白鯨な日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 歌謡祭!

<<   作成日時 : 2014/04/10 22:06   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

3月27日キルラキル上映会1回目(関さんファン仲間さんのおかげで何とか参加)、
2回目(チケット取れなくて断念)、3月30日ガンダムW Endless Waltz上映会
(仕事休めなくて断念)…という感じで、全力で関さんを追いかける事が
出来なかった年度末。日曜に休みを取れないという状況は、当面続きそうです(泣)。
しかーし!4月6日の休みだけは、何ヶ月も前から「お願いだから休ませて」と
職場の同僚に謝り倒し、ゲットしました!

だって、診察会ですもの!歌謡祭ですものー!!

半年前の診察会で「次回の診察会は歌謡祭」と予告された時から、
この日をとても楽しみにしておりました。
昼の部夜の部、数曲入れ替えて、あと演奏順を変えたりして…
10数曲×2公演、先生方の歌をタップリと聴く事が出来ました!

トップバッターの速水さんが、歌い慣れているはずの「すべてのTRUTH」
まさかの歌詞飛ばしをされてしまったのには驚きましたが、
果たしてコレはDVDに収録されるか否か?

ステージには歌詞を表示するモニターが設置されており、夜の部の
「すべての〜」ではモニターをガン見されていた速水さんでした。(^^;

今回は、院歌斉唱が無かった事にビックリ。
逆に、歌で大変だからドラマのコーナーは無いかな?と思っていたのに、
速水さんしっかりと脚本を用意されていました。
それにしても…松本さんに2曲連続歌わせ、ドラマではお約束の沢登先生幼児化で
「だおだお」言わせる速水さんは、本当に鬼ですな。

診察のコーナーは、普段の診察会より短めでした。
数が少なかった割には、どんなお悩みが読まれたか記憶に残っていない…
あれ?なんでだろ?DVD化が決定している事に安心しちゃったからかなぁ。

ここで、関さんファンの視点で印象に残っている場面を挙げてみます。

・賢雄さんとじゃれる関さん。

・おふざけに走る先生が多い中、真面目にラジオ体操をする関さん。

・名刺交換のお手本をする時、なぜか「クラブのママ」という設定にされ、
バウムママを演じきる関さん。

・賢雄社長と恋に落ちるバウムママ。

・関さんのヘッドマイクのズレを直してあげる速水さん。

・実際のプロポーズの言葉を公表してしまう関さん。

・歌の準備で一足先に退場しようとする森田さんに「帰っちゃうの?」と
寂しそうな超可愛い声をかける関さん。

・増田君に対して辛辣な関さん。「バウム教授の新人潰し」とか言われる。

・新曲「re:build」を見事に歌い上げる関さん。

「刹那の英雄」前回の診察会で歌の担当だった関さん。歌詞を完璧に
覚えているご様子で、ずっと口ずさんでおられた。流石過ぎる!
(ちなみに、この曲は昼夜とも平川&増田コンビの歌唱)

前回の診察会レポにて、半分冗談半分本気で
「速水さんめー!よくも関さんと賢雄さんを引き離したなー。」と書いたのですが、
今回はステージ上の並び順が隣同士なパターンが多かった賢雄さん&関さん。
関さんファンの心理を熟知した上での配置なのか…速水さんの思うツボ?
くっ、速水さんめ…ありがとうございます!
仲良しの賢雄さん&関さんを存分に拝見出来て、至福のひと時でした。

夜の部では、速水さんと関さんのデュエット曲「未来の鼓動」が披露されました。
それまでペンライトを振っていた手がピタッと止まってしまったのは、
私だけじゃないはず。ペンライト握り締めたまま、関さんの歌声に
聴き入ってしまう関さんファンが続出した模様。

歌謡祭という事で、ミュージシャン&ダンサーの皆さんも大活躍でした!
この日はベーシスト松村さんのお誕生日だそうで、「Happy Birthday」
皆で歌う一幕も。
G(沢登先生の幼児化を誘発する重力のGじゃなくて、キーのG、ト長調)を
コーラスの吾郎さんから指定されて、なかなか弾き出せないキーボーディスト
清水さん。セッションミュージシャンなら即座に指定のキーで楽々弾けるはずの
曲なのに…緊張されていたのかな?(^^;

さて、その清水さん。
速水さんのライブや音楽活動に長年関わって来られた方だという事は、
かなり前から認識しておりました。「刹那の英雄」の作曲者でもありますね。
実は最近、清水さんが私の知り合いの知り合いだという事が判明。

あと、私が長年ファンを続けているTHE SQUARE(現T-SQUARE)が、
清水さんにとっても憧れの存在だったそうで。このバンドの元メンバー
和泉さん&則竹さんが今年TWILIGHT EXPRESSという新しいバンドの活動を
始めまして、その新バンドのベーシストさんが清水さんの御友人との事で、
友人と自分のアイドルだった人達が同じバンドを組んだ事を羨ましく
思われたんだとか。
でも清水さん、私は関さんとバンドで共演出来るアナタの方が羨ましい!

S.S.D.S.診察会初の試みだった歌謡祭。
さらにお初といえば、パンフレットの販売!
白衣&黒スーツの先生方の素敵な写真の数々とインタビュー記事が掲載された
パンフレットでした。
「歌謡祭と聞いて何を連想しますか?」という質問に対して、
関さん森田さん森川さん平川さんと4人連続で「FNS歌謡祭」と答えていたのが
ツボにハマりました。(^^)

FNS歌謡祭といえば、ワタクシこのブログに何度も書いておりますが、
愛しのギタリスト鳥山雄司さんのお姿が画面の右端で見切れている状態を
毎回切ない気持ちで観ております。でも、不意打ちで鳥山さんのアップに
なる時があるので油断出来ないんだな、あの番組は…

そんな訳で、今回も楽しく診察を受ける事が出来ました!
2回目の御出演だった置鮎さんも、S.S.D.S.の世界観に慣れた御様子で何よりです。

関さんにお花を贈ろう企画も10回目だそうで、今回も参加させていただきました。
Kさん、素敵なお花の手配、いつもありがとうございます!(^^)

画像

2014 S.S.D.S.第17回診察会
S.S.D.S.歌謡祭
  4月6日(日) 中野サンプラザホール
昼の部 春風に誘われて 14:30〜
夜の部 夜桜に魅せられて 18:30〜

<出演>速水奨、堀内賢雄、松本保典、関俊彦、
森川智之、森田成一、平川大輔、置鮎龍太郎、
増田俊樹 <声の出演>中博史 (以上、敬称略)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
歌謡祭! 白鯨な日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる