白鯨な日々

アクセスカウンタ

zoom RSS DOLPHIN THROUGH

<<   作成日時 : 2015/05/22 23:13   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

5月5日のNed Doheny plays"HARD CANDY"東京公演。
中田利樹さんのレポートでは絶賛されていましたが、金澤寿和さんのブログでは
辛口の批評。どちらも興味深く拝読しました。(中田さんの方は、
ビルボードライブ東京公式HP上に掲載されるレポという事もあって、
厳しい事を書くのを避けたのかもしれませんが…^^;)

このネッド・ドヒニーのライブ予約が始まる頃は、まだゴールデンウィーク中に
どれだけ休日を取得出来るか不明だったので、様子見するつもりでした。
でも、一般予約受付開始日にSOLDOUTになってしまったらしく…
見込みが甘かった!(泣)

ネッドのライブを観に行けなかったのは残念でしたが、もし予約を確保
出来ていたらGW中に帰省する事は不可能だったので、これでよかったのだと
自分に言い聞かせています。4/29から5/6までのうち、取れた休みは
たったの2日だったので。
その2日間の休日を、歴史的イベントに立ち会うために、
そして大切な友人と再会するために使いました。
一応帰省の旅だったのですが、実家に滞在していた時間は僅かでした…

楽しかった!とにかく楽しかったです。
出掛ける前は、2つのイベントを終え、満足感を胸に颯爽と帰宅する
自分の絵を思い描いていたのですが、現実は…
「嫌だぁー!きっつい現実に戻りたくなーい!!」/(ToT)\
あまりにもキラキラした休日を過ごした反動は、予想以上でした。

惚けてます。情けなくなるくらいに。
一社会人として、何とか仕事はサボらずに済んでいますが、
家に居る時が本当に酷い!やらなきゃいけない事いっぱいあるのに、
ボンヤリしているヒマなんてないのに…

そして、このボンヤリが趣味活動に影響を及ぼすという、まさかの事態に。
まず、5月14日の大橋勇武さんのバースデーライブに安藤さんが
ゲスト出演された事を、ライブ終了後に知った件。
これはもう安藤さんファンとして大失態!そして、先月までの私なら
ライブを観に行けなかった事を心の底から悔やんだはず。
なのに、今の心境は「まぁ、いいか」…
…マジか?嘘やろ??
今までの私ならありえないよ!そんな風にすぐ諦めるなんて。

もう1つは、今度のS.S.D.S.診察会の「関さんにお花を贈ろう企画」に
参加するのをすっかり忘れていた件。
辛うじて診察会の日程は把握しています(苦笑)。明後日です。
いつも一緒に申込んでくれているKさんから先日連絡をもらうまで、
本当に忘れていました…ありえない!ヤバイ!

今年初参加の関さんイベントだというのに、気合が全然足りない!
名刺も診察券もペンライトもバンブーちゃんタオルも、今のうちに
ちゃんと準備しておこう…
あっ、肝心のチケット持って行くの忘れそうだ!(^^;

そんな中、スクェアのDJミックスコンピレーションアルバム
『DOLPHIN THROUGH』が届きましたー!

実は、新録が3曲ある事以外は情報を目に耳に入れないよう、必死でした。
アルバムを手にしてからも、ブックレット&CD盤面に書かれた
収録曲名を見ないようにして、プレイヤーにCDをセット。という訳で
アルバム初聴き時は、まるでハワイのFM放送局の番組を
実際に聴いているような楽しみ方が出来ました!(^^)

以下、アルバムを聴いた感想を…
まだ聴いておられない方もおられると思いますので、
曲名は伏せておきますね。

1曲目は予想通り。でも前奏が付いていたので、いきなり感極まる…
そして、「えっ、そのバージョンで!?」と驚く。

曲当てクイズは、即答。安藤さんファンだったら絶対外さない!
だって、生まれて初めて観に行ったコンサートで聴いた思い出の曲だもの。
でも、まさかこのアルバムで登場するとは…

前述の通り、収録曲を知らずにいたので…紹介される曲に、いちいち驚く。
3曲目は、素で驚いた!
選曲対象はスクェアのアルバムだけだと思い込んでいたので。

漠然と思い描いていた選曲と全然違っていて、
そしてそれが絶妙な選曲で素晴らしい!
4、7、12曲目を選ぶあたり、「通」ですな。

11曲目は、数年前のアルバム感想記事でも書いたけど…
弱った心に「大丈夫だよ」と優しく語りかけてくれるような曲。
私、今凄く心弱ってるんで…泣いた。

ボーナストラックは3曲。
まず、河野さんソロアルバム曲のスクェア版リメイク。
9曲目もそうだけど、河野さんの作る「前向き」な曲調は、凄く好き。
どこまでも、どこまでも走って行けるような気がする…

次に、安藤さんの8ビート新曲。
正直に書いちゃうと…この新曲よりも、FMジングルの方に
心を奪われてしまった私。(^^;
短いジングルの中に安藤さんらしさが詰まっていて…

最後は、和泉さんの書き下ろしバラード。
もし冷静な気持ちで聴いていたら、結構冷静に曲の批評を
していたかもしれない。
でも、気付いたら…泣いていた。
先日の「再会」の事を思い出して、
嬉しさと切なさがゴチャゴチャになって、泣いていた。
後で曲のタイトルを見てみたら…ふむ、そう来たか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
今回のドルフィン・スルー、なかなか評判いいですね。
ベストアルバムってネットじゃ酷評されそうだけど、企画がいいのと、ファン層が新しくなってるのかも(最近の活動で永く離れてた組が戻ってきたりその子供世代だったり)。DJの男性が、ビデオ「リゾート」に登場した人らしいんで、まさに「嗚呼、リゾートから30年」企画なんだな、と・・・ それにしても伊東さんの1st imp.の出来がいいですね。やっぱり、あの音色に人生を捧げているのです。歌い方はさすがです。これ、コピーしたいとうちのキーボが息巻いてます。やるのか?ダブバ・・・
himebow
2015/05/23 12:24
評判いいんですね!(最近は必要最低限しかネット徘徊
していないので、世間に疎くなっております)
それは良かった。(^^)

私も、今回のアルバムや次にリリースされる『PARADISE』の
雰囲気に「リゾートから30年」を意識せずにはいられません。
個人的には、ファン歴30年到達が近付いているので、
これからどんどんテンションが上がって行きそうな予感…

「First〜」のスクェアver.本当に素晴らしい仕上がりで、
込み上げてくるものがありました。
是非ダブルバーズさんで演奏して下さい!
管理人
2015/05/23 22:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
DOLPHIN THROUGH 白鯨な日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる