって舞台上の関さんが申し訳なさそうに
「すいません、私の話を聞いていただけますか?」・・・す、すみません。(^^;

続いてギターを手にされた中尾さんが登場!
「我が良き友よ」「マイウェイ」の弾き語りをご披露。

その次は「グーリーのテーマ」!親子劇場を観た事がない私にとっては、
初グーリー@堀本さん。「ググッグッグッググーリー」の歌にノリノリ!

次の曲は「居残り佐平次」のテーマソングのモチーフとなった曲。
「仇討」からの曲ですが、どの曲だかわかりますか?と聞かれ・・・すぐわかった!
音楽絡みの問題は得意。あぁ〜、これがカルトQの設問に入っていたら
よかったのにぃ。(←まだ引きずってるよ、このヒト^^;)
答えは「蚤のひとり旅」・・・蚤@堀本さんを皆で背負って
「蚤さんあなたは〜ひ〜と〜り〜じゃ〜〜〜ない〜〜〜」

どのタイミングで話が出たか覚えていないが、最後の方だったかな?
DC公演、客演等の告知コーナーで関さんが平謝り。
実はこの日(15日)の午前11時から、関さんが客演される岸野組公演
先行予約の受付が始まっており、ここに来ている関さんファンの殆どが
スキー場から電話をかけたり、事前に他の人に予約を依頼していたり・・・
結構大変だったのだ。自分も含め皆どうやらチケットを確保出来たようで
よかったが。

ラストは、もう一度生で聴きたかった「ともだちとあえたから2」・・・
未だにネコのCD聴いていてこの曲が流れると涙がドッと出るのだが、
この日は言うまでもなく号泣。
アンコールは「ハッピーライド'06」からの曲。
東京公演楽日には、この曲でサプライズ(関さんへのドッキリ)があったっけ。

今回のショーは写真撮影OKで(ビデオはNG)、始まった頃はパシャパシャ
撮っていたのだが、いつの頃か手が止まり舞台を見入るように。
本当に夢のようなひとときだった!

ショー終了後、集合写真を撮影するという事で、段の設置等の準備が始まる。
先程ジャンケン対決をした方が、いつもブログを拝見していたAさんだと
お名前を呼ばれた時点で気付いていたので、座っている席が近かった事もあり
思い切って声をかけお話しさせて頂いた。赤木屋ティッシュの写真も撮影。
ありがとうございました!
Iさんといい、今回はこういう偶然が多いなぁ。

準備が整い、集合写真撮影タイム。それが終わると客室に戻る我々を出口で
メンバーの皆さんが並んでお見送り。皆さんにお礼を言いながら横を通って行く。
河野さんが満面の笑顔でバイバイしてくれた〜!(^^)
そして・・・列の一番向こうには関さんが。

転んでもタダでは起きない私。
「クイズで上位に残ったんですがジャンケンで負けてしまい参加できなかったので、
せめて握手だけでもお願いできませんか?」と関さんにお願いする。
快諾してもらえてこの時はただただ嬉しかったのだが、今思い返してみると・・・
関さん、私が何故握手してくれって頼んだか理解してくれていたか非常に怪しい。
そもそも5人の出場枠に6人該当者が出てジャンケン対決になった様子を
関さんが御覧になっていたかさえ不明。よくわからない事言って握手を求めて来た
変な奴と思われたかも。そして今じゃきっと記憶の片隅にも残ってないよ。
うぅ、落ち込んで来た・・・

3月16日(日)

前日は眠れなかったが、この日は何とか眠れた。腹痛も朝には治っていた。
(15日は睡眠不足のはずだったが、不思議と全然眠くならなかった。)
いよいよ最終日〜。前日とは違う場所で朝食。中尾さんも来られていた。

ホテルをチェックアウトしバスへ。
DCメンバーは乗るバスが固定されておらず、1号車に乗ったり2号車に乗ったり
という感じだったが、中尾さんと関さんは常に別々のバスで、最終日は
関さんが1号車、中尾さんが2号車へ。

車窓から時計台、大通公園などを眺める。そしてバスは小樽へ向かう。
小樽では自由行動。オルゴール館、北一硝子、運河、六花亭、ルタオ、寿司など
各自好きな所へ。
今回の旅、北海道観光は完全に二の次だったので(爆)、自由行動の計画を全く
立てていなかった私。御一緒して頂いたReさん、ご迷惑をおかけしました!
散策していると・・・メンバーの方々とそれなりの頻度で遭遇。

自由行動を終え再びバスに。ここで用紙が返却されDCカルトQ!の正解発表。
久保田さんが進行、河野さんがアシスタント、宮田さんがカメラマン。
なんでも1号車ではヒントがポロポロ出てしまい、何問かがサービス問題に
変わってしまっていたらしい。なんですとぉ〜!?(怒)
でも、2号車の方が高得点だったとの事。

答え合わせをしながらクヨクヨモードに突入。
自信ありの正解が10問、カンで正解が7問。そして不正解の8問を分類すると・・・
完全に間違えたのが2問、2択まで絞って惜しかったのが5問、ケアレスミスが1問
という結果だった。うわぁ〜、このケアレスミスがなければジャンケンなしで
ステージに上がれたのに。

正解発表の最中、中尾さんを始めメンバーの方々から色々とこぼれ話が。
アンパンマンの収録は月曜の朝で、前日がお芝居の楽→打ち上げというケースが
結構あって、そんな時のお疲れモードの戸田恵子さんが面白いらしい。
リハーサルでジャムおじさんからの命令に「はぁ〜〜〜い」とすごく面倒臭そうに
答えたり、顔が汚れて力が出ない時に「ジャムおじさんを呼んで・・・来てもいいし
別に来なくてもいいし・・・」と投げやりな演技をしたり。
あと、「中尾さんが本番中に人を笑わそうとして酷い!」と被害者の大東さんや
久保田さんが切実に訴えていた。
フレディー・マーキュリー終えて舞台から戻って来た河野さんに「ヒゲが無い」と
指摘したのは関さんだったとか。
どのQの時のエピソードだったか忘れてしまったが、中尾さんが
「関は真面目だから」と仰って、うんうんと同意。

時間に余裕があったので、編集の締切に間に合わなくてボツになってしまった
関さんと川島得愛さんからのクイズが3問ずつ出題される。
(川島さん、今回不参加で残念!)
関さんの声優への道は「天才バカボン」で始まったのね!(笑)

空港に向かう前に道産市場に寄り、30分間のお土産購入タイム。
出発の少し前、伝坂さんにラブコール(笑)。一緒に写真を撮ってもらう。
久保田さん北山さん宮田さんにも。

ずっと気になっていた小林賢太郎さんの件を宮田さんに質問してみる。
やっぱりラーメンズお好きなんだ!小林さんの書かれる脚本もお好きだそうで、
「小林さんにホン書いてもらいたいですねー!」と宮田さん。
小林賢太郎脚本によるDCのお芝居、観てみたいなぁ〜。でも、客演の場合は
言うまでもなく、脚本での参加だけでもチケット取りが絶望的な状況に陥る事は
間違いないので、実現しない方がいい?う〜ん、でも興味あるな。

新千歳空港で取り敢えず解散の挨拶。
関さんが「家に帰るまでが遠足ですから。」とお約束のセリフを。
出発時刻の早い大阪組を見送り、ほどなくして東京組も機上に。

帰りの飛行機のテレビ・・・マクドナルドプレミアムローストコーヒーのCM
(伊東たけしさんVer.)
が流れ、たった1人過剰反応する。
帰宅したら早速1日遅れのバースデーお祝いメッセージを入れなくては!

そして無事羽田空港に到着。メンバーの皆さんと機内でお別れの挨拶・・・
が!しかし、ロビーでも何人かの方と再びお会いし、また挨拶。(^^;
あ〜、でもこれで本当にお別れなのね。名残惜しいな。

家に帰る前に寄ったスーパーで中尾さんらしき歌声が聴こえて過剰反応。
帰宅後、ガビーン3連発!
1)S.S.D.S.2007秋の診察会DVDが届いていなかった!
2)留守中届いた迷惑メールが152通!(これはガビーンというよりやれやれか)
3)4月の電キバイベント、関さんまさかの不参加!

               

以上、ツアー中の出来事(後半)をお送りしました。
「ともだちとあえたから」を「(DCの)みなさんとあえたから」と勝手に
替え歌作って、相変わらずポロポロ泣きながら聴いています。
今回ツアーに参加して、DCをずっとずっと応援して行きたい!と
心の底から思いました。

旅の間メンバーの皆さんが余りにも優しく接して下さるので、
感激で泣きそうでした。
そして・・・これ書いちゃったらダメかな?えーい書いちゃえ!
素の某方はとても怖いと感じました。こちらも違う意味で泣きそうでした。
(実際、泣きそうになっている方が目の前にいましたよ〜)

お忙しい中、ファンのためこんなに素敵な企画を実現して下さったDCメンバー&
スタッフの皆様、旅行会社の皆様、そしてツアー御一緒して下さったファンの
皆様のおかげで楽しい3日間を過ごす事が出来ました。
正直言うと不安だったんです。例えで言うと、入社前の内定者旅行
出かける心境?でも、そんな不安も吹き飛びました。
以前から面識のあった方々とは、更に色々お話出来て楽しかったです。
久しぶりにお会い出来た方もおられ、嬉しかったです。
そして、今回初めてお話させて頂いた方々にも感謝します。

このツアーの企画が発表された時はDCの皆さんと交流なんて想像を絶する世界だと
思いましたが、実際参加してみて意外と冷静でいられた自分に驚きました。


「ドラマティック・カンパニーと行く札幌3日間」
 3月14日(金)〜16日(日)
 
ツアー参加者(以下敬称略)
<DCメンバー>
 中尾隆聖、関俊彦、堀本等、酒井哲也、関根宏次、河野智之、
 久保田隆、加藤木賢志、渋谷拓、伝坂勉、北山裕隆、宮田真吾、
 波岡晶子、小田木美恵、本美奈子、大東あき、江口美里、園めぐみ、斉木香
<スペシャルゲスト>
 鈴木清信(スタッフさんとして特別参加!)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。「続編をお願いします」なんて書きながらさっさと眠ってしまった私。とくぅ〜さんがお書きになった時刻を見て申し訳なかったです。お疲れ様でしたm(__)m
クイズ、惜しかったですね。ジャンケンも!関さんと握手されたたころは「よかった〜!」と嬉しくなりながら拝読しました。カルトクイズに答えられるほどDCを熟知している温かいファンの皆さんに囲まれて、メンバーの方々も、心強く嬉しく思われておられるでしょう。「よし、これからも頑張ろう!」と元気をもらわれたでしょうね。関さんも、喜んで握手されたと思いますよ^^きっと、とくぅ〜さんの手の温もりも大事に思っていらっしゃいます。中尾さんのお話も、楽しかったです。きっと、和気あいあいな、温かい会だったのでしょうね。詳しいレポートを拝読でき大感謝です。ありがとうございましたm(__)m
riru
2008/03/19 08:21
こちらにもコメントありがとうございます!(^^)
いつもriruさんには有り難いお言葉を頂き、今ちょっと
泣きそうになってます。
riruさんの仰る通り、関さんには変に思われなかった・・・と
思う事にしますね。

会社に行ってすっかり現実世界に引き戻されてしまいましたが、
ツアーの事を振り返れば頑張れそうな気がします。
とくぅ〜@管理人
2008/03/19 22:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
ドラマティック・カンパニーと行く札幌3日間 その2 白鯨な日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる