白鯨な日々

アクセスカウンタ

zoom RSS バンド経歴 序章

<<   作成日時 : 2012/05/10 22:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

「京大落ちた…」と失意の面持ちで告白する子もいれば、
「2浪やねん。やっと合格出来て嬉しいわー」と晴々した顔を見せる子も。
今から遡る事○×年前の春、とある大学のキャンパス内には
明暗がくっきり分かれた新入生達が沢山いました。
そこには、受験勉強から解放されて、憧れのバンド活動を夢見る私の姿も。
学部数が多い、つまり学生の数がそこそこ多かったその大学では、
サークル活動が盛ん。軽音系サークルは3つもありました。
この3サークルの中から1つを選ぶのに迷った新入生もいたようですが、
私は最初に勧誘されたサークルに入ろう!と心に決めました。なぜならば…

そこには、スクェアの話が出来る先輩方がいたから!

高校時代、同級生達と音楽の話をした時に返って来た反応と言えば、
「スクェアって何?」「フュージョン???」…
…哀しい。哀し過ぎる。(T_T)
でも、もうそんな哀しい生活とはオサラバやでー!

私が入ったサークルには、バンドを組むにあたって、本チャンバンド
即席バンドという区分がありました。

年に2回、本チャンバンドの組み替えをしなくてはならないという
ルールがあり…それはつまり、ずっと同じメンバーで固まったりせず、
幅広いジャンルの音楽を色んな人達と楽しもう!という意図が
あったんだと思います。

私は、抵抗無く色んなバンドを組んで行きましたが、固定メンバー&
オリジナル曲でバンド活動をしたい面々にとっては納得がいかないルール
だったようで、サークル内で揉めた事もありました。
結局「オリジナルやりたい奴は、外でやれ」と冷たく言い放たれ、
彼らは定期演奏会に出演する事が出来ませんでした。

それでは、ここで本チャンバンドの年間スケジュールを。


(3〜5月 春の本チャンバンドの活動期間)

4月 新入生歓迎祭(学内の野外ステージで演奏)
5月 春の定期演奏会(学内のホールで開催)

(夏or秋〜12月 冬の本チャンバンドの活動期間) 

夏 合宿(小豆島に1週間前後滞在)

秋 学園祭(学内の野外ステージで演奏)
(サークル運営の喫茶店内で演奏)
(各軽音サークルから1バンドのみ、プロコンサートの前座として演奏)
(学外インディーズバンドコンサートにも1バンド前座で演奏)

12月 冬の定期演奏会(ライブハウスで開催)


あと、年に数回、定期的に学内の大音楽練習場でミニコンサートを行いました。
これは、客を招かずサークルのメンバーだけが参加する、いわば"発表会"で、
バンドや演奏者に対する批評の場だったり、定期演奏会の出演順を決める
オーディションの役割を担っているコンサートでした。

本チャンバンドでの活動がシビアな面だとしたら、即席バンドでの活動は
ゆるーい面と言えるでしょう(笑)。
即席バンドとは、その名の通り即席で結成されたバンドの事。
バンドが演奏出来る機会は、以下の通り。


4月5月 ビアパーティー(他の月にも開催したかも)

初夏〜夏 カレーパーティー
(ひたすらカレーを作った記憶しか残っておらず、
バンドの演奏機会があったかどうか不明^^;)

夏 合宿

秋 学園祭(サークル運営の喫茶店内で演奏)

12月 クリスマスパーティー(開催しなかった年もあった?)

3月 卒業生追い出しコンサート


夏の合宿では、本チャンバンドの練習以外にも課題がありました。
クジ引きで決められたメンバーによる合宿バンドで2曲前後の曲を
披露しなくてはならなかったのです。
音楽の嗜好が違い過ぎて本チャンバンドでは絶対に組みそうにない人と
一緒にバンド演奏出来て、結構面白かったと記憶しています。

即席バンドの中には、「披露する場が1回限りじゃもったいないなぁ」という
バンドもあって、ビアパに出た数ヵ月後に学祭にも出るという、
裏・本チャンバンド化したバンドもありました。


…と、ここまで書いて来て、「コレ、何の話?」と首を傾げている読者さんも
いらっしゃると思います。
えーとですね、コレ、前置きです。(^^;

昨年、「レパートリー」と称して、私が演奏した事のある
スクェア、カシオペアの曲をこのブログで紹介しましたが、
今度は自分のバンド経歴について書いてみようかなと思い立ちまして。

とにかく、数が多いのです。やっていたバンドの数が。
それらのバンドを列挙する前に、なんでそんなに多いのかという理由を
説明したかったのです。
上記の説明で、我が軽音サークルのシステムについて御理解いただけました
でしょうか?

そんな訳で、次回はワタクシの悲喜こもごものバンド経歴について
書いて行こうと思います。
ちなみに、冒頭に出て来た京大に落ちた子と2浪の子は、実在の人物だったりして。
サークルの同期なんですよ。
「人それぞれやねぇ…」と、当時苦笑いしたものです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
合宿はうちはなかったですねぇ。今はやってるみたいで、カンパを求めてきますが、無視です。お披露目の回数が多くて羨ましい。
私は大学に入って楽器を始めた口で、4-6年の3年間、部のお世話になったけど、今思うと上手かったのは上級生の2人だけだったなぁ・・・ だから入れたのか。
himebow
2012/05/13 07:29
練習スタジオ付きの合宿所で楽しい日々を過ごしました。
宿泊費は忘れてしまいましたが(爆)、そんなに高くは
なかったと思います。卒業生にカンパ要求とは、
今の学生事情は厳しいのですね…

himebowさんは、医学部に在籍されていたのですよね。
医学部内のサークルでしたか?それとも大学全体の?
ウチの大学には、医学部生のみで構成された「医軽音」という
サークルがありました。
それを含めると、軽音サークルは4つという事になります。

サークルでの活動を振り返ると決して順風満帆では
ありませんでしたが、初心者だった私がバンドを続ける事が
出来たのは、いい仲間にめぐり会えたおかげだと
しみじみ思います。
ヘロヘロな私の演奏を支えてくれた凄腕リズム隊の先輩方、
苦境時に励ましてくれた同期、慕ってくれた後輩…

このブログ、しばらくこんな感じの話が続くと思いますが、
アホな思い出話にお付き合いいただければ幸いです。(^^)
管理人
2012/05/13 20:43
私のところは、そちらでいう「医軽音」ですね。
医学部生もバカに出来ない凄腕もいますが、うちは2つ上のG&Bの方以外は目立ったプレーヤーはいませんでした。
清水興は関西医大中退でしたね。
本学はきっと凄いのがいたと思います。
他学医学部の学園祭に出た事ありますが、うちとどっこい、みたいな感じでした。
そういえば1つ下に本物のリリコン持ってるやつがいて、「イトウコケシ」と名乗ってたようです。私はバイアスのMIDIウインドコントローラーを使ってました。
himebow
2012/05/14 14:47
私、医軽音の人達と交流があった時期に
一度彼らのライブを観に行った事があったのですが、
ナニワエキスプレスのコピーとかしていましたよ!

マンモス校であればあるほど、音楽系サークルの数も
凄腕演奏者の数も多そうですよね。
早稲田には「フュージョンマニア」というインスト専門
バンドサークルがあるそうで(驚)。
そこまで特化したサークルがウチの大学にあったとしたら…
意外と私は入部に二の足を踏んだかも。(^^;

リアルリリコン所有とは、凄いですね!
ウチのサークル、他のパートはまんべんなくいたのですが、
サックス奏者だけ2学年上に1人しかいなかったのが
本当に残念でした(泣)。
伊東さん役の人と一緒にバンドが組めたら、もっと色々な
曲が演奏出来たのにな…と。
管理人
2012/05/14 22:56
フュージョンマニアのYOU TUBEは観た事あります。そこまでやるかと・・・凄い。合宿カンパは甘えでしょう。バンド練習でなにもなんとか湖に出かける必要はないものね。私の野球部が関東から宮崎までわざわざ行ったりしませんし。
合宿スタジオなんて贅沢すぎです。今なら田舎の廃校跡とか使えないのかなぁ。
管楽器の軽音はいないでしょうね。
JAZZ研に流れますからね。
クラスに隠れブラバン出身者はたくさんいましたが・・・
himebow
2012/05/17 13:12
フュージョンマニアについては、最近知りました。
動画があるんですね。チェックしてみます。

私が大学在学中にバブルが崩壊しましたが、
まだどこかのんびりした世の中だったような気がします。
小豆島のスタジオ付き合宿所が今も健在か、経営難に
陥っていないか、気になります…

ブラバンと言えば、NHK Eテレで放送されている
『スクールライブショー』が面白過ぎです!
吹奏楽部の高校生達のキャラが立ちまくっています。
関東大会では「Omens Of Love」を選曲した高校が
2校もありました。
管理人
2012/05/17 21:24

コメントする help

ニックネーム
本 文
バンド経歴 序章 白鯨な日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる