白鯨な日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 春の安藤さんまつり その2&3

<<   作成日時 : 2011/06/15 23:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

今、プライベートでゴタゴタしていて(病人が出たり、近隣トラブルで困ったり)
胃が痛い状態なのですが、先月の安藤さんの事を思い出したら少しは気分も
晴れるかな?と思い、レポ書きを再開しました。
「その1」のアクセス数の少なさ(爆)からして、待っておられた方は少ないと
思いますが、お待たせしました!
安藤さんだらけの5月後半ライブ&イベントレポの続きです。



マリーン『INITIAL』発売記念ライブツアー 東京公演1日目1stステージ
  5月24日(火) 19:00〜  ブルーノート東京

この5〜6月、名古屋&東京&大阪にて豪華メンバーによるアルバム発売記念
ツアーが行われました。
当初は東京公演4公演のうち2公演(同日の1stと2ndステージ)を連続で
観ようと考えていたのですが、泣く泣く1公演に絞る事に。

マリーンのライブに行くのは、実に3年半ぶり!
そして、なんといってもサポートメンバーに徹する安藤さんを拝見出来る
貴重な機会に萌…もとい!ワクワク。
マリーンを支えるバンドメンバーの皆さん、今まで全ての方の演奏を聴く
機会がありましたが、安藤さん&安部さんとか、コモブチさん&坂東君とか、
初めて見る組み合わせなので、どんなステージになるのか楽しみでした。

開演時間になり、ステージ奥のスクリーンにアルバムジャケット撮影の模様が
映し出されました。ドン小西さんや加納典明さんの御姿が、映像に。
映像が流れる中、バンドメンバーが姿を現し演奏が始まります。
そして、満を持して本日の主役マリーン登場!

……(苦笑)
しょっぱなから、もうダメです私。安藤さんの衣装に萌え〜。
上はいつもの安藤さんっぽいけど、下が…
まさかドン小西さんの御見立て?(違う違う^^;)
とにかく…一言で言いますと、伊東さんが着そうな衣装でした。

演奏曲は、ブルーノート東京HPの2011年5月のライブスケジュールの
マリーン公演の詳細をチェックすれば、24日の1stと2ndのセットリストが
掲載されていますので、参考していただければと思います。
相変わらずセットリストに関しては丸投げ体質で、ごめんなさい!(^^;

1stでは、アルバムに収録されている9曲全てが演奏されました。
そして、本来はアンコールが2曲だったようですが、MCが予定より
長くなってしまったのか、1曲カットの憂き目に。
後日知りましたが、2ndでは宮崎隆睦さんが飛び入り参加したそうです。
2ndを観に来たお客さん、ラッキーでしたね!
もし私がyuuさんだったら、悔し涙で枕を濡らした事でしょう。(T_T)

演奏曲が少なかった分、楽しいトークが沢山聞けた訳でして…
そう、ポジティブに考えましょうね!(^^)
アルバムタイトル『INITIAL』命名の由来とか、マリーンのデビュー時の話とか、
軽井沢のホームセンターでマリーンと安藤さんがバッタリ会った話とか、
安部さんが高校生の頃、コンサート終わってからマリーンを出待ちした話とか…
楽しいお話テンコ盛りでした!

出待ちをするほど好きな歌手のアルバムをプロデュースする事になるとは、
20数年前は想像もしなかったでしょうね、安部さん。さぞ感無量だった事かと。
出待ちと言えば私…先日、出待ちをする側ではなく、される側になる!という
衝撃的な事件に遭遇しました。
う〜ん…好意を持たれるって、確かに悪い気はしない。敵意を抱かれるよりは、
ずっといい。でも、待ち伏せはちょっと勘弁して欲しい。マジ怖いよ。
ちなみに、その出待ちの相手は私の趣味もハンドルネームもブログも知りません。
もちろん「安藤さん萌え〜」とか言ってるアホな一面など知る由もなく…(爆)

数日前に高熱を出してしまったそうで、この日も鼻用のティッシュが手放せず
大変そうな御様子でしたが、素敵な歌声を披露して下さったマリーン。
キュートな挨拶「よろしかったら、よろしくねが久しぶりに聞けて
嬉しかったです。(*^^*)

坂東君の年齢(27歳)に溜息をつくマリーン。
「でも、まだ倍じゃないからよかった」とホッとするマリーンの横には、
坂東君の倍以上の年齢のヒトがギター持って立っておりましたとさ。(^^;
そんな、56歳の安藤さんがステージを心から楽しんでおられる御姿に、
自然と笑みがこぼれる私でした。

…え?綺麗にまとめ過ぎ?お前らしくないですって?
じゃあ、上の文を別の表現に書き換えますよ。
萌えオーラが炸裂する安藤さんを見ると、ニヤニヤが止まらなくなる私でした。



T-SQUARE『Nine Stories』リリース記念トーク&サイン会
  5月29日(日) 13:00〜  タワーレコード新宿店

アルバムの発売を目前に控えていた時期に、このT-スクェアのトークイベント
開催の告知があり…「入場整理券をもらうためには、タワレコ新宿店か渋谷店で
アルバムの予約をしないといけないだなんて…無理!アルバム発売日までに
都心まで出掛けるのは無理!てか、ア○ゾンで予約してるし!」
そんな訳で、イベント参加を断念しかけていた私だったのですが、
ライブ常連仲間さんから「代わりに予約して来てあげるよ」という有難い
御言葉をいただき、慌ててア○ゾンでの予約を取り消したのでした。
発送の手配寸前でのキャンセル、本当にごめんねア○ゾン…(^^;

そんなスッタモンダから1ヶ月と少しが経ち、いよいよイベント当日です!
ここで、和泉さんライブ常連四人衆が久しぶりに集結!
3人は頻繁に顔を合わせるのですが、4人揃うのは半年ぶりの事です。
久しぶりに集結したのが、和泉さんのライブ…ではなくスクェアの
イベントだった事に苦笑。
ちなみに、かなりどうでもいい情報ですが、四人衆の中ではワタクシ
ブッチギリの最年少です!(^^)

当日の入場前、「まだ整理券あります」というアナウンスがあったので、
あれまぁ、客入りが寂しい状況になるかな?と心配していたのですが、
単に定員に達しなかっただけのようで、店内には予想していた以上の
沢山のファンが集結!男性の方が多かった気がします。
立ち見すし詰め状態で、イベントはスタート。
なんか凄いちっちゃい扉から、メンバーの皆さんが姿を現しました。
身をかがめながら出て来る安藤さんに萌えたのは、言うまでもなく。

トークは30分ほど。
ニューアルバム『Nine Stories』について、各楽曲の解説や、
レコーディング中のエピソードなどの話が中心。
トークの内容を簡潔にまとめますと…

・アルバムタイトルと曲名のほとんどは、マイケル河合さんが命名。

伊東さんの「こだわり」に翻弄される他のメンバー。

…簡潔過ぎますか?(^^;
いやでもホント、要約すると、この2点だけになっちゃうんですよ。

トークショーのほとんどが、伊東さんの愚痴だった印象が(苦笑)。
「俺はこう吹きたいのに、安藤が…」
「河野まで、俺に注文付ける」
「坂東が、俺のEWIの音に不服そうだ」

上のような事を熱弁する伊東さんの横で、安藤さんがチクリと一言。
「伊東さんって、メンドクサイ人だよね」
ドッと沸くお客さん達。

伊東さんは他のメンバーより頑固で融通がきかない事が、
なんとなく分かりました。(^^;
でも、こうやってお茶目に笑い話に出来るという所がいいですよね。

伊東さんだけでなく、他のメンバーにも音や演奏に対してのコダワリは
ある訳でして…それぞれの主張がぶつかり合い、衝突はあれど決して
悪い意味での喧嘩にはならず、結果的に良い作品づくりに繋がって
行くんだなぁ〜と、しみじみ思いました。

ちょっと話が脱線しますが…歴代メンバーも含め、スクェア内で
「こだわりが強過ぎて対応に困る人は誰か?」というアンケートを取ったら、
2人のIさんが上位にランクインする、いや、TOP2に来るのは間違いない!
と思う、今日この頃(爆)。

「俺のEWIの音色は2つしかないんだよ!」と主張する伊東さんが
「ワタクシはシンセでタコの八ちゃんのような真似は二度と出来ません!」
言い切る、もう一人のIさんの姿とダブりました。

ちなみに、このタコの八ちゃん発言、昔の「シンセ演奏は音色チェンジゲーム」
発言に次ぐ、キーボーディスト達に対する暴言だと私は危惧しています。
今の御時世、シンセを6台も7台も並べて忙しなく演奏する人なんて
いるのかなぁ?大抵のステージキーボーディストは、コンパクトに
2、3台にまとめてPCも取り入れてスマートに演奏しているんじゃないかと
思います。そういう意味では、タコという表現には苦笑い。
でも、元シンセ職人Iさんを敬愛していた身としては、こんな乱暴な
発言をされると哀しくて仕方ない訳でして。そこまでシンセ嫌わなくても…

す、すいません!ダークな方向に行ってしまいましたね。(^^;
「シンセ良く分からん、意味分からん」と思われる方もいらっしゃるでしょうね。
スルーしちゃって下さい。ホントごめんなさい。

そんな訳で、一時は伊東さんの独壇場…という場面もありましたが、
楽しいトークが展開し、あっという間に30分が過ぎてしまいました。
そして、サイン会に移行。
これがまぁ…淡々と進んで行き(メンバーに話しかけるファンが少ない!)、
人数の割に早く終わってしまった感が。
まぁでも、大量のファンの話を矢継ぎ早に聞かされたら、メンバーの皆さん
きっとグッタリしてしまった事でしょうから、この展開でよかったのかな?

私はサインを書いてもらったらその場を撤収するつもりだったのですが、
同行したライブ常連仲間さんが「伊東さんを最後まで見ていたい」と
おっしゃったので(和泉さんの音楽が好きだけど、最愛の人は伊東さんらしい^^;)
サイン会が終了してメンバーの皆さんが例の凄いちっちゃい扉から控室へ
戻られるのを、店内の少し離れた場所で見届けました。

スクェアの皆さんを見に行って演奏を聴かないで帰るというのは、
変な感覚でした(笑)。でも、楽しかった〜!
幸せ過ぎの罰なのか、自宅への帰り道で暴風雨に巻き込まれて傘が壊れました!
(この日は、熱帯低気圧に変わったばかりの元台風が、関東を直撃)
レインコートでも買ってその場をしのごうにも近くにコンビニは無く、
ずぶ濡れで帰宅。 このままでは風邪をひいてしまうかも…と心配。
でも、バカは風邪をひかないので大丈夫だったのでした!\(^o^)/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ありがたやありがたや・・・
レポ、ありがとうございました。
風の便りでは、B君、M崎氏に「伊東さんの音色なんとかしてくださいよ」と頼んでたとか・・・
ホント、2音色しか使ってませんからねぇ・・・
私はそれでいい派ですが・・・
ふたりのIさんは結構、ケンカしてたって御本人も言ってましたね。
himebow
2011/06/19 21:07
I東さん、コダワリの2音色のようですね(苦笑)。
B君はスクェアの一ファンだった頃からM崎さんの事が
大好きだった御様子。御自身のソロアルバムの
レコーディングの際、2音色にこだわる誰かさんと
違って柔軟に対応してくれたであろうM崎さんに
ますます惚れ込んでしまったんじゃないかと、そして
B君の中でI東さん株が大暴落しているのでは?と
勝手に推測&心配しております。(^^;

昔のスクェアでは、レコーディングで揉め事がある時、
必ずI東さんとI泉さんがその渦中に居たとか(爆)。
現在のI泉さんは、某△バンドでT山さんとJ保さんと…
ケンカはしなさそうですが、マイペースなI泉さんに
お二人が振り回されている光景が容易に浮かんで来ます。
とくぅ〜@管理人
2011/06/19 22:36

コメントする help

ニックネーム
本 文
春の安藤さんまつり その2&3 白鯨な日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる