白鯨な日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 8月前半ライブ報告

<<   作成日時 : 2009/08/19 01:12   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

今日8月19日はT-スクェアのドラマー坂東君のお誕生日。おめでとうございます!
若手若手と言われ続けた坂東君ですが、もう26歳。
私が26歳の頃と言えば、人生の一大行事がありました。懐かしいですね。
あの頃に戻ってUndoしたい・・・(爆)
すいません、脱線しました。
坂東君、超多忙な日々をお過ごしのようですが、御身体にはお気をつけて。
益々のご活躍をお祈りしています。
それでは、遅くなりましたが今月第1週と2週に行ったライブの報告を致します。


8月1日(土) ハーモ美術館ティーセントホール
和泉宏隆&鳥山雄司 Special Duo Concert

・場所は諏訪湖畔。残響の素晴らしさに和泉さんが惚れ込んでいるというホール。

・ピアノ(ベーゼンドルファー)は生音、ギターはミニアンプに繋げて演奏。
鳥山さんのエフェクター類も前月のSTBライブの時と比べたら非常にコンパクト。

・今回鳥山さんが持参したギターはTacomaとOvationの2本のみ。
曲によってスチールギター、ナイロンギターを使い分けておられた。

・曲順表を鳥山さんがキチンと作ってくれたのに、本番では曲順を全く
把握していない和泉さん。しょうがないなぁ〜という感じで、和泉さんの元へ
説明しに行く鳥山さん。
その後、和泉さんは「B型だから仕方ない」と言い訳。

「Sky,So Blue」演奏中、鳥山さんがニコニコニヤニヤしながら和泉さんの方を
何度も見ている!最初は単純に鳥山さんの笑顔に萌えていたアホな私だったが、
途中で「何かが変だ!和泉さん、何かやらかした?^^;」と気付く。
案の定、事故が起こっていた(笑)。
この日はいつも演奏しているのとは違うキーで演奏を始めたそうだが、途中で
和泉さんがいつものキーに戻って弾いてしまったとの事。
キーが変わってしまっても咄嗟に対応して弾き続けた鳥山さんは、本当に凄い!

・第1部の最初は和泉さんが、第2部の最初は鳥山さんが、それぞれ数曲
ソロ演奏を披露。お二人での演奏曲共々私にとって"初聴き"の曲はなかったが、
「An Evening Calm」「What Are You Doing The Rest Of Your Life」など
また聴きたいなぁ〜と思っていた曲が聴けて嬉しかった。
「Spain」には並々ならぬ思い入れがあるので、演奏が始まった時は血圧が
上がってしまった!


8月2日(日) アルソア野外劇場
八ヶ岳ジャズフェスティバルin小淵沢

・約10年ぶりに開催される事となった八ヶ岳ジャズフェス。
この日の小淵沢の天気は奇跡的だった!午前中と夜は結構な雨が降っていたのに、
フェスティバル開催時間の13〜18時は小雨止まり。晴れ間が射す時もあった。

・御存じでないお客さんが見たら「あの人、専属カメラマン?」と勘違いして
しまうのでは?と思うくらい、開催中ずっと写真を撮られていた中村社長。
もしかしたら、本当にカメラマンとしてのお仕事依頼があったのかも。

・和泉さんトリオ以外の出演者で私がお名前を知っていたのは、向井滋春さん
大田剣さん川嶋哲郎さんくらい。不勉強で申し訳ないです・・・

・2番目に登場したS.B.B.・・・トランペットとサックスのユニゾンを聴いていて
ブレッカーブラザーズを彷彿とさせる演奏だなと思った。
実はこのバンド内には兄弟がいるのだが(S.B.B.は砂掛ブラザーズバンドの略)、
兄弟の担当パートはトランペットとサックスではなく、ドラムとギター(笑)。

和泉さんトリオは4番目に登場。
1曲目、御一人で「Heart Land」を。ジャズフェスでピアノソロ演奏が来るとは
予想していなかったので、物凄くビックリした!

・板垣さんと村上さんが登場し、トリオでの演奏。
「あぁ、STBでのこの曲の歴史的事故からもう1年過ぎちゃったんだなぁ〜」と
感慨深く「In The Stream」を聴いていた私(爆)。

・スペシャルゲスト鳥山さん登場!
前日に引き続き、この日もカッコよ過ぎ。(*^^*)

・鳥山さんソロ演奏コーナーがあった。
その間トリオのメンバーはステージ上に残り鳥山さんの演奏を聴いておられたのだが、
ここでクイズ。次のA〜Cは誰の事?
A:穏やかな表情で聴いている。
B:真顔(ちょっと怖い表情)で時々客席に視線を向けながら聴いている。
C:縁側に座っているおじいちゃんのように、目をつぶって頷きながら聴いている。

・前日事故が起きた「Sky,So Blue」、今回は演奏前にお客さん達の前で
業務連絡やら言い訳やらをした甲斐あって、無事故で済んだ。

・敢えて弾かなかったのか、たまたまそうなったのかは不明だが・・・
スクェア時代の曲を封印!

・あの曲・・・そう、このブログで好きだとシツコク言い続けているあの曲。
2年前トリオのライブに鳥山さんがゲスト出演された際に演奏された事もあって
再び聴けるのではないかと期待していたのだが、今回鳥山さんがJames Tyler等
エレキギターを持って来られなかったのを見て、すっかり諦めていた。
今回は聴けないと思い込んでいたので、思わぬプレゼントに泣いてしまった。
「Tornado」を聴きながら・・・ここ数週間の辛い出来事を思い出して、
でも負けないで頑張って行こう!と決意した。

「ピラミッドのアルバム3枚目出したいね」という話が出たらしい!
制作への具体的な動きはまだのようだけど、ライブ活動再開だけで異様な
ハシャギぶりだった私にとって、これはかなりの重大ニュース。

・中央線での落雷事故のため会場への到着が遅れたメンバーがいた川嶋哲郎グループ
当初の予定では3番目の出演だったが、向井滋春クインテットと順番が入れ替り、
トリを務める事に。

・1曲目演奏途中で、今回のジャズフェス主催者さん(?)がマイクを持って
(というか、奪って^^;)、前に出て踊れとお客さん達に促す。
ノリのいいお客さん達がステージ前で大騒ぎ!
川嶋さんは、感動のあまり泣いてしまったらしい(笑)。

・予定されていたジャムセッションは、出演者(前半に出ていたバンドの人達?)が
帰ってしまったのと、時間が押してしまったのを理由に中止。
セッションがなくなってしまったのはちょっと残念だったけど、
5バンドの演奏は皆素晴らしく、大満足!


8月8日(土) 横浜Hey-JOE 
anmi2 meets K.K

・事前にHPで「整理券発行します」とのお知らせが!
今までHey-JOEには数回足を運んだが、整理券が出たの(=満席)は初めて。
店内レイアウトも今までと全然違い、お客さんが沢山入れるようテーブル席を
減らし、前方に椅子をズラリと並べていた。

・今回は"サマー55(ゴーゴー)ツアー"との事。
コブシを振り上げ「ゴーゴー!」・・・そんな仕草がとっても可愛らしい安藤さんは
来月で55歳。(*^^*)

・あんみつの御二人で数曲演奏後、スペシャルゲスト河野さん登場。
やたら横浜のお客さんをヨイショする河野さん。でもこの中に横浜市民
どれくらいおられるのだろう?(爆)神奈川県民より東京都民のお客さんの方が
意外と多いかも。(関西や広島から来られた人がいたみたい)

・「安藤さんは演奏中に目を閉じいている印象が。お客さんをギョロッと
見ながら演奏したらキャラが変わるのでは?」と河野さんが指摘。
早速実践する安藤さん。ターゲットになった前方席の女性客、大パニック。

・ライブ中盤は"懐かしい曲コーナー"。再びコブシを振り上げる安藤さんに萌え。
春の渋谷でのライブとは違うラインナップ。

「ドレミの歌」、"ドはドーナツのド"の最後の"ド"をド(C)でなくミ(E)で
弾くのはおかしい!という事で、歌詞通り"ドはドーナツのド(C)、
レはレモンのレ(D)"と弾き出す安藤さん。

・あんみつ&河野さんの演奏で「Seeking The Pearl」が聴けた!(^^)
この曲は今年のT-Sコンサートで演奏したと河野さんがおっしゃった後に
「へー、そうなんですか」としらばっくれる安藤さんに、客席大爆笑。

・スプリングゴーゴーツアーでの心残り(渋谷アンコールでのライブにしか
行かなかったため「Spain」「カピオラニ」の演奏が聴けなかった)を今回
拭い去る事が出来た!
奇しくも丁度1週間前、和泉さん&鳥山さんの演奏で「Spain」を聴いたばかり。
今回は安藤さん&みくりやさん&河野さんの演奏・・・
河野さんがイントロでヒヤリ運転した時はIさんが憑依したのかと思ったが(爆)、
その後は素晴らしい演奏だった!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
8月前半ライブ報告 白鯨な日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる