白鯨な日々

アクセスカウンタ

zoom RSS birthday〜2008 〜大阪公演

<<   作成日時 : 2008/11/19 23:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

15日の夕方大阪入りした時、劇場に行って当日券が出ていれば夜公演を観ようかな
と思い一旦天王寺駅を降りたのですが、体調が良くなかったので無理せず予定通り
明日の公演だけ存分に楽しもう!と考え直し、再び電車に乗って実家に帰りました。
そして翌16日は、DC大阪公演千秋楽
当日は早めに出かけて天王寺駅周辺をウロウロしました。
実家に帰る時は通り過ぎるか乗り換えで一瞬外に出るだけなので、こうやって
天王寺の街をじっくり眺めるのは久し振り。
大学生の頃から20代半ばまでここでよく遊んだり買い物したりしていました。

一心寺シアター倶楽へ向かうと、丁度開場する所でした。
ロビーに入り、抽選会の列に加わる事に。東京では物販担当だった関根さんが
この日は江口さんと抽選会を担当されていました。その関根さんがおっしゃるには、
「今日はいつもより当たりが多く入っております!」
え?と思いながら抽選箱に手を入れ、取り出した玉の色が・・・
緑!
 (゚◇゚)  ・・・・・・・・・
えええええ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!??
江口さん&関根さん「おめでとうございま〜す!」 

めでたく千秋楽1人目(多分)の当選者になりました〜!
江口さんからCLUBタイガースリー名刺セットを手渡されホクホクしていると、
「なんと、今回は当たった玉を箱に戻します!」と、関根さんがさっきの緑の玉を
抽選箱に戻したではありませんか!
ちょっと離れた場所に移動し、数分ほど抽選会の様子を見守る事に。
少し冷静になって(笑)抽選箱の横を見ると、1等のCD写真集が2枚、
2等の「居残り佐平次」メイキングDVDが2枚、そして3等の名刺セットが結構沢山
(多分9〜10くらい用意されていたのではないかと)・・・ホントだ!
今回は千秋楽SPという事で、当選者数を増やして下さったようです。

東京で観劇した2公演は下手側前方と後方の席でしたが、大阪では上手側やや前方。
席番号が20番台で右寄りだなと思っていたのですが、まさか右端だとは。
また端っこの席を引き当てちゃいました!これで何回目だろう?・・・(^^;
東京芸術劇場と違って前方列でも1列毎に段差がついていたので、思っていたより
舞台は観やすかったです。舞台左袖で役者さんが出入りするのがバッチリ見えるので、
結構オイシイ席だったかも。

下手側に座っていた時見えていたモノが今回は全く見えなくなっていたり、
その逆もあったり。深町@宮田さんが舞台右側で指をくわえて突っ立っている
シーンがあるのですが、暗転中もずっと指くわえたまま。そしてその状態のまま
退場して行かれた事に今回初めて気が付きました(笑)。
あと、東京では遠かった"伝説のアヤカさん"を近くで拝めました。

そんな感じで座席位置の違いによる変化を楽しみましたが、お芝居自体も
東京公演からちょこちょこっと変わっていて面白かったです。
大阪のお客さんのリアクションは若干薄めな印象を受けました。東京では凄く
ウケていたシーンがそうでもなかったり。やはり大阪の人は「笑い」に厳しい?
そんな大阪公演千秋楽でしたが、ここからは公演終了後の挨拶について
書こうと思います。(公演の感想はその後に)
東京楽日の挨拶同様、今回も皆さん色々やらかしてくれましたよ〜(^^)

関さん
・リハーサルまでしたらしいのに、客演の方を紹介する段取りを忘れる。
・ダブルコールでの登場時、舞台左袖から登場しニコニコしながらスタスタと
右方向に横一直線に歩いて右袖に引っ込もうとする。
・退場時、舞台上に置き去りにされていた小道具のボトルとグラスを御片付け・・・
と思いきや、それ持って酒飲むフリをする。

中尾さん
・三本締めの時、皆終わろうとしているのに回数間違えて「もういっちょ」と
言ってしまう。

TARAKOさん
・今回もバイキンマンエプロンで登場!バイキンマンを着ているまる子の横に
バイキンマンとフネさん。「夢のコラボ」と、まるちゃん@TARAKOさん談。

そして、極めつけがコレ!
中尾さんの挨拶中、どこからか「ドドドドド」と走る足音が聞こえて来たんです。
何?と思った瞬間、舞台左袖から田中さんが息を切らせて飛び込んで来ました!
どうやら、ダブルコールは無いと思って着替えてしまったものの予想外の展開に
慌てて舞台衣装に着替え直して来られた御様子。ネクタイが締まっていませんでした。
(でもサングラスはバッチリ。結局、公演中グラサン外した田中さんを一度も
拝見出来ませんでした)
コレって・・・東京楽日挨拶時の関さんと同じじゃないですか(爆)!
関さんも着替えてしまった後で呼び出しがあって慌てて舞台衣裳の赤ラメ上着だけ
羽織って来られたんでしたよね。あの時の関さんは、本当に可愛らしかったです。

さて、ここからは公演の内容、登場人物について、ネタバレを含んだ感想を
書きます。再演の可能性もあるので、何年先になるかわかりませんがその時まで
内容を知りたくないという方は、以下の文は御覧にならないで下さいね。
(追記:本文の下のコメント欄にもネタバレがありますのでご注意下さい。)





とある村(多分群馬県内^^)のホストクラブ「タイガースリー」に記憶喪失の男が
迷い込んだ事から物語が始まります。
記憶喪失の「ポチ」が「高野和彦」の記憶を取り戻した時、話は思わぬ展開に。
そして、ホストクラブ内の軽妙な会話の中で次第に明らかになる人々の想い。
想いを相手に打ち明ける者、砕ける者(笑)、そして想いを秘めたままの者・・・

日頃自分に言い聞かせている言葉や、過去に言われた事、言った言葉が劇中に
出て来たり、自分と立場がちょっと似ている登場人物がいたり。
お芝居(架空の世界)に没頭するのではなく、現実とリンクさせながら観劇している
自分に気付きました。きっと他のお客さんも登場人物の誰かしらに感情移入しながら
御覧になったのではないかなと思います。

この世に生まれた日だけが誕生日じゃない。人間生きていれば色々あって、
今までの自分をリセットする時が来る事だってある。
そして、その日はもう1つのbirthday。
人生をやり直す時、「誕生日おめでとう」と肩を押してくれる人達がいてくれたら
どんなに心強いだろう。勇気が出るだろう。
毎回観劇後はそんな事を思いながら、心ホカホカ状態で劇場を後にしました。

普段バラエティ番組を観ないので、最近出て来た芸人さんとか流行りのギャグを
全然知らない私。昨年の「居残り佐平次」ではギャグが一部わからなくて悲しい
思いをしましたが、今年は大丈夫でした。DAIGOの「うぃっしゅ」なら、わかります。
関さん、劇中ではポーズを取る事はありませんでしたが、カーテンコールの時に
中尾さんとペアで「うぃっしゅ」をやって下さいました〜!(*^^*)

今公演の配役はTARAKOさんがオーディションで決められたそうで、登場人物が
少なめという事もあり御出演されない役者さんが多かったのが残念でした。
DCには魅力的な役者さんが多いので。
個人的に「河野さん出られないの?ガ〜ン・・・」とションボリしていたのですが、
ポチ@関さんに群がる野次馬集団(DC日替わり応援団)のメインの役どころとして
ちょびっと御出演されていたので嬉しかったです。応援団の出番以外では
河野さんは暗転中の道具移動といった裏方作業をされていました。

ムードメーカーのオヤジ・・・ジョニー@堀本さん
気配り屋で一途なオカマ・・・ピーター@川島さん
甘ちゃんだけど憎めないボウヤ・・・ケンジ@渋谷さん
狙った獲物は逃がさない、でも可愛い女の子達・・・ゆか@本さん&まさみ@園さん
勘違いおまわりさん・・・深町@宮田さん
勘違い怪力娘・・・良枝@岩田さん
現実を受け入れ気丈に振舞っている・・・栗子@小田木さん
辛い過去を振り切って前を向いている・・・夕子@波岡さん

コミカルな方向に行く人、切ない気持ちにさせられる人、色々でしたが、
登場人物それぞれに演じられている役者さんの持ち味が反映されていました。
みんな、愛すべき素敵な人達ばかり!

小山田@田中さん
探偵役という事で、格好がモロ「探偵物語」の松田優作(笑)。
そこに立っているだけで、「チキン弁当」と言うだけで笑いが起きるというのは
本当に凄い事だと思います!

千代@渡辺さん
言いたい事をスパスパ言ってしまう千代さん。実際にこういう人が身近にいたら
ちょっと苦手に思うかもしれません。苦手というか「羨ましい」という気持ちに
なるかな?でも、愛らしくてとっても魅力的な女性でした。

ばあちゃん@麻生さん
その名の通り、池畑家のおばあちゃん(耕三のお母さん)なのかと思ったら、
なんと・・・!「声優アニメディア」11月号にネタバレに近い事が書かれて
いたんですよね。読んだ時には気付きませんでした。
ばあちゃんの正体を知ってから再び観劇すると、あぁなるほど〜!と。

耕三@中尾さん
困った人間、動物をほっておけないタイガースリー=寅さんのような人。
トトロ柄のドテラ姿がこれまた素敵で(笑)。
記憶喪失のポチを諭すシーン、どんな事をしても妻と子を必死で守ろうとするシーン、
ばあちゃんをひざまくらして語りかけるシーン・・・中尾さんの存在の大きさを
肌で感じました。

ポチ(高野)@関さん
記憶を失くしている時、冴えない、元気がない、どんよりとした表情で
村の皆に申し訳なさそうに遠慮しているポチ。
記憶が戻ってから狂気に満ちた言動に走る高野。
これが同じ人なのかと・・・改めて関さんの凄さに感動。
事の真相に呆然とし、やがて涙を流す高野のシーンは、何度観てもグッと来ました。

・・・以上、感想でした。うまくまとめられなくて、ごめんなさい!
今回はいつも以上に書くのが難しかったです。
DCのお芝居の素晴らしさが少しでも伝わっているといいのですが・・・
16日は「大阪遠征組」の、いつも東京でお会いする皆さんとお話出来て
嬉しかったです。東京公演ではお会い出来なかったIさんとも今回は。(^^)
日帰りの旅、お疲れ様でした!Reさんが新幹線で新大阪を出られた頃、私は既に
実家に辿り着いていました(爆)。自分だけ帰宅ラクチンでごめんなさい!(^^;
そう言えばDCの皆さん、千秋楽の晩は旅館で打ち上げをなさるのかな?と思って
いたのですが、この日のうちにほとんどの方が東京に帰られたようですね。

私は実家に戻り、翌日は東京へイベントを観に行く姉の代わりに甥っ子(5ヵ月)の
子守りをしました。2ヵ月ぶりに対面したしもぶくれ王子のホッペタは相変わらず
ムチムチしていて、もうたまりません!そして、今回新たに命名!
カニ王子(アワをふくから)にコブタ王子(フガフガ言うから)・・・
なんて愛らしくて、なんて不思議な生き物なんでしょう。
よく笑い、よく泣き、よく飲み、よく眠る!赤ちゃんって本当に素晴らしい!!
DC公演効果か、いつも以上に優しい気持ちで甥っ子に接する事が出来たような
気がします。(^^)



ドラマティック・カンパニー公演「birthday〜2008〜」
 大阪公演 11月14日(金)〜11月16日(日) 一心寺シアター倶楽

<作・演出> TARAKO
<出演>
 中尾隆聖、関俊彦、堀本等、川島得愛、渋谷拓、宮田真吾、
 波岡晶子、小田木美恵、本美奈子、園めぐみ、岩田奈緒美
<客演>
 麻生美代子、渡辺菜生子、田中完
<DC日替わり応援団>
 酒井哲也、関根宏次、河野智之、久保田隆、
 江口美里、山内有香、佐藤紀子、真砂尚子
(以上、敬称略)

画像

「ありがとう0系新幹線」のチラシに、0系のチョロQと
CLUBタイガースリー名刺セット・・・何、この組み合わせ!?(笑)
今回の大阪遠征、メインイベントはDC大阪公演観劇でしたが、
実はもう一つ目的があったのです。
それは「新大阪駅で0系最後の雄姿を見届ける事」!
残念ながら目的は果たせなかったのですが、自分へのお土産に
新大阪駅でチョロQを買って来ました。
そう、私は鉄子!しかも、可愛い顔の新幹線(0系、100系、200系、
初代ドクターイエロー)だけが好きという、少々変わり者の
鉄子なのです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして。いつも拝見してます♪
お聞きしていいですか?声優アニメディア11月号に載ってたネタばれに近いことってなんでしょう?昨日、再読してみたのですが分かりませんでした
ページ数でもよろしいので教えていただけるとうれしいです。
よろしくお願いいたします!
あ、私もブログやってるので、よろしければ遊びに来てください!
さと
2008/11/21 10:21
追記です。ゴリンパで検索すればヒットすると思います♪
さと
2008/11/21 10:24
さとさん、はじめまして。(^^)
ブログ拝見しました。
さとさんも、DC公演東京大阪両方御覧になったのですね!
「birthday〜20XX〜」として、いつか再演して欲しいなと
私も思います。
「声優アニメディア」に載っていた麻生さんの役についての
ネタバレは、82ページ中尾さんのコメントの4〜6行目です。

最近あちこちで謝り倒していますが、ブログに関さんの
話題を出す事が減ってしまって、本当にすみません
関さん御出演イベントやお芝居の感想だけは可能な限り
書いて行くつもりですので、よろしくお願い致します!
とくぅ〜@管理人
2008/11/21 22:16
ありがとうございます!分かりました!まさかそんな複線があったとは。そう言われれば、千代さんが犬の年齢を言ってた意味がわかりますね。そうだったんだぁ。
私もTスクウェア好きです。というか、昔エレクトーンを習っていったころ頻繁に弾いてました。メンバーの交代とか色々あってしばらく遠ざかってましたが、今も現役なんだなぁと思って感慨深いです。
これからも拝見させていただきますので、よろしくです!
さと
2008/11/22 11:22
さとさん、こんばんは!
ばあちゃん、犬と猫どっちかな?と最初は自信がなかった
のですが、どうやら"にゃん太郎"と同じようです。

関さんのファンでスクェアの事も知っているor好きという方が
いらっしゃると、無性に嬉しくなります。(*^^*)
さとさんはエレクトーンを弾かれていたんですね!
私は小さい頃ピアノを習っていましたが、エレクトーンの方が
よかったなぁ・・・「OMENS OF LOVE」とかバンドで演奏した事は
ありますが、エレクトーンで一人で演奏する事に憧れます。
今年はデビュー30周年。メンバーチェンジを繰り返しながらも
30年第一線で走り続けたスクェアというバンドの凄さを
ひしひしと感じています。

うちのブログは長文レポばかりで読むのが大変だと思いますが、
また見に来て頂けると嬉しいです。(^^)
とくぅ〜@管理人
2008/11/22 22:14

コメントする help

ニックネーム
本 文
birthday〜2008 〜大阪公演 白鯨な日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる