白鯨な日々

アクセスカウンタ

zoom RSS ルビーはえいえん

<<   作成日時 : 2009/10/08 23:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

すっかり関さんファンブログに戻りつつありますね、私のブログ。
ココに来て下さるスクェアファンの方々にとっては「ルビーって何?」という
感じだと思いますが、今の私の心境を説明しますと・・・
スクェアが解散したと想像してみて下さい。
ね?凄い衝撃でしょう?
それだけ『ルビーにくちづけ』終了はショックな出来事だったのです。
(解散だなんて縁起でもない例えを出してしまってごめんなさい!)

前回ルビーの想い出を書きましたが、今回は9月からの『ファイナル月間』
放送について振り返ってみようと思います。
ここでは、日付は文化放送での放送日を書いています。深夜25時放送の
番組なので正確な日付は翌日なのですが、細かい事は無視で。(^^;

8月28日に衝撃の番組終了告知があり、オープニングドラマを初めて
切ない気持ちで聴いた9月4日胡龍幸子さんをゲストにお迎えしての2週目。
胡龍さんを前にタジタジになったりメッセージに深く頷く御二人の様子が
窺えるのもこれが最後!

そして9月11日、『ファイナル月間』として、番組を振り返る企画がスタート。
第1回放送のオープニングを聴きながら笑う関さんと崩れ落ちる祥ちゃん。
祥ちゃんの声、本当に若い!番組が始まった時は25歳だったんですよね。
10年半の月日の流れを実感。
視聴覚ルームも、第1回でオンエアしたドラマの再放送でした。

この日の放送で関さんが「公録決まりかけてた」とポロッとおっしゃったのを
耳にして、あぁ〜やっぱり突然の番組打ち切りだったのかぁ、と思いました。
ルビーの公開録音、私が行く事が出来たのは4回。
櫻井さん、中尾さん、藤原さん、賢雄さんがゲストに出られた時でした。
公録には8回応募した内の半分が当選。今思うと結構運が強かったのかなぁと。

実は8月のガンダムEXPOでのDVDお渡し会の時、お話出来る時間があれば
「ルビーの公録そろそろありますか?」と関さんに質問しようと思っていました。
しかし与えられた時間は数秒。質問してそれに答えてもらう余裕なんて全く
ありませんでした。(流れ作業的に素早く進むお渡し会。ベルトコンベアに
乗せられた量産物のような感覚になり、これはこれで面白い経験でした^^;)
今振り返ってみると、あの日の関さんは番組終了の件を御存知だったはずなので、
質問にどう答えるべきか言葉を詰まらせてしまったに違いありません。
なので、公録について質問出来る時間がなくて、関さんを困らせる結果に
ならなくて本当によかったと思います。

9月18日の放送では、『足掛け11年を振り返ってみよう』という事で、
ルビー学園校歌が流れたり、ゲストに誰が来られたという話をされたり、
アラン初登場のドラマが流れ、今のアランとのあまりの落差に
「これ・・・アランじゃないよ?」と関さんが困惑したり(笑)。
そしてこの日の視聴覚ルームは、アランシリーズの最終回!
最終回にしてエピソード1。ムッシュ・アランが如何にして誕生したかという
お話でした。アランワールド、大団円を迎えました!(T_T)
服部さん、視聴覚ルームを放送出来る回数も残り僅かだったというのに、
ここでアランを出していただいて、本当にありがとうございます〜!

9月25日は『視聴覚ルームを振り返る』と題して、今まで番組で放送された
ドラマについてのトークを。
声優さんがパーソナリティーというアニラジは数あれど、10年半という長い間
「ラジオドラマ」を送り続けてきた番組が他にあったでしょうか?
その数、280本!
この日はその中から1作だけ再放送するという事で、
番組終了告知後に募集を開始した「印象に残っているドラマのリクエスト」や
関さん祥ちゃんの意見に基づいて選出されたドラマは・・・

「白いきょとーん」

寮生の大半が「なぜコレ?」と、きょとーんとしたに違いありません。
服部さんが、当時放送されていたテレビドラマ『白い巨塔』(リメイク版)に
触発されて2004年1月に書かれたというドラマ。
シリアスに進むかと思いきや、コミカルで可愛らしいオチ。
このドラマは2004年の人気投票のベスト10には入っていませんでしたが、
"視聴覚ルームらしさ"は物凄く滲み出ていたと思います。
最初はキョトンとしたものの、この作品が選ばれた事に納得。

エンディング。「それでは、また来週!」という関さんのいつものお言葉が
聴けるのはこれが最後・・・涙が込み上げて来てどうしようもなくなりました。

遂に来ました、10月2日
泣いても笑っても最終回です!

この日は、ルビーの前に放送されている『アニメスクランブル』もチェック。
番組途中とエンディングで「五輪開催地決定、東京は落選しました」という
ニュース速報&訂正が入ったのですが、もしこの速報がルビー放送中に流れたら
私、激怒したかもなぁ。まぁ、文化放送も最終回の番組にニュースを割って入れる
なんて野暮な真似はしなかったと思いますが。

アニスクは、来週から文化放送では土曜の28時半からの放送になるそうです。
28時半って何時だ!?と一瞬考えてしまいました。4時30分ですか・・・(汗)
今後お目当ての声優さんがアニスクにゲスト出演する事になったら
タイマー録音するしかないなぁ。リアルタイムでは聴けそうにないです。

ファイナル月間中は、それはもう山のようにお便りが届いたそうです。
「これが最初で最後」という初投稿の寮生、本物の男子寮生(男性リスナー)からの
お便りもとても多かったとの事。ハガキ率も高かったとか。
私はといいますと、番組を聴き始めてから8年弱の間にお便りを出した事は、
公録への応募と『視聴覚ルームドラマベスト10』への投票を除くと・・・
5、6回?ごめんなさい、うろ覚えです。残念ながら採用はされず。
最後のお便りは、ハガキに書いてみました。番組で読まれる事はないだろうけど、
私なりのルビーの想い出と感謝の気持ちを、関さん祥ちゃんスタッフの皆さんに
お伝えしたくて。

ファイナル月間になってからの寮生のお便りは、どれも「うん、うん」と
共感出来る内容でした。住んでいる場所も社会的立場も違う寮生達ですが、
ルビーに対する想いと番組終了を惜しむ気持ちはみんな一緒なんだなぁ、と。
心残りは、常連リスナーのベイスケ君からお便りが来ていたのかどうかが
謎のままエンディングを迎えてしまった事。
この番組でも、お便りを頻繁に読まれる常連さんが何人かおられました。
その中でもドラマのアイデア等で才能を発揮していたベイスケ君は、個人的に
応援したい存在でした。将来は服部さんの後を継いでルビーの構成作家に?
という勢いだったので、番組終了に凄いショックを受けているだろうなぁ、
大丈夫かなぁと心配していたのですが・・・

視聴覚ルーム最終回は、服部さん渾身の物語。
後日UPされた携帯サイトの番組レポによりますと、一度書き上げたものを
急遽書き直したんだそうです。最後にふさわしい感動のドラマでした。

・・・エンディングです。最後の視聴覚ルーム放送時から涙が止まらなくなって
タオルに顔を埋めていました。
お便りをくれた寮生の名前を時間の許す限り読んで行きましょう!
読み始める御二人。関さんがいきなり1人目のルビーネームを読むのに
つっかえて、大幅に時間のロスを!
それを聴いて泣きながら笑っていた私に、思いがけないプレゼントが。

祥ちゃんに名前読んでもらえました!

お便りは番組中では読まれませんでしたが、ちゃんと届いて御二人に読んで
いただけていた事がハッキリ分かった・・・それだけで十分です。
とても、とても嬉しかったです。
でもごめんなさい!お便りで「泣いてばかりじゃダメですね。ラストの放送まで
笑顔で聴き続けたいと思います」と宣言したのに、ファイナル月間中は毎週
泣いていました。(アランのドラマ最終回でさえ号泣した私って一体・・・^^;)
ちなみに、読まれたのはココで使っているハンドルネームとは違う名前。
何て名前なのかは、深く追求しないで下さいね(汗)。

あと、これも携帯サイトの番組レポで後日知ったのですが、文化放送と
ラジオ関西ではエンディングが別録りだったそうです。ラジオ関西では関西地方
在住のリスナーの名前、文化放送とネット放送ではその他の地域在住のリスナーの
名前を読むバーションが放送された模様。粋な計らいに、ケータイの前で再び
涙ぐんでしまいました。ラジオ関西版のエンディングも聴きたかったな・・・

ルビーの放送が終わっても、私の涙は枯れる事がありません(苦笑)。
番組HP『こちらルビー学園学生寮(裏)』の関さん祥ちゃんからのメッセージ、
服部さんと渡会さんの御挨拶を読んでは泣き、携帯サイトを見ては泣き・・・
「寮生の皆さん、卒業おめでとうございます」というメッセージに
感極まってしまいました。そう、"卒業"なんですよね。関さん祥ちゃん
スタッフさんだけでなく、我々寮生もルビー学園の一員。
卒業という言葉自体は悲しいものですが、とても嬉しいメッセージでした。

関さん、祥ちゃん、ディレクターの渡会さん、構成作家の服部さん、
そして番組スタッフの皆様、楽しい放送を本当にありがとうございました!
いつかルビー学園男子寮の改修工事が終わり、再び皆さんに会える日を夢見て。
ルビーは永遠です。(^^)

僕らの合言葉は・・・「We are Ruby!」

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ひとことにある「ネオロマイベントにルヴァ様参加」はネオロママガジンで知ったとき「きっととくぅ〜さんが喜ぶお知らせだ」と思ってしまいました(^^;

そういえばラジオでニュース乱入で思い出したのですが、前に鳥山さんの番組でもありました。
そのときは曲の最中だったのですが、もし鳥山さんのトーク中だったら激怒です。

鳥山さんのラジオは改編を乗り越えてほっとしました。私もこれ以上どん底イベントは勘弁してほしかったので…。
yuna
2009/10/10 23:54
yunaさん、こんばんは!
金曜のネオロマメルマガでの出演者追加発表には小躍りして
しまいました。久しぶりに聖地でルヴァ様を拝めます。(^^)
私の事思い出して下さってありがとうございます(笑)。

『BODY AND SOUL』めでたく秋改編を乗り越えましたね!
鳥山さんトーク中にニュースが入ったら、私もちゃぶ台
ひっくり返して怒りますよ、きっと。
とくぅ〜@管理人
2009/10/11 01:48
はじめまして、検索からやってきました。
自分も「ルビーにくちづけ」という番組が終わって、とてもショックを受けております。
ルビーは自分にとって本当に大切な番組でしたので、もう視聴覚ルームあてに台本を送れないと思うと、本当に残念な思いでいっぱいになります…。

ところで、自分のような若輩者を応援していただき、誠にありがとうございました。
恨まれることはあっても、応援されたことはあまりなかったので本当に感激でした!
ちなみに、最終回あてにメールを送らせていただいたんですが…、まぁ結果は聴いての通りでした(苦笑)

最後に、自分もルビーの復活を心から願っています…!
それでは…
ルビーネーム ベイスケ
2009/10/13 14:46
ベイスケさん、はじめまして!
ほ、本当に御本人ですか!?
うわ〜、コメントありがとうございます!
怖い側面もありますが、こういう時ネットって
凄くありがたいなぁと思います。
私よりかなりお若いようなので、君付けで馴れ馴れしく
書いてしまった事、お許し下さいね。(^^;

心の狭い私は、お気に入りの番組で特定のリスナーのお便りばかり
採用されると「面白くないなぁ」という嫉妬に近い気持ちに
なるのですが、不思議とベイスケさんにだけはそういう感情が
湧きませんでした。それどころか、ベイスケさんの台本
いつも楽しみにしていましたよ。
最終回は、自分が出したお便りじゃなくてベイスケさんのが
読まれるのを今か今かと待っていたのですが・・・
そうですか、ボツっちゃったんですね。残念!(T_T)

私がこんな事言うのは差し出がましいと思いますが、
ルビーで培った才能、色々な場面で生かして下さいね!
またルビー学園で関さん祥ちゃん寮生の皆さんと
お会い出来る日を心待ちにしています!
とくぅ〜@管理人
2009/10/13 23:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
ルビーはえいえん 白鯨な日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる