白鯨な日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 今更ですが、9月ライブ報告その1

<<   作成日時 : 2009/11/12 21:48   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

昨年も4年前も書きましたが、今年も・・・書くよ!(笑)
ルーイ様、92歳の誕生日おめでとうございます!
『マイネリーベ』、2期アニメが続編を予感させる終わり方をしたのに、
アニメもゲームもその後動きがないようで寂しいです。
そして、私がスクェアのファンになってから今日で24年。
気が付けば、人生でスクェアと共に過ごして来た年月がそうでない年月を
遙かに上回っているという驚愕の事実!

なかなか書く気力が出なかったライブレポ9月分。
UPするならスクェア記念日の今日しかない!という事で、何とか間に合わせました。
ただ、時間がなくて5公演中3公演のみのUPとなりました。
12日と30日に行ったライブについては、後日「その2」で。


9月6日(日) 横浜市立港南台ひの特別支援学校多機能ホール
港南JAZZフェスティバル2009

一般的にイメージするジャズフェスとはちょっと異なり、
「子ども主体で作り上げて行く」という趣旨で毎年行われている催し。
昨年に続き和泉さんがゲスト出演されるという事で、行って来ました。
3部構成でした。
開演前のBGMがドナルド・フェイゲン『ナイトフライ』だった事に反応(笑)。

<第1部:地元中学生の演奏>
横浜市立日野南中学校、山手学院中学校吹奏楽部による演奏。
演奏前後で自分達の学校や曲についての説明をする時、生徒さんはもちろん、
先生まで緊張で声が物凄くうわずっていたのが印象的でした。

<第2部:ゲストステージ>
まず、広瀬太郎トリオ・グラフィティが登場。
昨年の横濱JAZZプロムナードコンペティション部門でグランプリを受賞した事が
キッカケで今回呼ばれたんだそうで。

続いて和泉さんがソロで登場。
アルバムのレコーディングのため8月30日から秋田へ向かわれた和泉さん。
無事戻って来られたか消息不明のままだったので、この日和泉さんが
御姿を現すまで「ホンマに帰って来てんのかなぁ?」と心配していました。(^^;

きっと物凄く疲れておられるはず。でも、どんなコンディションでも
本気の演奏をするのがプロというもの。
もし失敗したら、その時はその時で仕方ありません。でも、お客さんの前で
見苦しい真似だけはしないでいただきたい!・・・と祈るような気持ちで
ステージを見つめていました。

残念ながら祈りは通じず・・・
ちゃぶ台をバーン!とひっくり返したい心境に陥りました。
色々あって私自身がナーバスになっていたせいか、今までだったら苦笑しつつも
サラッと流していたであろう和泉さんの言動が、どうしても許せなかったのです。
不調の時の和泉さんは見慣れているはずなのに(爆)、どうした自分!?
怒りでモヤモヤした気分になった私。
「楽しむためにやって来たのに、これではイカ〜ン」と焦るのでした。
ライブ中に何が起きたかは、敢えて書きません。ごめんなさい。

<第3部:夢の共演>
ピアノの演奏を終えると、その場でマイクを持って司会者と化す和泉さん(笑)。
ここで「宝島」「Omens Of Love」吹奏楽編曲者の真島俊夫さんがステージに。
中学生達が準備をしている間、上2曲のタイトルの由来とか御二人でトーク。
「Twilight In Upper West」が新たに吹奏楽演奏用にアレンジされる事が決定!
12月の吹奏楽コンサートでお披露目予定だと、ここで発表されました。
和やかトークによって、さっきまでの怒りは鎮まり安堵する私。

そして、真島さんの指揮、和泉さんのピアノ、中学生吹奏楽部員達による
「宝島」の演奏。作曲家と編曲家、夢の共演です!(^^)
聴いているうちにジワッと涙が出て来ました。
この日は本当は仕事の予定で、しかも結構家から遠いので、行くかどうか
迷っていたのですが、やっぱり聴きに来てよかった!
怒ったり泣いたり・・・ホント忙しい奴ですみません。(^^;

前に住んでいた家の近くの中学校から「宝島」の演奏が聴こえて来てオッと
思った事がありましたが、全曲通しで演奏を聴くのは今回が初めてでした。
原曲の和泉さんのピアノソロ部分は、アルトサックス奏者が担当。
サックスで吹きやすいメロディにアレンジされているのかと思いきや、原曲に
かなり忠実で驚きました!ピアノで弾くフレーズをサックスで吹くのは難しそう〜。

アンコールは、同じく吹奏楽部員による「Omens Of Love」!
指揮は、真島さんから中学校の先生にバトンタッチ。
高校生の頃、文化祭で吹奏楽部がこの曲を演奏しているのを目を輝かせて
聴いていた事を思い出しました。


9月10日(木) 第一生命ホール(晴海)
ライフサイクルコンサート#42 630コンサート〜充電の1時間〜

当時、和泉さんがライブで絶不調だった原因の一つがコレ。
この日トロンボーン奏者中川英二郎さんと共に、譜面にすると20数ページにもなる
大曲を演奏する事になっていたのです。
他にも御自身のトリオのアルバム制作その他諸々のお仕事で超多忙状態に
なっていたようですが、中川さん作のこの「トライセンス」という曲の練習には
かなり苦労され、かつプレッシャーがかかっていたんだそうです。

1曲で楽譜が数枚になったとしても、テープで貼ったりして楽譜を繋げるという事は
しない主義の和泉さん。中川さんをゲストにお迎えした和泉さんのマンスリーライブで
晴海でのライブではどうしましょうかねぇ〜と悩んでおられましたが、結局この曲の
演奏時は、楽譜を1枚1枚入れたクリアファイルブックを譜面台の上に置き、
それを捲っておられました。

10数分にも及ぶ大曲の演奏を無事終えた後の
和泉さんの晴れ晴れとした御顔と言ったら・・・(*^-^;
他には、NHK連続テレビ小説『瞳』メインテーマ「G線上のアリア」など、
6月のマンスリーライブでも耳にした曲が演奏されました。

1年の内にクリアするなんて絶対無理だと思っていた
和泉さん参加ライブ通い20回をこの日で達成!
コンサート終了後サイン会があるとの事で、「前に約束した通り
20回来ましたよ〜!」と和泉さんに報告出来る機会が用意されていたというのに、
なんと!私、サイン会には参加しませんでした!なぜならば・・・

あの御方のライブに間に合わないから!

・・・ええ、そうです。ハシゴです。またしてもハシゴです(爆)。
ライブ終了後の和泉さんのサイン会(CD即売会)を蹴ったのは今回が初めて!
売られているCDが全て家にあって、同じ物を買うのもなんだかなぁと思い
列に並ばなかった事は一度だけありましたが、その時はすぐ帰らずサイン会の
様子を遠くからボンヤリ眺めていました。 ←ストーカー?(^^;
なので、その場に居合わせなかったのは初めての事。

次の目的地は新宿。20時半に開始のライブ。
この晴海での和泉さん&中川さんコンサートは、6時半開演で1時間の予定だと
伺っていたので、サイン会は諦めなくてはならないけれど、予定通り19時半に
終了すれば間に合いそうだなと、事前に時間をチェックしておりました。
しかし・・・
入場時に貰ったプログラムに書かれていない曲が演奏されたり(つまりは1曲多く
演奏された)、1曲だけだと予想していたアンコールが2曲だったりして
終演時間が延びました。

血相を変えてホールを飛び出し、勝どき駅ホームまで猛ダッシュ!
そして、大江戸線に飛び乗りました。
そう!アニメ『ミラクル☆トレイン』で注目を浴びている大江戸線です(笑)。
今回乗るのは2回目。奇しくも前回もライブ→イベントのハシゴをする時に
利用しました。あの時はホームが地下深くにある事で有名な六本木駅で
エスカレーターに乗りながら「間に合わな〜い」と泣きそうになったっけ。

何とか次のライブに間に合うであろう電車に乗る事が出来てホッとしたものの・・・
頭、痛くなって来た〜(T_T) 何やってんだか私。
都庁前駅@杉田智和に到着!目指すハイアットホテルへはA7出口直結
との事だったので安心していたら・・・なぜか迷いそうに(爆)。
頭ズキズキで吐きそうになりながらも、ようやくホテルのロビーに到着。
ま、間に合った・・・!


9月10日(木) HYATT REGENCY TOKYO
YUJI TORIYAMA "Guitarist" SPECIAL LIVE

という訳で、鳥山さんのミニライブに行って来ました!(^^)
1stステージは18時半から、2ndステージは20時半からそれぞれ30分。1stは完全に
和泉さん&中川さんコンサートとカブっていたので断念。でも、2ndには絶対
行きたい!と思い、頑張りました!頑張りすぎて頭痛を起こしました。アホです。

ホテルのロビーにコンパクトなステージが用意されていました。
ステージの前にはソファーが並べられており、どうやら空いている所に
好きに座っていいようです。
しばらく苦痛の表情でソファーに腰を下ろしていましたが、
鳥山さんが御姿を現した途端、シャキーン!
い、痛いの我慢しなくては!鳥山さんの前では笑顔笑顔!

6月にリリースしたソロアルバム『Guitarist』から数曲が演奏されました。
密かにジノ・ヴァネリ(「I Just Wanna Stop」)やってくれるのを
待ちわびているのですが、この日も聴けず、ちょっとションボリ。

MCでは、「なぜこのホテルでライブをする事になったか」という説明や、
初めて聴いた時は物凄くウケたけど、今じゃ「一体いつまで鳥山さんは
ライブでこの話をし続けるつもりなんだろう?」と苦笑するばかりの
AOR曲渾身セレクトカセットテープ話が出ました。

ちなみに、1stステージを観に行かれた方によりますと、演奏曲は2ndと
1曲だけ違っていたそうです。(1stでは「Just The Way You Are」
2ndでは「Will You Dance?」を演奏)
そして、MCの内容は・・・ほぼ同じだったとか(笑)。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
カセットテープネタは鳥山さんの鉄板トークですね。去年の11月にも同じようなことをMCでしてましたし(^^;坂崎さんのラジオにゲスト出演したときも話していました。

ハイアットホテルライブの第1部を見るためにエライ早い時間に行ったので、鳥山さんからのありがたい一言「早いよ」を頂きました(笑)
yuna
2009/11/12 22:50
こんばんは〜!
カセット話は、来月のライブでも絶対出そうですね(苦笑)。

和泉さん&中川さんのコンサートとカブっていなかったら
私も1stステージが始まる時間よりかなり早目に行っていたと
思うので、yunaさんと一緒に鳥山さんにツッコミ入れてもらえた
かもしれませんね。(^^;

ちなみに、2ndでは鳥山さんとお客さんとの交流の場は
ありませんでした。
鳥山さんは終演後すぐその場を立ち去ってしまわれたのですが、
ファンらしき方が何人か鳥山さんを猛ダッシュで追いかけて行き
ちょっとビックリしてしまいました。プレゼントらしきものを
手にされていたので、それを渡したかったのかな?と。
とくぅ〜@管理人
2009/11/13 22:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
今更ですが、9月ライブ報告その1 白鯨な日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる