白鯨な日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 愛の結晶くん第3話&大阪公演千秋楽

<<   作成日時 : 2010/12/19 21:52   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

以前もブログに書いたので、「またか…」と思われた方、御勘弁を!
2003年秋、奇しくもDC公演『仇討』を観に行く数日前、
父の病気の事を知らされました。
「来年の桜は見られないかもしれない」と聞かされ、目の前が真っ暗になった
あの日の事は、今も忘れられません。

父の話は、後ほど。
ここからは、前回に引き続きドラマティック・カンパニー&鈴舟合同公演
『愛の結晶くん』の感想をネタバレ全開でお送りしようと思います。


第3話『父を叩く』
余命僅かの父に会いに東京からやって来た、売れない劇団員の次男。
厳格だった父のあまりの変わり様、そして"奇行"に呆然とする。
しかし、翌日に芝居の初日を迎えるため、病室には少ししかいられないと言う。
弟が数日滞在するものだと思い込んでいた長男は、激怒する。


今公演の告知が出されたばかりの頃、初めてタイトルを目にした時、
「父さんのバカバカバカ〜!」とポカポカ叩く娘の図を想像した私ですが、
タイトルに込められた意味は全然違いました(笑)。
ベッドに寝たきりの患者さんは背中がこるそうで、背中を叩いてあげると楽になる…
そういう事だそうです。

第1話で噂になった、合言葉的ジェスチャーでお願いすれば添い寝をしてくれる
イニシャルS.Nのナースが第3話で登場!見事な伏線です。
昭和のナース、長山節子を演じるのは、鈴舟のアイドル麻生さん!
ナース姿、とお〜ってもキュートでした。(*^^*)
超ベテランの婦長さんかと思いきや、入院患者だったというオチ。

序盤は、衝撃の展開!
父が突然「お○ぱい」という言葉をウワゴトのように繰り返し、同室の患者達が
一斉に外へ。家族だけになった所で長男の妻が父に授乳という、あり得ない光景が。
ちなみに、第2話のリアルなキスシーンと違って、今回は「しているフリ」でした。
(妻役の小田木さんは、客席の後ろを向いて授乳しているフリを)
「もう先が長くないから、好きな事をやらせてあげよう」という理由が哀しい…

授乳が落ち着いたと思ったら、次は「う○こ」のセリフを連発する父。
長男達が慌てて父をベッドから車椅子に座らせ、トイレへと急ぐ訳ですが…
東京公演千秋楽で、車椅子に備え付けられていた点滴のチューブが外れるという
ハプニングが!
別の意味で慌てる役者さん達。特に長男役の酒井さんにとっては冷や汗もの
だったらしく、去り際のセリフでアドリブ(というか本音)が出ました〜!(^^;

ここまでドタバタの様相を呈していましたが、次第にシンミリする展開に。
主人公一家に同室の患者達、3組の織りなす人間模様…
子どもがいない中年夫婦。
授かった子どもを受け入れなかった元カップル。
この2組の描かれ方が、対照的でした。

そして…
病室には、父と次男の二人が残されます。
父親がトンチンカンな発言をするので、まるで漫才のような面白いやり取りが
続くのですが、客席では笑い声とすすり泣きが混ざり合い…

乗らないといけない電車の時間が来て、病室を出ようとする次男に父が一言。
「背中、叩いてもいいぞ」
暗転からカーテンコールまでの僅かな時間、ハンカチで涙を拭ったお客さんは
多かったと思います。
以上、前回から続いた各話のあらすじ&感想でした。


3話通して、舞台上に3台のベッドが置かれた状況は変わらず。
1話終わると、ベッド脇の棚などの小道具を河野さん&山内さん&佐藤さん
DCナーストリオと勝手に命名させていただきました^^)が手際良く
入れ替え作業。

休憩なしで3話のオムニバスストーリーが続いた訳ですが、途中でダレる事は
全くなく、思う存分笑って泣いた約2時間でした。
特筆すべきは、キャストが27人もいるのに、誰一人として印象の薄い人がいない!
という事。

次は、大阪千秋楽公演終演後の挨拶について、御報告を。
東京公演千秋楽と同じく、大阪でも中尾さんと田中さんがキャスト紹介。

背の高い安藤さんは、東京の時は田中さんに「プリティ・スカイツリー」
紹介されていましたが、大阪では「通天閣よりは低いそうです」なんて
言われていました。(^^;

伝坂さんは、東京でも大阪でも挨拶してお辞儀する際に、芝居で使用した
アフロ系のカツラをパッと外し、笑いを取っておられました。
本当は坊主系だったんですね。

「2年後にDC公演を大阪でやります」と、関さんが宣伝。
タイトルは未定だそうです(笑)。流石に2年も先に行われるお芝居の内容が
決まっていたらビックリです。ちなみに、来年の公演のタイトルも未定。

最後は…麻生さんが音頭を取り、キャスト&客みんなで一本締め!
麻生さんが状況を良く分かっておられないのではないかと隣でハラハラして
一生懸命フォロー入れようとされていた関さんに…萌えました(爆)。

「関さん萌え」と言えば、公演期間中にDCブログ内で日々更新された
関俊彦さん通院blog『愛し合ってるか〜い』…その文章と絵文字の
凄まじい威力に、病院行きになった関さんファンが続出したとか(笑)。
今年、あれだけ関さんファンを震撼とさせた出来事はなかったですよね〜?
演じられた役柄に引きずられたかのようなハイテンションぶりが
たまらないブログでした。
ちなみに、通院blog『愛し合ってるか〜い』というタイトルは、
第1話『紅葉狩り』で、複雑骨折で入院している役を演じておられた伝坂さんが
劇中で更新している入院blog『カルシウム取ってるか〜い』に因んで
名付けられたものと思います。


萌えから一転、真面目な話に戻しますね。
父の病気の告知があってから7年が経ちますが、嬉しい事に奇跡が続いています。
奇跡というか、父の懸命の努力あっての今…と言えるかも。
入退院を繰り返す苦しい生活を送りながらも、母と一緒に旅行する事や
孫の成長を楽しみにしている父。
10月には、退院直後だというのに香港へ行きましたし…父と私、趣味は違えど
好きな事に対してアクティブな所は、似ていますね。(^^)

ここ数年は、帰省の度に「ごめんね、もっとゆっくりしたいのだけど」と
謝るのが恒例となってしまいました(苦笑)。
しかも今回の実家帰省は、たったの1泊。
公演観劇後、天王寺から実家へ…
短い滞在期間でしたが、一緒に晩ご飯作ったり、香港旅行の写真見せてもらったり。
母が遠方の祖父の介護で留守中だったので、1階で父と二人で過ごす時間は
いつもより多かったかも。(ちなみに、2階には姉家族が住んでいます)

こうして一緒に過ごしていると、父が闘病生活に入る前の頃のような錯覚に
陥ってしまいますが、厳しい現実に引き戻される事もしばしば。
父は一見元気そうでしたが、退院後の経過が良くないとの事でした。

関東に戻る日は、毎回ではありませんが父か姉が最寄駅まで
車で送ってくれます。今回は父が送ってくれました。
駅前に到着し、最後に交わす言葉はいつも同じ。

「(送ってくれて)ありがとう」
「○君(←もう何年も顔を見せていない最悪の婿)によろしくな」
「うん」

父と別れてから湧き上がる感情も、いつも同じ。
遠ざかって行く車を見送りながら私が泣いている事を、父は知りません。
縁起でもない事なんだけど…もしかしたら、父との他愛のない会話は
さっきのが最後になるかもしれない…なんて、つい思ってしまうから。

普段は関東と関西離れて暮らしているので、「その時」が来た時
自分の到着が間に合うか、常に不安が付きまとっています。
それ以前に、その時なんて来ないで欲しい!と切望しているんですけどね。

そんな背景があったので、大谷さん演じる次男が自分と重なって仕方なくて、
今公演の『父を叩く』は平静な気持ちでは観れませんでした。
…すいません。なんか、湿っぽくなりましたね。(^^;
そんなこんなで、公演は無事終了!
キャスト&スタッフの皆様、素敵なお芝居をありがとうございました!
そして、公演中お会いしたファン仲間の皆様にも御礼を。
また来年、楽しく語り合いましょうね〜。(^^)


ドラマティック・カンパニー&Special Playing Company鈴舟合同公演
『愛の結晶くん』
<東京公演>2010年11月26日(金)〜12月5日(日) シアターサンモール
<大阪公演>2010年12月10日(金)〜12月12日(日) 一心寺シアター倶楽

<作・演出>堤泰之(プラチナ・ペーパーズ)
<出演>
第1話『紅葉狩り』
中尾隆聖(D)、三谷悦代、江口美里(D)、田中完(S)、若狭勝也、
伝坂勉(D)、珠希美碧(D)、河野智之(D)、山内有香(D)

第2話『愛の結晶くん』
川島得愛(D)、本美奈子(D)、関俊彦(D)、波岡晶子(D)、
和田太美夫(S)、斉木香(D)、川本裕之、小泉真希

第3話『父を叩く』
高橋伸禎、酒井哲也(D)、小田木美恵(D)、大谷典之(S)、
堀本等(D)、原扶貴子、関根宏次(D)、安藤彩華、佐藤紀子(D)、
麻生美代子(S)

*(D)…DCキャスト、(S)…鈴舟キャスト、無印…客演
(以上、敬称略)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
愛の結晶くん第3話&大阪公演千秋楽 白鯨な日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる