白鯨な日々

アクセスカウンタ

zoom RSS さよなら初代0系新幹線

<<   作成日時 : 2008/12/09 22:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

私の場合「池袋へお芝居を観に行く」と言えば専ら東京芸術劇場。そして必ず
キャストの中に「関俊彦さん」のお名前がありました。
しかし、今回行った劇場は西口方面ではなく東口を出て少し歩いた場所にあり、
そこでは関さんは出演されません。それどころか私の知っている俳優さんは
一人もいません。
偶然目にした新聞記事で0系新幹線が主人公のお芝居が上演されると知り、
可愛い顔の新幹線限定鉄子の血が騒いだのです。これは観なければ!と。

画像
乙女ロードを横目に歩き(笑)、サンシャインシティ(ここもスクェアと同じ
30周年なんですね!)も横切り、目的地のライズアリーナビルに到着。
日立系の会社のオフィスと図書館と劇場が入っているという面白いビルでした。
「あうるすぽっと」という名の劇場のある2階へ上がり、入場すると
いきなり新幹線の鉄道模型ジオラマが!   
他にもテレビゲーム(鉄道シミュレーター)の映像を流したものとか
0系のパネルが展示されていました。
画像
フュージョン系キーボーディストの端くれとして
ツッコミ入れずにいられなかったのがコレ!   
向谷実さんからお花が届いていました。(^^;
(他にマイク真木さんや白井晃さんからのお花も。)
カシオペアが活動休止する前から、鉄道関係の活動(音楽絡みの正統派な
お仕事もあれば「タモリ倶楽部」のようなバラエティ番組でテツっぷりを
披露されたり)が目立っていた向谷さんですが、最近では2日に
鉄道博物館でライブをされたそうですね!何と我らがスクェアファミリーの
宮崎隆睦さんも参加されていたとか。
ライブは来年J-WAVEで放送されるそうなので、雑音と闘いながらチェック
しようと思います。
画像
客席へ続く階段の少し手前の場所を改札口に見立て(下手側が1番のりば
〜11番のりば、上手側が12番のりば〜22番のりばという凝りよう^^)、 
駅員さんの格好をしたお姉さんが乗車券・・・じゃなくてチケット拝見〜。

開演前に記念撮影大会があるそうで「?」と思っていたら、
バスのかぶりモノを被った劇団員さん達が出て来てビックリ!
この西鉄バス軍団、客席を駆け回りお客さん達と楽しく写真撮影。
戸惑いながらケータイを手にしている私に気付いた西鉄バスの御一人が
「撮って撮って〜!」と笑顔でピースサインして下さいました。
さらに別の西鉄バスさんがツーショット撮りましょう!と寄って来て下さったり。
独りで、しかも明らかに初めて観に来たっぽい様子の私にも西鉄バス軍団の
皆さんは優しく声をかけて下さって・・・嬉しかったです。(*^^*)
あと、スタッフさんが昔懐かし駅弁売りのような感じでパンフレットを売りに
客席を回られていたのも面白かったです。

今回東京で"地方公演"を行うギンギラ太陽'sは、乗り物や建物をかぶりモノで
演じ、地元福岡で大人気の劇団なんだそうです。人間が全く登場しないらしい。
擬人化した0系・・・想像しただけでもワクワクして来ます。(^^)
開幕時にビュワ〜ン、ビュワ〜ン、は・し・る〜 と「走れ超特急」
流れただけで、涙腺が緩んでしまいました。
あ、でも私この曲リアルタイムには聴いていないので、懐かしいとかの涙じゃ
ないですよ(汗)。私まだ30代ですから!新幹線開業時には生まれてませんから!
年齢詐称してませんから!と言い訳。(^^;

夢の超特急として皆の羨望の的だった新幹線0系も、次々と新型が誕生した今では
各駅停車こだま号として博多〜新大阪をたまに走らされるだけという酷い扱い。
0系がおじいちゃんキャラで、いきなりツボにハマりました!
活躍の場がなくて博多総合車両所でやさぐれる0系のおじいちゃん達(笑)。
あちこちガタがきているようで、黄色先生に診てもらっています。
おじいちゃん達が口々に言うこの「黄色先生」という呼び名がまたツボで・・・(^^)
初代ドクターイエローは悲しい末路を迎えるんですよね。0系と基本同じだから
500系や700系のように早く走れず、お役御免に。お芝居ではその辺りの哀愁を
描いてくれていたものだから、号泣してしまいました。

そして、ついに現役引退を聞かされた0系達は、ある「想い」を胸に東京駅を目指し
走り始めました!それを阻止しようとする500系、レールスター、新東京駅・・・
こいつらホントに憎らしく思いましたよ。(^^;
でも、どっしり構えた旧東京駅をはじめ、0系の味方は沢山いたのです!
山陽路では懐かしの乗り物が!新大阪ではあの塔が!夢の中ではあの乗り物達が!
品川ではかつてのライバルが!そして最後は・・・えええ!?
ラストの粋な計らいにはホロリ。

主宰の大塚さんによると、このお話を書き始めた当初は恨み事タップリの0系が
大暴れする内容になりそうだったのが、0系の取材をして行くうちに考える所が
あって、0系が技術や想いをタスキに渡して胸を張って引退していく話に
変わったんだそうです。
0系への愛、尊敬、そして感謝が詰まった、とっても素敵なお話でした!

公演の途中で「女ビルの一生」という別の物語が挿入されていたのですが、
こちらにも感動しました!
擬人化された建物しか出て来ないというのも、初めてこの劇団のお芝居を
観た私にとっては驚きでしたが、何かこう・・・女(←ビルだけど^^;)の生き様を
見せつけられたというか。玉屋さ〜ん!(T_T)
地元の人間でない私ですが、博多、天神の商業地域の歴史や個々の店の事が
お芝居を通じてよく分かりました。
画像
そうそう!劇場にはこんな顔ハメ看板もあったんですよ〜。   
お友達連れで来ていたお客さん達が楽しく撮りっこしておられました。
この日は独り客だった私。見知らぬ誰かに撮影をお願いするのは
恥ずかしかったので断念しました。(^^;

最後に、私と新幹線のエピソードを。
両親の実家が浜松で、私が小学校低学年の頃に父が車を購入するまでは
新幹線で里帰りしていました。0系しか走っていなかった時代。
私にとっては「新幹線=0系」だったのです。
まあるいお目目にまあるいお鼻・・・その愛らしい顔にメロメロでした。
父方の祖母の家からは新幹線が走るのが見えたんですね。これが絶妙な距離で、
凄くいい感じで見えたんです。おばあちゃんの家に行く度、0系が東へ西へ走るのを
飽きもせず眺めてたっけなぁ・・・

どういう経緯で見学させてもらえたのかが謎なのですが、昔浜松の工場で
デビュー前の100系を見て大ショックを受けた事があります。
工場のおじさんに「これが新しく走る新幹線だよ」と教えてもらってガ〜ン!
何!?この細目。0系の顔と比べて何と可愛くない事!(爆)
やだやだ〜!と泣きそうになった記憶があります。でも300系が出てからは、
100系の顔も味があって可愛いなと思い始めましたよ。

1999年に0系が東海道から引退した時は、東京駅にこそ行かなかったものの
夕方&夜のニュース番組をハシゴしてテレビの前で涙を流しておりました。
そして先月末、ついに山陽新幹線でも0系の定期営業運転が終了・・・(T_T)
先月中旬に実家(関西)に帰った際、新大阪駅で0系最後の雄姿をこの目に
焼き付けようと思っていました。色々予定が詰まっていたので、新大阪に
行けるのは日曜の7時47分、59分のみ。しかし、週末は0系発着ホームに
別れを惜しむファンが大量に押し寄せているという情報を耳にし、断念する事に。
もみくちゃにされて怪我でもしたら、その日の昼にある大事なお芝居に
行けなくなってしまう!と思ったので。さらに体調もすぐれなかったので。

11月30日は夜まで仕事なので、新聞欄をチェックして確実に0系の話題を
挙げてくれるニュース番組をタイマー録画設定して行きました。
「NHKニュース7」が0系引退を結構大きく取り上げてくれて、感激しました!
映画「新幹線大爆破」の映像が織り込まれていてビックリ。今の御時世、地上波では
この映画絶対放送出来ないだろうと思っていたのに、NHKで流れちゃったよ・・・(^^;

今月14日新大阪〜博多の臨時運行「さよなら運転」をもって、0系は完全引退します。
最後は「ひかり号」として走れて本当によかったね!(^^)
皆の夢と希望を乗せて走り続けた44年。お疲れ様でした!ありがとう!!


 ギンギラ太陽's
BORN TO RUN さよなら初代0系新幹線〜引退記念スペシャルバージョン〜
 2008年11月28日(金)〜12月7日(日)
 豊島区立舞台芸術交流センター「あうるすぽっと」

<出演(敬称略)> 大塚ムネト、立石義江、杉山英美、上田裕子、
中村卓二、古賀今日子、中島荘太 、林雄大、吉田淳、石丸明裕、新田玄

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
さよなら初代0系新幹線 白鯨な日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる