白鯨な日々

アクセスカウンタ

zoom RSS L42&TK

<<   作成日時 : 2015/02/20 21:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

私にとって、T-スクェアにおける安藤さん&伊東さんは、
LEVEL42におけるマーク・キング&マイク・リンダップのような存在。
昔から大好きで、現在も活躍中のお姿に目頭が熱くなってしまう人達なのです。
LEVEL42しかり、スクェアしかり、10代の頃から親しんで来たバンドが
メンバーチェンジはあれど現役で活動し続けている…この上ない幸せですよね。
今月の第1週、そんな幸せを胸に彼らのライブを観に行きました。


LEVEL42
2月4日(水)〜5日(木) ビルボードライブ東京

前回の来日公演から丁度2年ぶりにレヴェル42が来てくれましたー!
ビルボードライブに来てくれるようになってから4度目の来日公演。
2010年の超久々の来日公演時にむせび泣きした時の感動に比べたら、
感激度は薄れてしまいましたが(苦笑)、それでもマーク&マイク達が
定期的に来日公演を開催してくれるのは嬉しいです。 \(^o^)/

最初に謝っておきますと、私LEVEL42関連の情報チェックを怠っておりまして、
前回のライブの後にメンバーが増え、新作『SIRENS』がリリースされていた事を
公演の少し前まで知りませんでした。ニューアルバム(というかEP?)が
2013年にリリースされていたんですね。ごっ、ごめんなさいー!(汗)

という訳で、今回のライブはアルバム『SIRENS』収録曲をお披露目しつつ、
新たに加わった2人の管楽器奏者とサックスのシーン・フリーマン
三管編成のブラス隊が誕生し、賑やかで愉しげなムードでライブが展開。

ホーンセクションの3人が演奏しながらポーズ取ったり踊ったりする様子が、
数年前インコグニートの東京JAZZでのステージで見た情景とカブりました。
あの時も、ブラス隊がすんごい愉しそうに踊ってたっけ。ちなみに、その時の
インコグのドラマーは、今ここにいるピート・レイ・ビギンだったよなぁ。

久しぶりに見たピートは…アゴヒゲを蓄えて、仙人のような風貌に
なっていました。(^^;
そういえば、最近久しぶりにニック・カーショウの動向をチェックしたのですが、
ニックも仙人と化していました(爆)。

『SIRENS』収録曲はクラブミュージック調で、ライブでも自動演奏を多用。
正直な所、初めてこの新作を聴いた時の感想は微妙でした。
同じテーマを繰り返す、うーん、なんていうか「ずっとAメロが続く」
といった感じ?なクラブ系音楽。

でも、従来のLEVEL42テイストも色濃くて、聴き続けているうちに
不思議な感覚に。うん、悪くはないのです。
ただ、バンド復帰作『RETROGLIDE』(2006年)を聴いた時と同じ感激は
味わえませんでした。あの時は泣きましたもの。1曲目「Dive Into The Sun」
「マイクが帰って来たー!うわぁぁぁー!私の聴きたかったLEVEL42が
本当に帰って来たぁ…(ToT)」と。

新作以外の曲は、定番曲がズラリ。一番新しいのが…多分「Tracie」かな。
今回のライブでは、90年代以降のアルバムからの曲は披露されませんでした。

キーボード弾かなくていい隙がある度に、マイクがフロントに出て来て
マーク&ネイサン&ホーンセクションのみんなと踊ったり、
みんな楽しそう。(^^)
なんだか、バンドが若返った印象でした。
また日本に来て下さいね!楽しみに待ってます。


伊東たけしMellow Madness Septet"Luxury Night 2015"
2月6日(金)〜7日(土) 丸の内コットンクラブ

LEVEL42のライブの後は、サックス奏者伊東たけしさんのライブへ。
2008年から恒例行事となった伊東さんメロウマッドネスセプテットの
コットンクラブでのライブ。

ここ数年は3、4人組で参加していたのですが、昨年は大雪で皆
泣く泣くキャンセル。(TへT)
今年も風邪で1人欠席という残念な結果になってしまいましたが、
私自身は無事4公演中2公演を観に行く事が出来ました。
2月5日に大雪予報が出ていてヒヤヒヤしていたのですが、幸い予報は外れ
この週のライブ参戦に影響は出ませんでした。よ、よかった…(^^;

ニューアルバム『FAVORITES』からの曲、そして終盤は
お約束の曲&バトルで、ステージ上も客席も大いに盛り上がりました!
1stと2ndが全く同じセットリストだった事には苦笑いでしたが、
メンバーそれぞれの演奏が白熱しまくっていて、心の中で
「凄い!」を連発していた私。

「Setembro」は伊東さんが今回のアルバムでカバーするより前から
凄く好きな曲で、もう一度結婚式を挙げる機会があれば(爆)、
誰かに演奏してもらうか自分が演奏したいと思っているくらいです。
アルバムのバージョンを聴く限り、今回のライブでは演奏されないかなぁと
ションボリしつつ、アレンジ変えて演奏してくれるといいなぁと
僅かな期待を胸に抱いておりました。

期待通り、いや期待以上の「Setembro」が披露されました!
養父さんのアコギがイントロを奏で、まずルイスさんのトランペット、
そして伊東さんのEWIが歌います。裏メロを彩るのは、宮崎さんのテナー。
…あぁ、なんて素敵なアレンジなのでしょう。(*^^*)

伊東さんのFAVORITEである「Setembro」は、多分クインシー・ジョーンズ
カバーしたヴァージョンだと思います。クインシー版もグッと来ますが、
オリジナルであるイヴァン・リンスの曲の方もおススメですので、是非!
(イヴァン1980年作のアルバム『Novo Tempo』に収録されています)

MCでは、ルイスさんがレコーディングに遅刻(結局欠席)した話を
暴露されてしまっていました。

レコーディングといえば、T-スクェアのニューアルバム。
現在は制作の最終段階で、5月に発売予定だそうです。
(伊東さんてば発売月を知らなくて、坂東君に尋ねていました^^;)
テーマは、ずばり夏!
夏でパッと頭に浮かぶアルバムは『夏の惑星』、そして
『R・E・S・O・R・T』ですが、今度はどんな「夏」を
音で描いてくれるのでしょうか。楽しみです!

あと、ライブ中に印象に残ったシーンは…
演奏ミスした伊東さんが、クルリと後ろを向いてサックス吹き続けながら
坂東君にペコリと頭下げて謝る姿。面白かったです。

そういうミスだったり、逆に超絶プレイだったり、伊東さんだけでなく
他のメンバー達も色々仕掛けて来るものだから、坂東君は笑いが止まらなく
なってしまった様子。笑いつつ、しっかり叩く姿は相変わらず凄い!

アンコール曲では、お待ちかねの伊東さんVS宮崎さん肺活量対決!
(どちらが長く吹き続ける事が出来るかという勝負)
1stは宮崎さんの圧勝。そして2ndは「どうせ負ける」と
伊東さんが途中放棄。(^^;

2月の寒さも吹き飛ぶ、アツいライブでしたー!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
Setembroは纐纈女史も取り上げてましたね。
あのEWI1000の独特な、淡々と、かつウォームなエモーショナルなサウンド。
グルーブ・アイランドでのトニーニョ・オルタとの「ポル・ド・ソル」の世界観に通じる幻想的で天国にいるような厳粛な空間。
母のお腹にいるような気分にさせられます。
伊東さんにしか表現できない世界です。
もちろん,安部潤のアレンジあっての賜物ですが・・・
ニューアレンジは聴いてみたいですね。
今の新環境が軌道に乗るまでは東京・神戸お遊びツアーは無理ですが、またいつか出かけたいものです。
「夏」アルバム5月発売情報、ありがとうございます。
私もココに出せない情報ありますが・・・ ダブバじゃないっすよ。
FBを深読みするならば、ツアースケジュールも固まったようですしね。
気になるのはマクド(関西読み)がスポンサーから降りるのかって事位でしょうか?
それにして、tell me・・・が惜しいなぁ。
himebow
2015/02/21 21:50
いつか伊東さんのライブで「Tell Me A Bedtime Story」を
演奏して欲しいですね。
「Setembro」の伊東さんのプレイ、私も暖色系の色が
浮かんで来ます。

安部さん、コットンクラブでは圧巻の演奏でした!
私もあんな風に弾き倒してみたい…
ちなみに先日の『本気でAOR NIGHT』でも安部さんは大活躍。
ピアノ系の華麗なバッキングやブレスコントローラーを
使ってのブラスサウンドを披露して下さいました。
無表情でブレスコントローラーをくわえているお姿が
実にシュールで素敵。(^^)

思い返せば、伊東さんやスクェアがCMに出たのは
マクドが上り調子の頃でしたよね。今のマクドは…(哀)
私、実はネイティブな関西人ではないのですが、
関東生活が長くなった今もマクドナルドを「マック」とは
呼べません。(^^;

スクェアのツアーの時期に自分の環境がどう変わっているか
若干心配な今日この頃。
himebowさんほど大変ではないと思いますが、私も4月以降は
遠征が難しくなりそうです(泣)。
ともあれ、スクェアのNEWアルバム楽しみに待ちましょう!
管理人
2015/02/22 20:45

コメントする help

ニックネーム
本 文
L42&TK 白鯨な日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる