白鯨な日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 2014年初イベント

<<   作成日時 : 2014/02/21 23:27   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

ソチオリンピック、フィギュアスケート女子シングルの試合…凄かったですね。
浅田真央選手がSPでミスの連鎖、今季自己最低点でまさかの2桁順位。
しかし、翌日のフリーで自己ベストの高得点をマークし6位入賞。
真央ちゃんのフリーの演技が始まってから得点が発表されるまで、
私ずっと泣いていました。なんかね、自分の大学受験の頃を思い出しちゃって…

受験本番に信じられない失敗をしてメダルを諦めたんですね。メダルどころか
入賞も危ういという有り様だったのですが、気持ちを切り替えて
2次試験に挑みました。そして試験終了後は確かな手ごたえを感じていました!
メダルに未練は無いとは言い切れませんでしたが、自分としては納得の入賞。
真央ちゃんの重圧に比べれば私のなんて全然たいした事ないんですけど、
当時の想いが蘇りました。
オリンピック選手、そして受験生の皆さんが悔いの無い結果を残せますように!
そう祈らずにはいられない2月…



と、真面目に書いて来ましたが、突然話題を変えます(苦笑)。
2014年、初の関さんイベントに行って来ましたー!
文京シビックホールを訪れるのは、何年か前の吹奏楽団のクリスマス
コンサート以来。まさか声優さんイベントで再びここに来るとは。
前は大ホールでしたが、今回は小ホール。チケット争奪戦には何とか勝利。
2週連続の大雪による交通機関の乱れにハラハラしながら出掛けました。

今回のイベントは、オジサマ専科リーディング!
オジサマ3人の朗読劇という事で、ウットリ酔いしれる展開になると思いきや、
爆笑につぐ爆笑…ギャグドラマでした。
なんかもう色々細かいネタが盛り込まれ過ぎて、全てに反応出来なかったような
気がします。(^^;



劇の内容をざっと紹介すると、こんな感じ。

「彼女」を巡っての恋のバトルは、一向に決着がつかない様子。
東郷さんはクリスマス、刈谷さんは初詣、壬生さんは正月と、
立て続けに彼女に指輪をプレゼント。
皆、他の2人を出し抜こうと行動するも、考えている事は一緒(笑)。

バレンタインパーティーを企画する東郷さん。
もちろん、他の2人は招待せず。
しかし、話を聞きつけてパーティーにやって来る刈谷さん&壬生さん。
3人揃ったらバレンタインチョコの話。
彼女から貰ったチョコが本命なのか義理なのか、気になる3人。

新たな恋のライバル(?)建築デザイナー登場!
彼が設計したカラオケ店で罠にハマり、脱出ゲームに四苦八苦する
3人の運命や如何に…!?



劇で印象に残った事。

初詣中に突然「今、遺体になってしまったら」とか突拍子も無い例え話を
始める刈谷さん。火山噴火とか縁起でもない事言わないで下さい…(^^;

威嚇する刈谷さん VS 呪いをかける壬生さん。
今回、東郷さんはそうでもありませんでしたが、刈谷さんと壬生さんの
キャラ崩壊っぷりが凄過ぎましたー!
刈谷さんは想定内でしたが(爆)、壬生さんがあんなに壊れるなんて…

カラオケ店で熱唱するオジサマ3人。
まさかの「We Are The World」!まさかの「移民の歌」!
えっ?この年代のオジサマが歌う曲って、ソレなの???

話が飛びますが、今回のイベントのタイトルコールで
「Livin' on a Prayer」(「a」は「the」だったかも)という英語が
耳に入った途端、ボン・ジョヴィの「Livin' on a Prayer」のイントロが
私の頭の中で鳴り出し、「違う違うー!今から始まるのは、甘いバレンタインの
朗読劇。そんなRockなノリじゃなーい!」と必死で曲を打ち消しましたが、
蓋を開けてみればそういうノリでOKでした。(^^;

東郷さんが青春の思い出の曲としてレッド・ ツェッペリン
「移民の歌」を選曲。例の雄叫びをする訳ですが…気に入ったのか、
和彦さんが何度も大川さんに雄叫びをやらせようとするもんだから、
大川さん素で大弱り。「可哀想だからやめてあげてよー」てな感じで
関さんが和彦さんに縋り付く場面も(笑)。

ちなみに、刈谷さんと壬生さんは歌が上手、
東郷さんはビミョーという設定らしいです。

脱出ゲームが始まって以降も、1人で歌いまくる壬生さん。

ジェットストリーム by壬生

肉じゃが作り置き by刈谷



約1時間半、生ドラマの熱演本当にお疲れ様でしたー!
劇終了後、ちょっとだけフリートークタイム。

夜の部にはもっと年を取ったオジサンが出て来ると嬉々として話す、昼の部
最年長の和彦さん。来月で還暦なんですよねー。
(ちなみに、夜の部の最年長は中尾隆聖さん

長時間座っていてお尻痛くないですか?という質問に大丈夫と反応する
お客さん達に対して「痛いって言ったら、さすってあげたのに」と和彦さん。

東郷には「お嬢ちゃん」、刈谷には「フィーバー」とキメ台詞があるのに、
壬生にはコレというのが無い!と拗ねる和彦さん。
しいて言えば「生け花にしてやる」
和彦さん「お前を生け花にしてやるぜー!」客「キャー!」…何コレ?(^^;

そんな訳で『オジサマ専科』vol.1トリオの愉快なやり取りを満喫しました!
今回も関さんにお花を贈ろう企画に参加させていただきました。(^^)
終演後はファン仲間さん達と関さんトークに花を咲かせたかったのですが、
大学受験で上京している甥っ子と付き添いの姉に会う約束があったので、
早々にお別れ。ごめんなさーい!S.S.D.S.歌謡祭の時はお相手して下さいね。
画像
甥っ子の第1志望大学の2次試験は、いよいよ来週ー!
目指せ金メダル!!



オジサマ専科リーディング 昼の部
 2月16日(日)14:30〜 文京シビックホール 小ホール

<出演(敬称略)>
井上和彦(壬生之哉役)、大川透(東郷匡彦役)、
関俊彦(刈谷敦役)


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2014年初イベント 白鯨な日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる