白鯨な日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 花粉に負けないくらい飛び回る日々(苦笑)

<<   作成日時 : 2009/03/19 23:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

ただでさえ花粉が悪魔のように舞い踊る時期だというのに、
ライブ6公演&イベント4公演を予定にブチ込んだ3月。
どうだっ!参ったか花粉!
・・・何を書いているのか訳がわからなくなりました。(^^;
それでは、溜まっていたレポを3本まとめてお送りします。

                              

1月に行う予定が少し延びて春になっちゃいましたが、
場所も池袋から調布に変わり個人的に「ひいぃぃ〜」だったのですが
(2週間に1回のペースでginzに行くのは結構キツイ!)、
アクセルブラス4回目のライブは、「マサマコ」「ナカマサ」(←作曲者名が
そのままタイトルに)といったオリジナル曲やブレッカーブラザーズの
「ストラップ・ハンギン」などノリノリの演奏が聴けて、とても楽しい時間を
過ごせました。(^^)

フロントの3管トリオの皆さん(本間さん、中野さん、五十嵐さん)は、
前回と同じ衣装。
テレビ収録用に3人連れ立って買いに行ったというシャツを御召しでした。
前回のライブと比べて、おしゃべりは控え目。
後ろの人達は、告知タイムの時しかしゃべらなかったような気が。
上條さんが25日に本間さんとライブをやりますと告知した後に、坂東君が
同じ日にginzで晋吾さん&雄大君とBBのライブやりますと告知(笑)。
見事にカブりましたが、この日来ていたお客さん達はどっちに行くんでしょうか?

本間さんがメインMCなのは変わらず。
「○○の人〜?」と質問して、誰も手を挙げていないのに「結構いるね」と
話を勝手に進めるというパターンを何回も繰り返しておられました。(^^;
あ、でも「花粉症の人?」にはお客さん素直に手挙げてたっけ。(自分も)
本間さんがお住まいの地域は、車が黄色くなるくらい花粉が飛びまくって
いるそうです。その話を聞いただけで目鼻ノドがムズムズして来ました!

2ndステージをさあ始めようという所で、とある人物が来店。
その人を見て固まるフロント陣。(サプライズ来店ではなかったそうですが、
どうも来られる時間が予定より早かったらしいです)
その人とは、日本を代表するトロンボーン奏者で、SOLOD BRASSでも
お馴染みの・・・

村田陽一さんです!

村田さんが飛び入りで五十嵐さんのオリジナル曲の演奏に加わり、四管編成に!
五十嵐さんが「今までで一番楽しい」「夢って叶うんですね!」と物凄く
喜んでおられました。村田さんと一緒に演奏している姿をお客さんにカメラで
撮ってくれるようお願いしたり。

次回のライブは夏との事。
ブログは閉鎖するそうです(笑)。誰も更新しないアクセルブラスのブログ。
本間さんなんて、ログインの仕方がわからなくなってしまったらしいし。


アクセルブラス Vol.4
  2009年3月11日(水)  調布 Ginz
<メンバー(敬称略)>
本間将人(サックス)、五十嵐誠(トロンボーン)、中野勇介(トランペット)、
佐藤雄大(キーボード)、上條しょう(ギター)、田中晋吾(ベース)、坂東慧(ドラムス)
飛び入りゲスト:村田陽一(トロンボーン)


                              

調布に行った翌日、渋谷に。
NHKふれあいホールに行くのは『彩雲国物語』のイベント以来1年8ヶ月ぶり。
セッション公録参加はあんみつ以来、実に2年ぶりです。
公録の収録は505スタジオでは行われなくなったようで、毎週木曜の晩に
ふれあいホールで行われている模様。

あんみつの時以上におじいちゃんおばあちゃんだらけの客層にビックリ!
入場を待っている間「こんなん当たった」と、別の番組の公録入場整理券を
見せ合うおじいちゃん達。ジャンルを問わずNHKの公開録音を観覧するのが
趣味という人達が、この年代には多いようです。
メンバー紹介でバカボン鈴木さんのお名前が出た時に笑いが起こったり、
「久米さんは久米明さんの息子さん」と司会の小川もこさんがお話すると
驚きの声があちこちで・・・
そういった様子を見るからに、この日の出演者について御存知でないお客さんが
大多数だったようで、う〜ん、本当に観に行きたいと思っているファンの人達が
抽選に落ちていたら気の毒だなぁ・・・と思いました。

この日出演されたのは、久米大作さん率いるその名も久米大作オーケストラ
前に"大ちゃん"を拝見したのはスクェア20周年野音の時だから・・・約10年半ぶり!
袖の部分に音符の模様が入った白いシャツを御召しで、もこさんに
「白い貴公子」と呼ばれていました(笑)。
スタンウェイピアノとローズエレピを華麗に操る白い貴公子、素敵です。

ドラムは則竹さん。
2月27日、3月3日、そしてこの日と、実は何気に則竹さん祭開催中だった訳で。(^^;
そして、ギターは和田アキラさん
大学時代のバンド仲間が和田さんの大ファンで、ライブを観に行って
着ているシャツにサインしてもらったと自慢していたっけ。
当時私は大きなホールで行われるコンサートにしか行った事がなかったので、
ミュージシャンから直にサインもらえるなんて凄いなぁと思っていました。
ちなみに、その後彼は軽音サークル内で「和田アキ子のサインを宝物に
しているらしい」
という誤解を受ける事に(笑)。

アルバム『〜SOMEONE LOVES YOU〜』収録曲、そしてジミ・ヘンドリックスや
ビートルズのカバー曲が演奏されました。
どの曲か忘れてしまったのですが、イントロ〜Aメロのギターのリフ&コード進行が
スクェアの「Chou Chow」を彷彿とさせるアレンジでウキウキ!(^^)

アンコール曲の演奏終了後、もこさんが登場。
「私達には嬉しいお知らせ、演奏の皆さんには残念なお知らせ。」と事情を説明。
公録の中盤、ビートルズのカバー「Blackbird」の演奏時、バリバリッという
大きな音が出てちょっと心配していたのですが、やはりそのノイズ(静電気が犯人
だそうです)が放送に差し障りがあるレベルで収録されてしまったそうで、
この曲だけ収録し直す事に。
セッションの公録って、録り直し可能なのかぁ!
ホール使用時間の都合もあるから・・・1、2曲だったら事故ってもOKなのかな?
それだったら公録出演しませんか?ねぇ、公録嫌いの和泉さん!?(爆)
和泉さんには是非ピアノトリオで出ていただきたいと思う今日この頃。

公録の模様は4月12日(日)22時〜22時55分にNHK-FMで放送されます
(再放送は4月17日(金)10時〜10時55分)


The SESSION 2009 久米大作オーケストラ 
  3月12日(木) 19:00〜 NHKみんなの広場 ふれあいホール
<メンバー(敬称略)>
久米大作(ピアノ)、和田アキラ(ギター)、バカボン鈴木(ベース)、
則竹裕之(ドラムス)、スティーブ・サックス(サックス)、
高良久美子(パーカッション)、水谷真季(トランペット)、
川上鉄平(トランペット)、東條あずさ(トロンボーン)、
佐藤桃(チューバ)、会田智穂(ユーフォニアム)


                              

そして、週明けの16日。
私には「生の歌声を聴きたい!」と想い続けていた歌手が海外に3人いたのですが、
念願叶ってその中の1人の歌を聴く事が出来ました。
地球の裏側からイヴァン・リンスが日本に来てくれました〜!
そんな訳で、ブルーノート東京デビューから1ヶ月も経たないうちに再び
南青山に私、参上!
21日(土)まで行われるイヴァン・リンス公演初日の1stステージを観ました。

この日は静かに喜びと感動を噛み締める心構えをしていました。
イヴァンが登場して歌い始めた途端、涙腺が緩んで・・・
・・・というシナリオを頭に浮かべていたのですが、思わぬ結果に。
近くの超ノリノリのお嬢さんの存在に面食らってしまったのです。
激しく体を揺らし、ベースを弾く真似、ドラムをたたく真似・・・
ステージ上のイヴァンを見ようとすると、激しく動く彼女の姿が視界に入り
正直物凄く気が散りました。どうにもこうにも落ち着かず・・・
苦虫を噛み潰したような表情になって行くのが自分でもわかりました。
こんなつもりじゃなかったのに。
ホント、些細な事。こんな事でテンションが落ちる自分がホトホト嫌になりました。
人に聞いたら、きっと十中八九彼女に非はなくお前が神経質過ぎると
言われてしまうんだろうなぁ(苦笑)。

ミュージシャン側から見たら、ノリノリのお客さんがいると嬉しいだろうとは
思います。実際、ベーシストは彼女を見てニコニコしていたし。
でも!でもね、楽しみで仕方なかった初めてのイヴァンのライブ、
せめて最初の曲だけは感激状態に浸らせてほしかったのです。
誰にも邪魔されたくなかったのです。
私だけのためのライブじゃない事は十分承知しています。ワガママですよね・・・
愚痴ってしまってすみません。でもあと一言だけ。
座る席の選択を誤りました。和泉さんのお言葉を借りるならば・・・巻き戻したい!

ライブ中盤辺りでなんとか心のザワツキを沈め、ライブを楽しもうという
前向きな気持ちに。
曲によってはイヴァンが一緒に歌うよう促したり、和気藹々とした雰囲気が漂います。
タンバリンよりちっちゃいサイズのミニ太鼓を叩いたり、
トランペットの音を真似てサックス奏者と掛け合いをしたり、
ラップ調で歌い出したり・・・楽しそうなイヴァン。
そうだよ、つまらないコダワリで気分を害してる場合じゃないよ。楽しまなくちゃ!
「Começar De Novo」の演奏中、自然に涙がこぼれて来ました。
遅ればせながら、イヴァンの歌を聴けた幸せを噛みしめたのでした。(T_T)

MCはポルトガル語ではなく英語でした。そう言えば、私が生まれて初めて人前で
発表、というか挨拶をしたのは幼稚園の頃。
仏教徒なのになぜかカトリック系の幼稚園に通っていまして、外国からシスターが
来日した際、園児代表で歓迎の挨拶をしました。
当時私は先生に大丈夫かと心配されるほど物静かな子どもだったらしく、
「こういう子こそ人前に立たせた方がいい!」と白羽の矢を立てられてしまったのだと
思います。カタカナで書かれたポルトガル語の挨拶文を渡され、本番の日が来るまで
毎晩母から猛特訓を受け、泣きじゃくっていました。
お陰様で今もその挨拶は一句一句覚えています。意味は忘れてしまいましたが(笑)。

・・・すいません、話が脱線しました。
アンコールでは、ミニ太鼓を叩きながらイヴァンがステージに戻って来ました。
「今宵楽しく」か「Velas」来いっ!と念じたのですが、残念ながら違う曲。
でも、どの曲でもイヴァン節は堪能出来ます。素敵な時間をありがとう!

翌日ブルーノート東京HPにUPされたセットリストを見て崩れ落ちた私。
2ndでは「Velas」をやっていた・・・ 
ライブ後半は1stと演奏曲が全然違っていました。しかも2ndの方が1曲多い!
先月の本田さん&ボブ・ジェームスのライブと同じパターンじゃないですか(泣)。
席を選ぶ所からでなく、予約を取る所から巻き戻したい気分になりました。
次回ブルーノートに行く事があれば、1stではなく2ndにしよう!と
心に決めたのでした。


IVAN LINS
  3月16日(月) 1st Show 19:00〜  Blue Note TOKYO
<メンバー(敬称略)>
イヴァン・リンス(ヴォーカル、キーボード)、マルコ・ブリット(キーボード)、
マルセロ・マーティンズ(サックス)、ネイマ・アントゥンス(ベース)、
テオ・リーマ(ドラムス)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんわ(^^)
アクセルブラス、見に行きたいです♪
ブログの中に本間さんの名前が出てきたので「おぉー!!」と思いました。
こないだ買った雑誌に載っていたので。
あとラジオ、ちゃんと忘れずに聞きたいと思います。
Amny
2009/03/20 22:32
Amnyさん、こんばんは!
本間さん「サックス&ブラスマガジン」に載ったそうですね。
「セッション2009」の放送、ここで宣伝しておいて
肝心の自分が当日うっかり忘れてしまいそうです(笑)。
とくぅ〜@管理人
2009/03/21 00:02
とくぅ〜さん、お久しぶりです。
花粉のように(笑)飛び回ってますね。ライブ三昧、羨ましいです。今月は、ドタバタと残業の毎日でヘトヘトです。
4日のHey-JOEの「おなか先生」じゃなかった、豊雪さん出演の講師セッションは何とか行けましたが。今回もまた、グラス片手に登場しましたが、「お水」だと言い張っていました(笑)
4月の「ひろみつ」も行きたいとは思いますが。

HIRO-WAN
2009/03/23 20:18
HIRO-WANさん、こんばんは!
今月はライブだけでなく声優さんイベントも沢山あって
嬉しい悲鳴。休日は秘かにブッ倒れていたりします。

HIRO-WANさんは、私と1日違いでHey-JOEに行かれていたのですね。
3日にKORENOSのライブでHey-JOEに行った時、その場で4月の
ひろみつライブの予約を入れてしまいました!(早っ^^;)
それにしても・・・おなか先生の健康状態が心配です(笑)。
とくぅ〜@管理人
2009/03/23 21:57

コメントする help

ニックネーム
本 文
花粉に負けないくらい飛び回る日々(苦笑) 白鯨な日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる