白鯨な日々

アクセスカウンタ

zoom RSS Happy Life!

<<   作成日時 : 2011/07/22 23:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

ふと、自分が所有しているドラマーのリーダーアルバムを確認しようと
思い立った私。
則竹裕之さんマヌ・カチェのアルバムが1枚ずつ。
(といっても、則竹さんは1枚しかソロアルバム出しておられないのですが。
ライブ中に則竹さんが本田さんに「次は水着写真入りのアルバムを出せば?」と
おちょくられてから3年近く経つんですね…^^:)
そして、神保彰さんデイヴ・ウェックルのアルバムが何枚か。

ドラマーのソロアルバムというと、ドラマーによるドラマーのための
超絶テクニック披露しまくりの曲テンコ盛りなのではないか?と
受け取られがちですが、私の所有アルバムにはそういう類のモノはなく、
特にデイヴ・ウェックルや最近の神保さんのアルバムは、ソロアルバムと
言うよりバンドのアルバムと言った方がいいかも。
アンサンブル重視の楽曲が詰まっています。

そんな私のCDライブラリに、また1枚ドラマーの素敵なアルバムが加わりました!
…はい!
来ましたよ!!
坂東慧氏、満を持しての初ソロアルバム!!!

実質、坂東バンド(坂東セッション)のアルバムと言い切ってもよい内容。
若干おこがましい気もしますが書かせていただきますと…
都内で開催される坂東バンドと坂東セッションのライブを3年近くひっそりと
見守らせていただいていた身としては、感無量でごさいます。
本当に、本当に…おめでとう!\(^o^)/

坂東君と頼もしい仲間達によって、色彩感豊かな音世界が展開。
うまく言葉に表現出来ないんですけど、パアーッと視界が開けて
光が差し込んで来るような感じ。
坂東君の曲を聴いていると、色とりどりの情景が飛び込んで来るんですよね。

このアルバムには収録されていないのですが、坂東君の持ち曲で
「Harmony Of Color」というタイトルの曲があります。
このタイトルにかけて、今回のアルバムの評を書かせていただくと…

 バンドメンバーの持ち味(カラー)の調和(ハーモニー)が絶妙!

1行前の文は、坂東バンド(セッション)の良さを表現する言葉として
かなり前から頭に浮かべていたのですが、書くタイミングを逸し続けて
いたものです。(最近ライブレポがアホな方向に行きがちだったのは、
真面目な批評を書くのが照れくさかったからなのよ〜^^;)
坂東バンドについてだけでなく、今回のアルバムの素晴らしさを伝えるのに
この「Harmony Of Colorの妙」という言葉は相応しいのでは?と思いましたので
遂にお披露目(笑)。

ドラムソロ爆発させたり、所々さり気なくスゴイ演奏をしている坂東君ですが、
決してそれが"売り"ではなく、曲を生き生きさせるための演奏&アレンジに
徹していて、トータルで聴くととてもバランスのいいアルバムになっていると
思います。

全体的な感想は、以上です。
あとはですね、素朴な疑問が2つ浮かびました。
アルバム発売にあたり書き下ろされた曲って実は少なく、大半が坂東君の
ライブで披露された事のある曲なのですが…

 (1)坂東バンドのライブ定番曲の2曲(「Stay Cool」と「Harmony Of Color」)は
 なぜ収録されなかったのか?

 (2)タイトルが変わった曲が続出したのはなぜ?

(2)については、マイケル河合さんの入れ知恵かなぁ?と予想。
「Omens Of Love」をはじめ、THE時代からスクェアの数々の曲を命名して
来られたという、御意見番ならぬ御命名番?(笑)のマイケルさんが
坂東君に色々アドバイスしたのではないかと。

あと、「Dayspring」「Walk On Air」の旧名)は「Dawn Blue」
Dawn(夜明け)と意味がカブるから変えたのかな?と安易に予想。

そうそう!「Dawn Blue」!!
この曲が収録されると聞いて驚いたファンは、かなりコアなファンかと。
いつだったか、ライブで坂東君がピアノ生演奏を披露して下さった曲です。
あれから長い月日が経ち、幻の曲になりかけていた所…まさかのアルバム収録!

おかげで、鮮明に蘇りましたよ。
小豆島の海辺で見た夜明けの空が!
……
…あっ、小豆島は私の想い出だった!(爆笑)
坂東君は、どこの海で夜明けの空を見つめていたんでしょうね…ふふふ。
(当時のライブで、坂東君がこの曲演奏前におもむろに想い出話を始めて
一部のファンがフリーズしたらしいという逸話は、既に伝説と化している)

いか〜ん!今回は真面目にアルバムの感想を書こうと思っていたのに、
アホな方向に行きかけてるよ〜。(^^;
気を取り直して、曲毎の感想を。でも、全曲について書いていたら終わりが
見えないので、申し訳ないのですが数曲だけにさせて下さい。
レコーディング参加メンバーについても色々書きたいのは山々なのですが、
更に終わりが見えなくなりそうなので…(苦笑)

「Melody Road」は、1年前、坂東バンドのライブで初披露された曲。
当時のライブレポで「胸キュン」と表現した記憶がありますが(爆)、
アルバム収録にあたり華やかなホーンアレンジが施され、胸キュン度UP!
ベースをシンセベースにしている点もGood!
ハンドクラップが…これまた絶妙な使用頻度(笑)。これ以上使うと
こっ恥ずかしい感じになるので、要注意ですよ〜。

実はこの曲、T-スクェアのニューアルバム選曲の際にボツの憂き目に
あってしまった曲なんだそうです。自信作だっただけに、きっと
悔しかったのでしょう。その後坂東バンドのレパートリーになり、
そして今回のアルバム収録。
この曲をボツにしたメンバーを見返してやるぜ!的な意気込みを
ヒシヒシと感じたのは私だけ?アレンジの気合いの入り方が半端ない…(^^;

「Walk On Air」は、坂東バンドで「Dayspring」という曲として長年
演奏されて来ました。演奏頻度の高い曲ベスト3に入るかな?
坂東バンドのレパートリーの中でも、演奏を重ねて行く毎にアレンジが
変わって行く曲というのがあるのですが、この曲もそんな曲のひとつ。
一番感慨深い気持ちにさせられた曲でした。

聴いた人が幸せな気持ちになって欲しい…というメッセージを込めた
坂東君のアルバム。タイトルチューンである「Happy Life!」には
その想いが一番強く表れているのだとか。

「幸せな気持ち」にも色々ありますが、このアルバムを聴いて感じるのは
「しみじみと噛みしめる幸せ」かな?
音楽を聴いて幸せな気持ちになるって、ありふれた事のようで
実は凄く奥が深いのかもしれないですね。

坂東君の音楽活動の充実ぶりを見ているのが私のHappy Life!という
ファンも多い事でしょう。
今後も各フィールドでの御活躍、楽しみにしています!(^^)

イイ感じに話を締めくくった所で…
突然ですが、デイヴ・ウェックルの話をしていいですか?

前々からチック・コリア・エレクトリックバンド、アコースティックバンドの
ドラマーとして認識しておりましたが、彼のソロアルバムを初めて聴いたのは、
忘れもしない19歳の頃。19…!なんて若い響き!(笑)
若いですね、若過ぎですね、私にもそんな頃があったんですね…(しみじみ)

大学内のどこぞの部屋で、これから活動を共にするバンド仲間と一緒に
デイヴ・ウェックルのファーストソロアルバム『MASTER PLAN』を延々
聴き続けておりました。はい、選曲会議です。
ちなみに、このアルバムを持って来たのはドラマーの先輩(笑)。

「このアルバムの中から1曲やりたいんやけど、どれなら出来る?」と
聞いて来るのですが、どの曲も私にはハードルが高過ぎて…半泣き状態。
何が決め手になったのかは記憶にないのですが、とにかく1曲を選出。
数ヵ月後には、すっかりバンドの代表曲となったのでした。
どの曲を演奏したかはナイショ。

キーボードパートを耳コピするには地獄のような内容のアルバムでしたが、
私この『MASTER PLAN』がすっかり気に入りまして、後日自分用のCDを購入。
キーボーディストのジェイ・オリバー氏との共作曲が特に好きで、
GRPレーベルからリリースされた90年代のアルバムは好んで聴いていました。
という訳で…家にあるデイヴ・ウェックルのアルバムを数えてみたら、
ソロ名義バンド名義合わせて7枚もありました!

最近は全然聴いていなかったのですが、今回「坂東君ソロアルバム→
ドラマーのソロアルバム」と連想して存在を思い出しまして、
久しぶりに『MASTER PLAN』を聴いてみました。

…( ̄□ ̄lll)

なんという音数の多さ…!
こんなにもドラムの音が前面に出てたっけ?

昔はドラマーのアルバムとしてでなく純粋にバンドサウンドとして
楽しんで聴いた記憶があるのですが…夏に聴くにはあまりにも暑苦しい。(^^;
疲れている時には聴きたくないですな。

その点、坂東君のアルバムは夏向きで、聴いていて心地良いですよ〜!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
とくぅ〜さんこんばんは!
『Happy Life!』まさに私のライブ遠征生活をずっとそう呼んでいたので(笑)タイトルが発表された時点でもうびっくりでした。。。
ワクワクするようなHappy!というよりはとても穏やかなHappyって感じで、聴けば聴くほどお気に入り度が増す、ステキなアルバムですよね!
そしてあの曲が・・・当時羨ましくて仕方なかった坂東さんがピアノを弾いたという曲なんですね。あの逃した感は今でも忘れられません(笑)
そこはレコ初ツアーで是非叶えてもらえたら・・・
24日のお披露目が今からとても楽しみです!!
yuu
2011/07/23 00:34
いよいよ明日でござんすね。
バンドーバンドの予習しとかんといかんなぁ・・・
4曲ぐらいかな、OAだしね。
himebow
2011/07/23 13:19
>yuuさん

私のライブ通いも『Happy Life!』といった感じですね〜。
たまに日程が厳し過ぎて「地獄」と呼んでしまいたい気持ちに
なる事もありますが。(^^;

聴き逃した悔しさは、痛いほど分かりますよ!
私の場合、最近では和泉さん&本田さんの「Midnight Circle」
共演を聴き逃した事が、物凄く悔しかったです…
ツアーで坂東君がピアノ披露して下さるか、ドキドキしながら
待ちましょう。

>himebowさん

坂東君のアルバムが出てからはソレばかり聴いていて、
『Nine Stories』の復習を全く忘れていた私。
明日がスクェアのライブだというのに…(^^;

坂東君バンドのオープニングアクト、私は2曲ぐらいだと
予想していましたが、もっと多いでしょうかね?


yuuさんもhimebowさんも
明日のT-S東京公演、お気を付けてお越し下さいね〜!(^^)
とくぅ〜@管理人
2011/07/23 20:45

コメントする help

ニックネーム
本 文
Happy Life! 白鯨な日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる