白鯨な日々

アクセスカウンタ

zoom RSS トリプルギターのライブとギターレスのライブ

<<   作成日時 : 2012/03/30 22:51   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

明日で3月が終わりますね。
今月も色々ありました。
職場で起きていた大事件の顛末を知ったり、
数年前からヤキモキしている件で神経すり減らしたり、
某音楽家のライブでの重大発表を人づてに聞いたり。
いずれも、ここでは詳細を書く事がはばかられる深刻な事態。
(3つ目の重大発表は、某音楽家さんが折を見てネットでも公表されると思います)
現実世界では溜息をついてばかりの私ですが、せめてこのブログでは
愉快なライブレポを書こうかなと。



是方博邦Birthday Special LIVE OTTOTTRIO
3月2日(金) ブルースアレイジャパン

3月3日がお誕生日の是方さん。
同じ誕生日の米川英之さんにBAJの3月3日のライブスケジュールを一足お先に
確保されてしまったため(苦笑)、誕生日前後の2日と4日にBAJを押さえる事に
したそうです。
そんな訳で、お誕生日イブの3月2日、オットットリオのライブが行われました。

メンバーの皆さん登場。客席の間をぬってステージへと向かわれます。
そんな中、肩の震えが止まらない不審な客が1人…
あぁ、例のアレが発動したんですね?(^^;

  チェック柄萌え。

のっけから安藤さん萌えが発動!もう、何着てても萌えるわー(爆)。

オットットリオの御三方をサポートするリズム隊(渋谷さん&坂東君)、
そして演奏曲は、昨年12月京都RAGで行われたライブの時と同じ。
ラストの是方さんお一人でのアンコール演奏だけ、違っていたかな?

ジェフ・べックが使用したアンプを所有している是方さん。
京都では自慢話が炸裂しておりましたが、今回はその話は控え目(笑)。
ちなみに、もし今回是方さんがそのアンプを持参して来たら、アンプに
書かれたジェフ・ベックのサインを消してやろうと、安藤さんは
企んでいたそうです。意地悪っ子安藤さん…(萌)

是方さんに「高校生が使うような」と言われてしまうほど簡易なエフェクター
京都でのライブで使っていた野呂さんでしたが、今回は立派な機材使用。
「京都の時の方が音が良かったって言われたらどうしよう…」なんて心配も。

是方さんと野呂さんは、誕生日ゾロ目デュオ。(野呂さんの誕生日は1月1日
是方さんと安藤さんは、尿酸値高いデュオだそうです(苦笑)。

iPadに譜面を表示させて、それを見ながら演奏している坂東君に、皆驚愕!
老眼世代のギタリスト御三方にとって、iPadの画面は…
近付けると、ぼやけて見えない。
遠ざけると、画面そのものが小さくなって見えない。
どっちにしろ、見えない。
哀愁漂わせる是方さん達に、大爆笑の客席でした。(^^;

今回のライブで私が最も期待していた事。それは…
京都での安藤さんの奇声をもう一度!

ラクダの声真似…というか、キャメルホーン(危険を知らせるサイレン)の
音真似を、京都でのライブで安藤さんが披露して下さったのですが、
今回も「Desert Dog」のタイトル命名のエピソードをお話する際に
何とも言い難い素敵な奇声を発して下さいまして、ワタクシまたもや
肩の震えが止まりませんでした。

アンコールでバースデーケーキが登場し、皆で「Happy Birthday」
歌いました。「Dear是ちゃん」と自ら歌った直後に「自分で言ってどうすんの」
すかさずツッコミを入れる是方さんが、面白かったです。(^^)

あらためまして、是方さんお誕生日おめでとうございます!
安藤さんもそうですが、是方さんも57歳とは思えない若々しいオーラを
放っておられます。
昨年は、ほぼ2日に1日のペースという驚異的なライブ活動をしておられたそうですが、
尿酸値に気を付けつつ(笑)、今年も楽しい音楽生活を送って下さいね!

今年も、昨年同様「スクェアのチキンジョージ5daysの前日に京都RAGで
オットットリオのライブ」というスケジュールになると思われます。
毎年、年末に京都でオットットリオのライブが行われる事になりそうですが、
関東でも毎年観られると嬉しいなぁと期待する、今日この頃。

終演後、BGMとして店内のスクリーンに映されていたのが、ジノ・ヴァネリ
ライブの映像で…
「うわー、やっぱ良いわぁ、このオッサンの歌声」と、しばしば画面に
見入っていたのですが、周り見渡してもジノ・ヴァネリの歌に反応してるのは
自分だけみたいで、ちょっぴり寂しい思いをしました。

そんな事があったのを最近まですっかり忘れていたのですが…
先日T-スクェアのメンバーズサイト内で安藤さんがオススメされていたのが、
なんと!そのジノ・ヴァネリの映像!!
安藤さんと音楽の趣味が一致しない事を秘かに嘆いていた私、コレ見て
狂喜乱舞してしまいました!
でも、多分安藤さんのオススメに反応したの、私だけのような気がします(苦笑)。



坂東慧Happy Winter Tour 2012
3月10日(土) BEE HIVE

昨年の坂東君ソロアルバム発売記念ツアー好評につき、ツアー第2弾
開催されました。
2月下旬の西日本ツアーを経て、最終日はこの日の東京公演。
Winter Tourと銘打っていますが、もう春。スギ花粉ブファー来てます(泣)。
あ、でも花粉症の症状、昨年よりは全然マシですよ。
 

東京公演は、前回と同じく六本木で行われましたが、場所がSTB139から
BEE HIVEというお店に変更。なんでもラーメン店も兼ねたライブハウスだそうで。
非常に分かりにくい場所にあるという噂だったので、ライブの数日前に六本木で
用事(3月6日ビルボードライブ東京で、アル・ジャロウ&ジョージ・デューク
トリオのライブ)があった際、場所の下見をしておこう!と寄り道をしました。

ミッドタウンからほんのちょっと離れただけなのに…そこは別世界。
大都会の中にポツンと取り残された住宅街といった感じ。
一瞬「西新井の悪夢」を思い出しましたが(昨年9月ぐらいのライブレポ参照)、
今回は迷うことなく目的地にすんなり到着。

という訳で、当日もすんなり到着。既に沢山のお客さんが集まっていました。
しばらくすると、どこかで聞いた事のある関西弁が耳に入りました。
声のする方を振り向くと…

  宮崎さん!?

どうも、お店から一旦外に出て来た御様子。そして、何やら困っておいでです。
「ミッドタウンどっち?」と問いかける宮崎さんに、一斉に東方向を
指差すお客さん達(笑)。
その後、近くのお客さんに色々聞いたり地図をもらったりしていた宮崎さんは、
ヒルズ方面へ向かって歩いて行かれました。
開演時間までには戻って来て下さいねー。(^^;

開場時間になり、続々とお客さんが入場。満席で、立ち見も出る大盛況でした。
予定より数分遅れて開演。宮崎さん、間にあってよかったです。

今回のライブは「エンチケ!」でネット生配信されました。
エンチケは、最近マルチアングル仕様で配信されるようになったらしく、
ボタンをクリックして見たい映像を選べるとの事。
ステージ全体を見る事も出来れば、坂東君だけが映っている画面を見る事も
出来たそうで。

全世界に配信されているので迂闊な事をしゃべれない…という訳で、MCは若干硬め?
西日本ツアー終わりがけの頃が、最も坂東君のMCが流暢だったらしいです。

2月のツアーは、車移動で和気藹々と。
アキト君がスクェアのファンになった幼少時は、ちょうど宮崎さんが在籍されて
いた頃だったそうです。
そんな憧れの人と同じステージに立てるなんて、ツアーを回れるなんて、
同じ車に乗れるなんて、一緒に後部座席座って毛布を分け合う仲になるなんて…と
感無量のアキト君でした。
そんなアキト君を真ん中に挟んで、宮崎さんと晋吾さんは寝ぼけながら毛布の
引っ張り合いをしていたそうです(笑)。

車移動のエピソード以外のツアーの思い出話はというと…ラーメン。
ホント、ラーメン珍道中といった感じのツアーだったみたいで、
ラーメンばっかり食べていたらしいです。
で、ツアー最終日はラーメン店でのライブ。どんだけラーメン好きやねん…(^^;

演奏曲について。
坂東君ソロアルバムからの曲、『GT5』サントラからの曲、T-スクェアの自作曲が、
次々と披露されました。凄い昔にスクェア選曲会でボツになったという曲も(笑)。
ベースとエレピがAメロBメロの主旋律を奏でた「For The Love Unborn」には
グッと来ました。

圧巻だったのが、ライブでは初披露の「Dark Line」という曲。
キメの箇所が、とにかく凄い。
私、アレ絶対弾けんわ(泣)。アレ合わせるなんて無理無理!
例えば、早弾きのユニゾンだったら意外と簡単に弾けたりするものだけど、
休符まじりのユニゾンは、チョー手強い…
プロとド素人の力量の差を、まざまざと見せつけられた感じがしました。

今回のライブは、坂東慧君(dr)、宮崎隆睦さん(sax、EWI)、田中晋吾さん(b)、
白井アキト君(key)という4人編成。ギタリスト不在という編成ですが、
音の厚み的には全く問題ありませんでした。
ギタリストのプレイが見たい!という、ギター好きのお客さんにとっては、
少し寂しいステージだったかもしれませんが。

アキト君のキーボード演奏が、格段に素晴らしくなっていました!
彼の演奏をライブで初めて観た時、確か音色の使い方に首を傾げた記憶が
あるのですが、今回はそういったダメ出しは一切無し。

そんな感じで、ライブ中はアキト君の演奏についつい目が行って、
キーボード側(左)を凝視している事が多かったので、ドラム側(右)で起きた
坂東君周りの事故の瞬間を見逃しました。
演奏中に、シンバルが吹っ飛んだんですよ!ちっちゃいシンバルが。
(親亀の上に乗ってる子亀のような小型シンバル)
吹っ飛んだ瞬間を見逃してしまい、私が気付いた時には床にシンバルが
転がっていました。まるで、床に落ちている灰皿のようでした。
その後、小シンバルを拾った宮崎さんが、坂東君からネジ受け取って
付け直して、事なきを得ました。

アンコールでの出来事。
ステージを離れ、螺旋階段で2階へ駆け上がる宮崎さん。何?何?と思っていたら、
「Careless Whisper」のイントロが始まり、サックス吹きながら螺旋階段降りて
ステージに戻り、セクシーポーズをとる宮崎さん。
某動画サイトで話題になっているセクシーサックスマンの真似らしいです。
全世界に発信されてしまいましたね。「お母さん、ごめんなさい」と
恥ずかしそうに謝る宮崎さんでした。

気を取り直して、アンコールはちゃんとした演奏を(笑)。
ライブでやって欲しいというリクエストが多かったという「Missin' You」
そして坂東バンド&坂東セッションのライブでお馴染みの「Harmony Of Color」
盛り上がって、ライブは終了。
「Stay Cool」の演奏が無いライブを観たのって、もしかしたら初めてかも。

「今後もこのメンバーで活動して行きたい!レパートリーを増やして、
またツアーに出たい!」と意欲的な坂東君。
えっ!?もうこのメンバーでしかライブをしないって事?
ユウヤ兄弟はクビっすか?(爆)

坂東バンドは、BANDOBANDとしてスクェアの事務所バックアップの下で
活動して行く模様。
今回のライブで宮崎さんが一生懸命バンド名(と言っても曲名のパクリばっかり
でしたが^^;)を考えておられましたが、結局BANDOBANDに落ち着いた?
早くも5月20日に、今回と同じBEE HIVEでライブが行われる予定です。

2年前に見た夢(大きな会場で、事務所のお偉方を含む沢山のお客さん達の前で、
メジャーデビューに向けてのプレゼンをする坂東バンドの面々の夢)が
正夢になったなぁと、しみじみ思いました。
昨秋のスイートベイジルでのライブの時は、大きく羽ばたいて行こうとしている
このバンドに静かな感動を覚えていたのですが、今回はちょっと寂しい
気持ちになってしまいました。
ファンの立場としては、活躍の場が広がる事を嬉しいと思わなくては
いけないのだろうけど、数年前みたいに少人数のお客さん達とヒッソリと
マッタリと坂東バンドのライブを楽しむ事はもう出来ないのかな?と思うと
寂しくて…

そういう意味では、坂東バンドとは別に坂東セッションを、従来の形で
続けて行って欲しいなぁ…と切に願う、今日この頃。
御多忙の御様子なので、無理にとは言いません。
でも、年に1、2回ぐらいだったら…ダメですかね?
セッションだったらメンバーが流動的なので、ユウヤ兄弟との共演も
また実現しますよね?

折角なので、終演後にお店のラーメンをいただきました。
通常はラーメン店としての営業は月〜金曜のみで、ライブのある土日曜は
ラーメンを出していないとの事ですが、今回は特別に営業して下さったそうです。
細麺でアッサリした味。昔、同居人に「オススメ」と連れて行かれた
大阪梅田の揚子江ラーメンを思い出しました。
…なんて事を書くと、「それは違う!」とか言われそう。(^^;
ラーメンに詳しくない人間が迂闊な事を書くと、ラーメン通の人達から
説教くらう恐れが。気を付けないと…

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
白井アキト、私の現在のNo.1注目キーボーディスト!!
3/10別件で上京してただけに、残念!!
福岡もうちのバンドの練習日だったし・・・
なかなか縁がないけど、今後チャンス増えそうですね。
himebow
2012/03/31 11:46
アキト君といい佐藤雄大君といい、エレクトーン出身の人は
肝が据わっている印象を受けます。
キーボードをかじっていた身としては、眩しい存在です。

また坂東君のバンドのツアーが行われる事になったら、
今度こそ日程が合うと良いですね!
管理人
2012/03/31 21:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
トリプルギターのライブとギターレスのライブ 白鯨な日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる