白鯨な日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 超クライマックスツアー 5/16昼&夜

<<   作成日時 : 2010/05/27 00:17   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

現在、私の中で超電王トリロジー祭T-SQUARE新譜祭が同時開催中。
楽しみが倍になって嬉しい一方、どちらかに集中したいというワガママな気持ちも。
うん、贅沢を言っていますね。ごめんなさい!
イマジン超クライマックスツアー、大阪では15日と16日の朝、昼、夜、計4公演が
開催されましたが、私は後半の2公演を観に行って来ました。
14日、危うく終電に乗り遅れそうになるというハプニングを乗り越え、
15日の仕事にも何とか耐え、16日の午前。新幹線で東京を出発し、いざ大阪へ。
行くぜ行くぜ行くぜー!

大阪城公園・・・久しぶり過ぎる!
確か、野外音楽堂のステージに立って以来です。15、6年ぶりかな?

城天って、健在なんですね〜!
昔の彼氏のバンドが城天に出ていたっけ。ちなみに、私は出入り禁止でした。
私の存在が女性ファンにバレるとバンドの人気が落ちるとかホンマにもう
アホらしい理由で。応援する気にもなれませんでしたよ、全く。

私が着いた時には、ギャルバン(女の子だけのバンド)が演奏していました。
通り過ぎる際、看板に書かれていたバンド名を見て苦笑。

 腐女子

・・・タイムリーなバンド名だ。
今、シアターbrava!に集結しているお客さんの腐女子率は高いはずだから(爆)。

少し歩いて、目的地に到着。
アニメイトの高橋社長からのお花は、大阪にも届いておりました。そして、
朝公演から参加している関さんファン仲間の皆さん(全員遠征組^^;)と合流。
さあ、盛り上がるぞ〜!\(^o^)/

イベントの構成は東京公演と同じで、以下の通り。

 第1部:イマジンサスペンス劇場「Uの悲劇」
 (休憩:約10分)
 第2部:スペシャルゲストトークコーナー
      イマジンミュージックライブ

まず、第2部のトークコーナーについてザックリ振り返ってみようと思います。



<昼公演>

ギャ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ッ!
(あまりの近さにアタマが混乱)

ハッ!
(すぐ我に返る。衣装をチェックチェック!)

茶色の二重になったパーカーを羽織っておられる関さん。

遊佐さんの服装、暑そう。

モンキーダンスをし出す可愛いオジサンが一人・・・せ、関さん。(^^;

エピソードイエロー(ディエンド編)のサブタイトルを覚えていない関さん。

みんなに教えてもらった後も、ちゃんとタイトル名を繰り返せない関さん。

勝手に「黄色編」と言い換える関さん。

・・・・・・
関さんのパーカーにメッチャ付いているファスナー、動かしたい!
ファスナーを無性に上げ下ろししたい衝動にかられる私(爆)。

レッド、ブルー、イエロー・・・自分の色(パープル)だけがない事に
数日前に気付いたという鈴村さん。

鈴村さんも自分と同じ寅年だという事を知らなかった関さん。

ていうか、鈴村さんは自分の干支をキチンと把握していない模様。

一人だけ干支が違うので仲間外れにされる遊佐さん。

イマジンQ&Aコーナーが大喜利化する。

旨い事を言ったら椅子を高くして、ヒンシュクを買ったら低くするのはどう?
という展開になる。

てらそまさんが『アップダウンクイズ』とか言い出す。

「あと一段階でハワイへ行ける」とか言っても、若い子には分からないから!(^^;

「モモウラキンリュウ〜おいで〜!」とタロス'Sを呼び込む関さんに萌え。

至近距離にいるモモタロスの顔の怖さに改めてビビる関さん。

てらそまさんとキンちゃんが握手。
キンちゃんの手が汗でビショビショだったらしく、「返すね〜」と言って
手に付いた汗をキンちゃんのファーに擦り付けるてらそまさん。

<夜公演>

昼公演の開演前は色々動揺していて気付かなかったが・・・
関さんが座る予定の椅子だけが他のより低い位置に設定されている!(爆)

しかし、その後行われたアップダウンクイズでそれぞれの椅子の高さは
滅茶苦茶に・・・(^^;

関さん、ピンクのジャケット〜〜〜!!!
しかも、腰にモモの顔型パスケースが付いてるぅ〜〜〜!!!

夜が来たで〜!

遊佐さん@ウラタロスの時間やで〜!

「こんばんはぁ」の一言だけで十分エロい遊佐ボイス。

遊佐さんのエロ声をマネして挨拶するてらそまさんに、客席ギャ〜!

関さんによると、ウラは「恋の魔法使い」と呼ばれているらしい・・・初耳だ(笑)。

エピソードブルーでは、幸太郎の頭にジークのフンが落ちて来るらしい。

椅子の高さ調節が手旗信号化する。
「遊佐上げてー、遊佐下げないでー、遊佐上げない!」

関さん・・・会話に参加して下さい!(^^;

参加したかと思えば「イマジン全員顔を青く塗って『アバター』を役者として
演じたい」と訳のわからない事を言い出す関さん。



・・・ざっと、こんな感じでした。
ザックリし過ぎてスミマセン(汗)。

15〜16日、4公演を通しての関さんの衣装は2種類。
16日朝&昼公演が茶色パーカーで、15日と16日夜公演がピンクのジャケット
だったそうです。半分(2公演)参加で違う衣装が拝めて、幸運でした!

幸運と言えば、16日昼公演は最前列だったのです!
大きなホールでのイベントでこんな良い席に座れたのは初めて。
(ネオロマイベントだと、いっつも30番台の列ですからねぇ・・・)
サスペンス劇場で、ウラの左膝下の色が抜けている(生地が擦れたのか、膝下だけ
青くなくて白かったんです!)のがよく見えたし、ミュージックライブで、
客席の間を歩いて来たキンちゃんが最前列に面した通路を横切る時、
機材(ライト?)をひっくり返してそのまま歩いて行ってしまったハプニングも
目の前で見たし。(^^;

トークショーなるものをあんな至近距離で見たのも初めてじゃないかなぁ。
そんでもって、間近で拝見して気になったのが・・・
関さんのお腹。
ポッコリ出ているように見えて仕方がないのです。
重ね着されていたので、お腹のラインがクッキリ見える訳ではないんですが、
う〜ん、でもポッコリちゃんだよなぁ。

劇場版3作品(レッド、ブルー、イエロー)収録時のエピソードやら見所を
交えたフリートークの後は「イマジンQ&Aコーナー」というコーナーへ。
ん?このコーナー、以前にも聞いた事が・・・(笑)
「○○するなら、どのイマジン?」という質問に対して、各イマジンの描かれた
ウチワを掲げて答えるというコーナー。
そこで、2年以上前に書いたイベントレポを先程久しぶりに振り返ってみました。
Q&Aコーナーにおける記述の細かさに、自分でもビックリだ!(byデネブ)

2年前みたいに書けたらいいんですが、今回は・・・ごめんなさい!
各質問に対して、誰がどのイマジンを選んで、選んだ理由はこうで・・・なんて
詳しく書くのは無理!記憶が飽和状態です。
辛うじてお題は覚えている・・・というか、帰宅後の殴り書きメモに残っていたので
紹介します。

 昼の部(1):落ち込んだ時に一緒に呑みたいイマジン
 昼の部(2):仕事をお願いしたい派遣イマジン

 夜の部(1):自分の子どもにしたいイマジン
 夜の部(2):お父さんにしたくないイマジン

選択肢によっては、皆さん「どいつも嫌だぁ〜」と言わんばかりでした。
物凄く嫌そうな顔してウチワを選んでおられる様子が印象的でした(笑)。
(確か、派遣の質問の時?)

あっ、そうそう!
大阪公演では、司会のお姉さんが寺迫麿さんではありませんでした。
地元の司会者さんだったのかな?
確か夜公演だったか、一度だけ大阪弁のイントネーションが出てしまった事があって、
すかさず遊佐さんに「今、なまった!」と突っ込まれておりました。
私が観ていない前半の公演では、噛んじゃったり若干緊張されていたらしい
お姉さんですが、後半2公演を観た限りテキパキ司会進行されていたのではないかと。

キャスト陣がお姉さんに対してどんどん遠慮が無くなって行く様子が、面白かったです。
何をしたかは敢えてココでは書きませんが・・・てらそまさん・・・(^^;
そして、お姉さんに可愛らしい口調で質問する関さんには、ひたすら萌えました。

この4人が集まると絶妙なトークが繰り広げられる事は、もはや説明するまでも
ないのですが、何度でも言いたいです!本当に素晴らしい!楽しくて仕方ない!と。
容赦ないツッコミの数々や、面白いネタが発生すると後々までソレを引き合いに
出して来る所とか、4人の掛け合いが何とも味わい深く・・・

リュウタの真似をする遊佐さんと、ウラの真似をする鈴村さんは、すっかり
イベントや舞台挨拶の定番になったような気がします。
てらそまさんについては、ホンマにどんだけボケるんや?このオッチャンは・・・
という感じ(笑)。てらそまさんの暴走を必死に止める遊佐さん達、お疲れ様でした。
関さんは、なんでも朝の部ではかなりハッチャケていたそうですが、
回を重ねる毎に元気が無くなって行くのは、誰の目にも明らか(爆)。
夜の部では、関さん電池切れしてしまったのが、会話に参加してくれないし。
でも、そんなペース配分を考えない関さんが大好きです!(*^^*)

今回のイベントはDVD化が決定していますが、スペシャルゲストトークコーナーは
東京公演の分しか収録されないとの事で・・・4タロス声優陣の愉快なトークが
映像に残らないなんて、もったいない!残念で仕方ないです。(T_T)
という訳で、大阪公演ではカメラが一切入っていませんでした。映像収録がダメなら
せめて写真撮影だけでもあってくれたら!と思っていたのですが。うぅ〜。
81プロデュースHPの5月18日付「スタッフブログ」に楽屋で撮影されたっぽい写真が
UPされた事だけが救いです。ピンクジャケットの関さんが見れますよ〜!

ここで、東京公演のレポでは全く触れなかったイマジンサスペンス劇場と
イマジンミュージックライブについて、ちょびっとだけ書こうと思います。
本当にちょびっとだけなので、イベント御覧になっていなくて、DVDを観るまで
内容を全く知りたくない!という方以外は、このまま読み進んでいただいても
大丈夫だと思います。





サスペンス劇場・・・ドリフ的舞台セットの中でモモ達がギャーギャー
大騒ぎする様子が、とっても愉快でした。(^^)
そして、オチは「やっぱりそう来たか!」と。(鈴村さん曰く「鳩時計」)

ところで、殺人(殺イマジン?笑)事件の凶器となったあのシャンデリア・・・
体育館倉庫にあるバレーボールが沢山入ったカゴに見えたのは私だけでしょうか?

ミュージックライブも、大いに盛り上がりました!
「Double-Action CLIMAX form」の歌詞が「いーじゃん!いーじゃん!
ポリスメン!?」から「いーじゃん!いーじゃん!大阪!」に変わっていました。
他の会場でも、それぞれの地名で歌われたのかな?
東京公演の時は、近くに大声で歌いまくるお客さんがいて、この部分聞きとれ
なかったんですよね。(-_-;)辛うじて「ポリスメン」とは歌っていないと
分かったのですが。きっと「いーじゃん東京」だったのでしょう。

「Double-Action Strike form」で、テディがキャラ変わっていて面白かったです!
「Action-Zero 2010」、確か4日の東京公演ではオープニングで微妙に笑いが
起きたんですよ!少年隊の「君だけに」を彷彿とさせた始まり方だったからでは
ないかと思うのですが・・・
芳忠さんの高音域の歌声に「デネブ頑張ったなぁ〜」と感動しました。

そして、特筆すべきは・・・ウラタロスのジュリアナダンス!
東京公演でウラが水色のジュリ扇を手にして歌い踊った事を知って、
これからの公演でジュリ扇を持参して来るお客さんが続出するだろうなぁと
思っていたら、これが予想通りで。(^^)青いジュリ扇が会場のアチコチで乱舞!

東京公演の時はケロッとしていたのですが、大阪公演では参加した2公演共
ラストの「Climax Jump」で涙腺が緩んでしまいました。
うん、大阪来てよかった!
これからも電王と電王を応援する皆と走り続けて行きたい・・・線路が続く限り!

最後に。
大阪で御一緒させていだたきました皆様、ありがとうございました!
(外で偶然お会いしたIさん&Kさんも^^)
遠征で電王貧乏に拍車がかかりましたが(笑)、こうなったら来月まで
トコトン釣られ続けましょう!


『仮面ライダー×仮面ライダー×仮面ライダー THE MOVIE 超電王トリロジー
劇場公開記念スペシャルステージ イマジン超クライマックスツアー2010』
  大阪公演 2010年5月16日(日) 14:30〜、18:00〜
  イオン化粧品 シアターbrava!
<スペシャルゲスト(敬称略)> 関俊彦、遊佐浩二、てらそままさき、鈴村健一

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
超クライマックスツアー 5/16昼&夜 白鯨な日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる