白鯨な日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 『WINGS』 東京公演

<<   作成日時 : 2012/08/09 21:45   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

今年に入ってから関西某所(実家)と浜松(親の実家)に頻繁に帰っています。
7月は、27日に関西へ行き実家に2泊、そして29日の午後に浜松…というスケジュール。
奇しくもT-スクェアコンサートツアー(27日福岡、28日大阪、29日名古屋)
日程が重なりました!
28日なんて、フラッと観に行けるほど近い場所にいるよ私。29日だって、浜松での
用事が終わった後、名古屋に…開演には間に合わないかもしれないけど、
駆けつけられる距離だよ。

でも、大阪の会場にも名古屋の会場にも足を運びませんでした。
今回は用事が用事なだけに、ライブを観る心境にはなれなかったのは当然。
実家への帰省は、退院したばかりの父に会うため。そして29日は、祖父の
四十九日法要。(本当の四十九日は2日後だったのですが、親戚が揃いやすいよう
日曜日に変更。おじいちゃんの命日、青木智仁さんと同じ日になりました…)
身内より趣味を優先する気持ちにならなかった自分に、正直ホッとしています。

そんな訳で、なんというか神妙な面持ちで色々な事を考えながらの
帰省だったのですが、思いっきり現世に引き戻される事件が発生。
27日に東京駅でドクターイエロー、そして29日に新大阪駅構内でスクェアの
メンバーの御一人と遭遇するという、凄い運に恵まれたのです!
しかし、今回はその件に関してはノーコメント。
ドクターイエローのエピソードについては、別の機会にブログに書きますね。
新大阪遭遇事件については…リクエストがあれば差し支えのない程度に
書きましょうか?

そして、8月4日。東京公演の日がやって参りました。
コンサートの始まる数時間前、渋谷で雨が降っていた模様。恐るべし雨男社長!
開場時間少し前に、渋公到着…いやはや、相変わらず客の年齢層高いなー。(^^;
親子連れもチラホラ。

テレビ朝日『サンデースクランブル』からお花が届いており、ロビーに
飾られていました。(「Cheer Up!」が番組のテーマ曲という縁で)
近付いてみると、暑さのせいか一部の花が既にしおれ気味。
そして、写真撮るのを忘れました…(^^;

物販コーナーはスルーして、客席へ。
置かれている楽器類を見て、メンバーの皆さんの定位置を確認。
今回は、ドラムが一際目を引きました
シンバルの位置が低い!

あと、YAMAHAのデジタルパッドもセッティングされていて、
気合入っているなーと思いました。
コンサート後半の「Cheer Up!」でパッドを使用していましたが、
なんとなーく坂東君の叩き方に無理があるように感じたのは私だけ?

7月の抽選招待制のスペシャルイベントには行けなかったので、スクェアの
生演奏を聴くのは2011〜12年カウントダウンライブ以来、約7ヶ月ぶり。
チケットはFC枠で確保していたものの、急遽行けなくなる可能性があったので、
こうして当日無事会場に足を運ぶ事が出来て安藤…じゃなくて、安堵。

そうそう!今回は、いとしの安藤さんが遠い席だったんです(泣)。
しかも、東京公演では1曲目から前方ブロックのお客さん達が次々と立ち上がり…
…あぁ、なんという事でしょう!

安藤さんが見えません。
他の4人のメンバーは見えるのに、安藤さんの御姿だけが、斜め前方のお客さん達に
遮られて見えません!

  安藤さん だ け 見えないぃぃぃ… /(ToT)\

何コレ?罰ゲーム?
普段「萌え萌えー!安藤さん萌えー!」とアホな事ばっかり口走っている私に
お仕置きですか?

しかし…時間が経過するにつれ、この悲しい状況が愉快に思えて来ました。
なんだかんだ言っても、普段コンサートで安藤さんばっかりを見つめている
訳じゃないんですよ。ほっ、本当ですよー!自分では、結構均等に
メンバーの皆さんを目で追っていると思っているのですが。

うーん、そうですね…素人キーボーディストの視点から、河野さんの演奏を
チェックしている場面が多いかもしれません、私。
どのフレーズを手弾きしていて、どの部分をパソコンやシンセの自動演奏に
任せているのかをチェックするのが、秘かな楽しみだったりします。
そして、坂東君が凄いオカズフレーズを随所に入れる度にニヤリと坂東君の方を
見る河野さんを、私もニヤリとして見ています(爆)。

今回は伊東さんの頭…ではなく、腹部についつい目が行きました(爆)。
(あの帽子姿は、もう見慣れた^^;)ほんの少しポッコリしたお腹。
同じ"イニシャルI"の元スクェアメンバーよりは全然マシな膨らみ具合ですが、
スポーツを続けておられる伊東さんでも、年齢には勝てないって事
なんですかねぇ…

今までのコンサートツアーでは、3曲か4曲演奏した後MCに入り、伊東さんが
「どうぞお座り下さい」とお客さん達に着席を促していたのですが、
今回は4曲目のイントロで伊東さんが軽く挨拶して、そのまま演奏続行。
この4曲目が落ち着いたテンポの曲だったら、お客さん達は次々と着席して
行ったんでしょうけど、ノリノリ曲「Heroes」だったものだから、そのまま
立ち続けて手拍子を送るお客さんが大多数。

5曲目で、ようやく盛り上がり系でない曲「The Flight Of The Phoenix」
来ました。でも、私の周りの席の人達はあまり着席しなかったな…
私も、なんとなく立ったままで聴いていました。

そして、MCが入る事なく6曲目。「そろそろ座りたいな」という気持ちになっていた
お客さんは、きっと多かったと思います。ここで座った人も若干いたかな?
しかし…私はこの曲の演奏中、立ちつくしていました。
この6曲目のイントロで、身体はフリーズ。
最初の和音が耳に入った途端、心の中で絶叫。

  メリルキターッ!

実は、実は、実は…
コンサートで聴きたい曲ナンバー1が、この「Merylu」だったんですよー!

その理由は、過去にスクェアのコンサートで聴いた事が一度もないからではなく
(10代の頃に行ったコンサートで聴いた経験あり)、思い入れのある曲だから
でもありません。(アルバム『R・E・S・O・R・T』を聴いたばかりの頃は、
サガが別格でオーメンとプライムがお気に入り…だったような気がする)

あれは確か『VISUAL ANTHOLOGY』がリリースされた時だったかなぁ。
『VISUAL ANTHOLOGY』とは、過去にザ・スクェア&T-スクェア名義で出た
ビデオを、DVD-BOXとして再発売したシリーズです。そういえば、このブログを
始めたばかりの頃に、ビデオのDVD化についてちょっと愚痴った記憶があります。
懐かしいですね…^^;)

その時、久しぶりにビデオ『R・E・S・O・R・T』を観まして、
エンディングで流れる「Merylu」を聴きながら思ったんです。
「あー、メリル好きだなぁ」って、しみじみと…
それ以来、「Merylu」は私にとって、ジワリと幸せな気分になれるスクェア曲の
筆頭となり、コンサートで聴きたい曲の筆頭となりました。

数百曲以上あるスクェアの楽曲の中で、「Merylu」の立ち位置って…
結構ビミョーですよね?(爆)
ファンの間でもメンバーの間でも忘れられた存在?
そういえば、この曲の作曲者が御自身のピアノのライブでこの曲を採り上げたのを
聴いた事ってないなぁ。軽やかなエレピサウンドが肝の曲なので、
ピアノバージョンは想像もつきませんが。

という訳で、コンサートで今後「Merylu」が演奏される確率はあまり高くないと
思っていました。「いつか聴けるといいな」と気長に待つつもりでしたが…
その時は意外と早くやって来ました。
選曲係さんに感謝!ありがとうございます!!

ライブ中盤。
お客さん達が着席。やっと、安藤さんの御姿が見れました(苦笑)。
昨年も感じた事ですが…夏のコンサートでのMCは、ホンマに優等生的ですな。
今回も、メンバーがリレー形式でちょこっとずつお話。ちと物足りない。
でも、晋吾さんにもMCの順番が回って来たのは嬉しかったです!
御本人も「憧れの渋公でマイクを持てて嬉しいです」と。(^^)

MCリレーの後は、「Hearts」「Change Your Mind」が立て続けに演奏され、
"『脚線美の誘惑』から30年"ライブは結局どうなるのかなぁ?と
豊雪さんの事を思い出しました。

「Change Your Mind」の演奏途中で、晋吾さんと坂東君のソロコーナーに突入。
御本人達もお客さん達も大盛り上がりでした。
メジャーデビューする前、ginzでひっそりライブをやっていた頃の
坂東バンドでの演奏を彷彿とさせるフレーズが出て、ちょっと
しんみりしてしまったのは、ここだけの話。

ライブ後半。
再びお客さん総立ちタイムです。という訳で…さらば安藤さん!(T_T)
「Truth」のギターソロで、安藤さんがステージ前までグイーッと
出て来る所も、残念ながらよく見えないという結果に。
左前方ブロックで盛り上がっているお客さん達が羨ましかったです。

自分を含め、ニューアルバム『WINGS』のアルバムジャケットを見て
『HUMAN』のジャケットを思い出したというファンの方が結構いたそうですが、
その『HUMAN』の1曲目「明日への扉」が、今回のコンサート本編の
締めの曲となりました。

アンコールは、意外な展開に。
1曲目「Rondo」については、すっかりライブ後半の定番曲になっているので
驚きはありませんでしたが…
2曲目が「Moon Over The Castle」!
あ、違う違う!スクェアバージョンだから「Knight's Song」か。(^^;
アンコールでこんな激しい曲が来るとは…伊東さん、頑張れー!

ここで1回目のアンコール終了かな?と思いきや、3曲目へ。
ニューアルバムに収録されたバラード曲「Sympathy」でした。

そして、終演。お客さん達は、当然2回目のアンコールがあるものと思って
手拍子と掛け声を続けます。
しかし、終演を告げるアナウンスに続き、退場を促すスタッフさんまで登場。
まさかの「アンコール1回で終了」に、お客さん達はザワザワしつつも
客席から離れて行くのでした。

後日、東京公演の日までチェックするのを控えていたネタバレ情報や
観に行ったファンの方々の感想を読みましたが、やはりアンコールが1回だけ
だった点を残念がる声が多いようで…
私は、アンコールの曲数(3曲)自体は少ないとは思いませんでした。
回数が1回だったので「あれっ?」と思っちゃったんですよね。
2曲&1曲もしくは1曲&2曲の2回に分ければ、文句を言う人は少なかったかも。

アンコール最後の曲がバラードだったのは、意外性があって良かったと思います。
最後は「Omens Of Love」で盛り上がりたかったと!いうお客さんの気持ちも
分かる一方で、「オーメン無しのライブも"あり"だな」と妙に納得する
自分もいました。

安藤さんが見えないという悲劇をメリルが聴けた感激が見事に上書きしてくれた
今回のコンサート、大大大満足でした!
ニューアルバムからは10曲中8曲披露され、かなり沢山の曲が聴けた事も
嬉しかったです。(^^)



T-SQUARE CONCERT TOUR 2012 "WINGS" 東京公演
  8月4日(土) 17:00〜  渋谷公会堂

<メンバー(敬称略)>
安藤正容(g)、伊東たけし(sax、flute、EWI)、
河野啓三(key)、坂東慧(dr)、田中晋吾(b)

1. SE〜The Bird Of Wonder
2. 風の少年
3. Control

4. Heroes
5. The Flight Of The Phoenix
6. Merylu

7. Forgotten Saga(伊東flute&河野デュオ)
8. 夏の足音
9. Sunshower

10.Hearts
11.Change Your Mind(途中にベース&ドラムソロ)

12.Flashpacker
13.Cheer Up!
14.Future Maze
15.Truth
16.明日への扉

<アンコール>
17.Rondo
18.Knight's Song
19.Sympathy

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
やっぱりお腹に目が行きますね。
そこをあえてTシャツでいくのに、なぜか帽子はとらないなぁ・・・
メリル、和泉さんの愛犬の名前はみんな秀逸だなぁ・・・
晋吾ちゃん、なぜに正式加入しないのかね。いまだにヨメ問題なのかなぁ・・・
私は前の巨人2人のために河野氏が全く見えませんでした。
7のフルートは8のための助走なのかな、と思いました。

P.S 文体がいつものに戻りましたね。
himebow
2012/08/10 12:27
渋公だったら、ステージ全体を見渡す事が出来る
2階席の最前列辺りが良い席なのかもしれませんね。
今回は伊東さんを斜めから眺める形だったので、
お腹のラインがよく見えました(爆)。

メリルもワンちゃんの名前でしたか!
和泉さん、何年か前のソロライブで愛犬アリスのエピソードを
しんみりと語っておられましたよ。
晋吾さんの件は、ノーコメント。

サガのデュオ演奏については、上のレポで完全にスルーして
しまいましたね(苦笑)。私も、伊東さんのフルート2曲連続演奏を
聴いて、himebowさんと同じ事を考えました。

P.S.
もっ、戻りましたか?(^^;
文体意識していなかったんですけど、とにかく戻って良かったです。
管理人
2012/08/10 22:06
私もメリルきたぁ〜!!!と嬉しくて泣きそうになりました!
2年連続のコントロールで既に撃沈していたので(笑)さらにメリルだなんて、もう一生スクエアについていくわ!と思ってしまいました。
Cheer up!の坂東くんのパッドはよく見えなかったのですが、何してるんだろ?ってくらい腕が上がっていたのは私も気になっていたような。。。
yuu
2012/08/12 12:50
終演後、yuuさんとメリル演奏の喜びを分かち合えて
嬉しかったです。(^^)
この曲の作曲者に一生ついて行ける自信はありませんが(爆)、
スクェアにはついて行きます!

坂東君のパッド演奏。力強く腕を上げていて、腕〜手首を
痛めそうな感じに見えました。でも、私ドラムに関しては
無知なので、専門家に「トンチンカンな事言うな!あれで
いいんだ!」とか叱られそうですが…(^^;
管理人
2012/08/12 20:17
メリルで思い出しましたが、、、
MCで伊東さんの年数のサバの読み過ぎにビックリ!!
15年近くサバ読んでたね。
ツッコミ入れた彼も伊東さんに合わせて短めに訂正してたけど・・・
ミュージシャンって10年一区切りで動いてるのかねぇ・・・伊東さんだけか!?
昨秋の豊雪セッションても安藤さんMCでリゾートのビデオのくだりで和泉さんがおもちゃのピアノとともにプールに沈んでいく、って言ってたけど(もしかしてNGテイクがあったのかもしれませぬが)、結構、過去の記憶はザックリでOKなんでしょうね。前しか見てない!!
himebow
2012/08/16 09:00
伊東さんのメリルから15年発言は、サバ読み過ぎですよね。(^^;
「20年経ってる」とツッコミ入れた客に対して、会場内の客の
1割ぐらいは「27年!」と更に心の中でツッコミ入れていたと
思います。

和泉さんも「○×は何年の作でしたっけ?」と
ライブのMCでおっしゃる事が多いので…
作った御本人達の記憶は、意外とザックリなんでしょうね。
そして、それでOKだと私も思います。
管理人
2012/08/16 20:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
『WINGS』 東京公演 白鯨な日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる