白鯨な日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 下界の桜の下で会おう

<<   作成日時 : 2011/02/21 23:43   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

17日は六本木、18日は丸の内、19日は池袋で2回まわし、20日は吉祥寺…
ものの見事に日程が連続し、怒涛のライブ&イベント5連チャンとなった訳ですが、
初日に行きの電車で乗り物酔いして(苦笑)、その後頭重感が治まらなかったのを
除けば比較的元気で、ニコニコ楽しく過ごせました。
会場でお付き合いいただいた皆様、ありがとうございました!(^^)
レポートは、ジャンル別に2回に分けてお届けしようと思います。

まずは、19日のシネマサンシャイン池袋での
『最遊記外伝』先行上映会イベントの模様を御報告。
割と突然な形で開催決定が報じられ、動揺する最遊記&声優さんファン一同。
チケット販売は、開催日の1週間前。チケットぴあでの一般発売のみ。
壮絶なチケット争奪戦、ネットで参戦組の私は惨敗。秒殺でした…(T_T)
しかし、店頭で購入組の関さんファン仲間さんに声をかけていただけて、
幸運な事に2公演共参加出来る運びに。

う、嬉しい…遂に三蔵一行(の中の人達^^)を生で拝める機会が訪れました!
三蔵一行のキャスト4人がファンの皆さんの前に勢揃いするのって…
『ぴえろアニメワールド2003』以来でしょうか?(間違っていたらごめんなさい)
2003年と言えば、関さん御出演のお芝居は観に行くようになっていたけれど、
イベントへの参加はまだ躊躇していた頃でしたねぇ。(^^;
このワタクシが躊躇だなんて、今振り返ると笑っちゃうんですけど。
そして、音楽関連も含めて色々なイベントに行かなかった数年前の自分を
「とっとと行かんか〜い!」とブッ飛ばしてやりたい。

という訳で、私にとっては初・三蔵一行…もとい!今回は金蝉一行ですね。
初・金蝉一行なので、それはもう楽しみで楽しみで。
当日の夕方。シネマサンシャイン池袋の階段には、開場を待つ人、人、人!
それはもう凄い事に!「もう○分ですよ〜。時間通りに開演出来るのかなぁ?」と
列に並んで話しながらハラハラ。

何だかんだ言ってスムーズに入場出来、ホッ。
手渡されたパンフレットを開くと…4月に関さんが客演される劇団岸野組
公演チラシとDC舞台研修生募集チラシが挟まれていました。
こんな所でもちゃっかり宣伝しちゃうあたり、流石関さん(笑)。

ワクワクと開演を待っていると、突然悟空の声がして場内騒然!
関さん@金蝉童子&保志さん@悟空による開演前諸注意アナウンスが始まりました。
コレ、事前収録じゃなく生アナウンスだったようです。なぜならば…

関さんが台詞を噛んだから!(爆)

すんごい噛みっぷりでした。(^^;
ちなみに、終演後のアナウンスは平田さん@捲簾大将&石田さん@天蓬元帥が
担当されたのですが、この時は石田さんが噛んでしまい、平田さんがボソッと
「さっき関さんも」とかアドリブ入れておられました(笑)。

愉快な開演前アナウンスの後、客席から向かって前方右扉から金蝉御一行様登場!
壇上での並び順は、左から…関さん、保志さん、平田さん、石田さん。
保志さんだけイベント向けっぽい服装で、他の御三方は休日のお父さん仕様。
おとうさ〜〜〜ん!(*^^*)
関さんはメガネを最初から着用。平田さんはメガネを首にぶら下げています。
そっ、そのメガネは、もしやRO…フガフガゲホゲホ。

挨拶の後、キャストの皆さんは一旦退場し、OVA上映会へ。
畳み掛けるような早足の展開にビックリ!
最後は、会場のあちこちからすすり泣きが聞こえて来ました。
原作未読で観ていた人は「何故そこで泣くの?」とキョトンとしたかも
しれないけれど、先の展開を知っているからこそ泣けて来るのですよね…

18時半開演回と20時半開演回とでは、イベントの進行が若干違いました。
1回目は、挨拶、上映会、トークコーナー、ミニドラマ朗読、プレゼント抽選会。
2回目は、ミニドラマ朗読、挨拶、上映会、トークコーナー、プレゼント抽選会。
開演前&後のアナウンスは、2回目の時は平田さん&石田さんが先、
関さん&保志さんが後でした。上映会以外は全て内容が違っており、
両公演参加したお客さんも十分過ぎるほど楽しめる構成でした。

司会者不在で、4人だけでイベント進行。
期待通り、いや期待以上のグダグダトーク!
お客さん達はもちろんですが、お話している御本人達もそのグダグダ感を
存分に楽しまれている御様子。
以下、記憶に残っているやり取りを箇条書きで紹介。


・保志さんの挨拶「ぱっぴー」は聞き慣れているけど(どこのイベントでも
「ぱっぴー」ゆうてるらしい^^;)、平田さんの「ぼんじー」が聞けて感無量!

・「OVAは何の略?」という話になって、「じゃあOAVは?」という疑問に、
すかさず関さんが「オリジナルアダルトビデオだろ」
更に石田さんが「オリジナルでないアダルトビデオって?」とツッコミ。

・1回目のトークコーナーで、今回上映した第壱話での金蝉のひ弱さ加減が
表れているシーンの話になって、「衣装がフンドシみたい」と関さん談。
2回目の上映会でそのシーンを注意して観たら、確かにフンドシみたいだったので
笑ってしまった。

・会場販売のお知らせの時に出て来た金蝉のタペストリーに喰い付く関さん。
「コレ何に使うの?ベッドのシーツにして敷いて、キャー!」とアクション付きで
はしゃぐ48歳のパパに萌えるファン一同。

・悟空の台詞を、可愛らしい口調共々パクる関さんに萌え。

・プレゼント抽選会で読み上げるチケット半券の文字が見辛い御様子の
年長組の御二人(爆)。平田さんが、首にぶら下げていたメガネを装着。
やはり、ソレはROGANKYO…

・1回目の抽選会では2階席のお客さんは1人しか当たらなかったが、
2回目でミラクルが!平田さんが同時に引いた3枚のチケット半券が、全て2階席!
「これからは"2階の男"と呼んで」と御満悦。

・2階の男になれなかった事を、なぜか悔しがる保志さん。
その後I列1列と読み間違え、関さん@金蝉に「バカ猿!」と叱られる。

・2階席のお客さんが当選する度、異様にテンション高く喜ぶ関さん。
しまいには「3階席!」とか言い出すし。3階席は存在しませんから!(^^;

・「次はクジ引きでもっと盛り上がるように、箱の中に山椒魚入れとこうよ!」と
突然言い出す関さん。その時は「何を脈絡ない事を言い出すんだ」と思ったが…


他にも色々楽しい会話が繰り広げられたはずなんですが…
頑張って脳に蓄積していたエピソードの大半が、2回目公演の終わり間近に
吹っ飛んでしまいました!

それは、石田さんが締めの挨拶をされていた時。
抽選会で関さんが唐突に「山椒魚」と言い出したのは何故か?という事を、
親切にフォローして下さったんですね、石田さん。
以前、堀内賢雄さんが最遊記のドラマCDで山椒魚という役を演じられて、
キャストクレジット収録時に無駄に良い声で「サンショウウオ」って言ってたよね!
先程みんなで楽屋で話して盛り上がった事が影響した発言だったのだと。
石田さん、流石です!関さんのフォロー、ありがとうございます。(^^)

しかし、これが見事に私の笑いのツボにハマってしまい、同時に記憶が飛ぶ飛ぶ!
最後の最後で、その場におられない賢雄さんに全て持って行かれるとは…(^^;
そんな訳で、細かな会話の内容はほとんど忘れてしまったのですが、
それでも今も確かに心に残っているモノはあります。それは、会場全体を包む
優しい雰囲気。
「保志君」へ御三方が向ける眼差しを見ていて、「あぁ、最遊記だなぁ〜」と
感極まりそうになる瞬間が何度もあった事だけは忘れていません。

初めて参加出来た、念願の最遊記イベント。
最後にキャスト&客全員で、指きりのアクションで再会を誓ったこの日の事は
きっと忘れません!



OVA『最遊記外伝』第壱話 桜雲の章 先行上映会
  2011年2月19日(土) 1回目:18時30分〜 2回目:20時30分〜
  シネマサンシャイン池袋 5番館シアター
<出演(敬称略)>
関俊彦、保志総一朗、平田広明、石田彰

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
下界の桜の下で会おう 白鯨な日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる