白鯨な日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 20年の時を経て・・・

<<   作成日時 : 2008/11/30 22:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

神保彰さんが御自身のHPの日記に「駄洒落を言った人は脳細胞が活性化し、
聞かされた人は脳細胞が死滅する」
説があるそうだと先日書かれていました。
それが本当だとしたら・・・ライブで和泉さんの脳細胞は活性化し、我々客の脳細胞は
どんどん死んでいる訳ですね。(^^;
2週続けて和泉さんのライブに行って来ましたので、御報告を。
今後ライブレポはステージ外の出来事は極力書かないとこの間宣言しましたが、
いきなり約束破り・・・というか、今回は和泉さんのライブなので"例外"という事で。

10月に伊東さんマイケルさん達とアートカフェ・フレンズでのライブに出演された
和泉さん。来月からここでピアノトリオの活動とは別に色々なゲストをお呼びして
マンスリーライブをやって行きたいとおっしゃっていました。
記念すべき第1回目のゲストは、片岡郁雄さん。
お名前聞いた時は「?」で、『AMOSHE』 に参加されていたフルート奏者と聞いて
「あぁ!」と頷いた和泉さんファンは多かったと思います。(私もその一人)

STB助っ人ライブに引き続き、今回も鈴藤さんと御一緒させて頂きました。
ライブ当日。開場時間より若干早目に到着すると、お店の前には鈴藤さんが御一人。
ガラス越しには、店内でリハーサルをしている和泉さん達の御姿が。防音仕様なので
たまにスタッフさんがドアの開け閉めをする時以外は無音。10月に来た時と
似たような情景です(笑)。

(鈴藤さんと話)→「お客さん来ませんねぇ」→(他の話題)→
「ホントに来ませんねぇ(苦笑)」→(他の話題)→「もうすぐ入場なのに・・・(汗)」
もしお客さんの入りが悪かったら、マンスリーライブ続行不可能になるのでは
と凄く心配になりました。(←余計なお世話です^^;)
入場寸前にちょびっと人数が増えました。どうやら、外で立って待っていると
寒いので入場が始まるギリギリまで他の場所で待機していたようです(笑)。

受付でオーナーに予約者名を告げ料金の支払いをしようとすると、
和泉さんが来られて「いらっしゃいませ」とお出迎え。
オーナーが和泉さんに「チケット代いくらだっけ?」と尋ねる一幕も。(^^;
御二人の面白いやり取りに笑いながらも視線は予約者リストに釘付け。
瞬時に人数を足し算している私でした。び、微妙な人数・・・(汗)

入場して間もない頃は席の半分位しかお客さんが埋まっておらず、引き続き
マンスリーライブの今後を心配していたのですが、鈴藤さん、そして相席になった
声優の若本規夫さん似(似ているといっても声じゃなくて顔)の男性と
お食事&お話をしているうちに、気が付けば結構たくさんのお客さんがお店に。
後方を振り返ると、お店を出た所(喫煙スペース?)で和泉さんがお客さんを
お出迎え&談笑されておられるようでした。

開演少し前トイレの帰り、出入り口付近に目を向けると田中晋吾さんの御姿が!
次週、和泉さん&片岡さんと共演予定の晋吾さん。もしかしたら今日
お客さんとして来られるかも・・・と思っていたら、その通りでした。
ちょっとだけ御挨拶。今日は勉強しに来いと和泉さんに言われたんだそうです。
来週の横浜ライブどうしようかな?と思っています(←この時はまだ迷っていた)
と告げて、席に戻りました。

ライブスタート。
「1曲目はピアノソロ」が、ここ最近の和泉さんライブの定番。
ええ、今回もハラハラドキドキしながら聴きましたとも(爆)。
今日は事故起きるのかなぁ〜?と。

MC一発目から和泉さんは我々の脳細胞を破壊して下さいました。(^^;
脳細胞が活性化した和泉さんは片岡さんをお招きし、まずは御二人で2曲披露。
初めて片岡さんを拝見しましたが、2枚目なだけでなく、和泉さんのジョークにも
ちゃんと大笑いして下さるとても優しいオジサマでした。
フルートとソプラノサックスを使い分けて素敵な演奏を披露して下さいました。
何曲か、前に出られて客席のすぐ近くを歩かれてソロを演奏された事も!
突然私の目の前に来られてソプラノを吹かれた時は、驚きのあまり
硬直してしまいました!

そしてベーシスト鈴木健市さんをお呼びして3人揃った所で、ついにあの曲を!
1988年の和泉さんファーストソロアルバム『AMOSHE』から
「Pier7」「Soul Trip」
和泉さんと片岡さん、20年ぶりの共演です!
昨年夏、鳥山さんがゲスト出演されたSTB和泉さんトリオライブで「Pier7」
聴いた時も、御二人がこの曲を演奏するのが88年以来という事で涙が出ましたが、
今回もピアノのイントロで涙腺が緩みました。(早っ!まだフルート入ってないのに^^;)

『AMOSHE』は何気にピラミッド御三方が共演されているアルバムなのです。(^^)
(ギターは全曲鳥山さん、ドラムは神保さん、則竹裕之さん、山木秀夫さんが参加)
88年当時は、和泉さん神保さん鳥山さんが同じ学校で学生時代からの付き合いだとは
知りませんでした。

和泉さんはこのファーストアルバムの仕上がりが不満だったそうで
(ドラムの音が大きすぎるのが難点なんだそうです)、極力聴き直さないように
していたら・・・いつのまにか音源が行方不明に。
今回共演するにあたって片岡さんに尋ねてみた所、片岡さんのお宅にも音源は
ないとの事。(なぜかジャケットだけ残っていたらしい)
その後、鈴木さんがアルバムを購入。(多分2007年にVillage Musicから
再発売されたCDかな?)
御二人は鈴木さんから音源を入手し、めでたしめでたし。(^^;
『AMOSHE』、私は88年の発売日にいそいそと買いに行きました。
今となってはこの初回盤は貴重?これからも大事に持ち続けようと思います。

今回はスクェア時代の曲披露は一切なし。ソロ(トリオ)の曲がメインで、
カバー曲が数曲。(「カバー」の駄洒落が言いたくてしょうがなくなったらしく、
片岡さんに「言っていい?」とお茶目にお伺いを立てる和泉さん。そして
枕とか布団とか聞かされて我々の脳細胞は死滅する一方なのでした^^;)

この曲、ノラ・ジョーンズのバージョンが最も有名でしょうか?
パット・メセニー、あんみつ(安藤さん&みくりやさん)の皆さんも
演奏していますが、今回はケニー・Gバージョンで「Don't Know Why」を。
和泉さんが加齢華麗にピアノを弾き始めます・・・

ポロリポロリ・・・
・・・・・・・・・(シーン)
和泉さん「間違えちゃった!」
客席&片岡さん達(ドッ!)

もし同じセリフを安藤さんがおっしゃったら、確実に萌えていた事でしょう(爆)。
(和泉さんに萌えを感じた事は、ファンになってから20数年一度もありません)
最初からやり直しという事で、和泉さんが恒例のテープ早戻し芸を披露。(^^)

和泉さん名義のライブの恒例行事と言えば、この「ピュルルルピュルルル」と
テープを巻き戻す音を口で出す芸と、CD即売&サイン会ですが、なんとビックリ!
今回は即売会がなかったのです!!
スタッフが他のミュージシャンの地方ライブ参加で出払ってしまい、こちらの
即売要員を確保する事が出来なかったそうで。
そう言えば、中村社長の御姿が見えません。私が和泉さんのライブにマメに
通うようになって数年になりますが、中村さんの御姿を拝見出来なかったのは
初めての事です!
(スクェア30th野音の時でさえ、会場でお会いしたのに)

中村さんは、即売会を取り仕切る他に写真撮影も担当されていましたが、
今回不在という事で、臨時カメラマンとして韓国からシン・ウンゼさん
(和泉さんのHPの2006年韓国ツアーレポートに登場されている方です)が
来られていました。
終盤やたらとカメラのシャッター音がして・・・あれ?でもウンゼさんは座って
聴いているし、おかしいなと思っていました。

私は前方テーブルに座っていてステージの方向をずっと向いていたので
状況がよくわからなかったのですが、後日UPされた和泉さんのブログによると、
シャッター音を響かせていたのは謎の不届き者だったそうです。その不届き者に
便乗する輩や、あと演奏中に一緒に歌っている人(←コレは私の所からも聴こえた!)
がいたり・・・他のお客さんに、そして何よりも和泉さん達演奏者を不快にさせる
行為をする客がいたのは本当に悲しい事です。

和泉さんのアートカフェマンスリーライブ記念すべき初回は、残念な船出と
なってしまいました。演奏が素晴らしかっただけに・・・(T_T)
次回はきっと中村社長が来られてライブ中眼を光らせて下さるでしょうから
大丈夫だと思います。

その次回のマンスリーライブですが・・・また夢が一つ叶いました!
和泉さんがアートカフェで色々なゲストを招いてマンスリーライブを行うと
知った時に私が真っ先に思ったのは・・・「鳥山さんに出て欲しい!」
今回序盤のMCで「ギタリストなど色々な人をお呼びしたい」と和泉さんが
おっしゃった時、私の肩はピクッ。今、ギタリストってハッキリ言いましたよね?
和泉さんと親交のあるギタリストの筆頭は、どう考えても鳥山さん。
いや、たとえ和泉さんが共演を希望していても現在超多忙のあの人をすぐ
捕まえるのは無理?年内はスタジオに引きこもって作業されるそうだし。
しかし、そんなヤキモキもライブ終盤の告知で吹っ飛びました!

            (゚д゚)   (゚д゚)

上は、2回目のマンスリーライブのゲスト名を聞いた時の私と鈴藤さんの顔。
そうです!和泉さんが告げられたお名前は、まさかの鳥山雄司さんでした。
興奮のあまり一瞬我を忘れました。鈴藤さんと顔を合わせて「行く!」と即決。
冬の帰省スケジュールを変更せざるおえませんが、鳥山さん最優先で動きます(笑)。

終演後早速次回のライブの予約を済ませ、鈴藤さんと若本さん(仮名)と一緒に
出入り口付近に立っていると、晋吾さんが茶封筒を持って楽屋から出て来られました。
来週の横浜ライブの資料を今和泉さんからもらったとおっしゃる晋吾さんに
ライブ行く事にしましたと宣言し、また来週と御挨拶。

いつの間にかBarの方に移動しておられた和泉さんにも御挨拶に行きました。
以下は、その時入手した情報です。

・年末に浅草SOUL TRAINでライブ
・スクェアのカウントダウン公演は今の所お呼びがかかっていない
・神戸チキンジョージ公演は「来なくていい」と言われたらしい(^^;
・慶応150周年イベントはOB、OGじゃない一般人も入場可能だった
・上のイベントでピラミッドが演奏した曲は「Feel Like Makin' Love」の
 ショートバージョンと「Tornado」


先日行われた慶応義塾創立150年記念コンサートの出演者・・・
加山雄三さん、ダークダックスの皆さん、杉真理さん、谷村有美さん、千住明さん、
千住真理子さん、そしてピラミッドの皆さん・・・凄い面々が揃ったものです。
ピラミッドの演奏曲、予想通りでした。「Tornado」をやったと聞いて、その場で
崩れ落ちそうになりましたよ〜。
この曲を聴けるなら、たとえ雨の中何時間も待たされようが平気です。
ピラミッドの生演奏聴きたかった〜!早く再始動して欲しい〜!と
言わんばかりの私と鈴藤さんを前に、来月のアートカフェで鳥山さん御本人に
ピラミッドやってくれとお願いするといいと、和泉さんはおっしゃいました。

・・・えーと、鳥山さんにお願いするという事は・・・
鳥山さんと面と向って話をするって事ですか!?

           (@д@) ←目を回しているとくぅ〜さん

・・・ダメだ!鳥山さんと話をしている自分の姿が全く想像出来ない。
まともに話なんて出来そうにない。想像しただけで気が遠くなって来た・・・
鳥山さんは、それ位憧れの人なんです(爆)、私にとって。
20年の時を経て再び出会った和泉さん片岡さんの素晴らしい演奏に感激し、
次はここで鳥山さんが・・・と思うとクラクラ目眩がする、そんな恵比寿の夜でした。


和泉宏隆マンスリーライブ Vol.1
 2008年11月20日(木) 19:30〜  アートカフェ・フレンズ恵比寿
<メンバー(敬称略)>
和泉宏隆(Piano)、片岡郁雄(Soprano Sax、Flute)、鈴木健市(Bass)

                                   

そして1週間後。場所を横浜に移して再び和泉さんと片岡さんが共演。
恵比寿でベースを弾かれていた鈴木さんがこの日は無理だという事で、
晋吾さんが助っ人として御出演。
10月のアクセルブラスのライブで和泉さんのウワサ話を晋吾さんとした時は
まさか1カ月後に晋吾さんが和泉さんのライブに参加する事になるとは
思いもしませんでした!
油断して「和泉さんはピアノのライブでは事故(弾き間違い)が多い」とか
余計な話を晋吾さんに吹き込んでしまい、後で物凄く焦ったのはここだけの話。

この日は一人で参加。電車の中では20日ライブレポの下書き。お店に着いたら
早速続きを書こうと思っていました。
30分位前に到着。並んでいたお客さんはたったの一人。
しかもその人は、20日に恵比寿で御一緒した若本さん(仮名)だったのです!
そんな訳で今回も席を御一緒する事になったので、レポ書きは一旦中断。
色々お話しました。

若本さん(仮名)はスクェアのファンになったのが84年『ADVENTURES』
私(85年『R・E・S・O・R・T』)と近く、『STARS AND THE MOON』
この頃のアルバムでいいなと思った曲は和泉さん作の物が多いという点も
私と同じで、嬉しかったです。
9月の港南ジャズフェスティバルにも行かれていたそうで、和泉さんトリオライブの時
どこに座っていたかをお互い話すと結構近くの席だった事がわかりビックリ。
知り合いになった人と過去のライブでニアミスしていたケース、ホントに多いなぁ。

お店のOPENまでリハーサルが行われていた模様。御三方が出て来られました。
和泉さんは列の先頭にいた我々二人を「よく来てくれました!」
握手で出迎えて下さいました。予約が20人しか入っていないんだそうです。
アートカフェの時より少ない!(爆)
そして、最終的にほぼ「来店者数=予約者数」でした。(^^;

片岡さんがお茶目な登場の仕方をされたり、アンコールの時和泉さんが
ファンからもらったヘリウムガスを吸って来て甲高い声で挨拶されたり、
和気藹々とした楽しいライブでした。
演奏曲は前回と全く同じで、曲順も多分一緒だったと思います。
でも、ベース奏者とベースの種類が変わった事で前と違った雰囲気に。
鈴木さんはウッドベースでしたが、晋吾さんはエレキベース(フレットレスベース)。

恵比寿と違って横浜では大事故は起きませんでしたが、ヒヤリ運転は続発。
オープニングのピアノソロ、和泉さんは何もおっしゃいませんでしたが
今回も「危なかったけど何とかごまかした」感じでした。
「Pier7」の演奏が始まった時は恵比寿の時同様シワッと涙が出かけたんですが、
途中ヒヤヒヤする展開が続き、いつの間にか涙は止まりハラハラドキドキ。

いやでも、ミスの心配ばかりしてたんじゃなかったんですよ!と言い訳。(^^;
片岡さんのオリジナル曲とカバー曲は、和泉さんのピアノ、片岡さんのソプラノ、
晋吾さんのフレットレスが溶け合って・・・ロマンティックで本当に素敵でした。
横浜では特に「Don't Know Why」が素晴らしかった!
前方にマイクスタンドとか障害物が多かったので、この日は片岡さんが客席前に
近付いて演奏される事はないかな?と思っていたのですが、この曲だけ隙間を
ぬって前に出られてソロ吹いておられました。
それにしても・・・こんなロマンティックでキュンとなる音を奏でるピアニストと
「人生山あり谷あり壁に耳あり障子に目ありクロード・チアリ」と駄洒落言って
喜んでいるおぢさんが同一人物だなんて・・・(爆)

ブログだけでなく横浜のMCでも「来年はピラミッドを再始動したい」と和泉さん
おっしゃって下さいましたよ〜!でも喜びを分かち合いたい鈴藤さんが今日は不在。
そして、「シンセ漫談も来年YouTubeにUPしたい」と宣言されましたよ〜!
でも喜びを分かち合いたいお魚さんが今日は不在。
あと、「白鯨伝説」の話がほんの一瞬出ましたよ〜!
これについては、喜びを分かち合う相手が元々存在しません(苦笑)。

今回は大事故起きなさそう、という事はテープ早戻し芸を見られないかな?・・・と
ホッとしながらも残念に思っていたら、思わぬ形で披露して下さいました。
それはアンコールでヘリウム声で登場された後の出来事。ステージ上はすっかり
お笑いのノリ。しかし次に演奏する予定の曲は、しっとりとしたバラード。
ここで和泉さんが「巻き戻す?」と嬉しそうに言い出したではありませんか!
そしてテープ早戻し芸披露後、渋い口調で「それではお聴き下さい」と(笑)。
演奏のやり直しじゃなくて、トークのやり直しとして早戻しを使われた訳です。
その手があったか!流石です、和泉さん。(^^;

片岡さんとのライブは今後も続けて行きたいとの事で、嬉しいです!
ベーシストは、ウッドベースなら鈴木君、エレキなら田中君・・・となると、
その他のベースで佐藤君にお願いすると面白いかな?というような事を
和泉さんがおっしゃった時、「佐藤?なぜ雄大君がベース?」と疑問に
思ったのですが、これって日本人に多い苗字「鈴木、田中、佐藤」に引っかけた
ジョークだったんですよね。私ったらボケてて、MC終わって次の演奏の
Bメロに入った頃、勘違いに気付きました(爆)。

20日のライブで「28日に横浜でニューアルバム(12月3日発売予定)の早売りが
出来るかも」という告知があったので楽しみにしていたのですが、なななななんと!
この日も中村さんが不在。テリー・ボジオのSTB公演に同行していたそうです。
(後日チェックしたら、この公演アラン・ホールズワースがゲスト参加
していたんですね!ホールズワース、一度は観てみたい・・・!)
という訳で、CDの手配等仕切って下さる人がいないため、今回も終演後の
即売&サイン会は行われませんでした。

終演後は、あまり和泉さんとお話出来ませんでした(泣)。
でも、若本さん(仮名)が和泉さんと片岡さんから色々情報を引き出して下さいました。
公式HPやブログ等で和泉さん御本人から告知があるまで公開したらダメかなと
思いましたので、今は黙っておく事にします。
取り敢えず、アルバム制作情報とテレビ出演情報を入手した、という事だけ
お伝えしておきます。

帰る前に晋吾さんに御挨拶。
晋吾さんは優しい人だなぁ〜と、今回もしみじみ思いました。
きっと晋吾さんにとっては些細な一言でも、私には凄く嬉しい言葉。
そして、和泉さんはああいう事は絶対言ってくれないだろうな・・・と、
ふと哀しくなったり(爆)。

Hey-JOEはいい感じのお店ですね。壁に貼り付けてあるレコードが、かなりツボです。
70〜80年代の洋モノ(AOR系メイン)の中になぜか『R・E・S・O・R・T』が(笑)。
今回はBGMがビル・ラバウンティアル・ジャロウで、これもツボでした。
出演アーティストによっては終演時間がとんでもなく遅くなって、終電間に合うか
ハラハラしそうですが、機会があればこれからも通いたいお店です。


和泉宏隆・片岡郁雄 Duo
 11月28日(金) 19:30〜  横浜Hey-JOE 
<メンバー(敬称略)>
和泉宏隆(Piano)、片岡郁雄(Soprano Sax、Flute)、田中晋吾(Bass)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
2週連続ライブ&レポートお疲れ様でした。
色々楽しめた様で、本当に羨ましい限りです。
ウチも来週の和泉さんのライブが今から楽しみでワクテカが止まりません(^_^)/。
お魚ちゃん
2008/12/01 06:54
こんばんは。「Hey-JOE」の和泉さんのライブにいらしたのですね。
「Pier7」懐かしいな。
あの店は、ちょっと狭いけど、いい雰囲気ですね。
私は、10月の「SLAP×SLAP」に続き、11/21の豊雪さん出演の「秋の夜長のサンタナイト」に行ってきました。
スクェア関連以外の豊雪さんはどんなかな?と思って行ったのですが、ご本人曰く「こっちは趣味」との事で、いつもより派手な衣装でグラス片手に登場し、終始リラックスムードでした。スクェアではご法度?の「ちょいエ〇トーク」も飛び出したりして…
「お約束」の歯弾き(私が見たのは今年3回目)をここでも見れるなんて!背面弾きは、スペースの関係でできなかったようです。
終演後、お話させていただいたのですが、終始トレードマークの笑顔満開でした。7月のブルース・アレイで撮らせて頂いた2ショット写真が私にとって「縁起物」になった事を話したら、「1月にもブルース・アレイに出るから、カメラ持ってきてね!」と言われ、すっかり舞い上がってしまいました。1月といえば、お正月明け。どうか豊雪さん、これ以上「大きく」(失礼!)なっていませんように…
HIRO-WAN
2008/12/01 23:25
お魚さん、こんばんは。
はい!堪能して来ました〜。(^^)
お魚さんも、11日モーションブルー横浜でのライブ
楽しんで来て下さいね!
私は行かない事にしたので(無理すれば行けるのですが、年末
ライブ行脚生活になりそうなので、力を温存しておきます)、
3日到着予定のトリオNEWアルバムを聴いて我慢します。
とくぅ〜@管理人
2008/12/01 23:55
HIRO-WANさん、こんばんは!
和泉さんのライブ、楽しかったです。

10月末の須藤さん企画3に出演されていたギタリストの
中鉢さんは、ノルとギターをブンブン振り回してしまう人らしく、
その日はたまたま中鉢さんに最も近い席が空席だったので問題
なかったのですが、あの席に人がいたらぶつかって大変な事に
なっていたかも・・・という位、Hey-JOEは狭いですね。(^^;
でも、すっかりお気に入りのお店になりました!

グラス片手に登場した豊雪さん、見てみたかったです(笑)。
豊雪さん御出演のブルースアレイのライブとは、河野さんの
ライブの事でしょうか?私、行く予定ですよ〜。
とくぅ〜@管理人
2008/12/02 00:02
とくぅ〜さん、こんばんは。
豊雪さんは、1/21の河野さんのウインターセッションにご出演されますよ。
Hey−JOEでお話した時には、既に予約済でした。
ブルースアレイなら、会社からも割と近いし、帰りも楽だし。
どこの席になるのか楽しみです。
さすがに今度は、豊雪さんもグラスという訳にはいかないでしょうね(笑)
Hey−JOEの時は、最初からちょっと赤かったような…(衣装が赤系だったからかな?)
ライブに出演した方とお話できるなんて、今でも信じられないけど、豊雪さんって、声がいいなぁってつくづく思いました。にこやかな外見とはちょっとイメージが違いましたが、ソフトで落ち着いた感じでしたね。
これからもとくぅ〜さんのライブレポ、どんどん聞かせてくださいね。楽しみにします。
HIRO-WAN
2008/12/02 21:27
こんばんは。
HIRO-WANさんもウインターセッション行かれるんですね!
ブルースアレイは来店してみないと席がわからないので
ドキドキです。今回も7月の河野さんサマーセッションの
時と同じ、中央辺りの5〜6人座りテーブル席かなぁ?と
予想しています。

私も、ずっと憧れていたスクェアのメンバーとお話
出来るなんて、昔は想像も出来ませんでした。
豊雪さんのお声は、スクェア脱退少し前にテレビ
(「ベストサウンド2」)で聞いた事がありまして、
「低くて渋いお声だなぁ」と思った記憶があります。
7月河野さんライブで少しだけお話させてもらった時も
当時と変わらず素敵なお声でした。でも外見は・・・(爆)
いや、そんな事言ったら安藤さんも伊東さんも和泉さんも
20年前とはまるで別人・・・(^^;

これからもレポ書き細々と続けて行きますので、
よろしくお願い致します!
とくぅ〜@管理人
2008/12/02 22:52
恵比寿ではまたもやお世話になりました!
本当に素敵なライブでしたね。思い出すだけでうっとりと
してます。

横浜でも若本さん(仮名)とお会いしたのですか〜。
(この“若本さん”って説明、かなり同意ですw)
ピラミッド再始動したい話、シンセ漫談、片岡さんとのライブ
続行の話と、嬉しくなる話題が盛りだくさんだったのですね。
ますます期待が高まります。レポありがとうございました!

では27日のマンスリーライブでまたお会いしましょう^^
鈴藤
2008/12/03 21:17
鈴藤さん、こんばんは!
マンスリーライブ、いつものピアノトリオとはまた違った
魅力があって、素晴らしかったですよね。
そして和泉さんのMCは相変わらず楽しくて・・・
次回27日もよろしくお願い致します。我々にとっては
黄金コンビといっても過言ではない和泉さんと鳥山さん。
変なテンション(苦笑)で一緒に盛り上がりましょう!

相席だった方、若本さん似でしたよね!
実は、横浜ライブの日は若本さん(仮名)と帰り道御一緒
する事になったのですが、駅の改札前ではぐれてしまい
(若本さん切符購入、私Suicaのために起きた悲劇)、
きちんとお別れの挨拶が出来なかったのです。
27日にいらっしゃるようなので、その時にお会い出来たら
謝ろうと思っています。

今日やっと発売1日遅れで和泉さんトリオの
『BEYOND THE RIVER』を聴けました〜。
このCD、しばらくエンドレスリピートの予定です。
鈴藤さんのブログ拝見しましたが、私も5曲目聴いて
「Freckles」が始まったのかと思いましたよ!(^^;
とくぅ〜@管理人
2008/12/04 22:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
20年の時を経て・・・ 白鯨な日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる