白鯨な日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 遅ればせながら鳥山さん話

<<   作成日時 : 2011/12/16 22:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

昨年と全く同じパターンで忙しい12月を、ある時は苦笑い、そしてある時は
泣きながら過ごしております。
安藤さんが目の前に突進して来て「ギャー!!」だったライブとか、
終演後に「安藤さんも観に来られていたよ」と人から聞き、「ギャー!!」と
過剰反応してキョロキョロするも、既に御姿は見えず…というライブとか、
書くつもりでいるけれどまだ着手出来ていないライブレポが何本かありますが、
あまり期待しないで下さいね。
それにしても、安藤さん絡みの私の挙動不審っぷりは、傍から見たら
かなり面白いんだろうなと、自分でも思います。(^^;

前回のブログ更新から10日以上経ってしまって、うわ〜何か書かなくては!と
焦ったものの、じっくりレポを書く時間が取れないので、今日は前回書きそびれた
鳥山雄司さんの話題を書いてみようかなと思います。

12月5日で52歳になられた鳥山さん。
御本人曰く「ゴジユウニ(ご自由に)していい年齢」だそうです。(^^)
でも、「自由に好きな事を」と言われても、きっと鳥山さんは今のペースで
バリバリとお仕事を続けられるんだろうなぁ…
今年でソロアルバムデビューから30年。ギタリストとしてアレンジャーとして、
そしてある時は料理人として(笑)大活躍。

先月には、YUJI"cut the man"T.という新プロジェクトのアルバム
『FREE』をリリース!
まず、アルバムジャケットを見た時の印象。
背景の赤とか、格好つけてる感じとかが、『TRANSFUSION』
彷彿とさせました。
YUJI"カッコつけマン"T.だ!(笑)と思いました。(^^;

多彩なボーカリストをお迎えして、80年代洋楽ヒット曲をカバーしています。
参加ミュージシャンと収録曲は、以下の通り。

 1.NOKKO 「LIKE A VIRGIN」(マドンナ)

 2.ジェロ 「SEPTEMBER」(アース・ウインド&ファイアー)

 3.谷村奈南 「BILLIE JEAN」(マイケル・ジャクソン)

 4.STARDUST REVUE 「MANIAC」(マイケル・センベロ)

 5.MINMI 「SAVING ALL MY LOVE FOR YOU」(ホイットニー・ヒューストン)

 6.DOUBLE 「RHYTHM NATION」(ジャネット・ジャクソン)

 7.石井竜也 「TRUE」(スパンダー・バレエ)

 8.May J. 「BREAKOUT」(スウィング・アウト・シスター)

 9.Chara 「PURPLE RAIN」(プリンス)

 10.葉加瀬太郎 「INVITATIONS」(シャカタク)

鳥山さんが2年前にリリースしたソロアルバム『Guitarist』では、
主に70年代の洋楽をカバー。AOR好きの私には堪らない選曲でしたが、
その曲が流行っていた頃にリアルタイムに聴いていた訳ではないので、
ちょっぴり世代のギャップを感じたりもしていました。

が!今回の80年代ヒット曲は、概ね分かります!
「セプテンバー」だけは70年代の作で、でも「80年代にディスコでよく
かかっていたから今回採り上げた」と鳥山さん談。
ワタクシ当時はまだディスコに行けないコドモだったので、その点だけは
ピンと来ませんでした。
80年代には成人していなかったけれど、洋楽を聴き始めたマセガキだった私。
「すべてをあなたに」「ブレイクアウト」も大好きでした!

要さんに「マニアック」を歌わせるとは、これまたマニアックな…(笑)
NOKKOさんとCharaさんは、ハマり過ぎ。
ジェロさんの一人二役(モーリス・ホワイト&フィリップ・ベイリーの
ボーカルパートの歌い分け)が、素晴らし過ぎ。
そして、唯一ボーカルでなくバイオリンで参加の葉加瀬さん。
シャカタクっすよ、シャカタク!個人的に、超ツボ!!

このアルバム、全体的に奇抜なアレンジはなく、すんなり聴ける印象です。
でも、合間合間に入って来る鳥山さんのギターは…すんなり聴き流せない!
このギターが、本当に素晴らしい!
「セプテンバー」の、原曲ではブラスが鳴らしているメロディーを、鳥山さんが
ギターで弾いておられるのですが、これを聴いて「あぁ、鳥山さんの音だ…
私、本当に鳥山さんの音色が好きなんだなぁ」としみじみ思いました。

そんな大好きな鳥山さんのライブ、今年は7公演(5日)観に行きました。
内訳は、ピラミッド5公演(3日)&鳥山さん名義のライブ2公演。
今年はピラミッドがニューアルバムを発売して沢山公演が行われたから
よかったものの(東京公演皆勤^^;)、それが無かったらかなり寂しかったかも。

…と、1年を振り返り始めた私に、数週間前ショックなお知らせが飛び込みました。
鳥山さんがパーソナリティを務めるラジオ番組『J-WAVE〜DOCOMO BODY & SOUL』
公開録音ライブが22日に開催されると告知されたのですが…
ワタクシ観に行けません! (T_T)
招待枠(既に応募受付終了)は15組30名と狭き門だったのですが、
TOKYO CITY VIEWの入館料1500円を払えば誰でも観覧可能との事。
でも、22日は絶対無理…(泣)
トリヤマニアの皆様、私の代わりに見届けて来て下さ〜い!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
…そういえばまだFREE買ったきりそのままだ(聞けよ)

私は今年はあまり鳥山さんのライブに参戦してないですねぇ…。
行ったのはブルーノート東京の広瀬さんのライブ2回と中野のピラ1回でした。
結構時間が経ったのにも関わらず中野ライブの配信がないということはそのままお蔵入りになりそうですね(泣)
yuna
2011/12/21 22:00
FREE聴いて下さーい!(笑)

中野ピラライブの映像は、完全にお蔵入りの模様です(泣)。
明日の公開録音は行けませんが、25日のラジオ放送で
数曲オンエアしてもらえそうなので、それを楽しみに
待ちたいと思います。
管理人@現在行方不明中
2011/12/21 23:25
YOU TUBEに1981年当時の鳥山雄司GのTVショウが出てます。
キーボードは和泉さんかなぁ・・・
ベースはスノー氏だと思いますが・・・スクェア前のスノー&のり巻きセンベイなら貴重だ。。。
これって和泉さん???
2011/12/22 17:36
YOU TUBE情報、ありがとうございます!
早速観ました。21歳の鳥山さん、若いですが
音もルックスも今の方が何千倍も素敵だ!と
思ってしまいました(爆)。

鳥山さんと豊雪さんって、接点があったのですね!
知りませんでした。
アフロメガネ氏は和泉さんっぽく見えますが、
映像が不明瞭なので確信が持てません。
キーボードソロがあれば一発で分かりそうなものの、
簡単なバッキングがメインの演奏なので、
和泉節を確認する事が出来ませんでした。

センベイ氏、最近ライブのMCで「自分は
音楽界の花咲かジジイと呼ばれている」と
しきりにゆってます(笑)。
管理人@未だ行方不明中
2011/12/24 00:50
豊雪さん情報により、当時の鳥山さんグループの
メンバーが判明しました!
清水永二さん(dr)、エルトン永田さん(key)、
田中倫明さん(per)だそうです。
『マジック』のリズム隊となる若き御二人に鳥山さん…
いやはや、本当に激レア映像ですね。(^^)
管理人
2011/12/29 23:02
清水氏とセットでスクェアに引き抜いた話は知ってましたが・・・
エルトン永田、お初の名前。
花咲じじいではなかったのね。
それにしても花咲じじいのアルバムは発売延期?
中止じゃないっスよね?


himebow
2011/12/31 21:28
himebowさん、あけましておめでとうございます!

風貌は似ているけれど音は違うなぁと思っていた所、
やっぱり和泉さんではなかったそうで、ファンの
面目躍如?(^^;

エルトン永田さん、数々の大物ミュージシャンの
レコーディングに参加されているキーボード奏者で、
最近では「崖の上のポニョ」を弾かれた事で
よく知られているそうです。
私は知りませんでしたが…(爆)

12月7日リリース予定だった和泉さんの映画音楽カバー
ピアノソロアルバムは、発売延期になりました(苦笑)。
あと、ピアノトリオのベーシストが今年から
鳥越啓介さん(ピラミッドのサポートをされている方)に
変わり、こちらの方もアルバムの制作に入るのだとか。
管理人
2012/01/01 21:36

コメントする help

ニックネーム
本 文
遅ればせながら鳥山さん話 白鯨な日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる