白鯨な日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 『夢曲』の詳細発表&PYRAMIDライブ

<<   作成日時 : 2011/08/31 00:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

先日、T-SQUAREのセルフカバーアルバム第2弾『夢曲(ゆめのうた)』についての
詳細が発表されました!
今回は伊東さんが在籍していない時期(1991〜2000年)からの曲も採り上げる
可能性があるとファンに思わせといて、結局"THE SQUARE"時代限定
選曲になった模様。この辺りは、きっとアチコチで賛否両論だろうな…(苦笑)

先月のT-Sコンサートツアーの冒頭で披露された3曲(「いとしのうなじ」、
「君はハリケーン」、「Control」)が収録されるという予想は、
3分の2当たりました。(^^;
「Control」は伊東さん在籍時の曲だけど"T-"時代だから対象外なんですね…
そして、コンサートで聴いた時は「うぉ、またマニアックな曲持って来たな」
と思っていた「In The Grid」が、まさかの採用(笑)。

今回は、田中豊雪さんと田中晋吾さんがサポートでレコーディングに参加。
W田中によるベースですな。(^^)
須藤さんの不在をちょっぴり寂しく思いつつも、御二方のプレイの違いを
楽しみに聴こうと思っています。

T中T雪さんと言えば、秋に物凄いライブを開催予定。
何が凄いって、ゲストが…ほんま凄いですよ!
「情報拡散OK!」と御本人がおっしゃっているようですが、取り敢えず
私は「ゲストが凄い」とだけ呟いておきます(苦笑)。
もうそろそろお店とか関係者の方々からライブの告知があるはずなので
お楽しみに!

話を『夢曲』に戻しますね。収録曲一覧を見た瞬間、私が思った事…

 和泉さんの曲の、なんとまぁ多い事…(^^;

"Tの付く曲"2つ(「Travelers」「Twilight In Upper West」)は入りそうだと
仲間内で話していたのですが、まさか5曲も選ばれるとは!
和泉さん、皆さんが思っているほど沢山曲を書いておられないんですよね。
スクェア在籍時は30数曲を提供、THE時代に絞れば20曲も無いんですよ!
なのに、この採用率…和泉さんの曲が如何に名曲かという事の、何よりの証拠。
和泉さんがスクェアに残した財産の大きさを、ひしひしと感じます。

…とか、和泉さんの事を思いっきり絶賛してみましたが、ここで
突き落としてみます。持ち上げといて突き落とすと…(苦笑)
"ピアノ弾きのオジサン"になってからの"作曲家"和泉さんは、
正直言わせていただくと…いまひとつ。
基本、ピアノの前で作曲されているという事で、きっと"ピアノが生きる"
メロディーを模索しながらの曲作りなのでしょう。
皮肉な事に、それがフレーズや曲展開が似たりよったりになる原因に
なっているのでは?と私は思っています。

曲を聴いていて、浮かんで来る風景がカラフルじゃないんですよね。
透明感はあるんだけど、彩りに欠ける。何かが…何かが足りないんです!
樹氷とか、氷山とか、吹雪いているとか…最近の和泉さんの曲は、聴いていると
そんな画一的なイメージが湧いて来る事が多いです。

最近も、「新曲が出来た!」と、某JAZZライブ&バーの店名と同じ
「Soft Wind」という曲をライブで演奏して下さいましたが…
確かに、序盤は優しい風が吹いているんですけど、後半は天候が荒れて来て、
しまいには吹雪いてしまいました。全然ソフトなウィンドじゃない!(^^;

つまりは私、哀しい曲調に食傷気味なのかなぁ?
アップテンポのハッピーな新曲が聴きたい今日この頃。
そういう意味でも、『夢曲』で和泉さんのアップテンポの明るい曲
「Breeze And You」「El Mirage」)が選ばれたのは嬉しかった!

そんな感じで私は、和泉さんのソロorピアノトリオ用に作った曲に甘い点を
付けられずにいるのですが、鳥山さん&神保さんとのバンド、ピラミッドへの
提供曲は、概ね高グレード。特に「Moon Goddess」「Tornado」が大好き!
7月3日のライブで思いがけず「Moon Goddess」が聴けた時は涙ぐんじゃいましたよ。
ステージ奥のスクリーンに満月らしき映像が映し出されるというベタな演出にも
グッと来てしまいました(笑)。

あ!結局、この日のピラミッドライブのレポは書かずじまいでしたね…
「とくぅ〜さんの目の前にTOKUさんが!」というダジャレネタを隠し持って
いたのですが、今更披露してみたり。(^^;
TOKUさんの「Part Time Lover」での歌声にはメロメロでしたよ〜。

8月22日のピラミッド&葉加瀬太郎さんのライブについても、きちんとした
レポを書くつもりでいたのですが、折角和泉さんの話題が続いているので、
まとめて御報告する事にします。簡易レポになりますが御容赦を!

のっけから「Tornado」来たぁっ!
最近はアンコール手前に演奏されていたので油断しており、してやられた感じ(笑)。
そう言えば、2006年のAXでの活動休止直前ライブでも、この曲が1曲目だったっけ。
そして、思ったのでした。奇しくも1曲目が「Tornado」だった5年前と今は
似たような状況なのだ!と。
12月、5月、7月、そして8月と立て続けに観に行っていたものだから、今後しばらく
ライブの予定が無いという事実を受け入れられそうにないです。(T_T)
アルバム制作はユッタリペースで全然良いのですが、ライブは定期的に
開催していただきたいなぁ。

和泉さんの説明間違いに「ちぃ〜がぁ〜うぅ〜〜〜!」と心の中で叫んだり
「Fly Over The Horizon」を『クロスオーバーイレブン』のエンディング
テーマと誤って説明。正しくはオープニングテーマ。ちなみに、エンディングも
アジムスの曲ですが、「Fly〜」とは別の曲)、葉加瀬さんにメインMCの座を
奪われた和泉さんがちょっと気の毒になったり。

今回のライブのスペシャルゲスト葉加瀬太郎さんが登場した途端、
トークが葉加瀬さんの独壇場に…(^^;
それまで場を仕切っていたMC担当の和泉さんでしたが、葉加瀬さんを前にすると
若干歯切れが悪かったように思います。
というか、朗々としゃべり続ける葉加瀬さんに合いの手を入れるタイミングって
凄く難しそう(笑)。その点、ピラミッドのメンバーの中では葉加瀬さんと最も
仕事の付き合いが深く、気心が知れている鳥山さんは、葉加瀬さんへのツッコミの
入れ方を心得ておられました。

ちょっと穿った見方をしてしまいましたが(自称「MC評論家」なもんですから^^;)、
普通に聞いている分には、爆笑に次ぐ爆笑の愉快なトークでした。
何気に神保さんの天然っぷりが面白かったです。

MCでは葉加瀬さんに食われ気味のピラミッドのメンバーでしたが、
演奏では対等(笑)。見事な演奏を聴かせて下さいました!
「Rhapsody In Blue」「Love Infinite」では、音符だらけの真黒な譜面を前に
葉加瀬さん必死。一番難しい箇所で照明がチカチカするという演出が出て、
「ギャー!譜面見えない!やめてー!」という心境だったそうです。(^^;

個人的に感激したのは、秘かに期待していた「大地のうた」の演奏が実現した事。
昨年10月奈良に行き、平城遷都1300年祭の葉加瀬さんのコンサートで
この曲を聴いた時、「いつか、葉加瀬さんとピラミッド(O!Kay Boys)の
メンバーの演奏でこの曲が聴けたら最高だなぁ」と思っていました。
その「いつか」がこんなに早くやってくるなんて…!(T_T)

「大地のうた」は、鳥山さんがプロデュースされた葉加瀬さんのアルバム
『Traveling Notes』に収録されている曲で、鳥山さん、神保さん、和泉さんが
演奏に参加。ピラミッドの前身(笑)であるO!Kay Boysの名前がクレジット
されている唯一の曲なんです。

そんなこんなで、大盛り上がりで幕を閉じたピラミッドのライブ。
あぁ、これでしばらく見納めなのかなぁ?と思いながら席を立ち移動を始めた所…

 園田涼君に遭遇!

そういえば、7月のライブも観に来られていたらしいですね。
神保さんと、そして今回は葉加瀬さんとも御縁があるとの事で。

その後、最近お知り合いになった鳥山さんファンの方々の御姿を見かけたので、
御挨拶して行こうといそいそと近付いた私。
ちょっとだけお話…のつもりが、帰りも御一緒する流れに。す、すいません。(^^;
お店を出てエレベーターに乗ると…

 そこには葉加瀬夫人が!

き…驚愕しました。だって、すぐ横に田万由子さんがいる状態なんですよ?
芸能人オーラが眩しかったです。
私は緊張で固まっていましたが、他のお客さん(ほろ酔いといった感じのオジサマ)が
エレベーターに乗っている間田さんに色々話しかけていて、そのやり取りが
面白かったです。

…と、ここでちょっと堅苦しい話。
目撃情報の類の記述については、気を付けないといけません。
お忍びでライブを観に来ている場合もあるでしょうし、「どこそこで○○さんを
見ちゃった!」と安易にネットに書き込む事は、非常に危険な行為です。
それを踏まえた上で…園田君はこのライブを観に行った事をツイッターで
呟いておられますし、田さんが葉加瀬さんのライブに同行して色々サポート
されている事は、テレビのドキュメント番組等で既に公になっています。
なので、今回の遭遇話をブログに書く事はマナー違反にはならないと判断。
以上、堅苦しい話終わり!

田さんに会釈してお別れした後、「ビックリしましたねー」と鳥山さんファンの
方々とワイワイお話しながら駅へ向かいました。
そして「もしかして、とくぅ〜さん?」と聞かれ、再び固まる私。
アクセス数が少ない割に、フュージョン系のファンの方々にやたら発見されて
いるらしい私のブログ。鳥山さんファンのその方もチェックして下さっていた
らしいです。今までブログで「鳥山さん萌え〜」とか連発していた事を思い出すと
無性に恥ずかしくなります。(^^;
萌えと言えば、今回は鳥山さんのマフラーに萌えました。
暑かったのか、ライブ後半では無くなっていましたけど(笑)。

そして、家に帰って気付きました。
「あっ、園田君も田さんも東大出身だ!」と。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
T中T雪さん情報、ありがとうございました。
「つぶやき」はノータッチなんで知りませんでした。
行くっきゃないな、これは・・・
「夢曲」は嬉しい選曲ですなぁ・・・
「マジックから30年」は、この辺の曲が主体だったりして・・・
himebow
2011/08/31 12:04
T雪さんのデビュー30周年ライブ、沢山のミュージシャンが
出演される予定なので、"凄いゲスト"の方々の出番は
少しかもしれませんが、私もコレは観る価値ありかと。

『夢曲』の収録曲、T雪さんは「Night Dreamer」が選ばれたら
いいなと思っていたとか。外れて残念?(^^;
とくぅ〜@管理人
2011/08/31 22:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
『夢曲』の詳細発表&PYRAMIDライブ 白鯨な日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる