白鯨な日々

アクセスカウンタ

zoom RSS まさかの年越しライブハシゴ

<<   作成日時 : 2012/01/06 23:07   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

あけましておめでとうございます!
今年も無理のないペースでブログ続けて行きますので、
どうぞよろしくお願い致します。
さて、今回はカウントダウンライブのレポ2本の内、1本をお届けします。
えっ?2本ってどういう事???
…そうです!まさかの、カウントダウンライブのハシゴです!(^^;
今までライブとライブのハシゴやライブとイベントのハシゴをした経験は
ありますが、まさかカウントダウンライブでソレをする事になるとは!

まず、ワタクシにとってすっかり年末恒例行事となったT-スクェア
カウントダウンコンサートへ。
日本橋三井ホールでのカウントダウンは、今回で2回目。
数年前からライブ前後のイベント(御飯食べたり、初詣行ったり)を
御一緒していたお友達は、今回残念ながら不参加。
(あ、でも長野のJさんには開演前にお会いしました!)

カウントダウンライブで演奏される曲は、12月下旬の神戸チキンジョージ
ライブ5daysで演奏した曲目を再編成するのが通例で、当日何が演奏されるか
分からない状態でライブに臨む事を強く望む私にとって、チキン公演後から
年末にかけては我慢の日々。
チキンのライブを観に行かなかった2009年2010年は、演奏曲のネタバレに
遭遇しないために、色々な情報網をシャットアウトしておりました。

しかし、今年はチキン公演5日目(最終日)を有料ネット配信するという事で、
その配信を観てしまいました!仕事からの帰宅が間に合わず、ライブの
後半しか視聴出来なかったので、1stステージでの演奏曲情報を耳に入れず
31日まで我慢する事も考えたのですが…「もう、いいや」と思い、
配信を全て観たライブ仲間さんから曲目を教えていただきました。
ふむふむ、その曲来ましたか!楽しみですな。(^^)

さて、話を12月31日の開演時に戻しまして…
SEが流れ、メンバー登場。
懐かしのアルバム『S・P・O・R・T・S』からの曲「Love Is In My Sight」
始まり、新旧取り混ぜあんな曲こんな曲が。
秋にリリースされたセルフカバーアルバム『夢曲』からの曲は、思ったより
少な目。チキンのライブでは、5日間で分散して色々演奏されたっぽいですが。

奇しくも、学生時代の自分がキーボードパートをこっそりコピーしていて、でも
結局バンドでは演奏する事が叶わなかった3曲の内の2曲「Night Dreamer」
「Travelers」を立て続けに聴く事が出来て、感慨に耽ってしまいました。
(ちなみに、残る1曲は「Little Mermaid」

「Night Dreamer」のイントロのキーボードパートは、シンセボイス系の音
ピコピコ音、そしてピアノという3種類の音色で構成されています。
これを全部弾こうとすると、腕が2本だけでは足りないのです!
そこで、考えられる対応策は以下の3つ。

A:シンセボイス&ピコピコはPC(シーケンサー)で自動演奏し、
 ピアノパートだけ手弾き。

B:ピアノパートしか弾かない。

C:思い切ってピアノパートを端折り、左手シンセボイス&右手ピコピコ。

私は、Cで弾いていました。
そして、今の和泉さんならBだと思います(爆)。もしくは、鳥山さんに自動演奏の
データを作ってもらった上でA…ヤバイ、また挑戦的な発言してもうた。(^^;

もしスクェアのライブで「Night Dreamer」が聴ける機会があったら、河野さんは
Aの方法で弾くんだろうなと漠然と予想していたのですが、今回イントロ演奏時の
河野さんを拝見した所…Cでした。ちょっと驚いた後で、異様に感動!

すいません。これって、ほとんどの人にとっては「それがどうした?」的な
エピソードですよねぇ(苦笑)。でも、感動したんです〜!
果たして、この感動を分かち合える相手がいるのか、気になる所。

「A Little Big Life」では自動演奏を利用されていた河野さんでしたが、
昔の時代の曲はほぼ手弾きされていたようです。
省いていい所と省いちゃいけない所の判断が絶妙で、心の中で
「ナイス!」「グッジョブ!」と河野さんを褒めちぎっていた私でした。

「お前のキーボード講釈はどうでもいい」という声が聞こえて来そうなので、
マニアックな話はここまでにしておいて、次はMCについての話を。

「みんな年をとるのは嫌なくせに、年越しは好きなのね」っていうCM
(『ムーミン』のミーがそういう皮肉を言う車のCM)の話を出して来て、
全くそうだよね!と頷く伊東さん。

お腹が出て来た事を暴露する伊東さん。
頭髪についても暴露したらいいのに…って、冗談です!ごめんなさい!(^^;
そして、伊東さんと安藤さんによる愉快な掛け合い。
…ホント、伊東さん御一人がしゃべっている時の自分はリアクション薄いくせに、
御二人の会話になると、どうしてこんなに笑いが込み上げて来るんだろう?

告知コーナーでは、『夢曲』と河野さんのソロアルバムの宣伝とか、
伊東さん率いるビックバンドが4月に2回目のライブを行うとか、坂東君が
宮崎さん達と2〜3月にライブツアーを行うとか、色々説明。
坂東君の今度のツアーバンドって、ギターレスの編成なんですよね!
ギター無しでどんな音世界が展開するのか、興味津々です。

河野さんが一生懸命お話している最中、フロントにいるお年寄り御二人に
ふと目を向けると…

・老眼鏡かけて譜面をガン見しながら運指の練習に夢中の伊東さん。

・お顔を拭き拭きする安藤さん。

コラコラコラコラ。(^^;

譜面台が出て来たという事は、ここで新曲披露ですね!
この新曲、12月25日のライブ配信で既に聴いていたのですが、その時は
いまひとつ心に届きませんでした。
しかし、今回生演奏を聴いてその印象は変わりました。
やはり、PCの小さな画面で観るのと生のステージを観るのとでは違いますね。
じんわりハッピー系というのかな?そういう曲調で、好印象。
スクェアのニューアルバムは、春に発売予定だそうです。

第2部で、スペシャルゲスト須藤さん登場!
ソロアルバムが発売されたばかりというタイミングでのゲスト出演は
作為的ですな。(^^;
すいませんすいませんと謝りつつも、アルバムと発売記念ツアーの
宣伝をちゃっかりするストさん(笑)。

このストさんのライブツアーがね、ホント凄いんですよ!
色んなメンバー編成で色んな場所へ行かれるみたいで…
個人的には、北海道ツアーのメンバーがツボ!
キーボード窪田さんに、ドラムス則竹さん。
もし、ギターがあの御方だったら、私が頭の中で勝手に結成した妄想バンド
ジャパニーズ萌えブラザーズのメンバー3人が揃う事になったのにぃ。惜しい!

ストさんが加わって演奏された曲は、「Sunnyside Cruise」
時刻が既に23時50分台だという事に気付いていたお客さん、多数。
そんな中、ステージの前にせり出して気持ち良さそうにベースソロを弾くストさん。
Σ( ̄□ ̄;) 長いっ、ストさん!長いから!
そんなんだと、曲終わらないうちに年越しちゃうから!

最前列にいたお客さんの話によると、23時55分ぐらいにスタッフさんが、
ステージ右袖でデジタル時計的に時刻表示されたパソコンを掲げ始めたそうで、
その時計を見ながら「大丈夫なの?」「カウントダウン間に合うの?」と
隣り合った席のお客さんや伊東さんとアイコンタクトとりながら大いに焦って
いたとの事。
河野&坂東両氏は、時間が無い事に気付いておられたかなぁ?
安藤さんはマイペースに演奏しておられて、きっとあの御様子では
時間を意識していなかったと思われます(爆)。

曲の終わりがけでカウントダウンのピコピコ音が鳴り出して…
終わった直後に0時になった!?
足早に「おめでとう〜!」と言った後、即「Hello Goodbye」の演奏に入るという、
前代未聞のカウントダウンとなりました!
後日ストさんのブログを拝見した所、「Sunnyside〜」演奏終了4秒後
0時になったそうです。ホント、ギリギリセーフでしたね。(^^;

当然、ストさんはその後のMCコーナーで伊東さんに怒られる展開に(笑)。
そんなこんなで私、しばらくステージ右側(伊東さん、ストさん、晋吾さんの
おられる側)に目を奪われていたんですね。
そして、ステージの左の安藤さんの方を見たら…

  あ れ ?

なんか1人増えてるし。(^^;
伊東さん達の話そっちのけで安藤さんと談笑していたその人は…大橋さん!
ホント、いつの間に!?という感じでした。伊東さんも驚かれていました。

そして、多人数になったらやっぱりこの曲よね〜てな訳で、怒涛の「JSB」に突入!
安藤さん&大橋さんのツインギターに、ストさん&晋吾さんのツインベース。
続く「Truth」では、ギターソロを大橋さんに奪われてしまった安藤さんでした。
大橋さんがどういう経緯で今回ゲスト出演する事になったのかは、謎のまま。

ストさんの客席乱入は、2回。ワイヤレスじゃないのに乱入しましたよ!
シールドがアンプに繋がった状態で乱入しましたよ、この人…(^^;
特に1回目は、前方中央ブロックの客席をグルリと回る形で乱入。
シールドが絡まったり引っかかったりしないよう、手助けするお客さん達。
カウントダウンの時といい、今回はストさんにオイシイ所持って行かれた感が。

アンコール1曲目は、バラード曲「For The Love Unborn」
安藤さんが奏でるシタールギターの音色は、心に沁みいるようでした。
自分はあと何回、こうやってライブを楽しむ事が出来るんだろうか?
一言では語り尽くせない2011年の出来事を思い出しながら、自分の残り時間に
ついて真面目に考えました。

その後のアンコールでは、お客さん総立ちで大盛り上がり!
今回も楽しく幸せな年越しでした。(*^^*)

第1部と第2部間の休憩中に行われたプレゼント抽選会。
坂東君はスティックとドラムヘッド、河野さんは未使用の鍵盤ハーモニカ、
安藤さんはミニアコースティックギターを提供。
ドラムヘッド、鍵盤収納箱、ギター本体には、各メンバーのサイン入り。

上の御三方によるスタンダードなプレゼントに比べ、我が道を行くのが伊東さん。
最初、インスタントのコーヒースティックの束を出して来た伊東さんに、
お客さん達困惑。(^^;

「コレだけじゃないよ」と、続けて袋から取り出したのが…帽子!
そう、伊東さんが昨年から被り始めた、あの黒い帽子です。
なんでも、チキンジョージ公演のために買っておいたけど結局被らなかった
品なんだそうで。

えっ?未使用なんですか!?一度でも伊東さんが被っておいた方が、
価値が上がるのでは?なんなら、ここで今被っている帽子を脱いで、
プレゼント用の帽子を被ってみて下さいよ!

もし、私が抽選会の司会者だったら、上のようなツッコミを入れていたに
違いない。そして、伊東さんに全力で拒否されたに違いない(爆)。
それにしても、あの帽子…脱げそうで脱げない優れ物ですね。
アンコール演奏後、メンバー全員ステージ前に集まってお辞儀する時、
内心ハラハラしていたのですが、伊東さんが深々とお辞儀しても、
帽子ビクとも動きませんでした。

今回も魅力的なプレゼントでしたが、またしてもかすりもせず…
当たった人が羨ましい!でも、今回は当たらなくてよかったのだと
自分に言い聞かせたのでした。なぜならば、賞品をもらうために受付に行くと、
それだけ時間が経過するから。
今回に限っては、終演後に急いで次の目的地に行く必要があったのです。

終演後にストさんと河野さんのソロアルバム購入者対象のサイン会が
実施されるとの事でしたが、それもスルー。
さあ、私は何処へ向かったのでしょうか?
其処では誰がカウントダウンライブを行っていたのでしょうか?



T-SQUARE COUNTDOWN CONCERT 2011〜2012
  2011年12月31日(土) 21:30〜 日本橋三井ホール
<メンバー(敬称略)>
安藤正容(g)、伊東たけし(sax、EWI)、
河野啓三(key)、坂東慧(dr)、田中晋吾(b)
ゲスト:須藤満(b)、大橋勇武(g)

(第1部)
1.Love Is In My Sight
2.Sailing Ocean
3.A Little Big Life
4.はやぶさ
5.Maybe I'm Wrong
6.Twilight In Upper West
7.Night Dreamer
8.Travelers
9.Rise

(第2部)
10.Triumph
11.Dream Weaver
12.The Bird Of Wonder(新曲)
13.Sunnyside Cruise
14.Hello Goodbye
15.Japanese Soul Brothers
16.Truth

(アンコール1)
17.For The Love Unborn
18.Rondo
(アンコール2)
19.Omens Of Love
(アンコール3)
20.All About You


            

昨年の秋、六本木某所での某方のライブ。終演後、店を出る前に某方に御挨拶。
「12月31日にだけは、ライブしないで下さいね。」
「しない、しない!大晦日になんか働かないって。」
大晦日にはT-スクェアのカウントダウンライブに行く予定が既に決まっていたので、
軽くお願いしてみた所、上のような御言葉が返って来ました。
その後、「うーそーつーきー!!ホンマむかつくわ、あのオッサン!」と
激怒する事になったのでした。

子どもの頃は、あんなに憧れていたのに…あんなに尊敬していたのに…
今やオッサン呼ばわり。(^^;
(もちろん、御本人の前でそんな呼び方をした事はありませんよ!念のため)
思えば、昨年は私、この人に対して腹を立ててばかりでした。
演奏においても、言動においても、心の中でダメ出しの連続!
もし私が御本人に忠告出来る立場の人間だったら、ガーッと説教したい所ですが、
辛うじて顔とハンドルネームを覚えてもらっている一ファンに過ぎないという、
なんとも弱い立場。たまにブログで遠慮がちにダメ出しをするのが精一杯。

生活習慣(喫煙暴飲暴食夜型生活)についてなら、父親を心配する娘のような
目線で注意しても大丈夫なんですけど(実際に言った事がある)、
私のような音楽家でない素人がピアノや仕事への向き合い方について
意見するなんて、とてもとても…
プライド高そうだし、ムッとされて即会話終了になるのが目に見えています。
でも、今のままじゃマズイ!今後が非常に心配。

自分でも笑えるのがね…文句を言いつつも、ライブには足を運んでしまう事。
昨年は、20回もこの人のライブを観に行ってしまいました!
ゲスト出演も含めたら首都圏開催のライブは30本ぐらいあったと思うので、
1、2年前の皆勤ペースからはほど遠くなってしまいましたが。
あ、でも20回中5回はピラミッドの公演だから、この人のピアノのライブは
実質15回です。

という訳で…誰の話をしているか、お分かりになりましたね?
和泉さんです。
年越しライブの告知は、下のような感じでした。


YEAREND SPECIAL COUNTDOWN PARTY 2011 IN ASAKUSA
  2011年12月31日(土) 22時開演 27時終演予定  浅草SOUL TRAIN
<メンバー(敬称略)>
和泉宏隆(p)、浅葉裕文(g)、鈴木健市(b)、佐々木暁雄(dr)、橋本淳平(per)
スペシャルゲスト:坂上領(fl)


あれ?マスターの御名前が無い?
今までのSOUL TRAINでの和泉さんのライブでは、お店のマスターがドラムを
担当されていたのですが、マスターは御家庭の都合で大晦日は不在。
和泉さんが店を貸し切る形になったそうです。
バンドメンバーは、お店の従業員さんだったり、旧友の親戚の青年だったり、
吹奏楽系で知り合った若者だったり。

今回の年越しライブの目玉は、2つの企画の復活!
まず『キッチンひろ』
2010年の春に続き、再び和泉さんの手料理がお客さんに振舞われる事に。
そして『モンティ・アレキ三太夫』…えーと、あれは2007年の雛祭りの日
でしたかね。恵比寿のアートカフェが、まだ移転前で小さめのお店だった頃に
行われたお笑い企画。一部のファンは爆笑し、一部のファンは失笑し、
一部のファンはドン引きした、伝説のシンセ漫談
ちなみに、当時は和泉さん仮装して登場されました。もうあれから5年近くの
歳月が経ってしまったのですね。しみじみ…

…って、シンセ漫談!?マジ?
とにかく私、スクェアのカウントダウンライブ行くから、浅草には行けへん。
料理も食べられへんし、シンセ漫談も観られへんわ。
知らんわ!もう。プンスカ、プンスカ。

てな具合に怒っていた所、途中参加もOKだという情報が入って来ました。
スクェアのライブ会場の最寄り駅である三越前から浅草までは銀座線で7駅。
かなり近いのです。運行本数は少なめですが、お正月なので深夜も運転。
スクェアのライブが終わるのが午前1時過ぎだから、2時にならないうちに
お店に辿り着く事は可能。

カウントダウンには立ち会えないけど、ライブもほとんど終わっているだろうけど、
新年の挨拶をしに顔を出すだけでもいいか…
という訳で、年越しライブのハシゴと相成りました。(^^;

お店には、午前1時40分頃到着。
階段を上って行った所で和泉さんに遭遇。「あけましておめでとうございます!」
途中参加組が来るのを待っての休憩時間中だった模様。
シンセ漫談は、シンセ故障のため急遽中止になったそうです。
ピアノに御執心で自分の事はアホな使い方しかしてくれないから、シンセ君が
機嫌を損ねたんですよ、きっと…(爆)

途中参加にも関わらず、ちゃんと席を用意して下さっていて、
「ありがとうございます」と着席。
そして、最近和泉さんのライブに来られるようになったお姉様方とお話。
料理は一通り出された後のようで、お客さん達はマッタリとされている
御様子でした。

10分ぐらい経って、ライブが再開。これって何回目の再開だったんでしょうね?
分からずじまいでした。午後10時から始まって、短めのライブ→長い休憩&
お食事タイムを繰り返していたのかな?

和泉さんがいきなり「スクェアの年越しライブ終わってから駆け付けて下さった」
とかおっしゃって「!?」と思った瞬間、私のハンドルネームを呼ばれてしまい、

「ギャーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!」Σ( ̄□ ̄lll)

と、心の中で叫んだのでした。
数年前ネットで嫌な目に遭って以来、見知らぬ人にハンドルネームがバレるのが
異様に怖くなってしまった私。
昔はライブで知り合った人にはハンドルネームを名乗っていましたが、今は
本名で自己紹介し、HNもブログをやっている事も伏せています。

当日「アイツが白鯨な日々のブロガーか!」と初めて気付いたお客さんが
おられたかどうかは謎ですが、店内にいた20人のうち半分は出演者の身内の
人っぽいから、正規のお客さんは10人?私のブログは、スクェアや坂東君の
ファンには結構チェックされているらしいのですが、和泉さんファンには
あまり知られていないようなので…10人なら、多分大丈夫かな?

2時半ぐらいまで数曲演奏→ダラリと休憩→3時台に再び数曲演奏→
4時少し前に演奏終わり→ダラリとお開き

…という内容でした。
徹夜に向けての時差(?)対策なるものは全くして来なかったので、2時台から
かなりきつかったです。ウトウト眠りに落ちるという事はなかったのですが、
常に気だるいという状態でした。

ボンヤリしながらも「やっぱりフルート入りのスペインは格別だなぁ」とか
喜んでいた私。
今年は「Spain」を何回聴けるでしょうか?

この日聴けた和泉さんのオリジナル曲は、「Sweet Sorrow」「宝島」
多分、私が来る前にもっと沢山曲が演奏されたのだと思います。
坂上さんは、フルートだけでなくリコーダーの演奏も達者な御方で、
「宝島」では見事な縦笛ソロを聴かせて下さいました!
こんな所にリアル"ふえのおにいさん"がいましたよ…関さん(笑)。

和泉さんは、最近「宝島」の大昔の譜面を発掘されたそうで、
その譜面に描かれたイラストを披露して下さいました。かなり笑えました!
そして、当時の署名「H.D.IZUMI」についての説明。
「宏隆 ダイエット 和泉」との事で、DはダイエットのDだそうです。
デブのDじゃないんですね?(爆)
あぁ、でも「宝島」書かれたのは、ダイエット成功直後でしたっけ?

お料理、「かなり余っているので、どんどん食べて」と和泉さんは事ある毎に
おっしゃるのですが、出してもらえない事には食べられない訳でして…
待てども待てども、料理は来ない。(^^;
料理を温めたりお皿に盛ったりする作業を勝手にしていいのなら率先して
動きますけど…うーん、どうしたものか。
結局動けず、それでも一品だけいただく事が出来ました。
チキンライス。炊き込みご飯に鶏肉と半熟卵が添えられた品。

私が来る前には、チキンライスの他に深川飯とか牛肉のタタキとか
ラタトゥイユとかが、お客さん達に振舞われた模様。
なぜ冬にラタトゥイユ(夏野菜煮込み)を作るのか…謎です、和泉さん。
旬のモノの方が安いし栄養価も高いのに、なぜ季節に逆らうのか…謎です。
「ズッキーニの値段見たら胸がズッキーニ(ズッキーン)」とかダジャレ言って
嬉しそうな和泉さんでした(苦笑)。
結局ズッキーニを買うのは諦めて、スナップエンドウを買ったそうです。

3時台のライブ、最後の方は「何を演奏しましょう?」的な展開になり、
どういう訳か「Asayake」のリクエストが出て、でも「ギタリストの人が
カシオペア御存知ないだろうから」と、和泉さんが頑なに拒否。
結局スティービー・ワンダーの「Ribbon In The Sky」に落ち着き、
年越しライブはお開きに。

和泉さんとじっくりお話する機会は、ありませんでした。
私の名前はやたら呼ばれていましたが。(^^;
何か会話した記憶と言えば…
「スクェアのライブでは年越しソバは出なかったんですか?」
「おソバ売っていたのは銀河劇場の時だけです」
他にもあったっけ?…思い出せない(哀)。

和泉さんには相手にされませんでしたが、坂上さんが我々ライブ常連陣に
興味を示されたらしく、「皆さんはスクェアのいつ頃からのファンなんですか?」
と話しかけて下さいました。

坂上さんは、スクェアと同い年の1978年生まれ。
スクェアを聴き始めたのはアルバム『HUMAN』が出た頃との事。
学生時代にバイト先で松本圭司さんと知り合ったり、ついこの間
中村善郎さんを通じて和泉さんとの繋がりが出来、スクェア歴代メンバーの
方々と縁があるなぁと、しみじみ思ったそうです。

「憧れの人と共演できるなんて夢のようです」と目をキラキラさせる坂上さん。
若者に憧れの対象になってますよ!和泉さん。良かったですね。
先日のSTBライブでもTOKUさんが熱弁をふるわれていましたが、
学生時代スクェアの大ファンで、今も和泉さんの曲が大好きという
70年代生まれのプロミュージシャンって、結構多いみたいです。
和泉さんを敬い慕う若手ミュージシャン達の輝く瞳…
ますます輝き続けるか、失望で曇って行くか、全ては和泉さん次第。

後日知りましたが、実は坂上さんも年越しライブのハシゴをされていて、
和泉さんのライブには、カウントダウンギリギリ間に合ったんだそうです。
もし移動中の電車内で年を越してしまっていたら、哀しかったでしょうね。

そんな訳で、お開きになってからもダラーッとした感じでライブ常連さん達と
おしゃべりしたりして、結局SOUL TRAINには3時間ぐらい滞在していました。
そんなに長く居た感じはしなかったんですけどね…

電車に乗って椅子に座った途端に気絶しましたが、なんとか寝過す事なく
順調に電車を乗り継ぎ、最寄駅に到着。
駅から家まで歩いている最中に、空が明るくなって来ました。
午前6時半に帰宅し、少し休憩した後で出勤。
昼間に大きな地震があって何とも不安な2012年の幕開けでしたが、
ちゃっちゃか仕事をこなして晩帰宅。ハードな年越しは無事終わったのでした。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
まさかの年越しライブハシゴ 白鯨な日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる