白鯨な日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 行くぜ行くぜ行くぜー!! Part.2

<<   作成日時 : 2007/09/23 23:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

体力もたない〜、でも楽しい!現実逃避月間真っただ中のとくぅ〜です。
さて、今週は土・日と東京へ行って参りました。
土曜は六本木ヒルズアリーナでコンサートだったのですが、
すぐ隣にはテレアサショップが・・・(苦笑)
ちょっとだけ様子を見て来ました。3週間前に人気No.1商品だった
「電王クッキー」は店頭から消えており、その代わりにNo.1に
輝いていたのが「デンライナー人形焼き」
デンライナー型の箱は魅力的だけど、840円は高いよ・・・



第157回DoCoMoコンサート
J-WAVE〜DoCoMo BODY&SOUL Special Live!


9月22日(土) 16:00〜  六本木ヒルズアリーナ

出演:鳥山雄司スペシャル・セッション
鳥山雄司(Guitar)、和泉宏隆(Keyboard)、竹下欣伸(Bass)、
浜口茂外也(Percussion)、柏木広樹(Cello)、川口静華(Violin)、
丸山美里(2nd. Violin)、青木史子(Viola)、川江美奈子(Guest Vocal)
安田佑子(司会)


約3週間ぶりの六本木。前回と同じく和泉さん&鳥山さんが目当てです。
前回行ったのは和泉さんのピアノトリオに鳥山さんがゲスト参加された
LIVEでしたが、今回は鳥山さんがナビゲーターを務めるFM番組関連の
スペシャルライブという事で、主役は鳥山さん。
和泉さんは鳥山さん率いるスペシャルセッションバンドに
キーボーディストとして参加。
サイケ柄、アロハ風という違いはあるものの、御二人の着ていらした
シャツが何となく似ていて「ペアルック(笑)?」と思った私。

ステージ上にはグランドピアノが無く、YAMAHAのシンセS90ESが1台のみ。
グランドピアノの前に座っていない和泉さんを見るのなんて、
10数年ぶりの事ですよ(驚)!
そして、ステージ上でしゃべる機会が、メンバー紹介の時しかなかった
和泉さん。しゃべらない(というか、しゃべれない)和泉さん・・・
ものすごく珍しいものを見てしまった気分(笑)。
ちゃっかり御自分のCDの宣伝はされていましたが。
キーボードと言っても、使っている音色はエレピ系とアコピ系だけで
演奏スタイルはいつも通り「ピアニスト」な和泉さんでした。
今回のバンド編成&アレンジではシンセっぽい音色は不要でしたしね。

コンサートのテーマは「映像が浮かぶ音楽」
映画音楽や、色々なアーティストにカバーされている曲、
総じてロマンチックな曲を鳥山さんがセレクトし、ボサノバ風
アレンジで演奏。
アントニオ・カルロス・ジョビンの曲は、まんまボサノバですが、
映画音楽のボサノバアレンジは新鮮でしたよ〜!

「ムーンリバー」の演奏は、故・鈴置洋孝さんの事を想いながら
聴いていました。鈴置さん、「面白そうなコンサートやってるな」と
フラリと会場に来られていたかもしれませんね・・・

他にもドビュッシーの「月の光」やミシェル・ルグランの
「これからの人生」が聴けました。
20歳代半ばでバリバリのアレンジャーをなさっていた頃から
存じておりましたが、鳥山さんの音楽に対する造詣の深さに
「本当にこの人は凄い!」と感動しながら演奏に聴き入っていました。

ジョビンの「ジェット機のサンバ」演奏後、スペシャルゲスト
ボーカリストの川江さんが登場。
「イパネマの娘」を英語バージョンで披露。
そして次の曲は、「スペイン」・・・・・・!
待って、待って、待って〜〜〜!まさか、こんな事って・・・

超個人的な話になるんですが、私が初めて和泉さんの生演奏を
聴いたのは今から20年前、CASIOの楽器イベントでのミニコンサート
だったんですね。
その時聴いたのが、当時まだアルバム未発表曲だった「PIER7」と
チック・コリアの「スペイン」でした。
という訳で、この2曲は私にとって思い出の曲なのです。
その曲をこの1ヶ月立て続けに和泉さん&鳥山さんの演奏で
聴ける事になるとは・・・なんという偶然!
と、鳥山が・・・じゃなくて鳥肌が立ちました!!

「スペイン」はボーカル入り、つまりアル・ジャロウVer.で演奏。
チック・コリアVer、アル・ジャロウVer、そして数多くのカバー
(最近では元SPEEDのhiroちゃんまでカバーしていて、「やるわね、
この子」と思った)、どれを聴いてもググッと来る
名曲中の名曲だと私は思います。

アンコールでは、鳥山さんの曲を。
1曲目が「An Evening Calm」・・・先月末のSTB139でのLIVEの時、
鳥山さん&和泉さんのデュオ演奏で心臓を鷲掴みにされた曲です。
演奏中フワッと風が吹き抜けて、気温高めで暑かったコンサート前半から
一転、初秋を感じさせる心地よい空気と時間が流れて行きました。
そして、ラストはご存じ世界遺産のテーマ「The Song of Life」
(鳥山さんにとってこの曲は、スクェアにおける「TRUTH」のような
位置づけなのかもね。良くも悪くも^^;)

パリからニューヨーク、ローマ、ブラジルと、音楽の旅
出演者&観客が楽しんだ、本当に贅沢なひとときでした。
旅といえば、ピラミッドの残るメンバー神保彰さんは今、リアルに
ヨーロッパを旅されているんだよなぁ。無事の帰国をお祈りしています!

今日行って来た東京ゲームショウ・・・あ、間違えた(苦笑)!
もとい、東京JAZZ2007の感想は、次回UPします。
実は、今家に帰って来たばかりだったりして。(^^)
上の感想、今日有楽町に行く前にほとんど仕上げていたのですが、
微妙に時間が足りなくなって、帰宅してからのUPとなりました。

東京JAZZ!
もうね〜、泣きましたよ。ホント泣いてばかりですよ、私。
以前より愛が薄れて来たかなぁと最近思っていたのですが、
大間違いでした!

   スクェア最高!大好き!!



<9.28追記>

当日の演奏の模様と鳥山さんのインタビューが
ドコモコンサートウェブサイトにUPされています。(→サイトはコチラ

そして、今日(9月28日)お誕生日の和泉さん!
おめでとうございます!  40代最後の年ですね。
これからも、ピアノで泣かせトークで笑わせ続けて下さい。(^^)


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
行くぜ行くぜ行くぜー!! Part.2 白鯨な日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる