白鯨な日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 北千住のスターネオンとROGANKYOとドラムバカ三人衆

<<   作成日時 : 2011/02/25 23:11   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 5

この歳にもなると同級生のコトブキ話なんて聞かなくなって久しい訳ですが(爆)、
高校時代の友人から「結婚する」という手紙が先日届きました!
短い手紙ながら、そこにはもらい泣きしそうな感動エピソードが書かれていました。
私がこの生涯で出会った友人の中で、この子ほど素直で裏表のない子はいません。
幸せになって欲しい…心からそう願いました。
ふと下に目を留めると、そこには新居の住所が書かれているではないですか…
ゲッ!?

この住所、元彼が下宿してたトコと激近やんか!
先程までの澄みきったキレイな心は、たちまちドス黒く塗りたくられたのでした。
ウギャー!駆け巡らんでいい走馬灯が、目の前を…

すいません。なんか無性につぶやきたくなったので書いてしまいました。(^^;
独り言はこの辺にしておいて、ここからは今月立て続けに参加したライブの
レポートを書きたいと思います。

                              

World Collaboration Night
  2011年2月17日(木) 19:30〜  STB139
<メンバー(敬称略)>
WeiWei Wuu (二胡)、鳥山雄司(g)、大儀見元 (per)、鳥越啓介(b)
ゲスト:小松亮太(bandneon)


オープニングからメンバー全員が登場!
KIRINビールのCMでもお馴染み、ジプシー・キングス「Volare」を演奏。

ウェイウェイさんは花柄のチャイナドレスを着ておられて、とっても素敵!
全く統一感のない(←って鳥山さんがおっしゃった^^)5人の衣装は、
ウェイウェイさんのブログや鳥山さんオフィシャルサイトの「gallery」で
写真が見れますよ〜。

メンバー紹介。御自身の事は「アジア代表」、鳥山さんを「ヨーロッパ代表」
紹介するウェイウェイさん。「MADE IN JAPANなのに…」と苦笑する鳥山さん。

その後は、メンバーが出たり入ったり。
色々な組み合わせで色々な国の曲を演奏。
『ワールドコラボレーションナイト』と銘打たれただけあって、
世界のアチコチを旅する感じ。スペインブラジル、そして北千住まで(笑)。

"北千住の星"小松さんは、バンドネオンという楽器について色々説明して
下さいました。
バンドネオンアコーディオンウドンソバぐらい違うとか、
タンゴで多用されるのでアルゼンチンの楽器だと勘違いする人が多いようだが
実はドイツ製だとか、ボタンの配置がメチャメチャで、パソコン初心者に例えると
アルファベットの配列がABC順じゃなくてビックリ!みたいな感じだとか。

そんな小松さんが今回のライブのために選曲して来たピアソラ
「Allegro Tangabile」という曲。一般にはほとんど知られていない曲だそうで、
そして超難曲!鳥山さんとウェイウェイさんは練習で相当苦しんだ御様子。
ウェイウェイさんなんて、手の指はもちろん足の指までつったそうです。(^^;
さて、本番での演奏は如何に!?…あっ!

鳥山さんが、演奏ストップの合図。
ボリュームペダル操作ミスで、音量小さいままだという事に気付かず演奏を
始めてしまったそうです。
鳥山さんがミスをするのって珍しいらしく、小松さんはビックリ。
「いいモノ見れたでしょ?」はい!ありがとうございます!おかげ様で激萌え…

仕切り直して演奏スタート。うん、確かに弾くの難しそう。
譜面をガン見する鳥山さんをガン見。苦悩の表情を浮かべる鳥山さんを
堪能する事が出来ました(爆)。

短めの休憩後、第2部がスタート。
ウェイウェイさん、衣装チェンジでチャイナからアメリカンに変身!
あ、でもシャツにプリントされていたのはイギリス国旗でしたね。
先程まで結っていた髪はほどかれており、第1部の時と全然雰囲気が違いました。

洋風な雰囲気なのに、演奏されたのは日本の曲「さくら」(笑)。
ここでエフェクターを導入!二胡のソロ演奏を披露されました。
少し前に弾いた自分の音をディレイで鳴らしながら、新たに音を加えて行き…
この時、私は昨年のパット・メセニーのオーケストリオン公演
思い出していました。
うん、ウェイウェイさんの演奏、プチ・オーケストリオンって感じ。(^^)

鳥山さんが小松さんに提供した曲「スターネオン」も聴けました!
ウェイウェイさんが「私にも曲作って下さい」と言ったら、鳥山さんが
「スター二胡?」って答えたのが面白かったです。

同じピアソラの曲でも、先程の「Allegro Tangabile」とは違い超有名な曲である
「リベルタンゴ」の熱のこもった演奏で、第2部は終了。
アンコールは…小松さん&鳥山さんと来れば、予想通り世界遺産絡み(笑)。
『THE世界遺産』現オープニングテーマ曲「風の詩」と、
『世界遺産』テーマ曲「The Song of Life」のメドレー!

またこのようなワールドコラボなライブを企画していただきたいです。(^^)

                              

TAKESHI ITOH Mellow Madness Septet "Luxury Floor"
  2月18日(金) 21:30〜  丸の内COTTON CLUB
<メンバー(敬称略)>
伊東たけし(sax)、宮崎隆睦(sax)、Luis Valle(tp)、
安部潤(key)、養父貴(g)、川崎哲平(b)、坂東慧(dr)


毎年2月開催が恒例となった伊東さんのコットンクラブでのライブ。
今回も2公演×2days=4公演という事で…さて、どの公演に行こうかな?
土曜日の2日目は突発的なイベントが入りそうな予感がしたので避け
(そして、本当にイベントに行く事になった^^;)、じゃあ1日目で…
いつも1stステージだったから、たまには2ndステージにしてみる?

という訳で、1日目の2ndステージを選択。
伊東さんの公演を含めコットンクラブで2ndステージのライブを観るのは、
今回が初めてです。

まだ1stステージが行われている時間に開場。受付終了後は店内のロビーで
待機させられる2ndのお客さん達。
ふと扉の方に目をやり、「今、あの向こうでは熱い演奏が繰り広げられて
いるんやろなぁ」とボンヤリしていた所…

  Σ( ̄□ ̄;)

扉が開いた!  
その途端、「Pick Up the Pieces」のイントロが耳に入って来ました。
防音扉も、開いてしまえば音がダダ漏れな訳で…う〜む。
その後も客席とロビーの間を行き来するスタッフさん達。その度に演奏が
否応なしに聴こえてしまいます。
そうですか、最後の2曲は「Pick Up the Pieces」「Wolverine」ですか…(苦笑)

1stステージ終了&1stのお客さん達の退場後、客席に案内され暫しマッタリ。
近くの席の人が料理を注文したみたいで、ニオイが漂って来ました。
でも、この店の雰囲気にそぐわないニオイ。なんか焼き魚クサイんですが…(^^;

居酒屋的なニオイが漂う中、伊東さん達メンバーが登場。
「Marbles」でライブはスタートしました。

マイクを持って挨拶をした後、客入りの勢いが若干寂しくなっている的な事を
言い出す伊東さん。
客席をザッと見た感じ盛況だと私は思っていたのですが、そうなんだ…
それにしても伊東さんが初っ端からネガティブ発言するなんて意外でした。
I泉さんが言うのは聞き慣れているけどね!(爆)
ちなみに、翌日のライブに行った方に話を伺った所、自由席は満席で
お客さん達超大盛り上がりだったそうです。

今回のライブで衝撃的だったのは…伊東さんがメガネをかけた事!
あ、メガネゆうてもT-Sカウントダウンライブの2011年メガネじゃないですよ(笑)。
ライブ中盤の出来事でした。養父さんと安部さんのオリジナル曲を演奏する時だけ
メガネをかけて譜面をガン見する伊東さん。

  Σ( ̄□ ̄lll)

そっ、それはもしかして、もしかしなくても…
ROGANKYO?????

しかも、そのメガネが何度もズリ落ちそうになり、若干困った御様子。
頻繁に掛け直す姿が大昔のメガネかけている頃の和泉さんみたいでした。
それにしても、2日連続ROGANKYOで衝撃を受ける事になるとは。(^^;
(翌日、池袋のイベントで平田広明さんが…)

人間贅沢なもので、毎回聴きたいという曲がある一方で、目新しい曲が
聴きたいという欲求も。
私の場合、昨年観に行ったライブとセットリストがガラリと変わる事を
期待していたのですが…コットンクラブで初聴きの曲は、2曲のみでした。
なんでも今回は1stと2ndの演奏曲が結構違っていたとの事で、もし1stを
選んでいれば、昨年聴けなかった曲を数多く聴けたようです。
こればっかりは運なので、仕方ありませんね…(T_T)

初聴きだった2曲について。
「Phat Kat」は、物凄く久しぶりに演奏したとおっしゃっていました。
そして、「スクェアの曲やります!あ、TRUTHじゃないですよ。(^^;」と
紹介&演奏された曲は…「Giant Side Steps」でした!

伊東さんセプテット流のジャイアントサイドステップスを素直に楽しめば
いいものの…
う〜、ダメだ!原曲の和泉さんのピアノの音&フレーズを脳内で勝手に
演奏とシンクロナイズさせてしまう自分。安部さん、ごめんなさい!(^^;

安部さんはエレピ系の音で大人し目に演奏されていて、その音は全体的に
埋もれ気味。この曲は、キーボードの音が埋もれちゃいけない!
いくら3管の音圧が凄くても、それに負けちゃいけない!
そんな訳で、ちょっと納得がいかなかったのでした。生意気言ってホント
すみません…

アンコール曲は、1stの音漏れネタバレで予想した通り「Wolverine」(笑)。
定番となった、冒頭の伊東さん&宮崎さんのバトル。
終わりがけに伊東さんが宮崎さんに自分の腕時計を見せて「そろそろ終わりに
しない?」と言いたげに合図を送ったのが、面白かったです。(^^)

サビ前のタッタッタッタッタッタッタッタッの時、伊東さんとルイスさんが
宮崎さんを挟み打ちにして叩く真似を。
このやり取りも、すっかりライブの定番になりましたね。
2回目は、哲平さんが伊東さん&宮崎さんに攻撃されていました(笑)。

そんな感じで、今回も盛り上がった伊東さんセプテットのライブ。
次回は、また1年後?

                              

Groove Addiction
  2月20日(日) 20:00〜  吉祥寺スターパインズカフェ
<出演(敬称略)>
テディ、坂東慧、今村慎太郎(dr)
各ドラマー率いるバンド3組(円人図、坂東バンド、大柴広己バンド)


怒涛のライブ&イベント通い4日間を締めくくったのは、ドラマー御三方による
エンターテインメントショーGroove Addictionの第2弾!

前回から1年3ヶ月ぶりの開催でしたが、アホさ加減がパワーUP!(^^)
もし私が彼らの身内友人だったら「こいつらホンマ、アホやわ」と絶賛
していたと思います。(注:「アホ」とは、最大級の褒め言葉のつもり)

御三方のドラム演奏でライブはスタート!
ドラム3台全てYAMAHA製なのは、前回と変わらず。
坂東君は、服もドラムセットも赤で派手派手でした(笑)。

今村さん、坂東君、テディさん、それぞれのバンドが3〜4曲を披露。
坂東バンド(今回は米田さん不在で4人でしたが)の演奏を聴くのは久しぶり!
BBのライブも坂東君がちゃんとMCするのも今年が初めてだそうで、坂東君ってば
「あけましておめでとうございます」と、2月下旬だというのに年始の御挨拶。
素晴らしい!計算され尽くしたボケっぷりです。
相変わらず"MC苦手キャラ"を前面に出しておられますが、いつか苦手意識が
払拭される事を切に願っております。

各バンドの演奏の後は、再びドラマー3人でのコーナー。
ソロ回しあり、バトルあり、パッドを使用して遊びたい放題あり、
「お題」芸の披露あり。

ニワトリやカエルなど動物の声、踏切の音、その他諸々をパッドに仕込ませ
演奏に組み込んでのヘンテコ演奏。
MCでは「日常の音にはリズムがある、グルーブを感じる」と、
いかにもドラマーらしい痛い発言が、次から次へと飛び出しました。
あ、私は痛いとは思いませんでしたよ!
むしろ御本人達が自らを「気持ち悪い」と言って卑下しまくっていた感が。(^^;

いつの間にかステージに「お題」と書かれた抽選箱のようなモノが置かれて
おりました。1人1人その箱に手を伸ばし、引き当てた「お題」通りの事を
実行しないといけないという趣向。

今井さんが「低音」、テディさんが「ひざ」、坂東君が「左手禁止」…だったかな?
「ひざ」には笑いました!ステージ前方に用意された椅子に座り直して
膝をペシペシ叩く姿をお客さん達の前に晒すテディさん。
坂東君の引いたお題は、大変ではあるけどカッコよく見える訳で、かなり
おいしかったのでは?
シンバルをスティックで叩くのも右手、その音をすぐさま素手で止めるのも右手。
カッコエエ!(*^^*)
もし坂東君が「ひざ」を引き当てていたら、会場中の"ばんちゃんファン"が
萌え状態になったはずなので、それはそれで見てみたかった気が…(爆)

アンコールは、各バンドから何人か選出し、バンド形態&ドラマー3人で
「Sunny」の演奏。
第3弾を早くやりたいという雰囲気の、ドラムバカ三人衆。(←褒め言葉です)
次回の開催が楽しみです!

最後に余談。
昔、第1弾の感想でも書きましたが、このGroove Addictionのドラムバトルを
見ていると、軽音部に入り浸っていた学生時代を思い出し、懐かしい気持ちに
なります。思い返せば、ドラムの連中だけだったよなぁ。
実際に演奏をしていない時も、手が勝手に動いてるんですよ、彼らは。
食事中とかでさえ(苦笑)。今で言うエアドラムって奴を四六時中…

あと、今村さんって…私の後輩のドラマーに似ているんですよねぇ。
更に、今回テディさんのバンドに出演したギタリストが、これまた後輩の
ギタリストに雰囲気がソックリで!(顔は似ていないんだけど、ちっこく
丸っこい所がビックリするくらい似ていた…)
第3弾では、また1人後輩のソックリさんが登場するんだろうか?
そういう意味でも、次の開催が益々楽しみであります。(^^;

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
お待ちしておりました。
定番攻めでしたか。
ディア・ハーツからの曲はありましたか?
フライト・イン・ミストラルとか聴けたら失神します。。。
himebow
2011/02/26 00:03
お待たせしました!
あんまり内容の無いレポで申し訳ないです…(^^;
私もアルバム『ディア・ハーツ』からの曲を演奏して欲しいと
常々思っているのですが、残念ながら今回も無しでした。
もし「ON VENTURA BLVD.」が聴けたら、ワタクシ泣いて喜びますよ。
とくぅ〜@管理人
2011/02/27 00:19
追記です。
私が観ていない公演で『ディア・ハーツ』からの曲が
披露されていたそうで!
どの曲かは今の所分からないのですが、アレとかアレだったら
悔し涙モノです…(TヘT)
とくぅ〜@管理人
2011/02/27 21:22
今、安部潤さんのブログのコメント欄で「This Masquarade」と書かれてあるのを見ました。現場にいたら失禁してたかも・・・
himebow
2011/02/28 13:10
実は、昨日の追記の情報源は安部さんのブログだったのです。
再びブログ拝見して来ました。今朝コメントのお返事で
曲名を書かれていたのですね!

そ、それにしても…マスカレードだったとは!しかも
EWIヴァージョンで演奏されたなんて、もうビックリ。
聴いてみたかったです…(T_T)
とくぅ〜@管理人
2011/02/28 21:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
北千住のスターネオンとROGANKYOとドラムバカ三人衆 白鯨な日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる