白鯨な日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 潮干狩り 〜キズナ〜

<<   作成日時 : 2009/04/14 01:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

下馬二五七さんが8日、胃ガンのためお亡くなりになったそうです。
先月まで舞台に出演されていた下馬さん。俳優人生を全うされた・・・と言いきるには
64歳の生涯は短過ぎます!まだまだ活躍していただきたかったのに。
心から御冥福をお祈り致します。
下馬さんと言えば、2003年のドラマティック・カンパニー公演「仇討」
関さん演じる孝之進の父、神右衛門役として客演されていた事を思い出します。

父親がガンで来年の桜は見れないかもしれないという事を知らされたのは、
このお芝居を観劇する数日前の事でした。
ショックで何も手につかない状態が続き、それでも観劇当日は何とか劇場に
足を向け・・・でも「仇討」を御覧になった方ならお分かりいただけると思いますが、
幕が上がったらあんな内容でしょう?(^^;
精神状態が不安定でない時に観たとしても号泣したと思いますが、
神右衛門さんが父とダブってしまい、どうしようもない気持ちになって
涙が止まらなくなって・・・

あれから5年。抗がん剤治療で入退院を繰り返し、厳しい状況に変わりは
ないのですが、父は今年も桜を見る事が出来ました。
闘病生活の辛さのせいか、時々母に理不尽に当たり散らす事もあるようですが、
体調に問題の無さそうな時期は、二人で旅行に出掛けたりしています。
孫も1人増え、赤ちゃんの日々の成長を見守るのが楽しそうです。
そして、年に数回フラッと帰って来る下の娘にちょっとした不幸が起きた事は
知らずにいます。心配掛ける事必至なので、真実は絶対話せません。
どっちにせよ親不幸だよなぁ〜。本当にごめんなさい!

久し振りにシリアスな話を書きました(苦笑)。
関さんやスクェアファミリーの事ばっかり考えていると思わせて、
プライベートでは色々あるのですよ・・・
でも、今電王関連と某バンドの再始動の事で頭が一杯なのは確かです。(^^;
この間の「ルビーにくちづけ」で関さんがノドをやられた!とおっしゃっていたのは
GWに開催される超・電王のイベントのスペシャルショーに関するお仕事が原因?
このイベントについては色々ツッコミ入れたい所なんですが、今回はやめておきます。

今年もルビーで関さんの「潮干狩り行かなきゃ」発言がありましたが、
家族で潮干狩りっていいなぁ〜。関一家、微笑ましいなぁ〜。(*^^*)
今春高校を卒業された上の娘さん、そろそろ家族行事を鬱陶しく思う年頃なのでは?
と余計な心配をしてしまう私です(爆)。
私も小さい頃は夏になると両親と姉と南房総の方へ(当時は千葉の市原市に住んで
いました)泊まりで海水浴に行ったっけ。思い返せば、その旅行と盆&正月&GWの
祖父母宅への帰省が、我が家の家族行事だったような気がします。

あと、潮干狩りには大変悲しい思い出があるのです。
それでは、昔話のはじまりはじまり〜。

○ちゃんは小学校に入ったばかりの女の子。遠足で潮干狩りに行きました。
夕方、うな垂れた様子で玄関の前に立っている○ちゃん。
たくさんの貝を持って帰って来るのを待っていたお母さんに、おずおずと
袋を差し出しました。その中に入っていたのは・・・

アサリが5個。

「あらあら」と笑うお母さん。真っ赤になってうつむく○ちゃん。
「砂抜きしてアサリの味噌汁を作ろうね。
5個だから、お父さん、お母さん、お姉ちゃんには1個、
頑張った○ちゃんには特別に2個!」
でも、○ちゃんの味噌汁のお椀の中に入ったアサリは1個だけでした。
え?なぜかって?それはね・・・

1個には身が入っておらず、泥が詰まっていて食べられなかったからです。

お父さんお母さんお姉ちゃんは、ニコニコ笑いながら味噌汁をすすりました。
○ちゃんも、泣きベソをかきながらみんなとお揃いの数のアサリを食べました。


・・・どうです?イイ話でしょう!?(笑)ちょっと脚色していますが、実話です。
場所は、木更津の海岸だったでしょうか。
当時は家族に笑われ恥ずかしくて仕方なく、自分はダメな子だと物凄く
傷付いていたのですが、今振り返ってみると・・・
「これって、幸せな家族の1シーンだよなぁ〜」としみじみ思います。
離れてみて家族のありがたさが身にしみる、今日この頃。

下馬さんの訃報から「仇討」、父の事、潮干狩りと・・・色々思いを巡らせた訳ですが、
さて、この記事のタイトル、何て付けよう?(^^;
悩んだ結果、昨年のルビーで放送されたドラマの1本にちなんで付けてみました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
とくぅ〜さん、こんばんは。
潮干狩りかぁ、思わず私も子供時代を・・・(しみじみ)
うちも色々ありましたが、今では面白い経験をさせてもらったと妹と笑い話になってます。
あれやこれやがあって今の私らがいて、で、その先にきっといい感じで歳くった私らがいる(はず)。

はいっ、そんなあれやこれやな中1の頃、たまたまつけたテレビ番組から聞こえる声に『!!』と衝撃を受けました。
JJという男の子の声がきっかけで、それからは人が持つ『特徴』を掴むのがちょっと得意になりました。関さん、ありがとうです(ペコッ)。
仕事の一部で接客もあり活かされてるって思ってます、あの時テレビつけて良かった〜。

数年前のドラムの青年だと分かったのもコレです♪
あ〜500字の恐怖がそろそろですっ。
また書きますね。
パオ子
2009/04/16 00:38
こんばんは!
パオ子さんは人の特徴を掴むのが得意だそうで、それは
素晴らしい才能だと思います!
それにしても、野音の坂東君=4年以上前にテレビでご覧になった
ドラム青年と判別されたその能力を開花させるキッカケが、
JJ@関さんだったとは!

前回初めていただいたコメントを拝見して、スクェアに興味を
持ちウチのブログに来て下さった方と認識しておりましたが、
なんと関さんの事もご存知で?しかもJJを演じておられた頃から?
私はファン歴まだ8年ほどなので、関さんが若手として活躍されて
いた時期をリアルタイムに見て来られた方々が羨ましいです。
ちなみに「ジリオン」がテレビ放送されていた頃、私も10代(笑)。
スクェアに夢中になっていました。

私は、ラジオでスクェアを聴いてたちまち虜になったのですが、
ふとつけたテレビやラジオで運命的な出会いをする事って、
本当に不思議で素敵!この出会いの瞬間をいつまでも大切に
覚えていたい!と、しみじみ思います。
とくぅ〜@管理人
2009/04/16 22:30
とくぅ〜さん、こんばんは。
またまたお邪魔いたします〜。

そうそう『ジリオン』(懐かしっ)、絵を描くのも好きだったのでよくJJのイラスト描いてましたなぁ。水彩画で。フッ。
後日関さんがご結婚され、相手は水谷さんじゃないことに(勝手に)ショックを受けていた記憶が(笑)。

話は変わりますが、アテクシ、古典的な顔と申しますかいわゆる平安顔でね。
自分にはない『ぱっちりお目め』&『通った鼻筋』には異常なほど敏感なんです(笑)。
BSのライブ映像中、坂東さんそしてその向こう側に則武さんの2ショットの時に『あれ?このとおった粋な筋は・・・』って思い出したのです。
髪型はもちろん雰囲気も随分こう、イケテル感じになってて遠目からは最初気づきませんでしたけど。
バチさばきも凄いですね、目がついていかんわあれは。おっと名古屋弁。

この歳になっても今まで聞いてたのとは違うジャンルの音楽に興味をもてたってことが嬉しいです。
まだまだ勉強の身なんで語り合うとか大それたことは出来ませんがどうぞ宜しくお願いします♪



パオ子
2009/04/20 00:57
こんばんは!
パオ子さんは当時、関さんと水谷さんがお似合いだと考えて
おられたのですね!(笑)
私がファンになった頃は、既に2人の娘さんのパパだった関さん。
ちなみに関さんが既婚者だと知った時は特に何とも思いません
でした(爆)。
そういえば、スクェアファンになりたての10代の小娘だった頃、
安藤さんが新婚ホヤホヤだと知って大ショックを受けた事が
ありました。(^^;

私は割と濃い顔なので、涼しげなルックスの人に憧れます。
ヒトは自分にないモノを求めてしまうんですよね・・・(笑)
坂東君、「タモリ倶楽部」出演時は素朴な雰囲気を醸し出して
いたのに、すっかりカッコイイ系に。そしてドラムの技術も
メキメキ上昇。イケてます!・・・MCはイケてないんですが(爆)。
そのギャップに萌えるファンは多いと思われます。

私も、若い頃は自分がゲームや声優さんにハマるなんて夢にも
思っていませんでした。年齢を重ねた今、未知のジャンルに
興味を持って世界が広がるのって、本当に素敵な事ですよね。
こちらこそ、これからもどうぞよろしくお願い致します!(^^)
とくぅ〜@管理人
2009/04/20 22:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
潮干狩り 〜キズナ〜 白鯨な日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる