白鯨な日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 東京アニメセンターRADIO練乳〜もといw

<<   作成日時 : 2009/07/27 23:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

思い返せば10年前、私にとって秋葉原は"楽器を見に行く街"でした。
駅を降りたら楽器店へ一直線。とあるお店で大学の軽音サークルの同期と後輩に
立て続けに遭遇してビックリした事もあったっけ。
21世紀に入って突然関さんに夢中になってからは、アキバは"関さん御出演作品を
収集する街"
に変わり、2003年位まではリバティー巡りをして中古CDやビデオを
買いまくっていました。(^^;
大方の作品を収集出来てからは、次第に足が遠のき・・・
前に駅を降りたのが何年前だったか、実は覚えていません。少なくともUDXビルは
完成していませんでした。

そのUDXビルの中にある東京アニメセンターから発信されている番組
『東京アニメセンターRADIOw』
宮田幸季さんと加藤英美里さんがパーソナリティーをしていた頃("w"が付いて
いなかった頃)は毎週聴いていました。
それまで、私にとっては"宮田さんと言えば、繊細な少年役"というイメージが
強かったのですが、この番組でソレが良い意味で覆される事に。
宮田さんが、昭和のギャグが大好きで実年齢よりオヤジなヒトである事が
よぉ〜く分かりました。そして、なぜか好感度は下がらず上がりました!(^^;

ゲストに関さん呼んでくれないかなぁ〜と当時は思っていたのですが、
数年経って満を持しての御登場!
パーソナリティーも変わって、放送もラジオ(文化放送)からネット配信に
変わっていたのですね。全然知りませんでした(汗)。

公開収録は21日火曜の夕方から行われるとの事で、整理券が11時〜16時に
配布されました。この週は運良く火曜日が仕事休みだったので、整理券配布
開始時間には間に合いませんでしたが割と早目に整理券を受け取りに行きました。
久々のアキバ。ウロウロしようかなと思ったのですが、小雨の降る中
歩き回るのが面倒になり、まったり昼ゴハンを。その後アキバに来られた
Iさんと合流しお茶しました。

抽選開始時間少し前にUDXビルに戻ると、「あっ!(笑)」「あっ!(笑)」
お馴染みの関さんファンの皆様、ほぼ勢揃い状態。(^^)
みんなで「○時に来て○番です」と整理番号を見せあい、「う〜む、意外と
人少ない?」とかヤンヤヤンヤ。
抽選時にスタッフさんが今日来た人数を発表していました。80数人だったそうです。
学生さんは夏休みだけど、社会人にとっては思いっきり平日。行きたくても
来れなかった人が多かったんだろうなぁ。

16時半に抽選が行われ、スタッフさんが引いた番号順に10人単位
(0番台が0〜9番、10番台が10〜19番・・・1番じゃなくて0番から番号がふられて
いたようです)で入場。ちなみに、今回は20番台の人達が一番最初に呼ばれました。
座って観覧できるのは6組(60人)までで、抽選で番号が読まれなかった人達は
整理番号の若い順に立ち見となりました。

「よかった!立ち見にならずに済んだ」と思いながら観覧スペースに入ると・・・
椅子がない!
じ、地べたですか???
そうとは知らず、スカートをはいて来ていた私。戸惑っていると、隣の女の子が
「これ使いますか?」と布カバンを差し出してくれました!(*^^*)
ここ数日人間不信で落ち込んでいた私にとって、心に沁みる"人の優しさ"でした。
お姉さんは涙が出るほど嬉しかったよ・・・(T_T)
「大丈夫」とお礼を言うと「関さんファンですか?」と聞かれ、
その可愛い学生さんと色々話をしながら公録開始を待ちました。

17時になり、パーソナリティーの羽多野さんと成田さんが登場。
羽多野さん、この日はチョッキ着ていませんでした(爆)。
人が多い!とビックリされている御二人。そうか、これで多いのかぁ(笑)。
普段(ゲストが来られない回)は立ち見が出ない程度なのかな?

「公録初参加の人は?」という質問に、自分を含め挙手するお客さん多数。
番組名コール時のお約束(パーソナリティーが「東京アニメセンターラジオ」と
言ったら、続けて全員で「ダブリュー」と言って、指でWを形作って突き出す)の
説明を受け、いよいよ公録がスタート!

開始後まもなく関さん、参上!
この日はメガネ着用。胸にワッペンらしきモノが付いた黒いポロシャツを
御召しでした。(公録終了して、座る場所が離れていた皆さんと集合した時、
真っ先に「胸に付いていたのワッペン?」という話題でもちきりになったのが、
何だか面白かったです^^)

公録の模様は25日から東京アニメセンターRADIOwの番組HPでネット配信されて
いますので、詳しく知りたい方はソチラをお聴き下さい。バックナンバーは5回分
残されるようなので、あと1ヶ月はいつでも聴ける状態だと思います。

見よう見真似で手で"W"を形作って「ダブリュー!」
・・・なんでそんなに可愛いんですか!関さん!
時には、とても男前な御声で「ダブリュー」
・・・なんでそんなにイイ声なんですか(笑)。

座って観覧しているお客さんが地べた座りという事に気付かれ、
「ジベタリアン?」と驚かれる関さん。みんな大変だからトークとっとと
澄ませて帰らないと、とかおっしゃられていましたが、帰らないで下さ〜い!(^^;

関さんがゲストに来られた目的は、予想通り8月に開催される81プロデュース
企画公演Vol.3『The ROUDOKU〜大人が楽しむ絵本〜』
の宣伝でした。
公録開始前、お客さん達にチラシが配布されておりまして、そのチラシには
朗読する絵本についてのネタバレが!その中には、3月に杉田劇場で行われた
読み聞かせ&コンサートで朗読された絵本もありました。あの時の感動をまた
味わえると思うと嬉しいです。
そして、公録中に関さんからも朗読する絵本についての説明が。
えっ、そこまで物語の内容ネタバレしちゃうんですか?(汗)と思いましたが、
関さんの熱のこもった宣伝を聞いて、公演がますます楽しみになりました。

宣伝以外では、リスナーからのお便りでトークが展開。
関さんのパーソナリティーの御二人の第一印象とか、一緒にお仕事をした時の
エピソードとか。大先輩を前にした羽多野さんのビビりぶりが面白かったです。
関さんと成田さんは、つい数週間前に収録した外画吹替のお仕事が初顔合わせ
だったんだそうです。サンタの映画???
どんな映画なのか、そしてテレビ放送なのかDVD発売なのか、気になります〜。

「かき氷で好きな味は?」というリスナーからの質問に「練乳」と関さん。
羽多野さんも成田さんも練乳がお好きとの事で、「練乳トリオだ!」と喜び、
手でWマーク作って「練乳ー!」とはしゃぐ関さんに萌え。
そんな訳で、エンディングでのタイトルコールは「ダブリュー!」から
「れんにゅー!」に変わりました(笑)。

関さんが収録に参加されたのは約30分。その後は羽多野さんと成田さんと
ディレクターさん(?)の3人でマッタリと進行。常連リスナーさんからのお便りを
読んだり、やや内輪的なネタで盛り上がったり。話に退屈する事はなかったのですが、
1時間を過ぎた位でジベタリアンの状態でいるのがしんどくなって来ました。(^^;

鬱々とした日が続いていた中、この日は一筋の光が射したような気持ちに
なりました。楽しい1日でした!
この日お会いした皆様、ありがとうございました。来月新橋でお会いしましょう!
(って書くと、まるで「会社帰りに1杯行きましょう!」みたい^^;)


第16回東京アニメセンターRADIOw 公開録音
 2009年7月21日(火) 17:00〜 東京アニメセンター
パーソナリティー:羽多野渉、成田紗矢香
ゲスト:関俊彦 (以上、敬称略)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
東京アニメセンターRADIO練乳〜もといw 白鯨な日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる