白鯨な日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 静岡のドラム王子、東京に進出!

<<   作成日時 : 2008/10/17 22:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

若干12歳、中学1年生の平陸君が東京初のリーダーライブを行うとの事で、
13日セルリアンタワー東急ホテルの2階にあるJZ Bratに行って来ました!
コットンクラブよりはカジュアルで、こじんまりとしたブルースアレイ?という感じ。
座席は予約受付順に決まるらしく、1名で予約するとカウンター席になるよう
だったので、当日は店の隅っこでひっそりとライブを楽しむつもりでした。
ところが店の人に案内されたのは最前テーブル。目の前にはベースアンプが。
晋吾さんに最も近い席だとわかった時の私の反応→「・・・これって罰ゲーム?」

2日のBBライブ終演後、思いがけず晋吾さんと長々御一緒して頂くという
夢のような出来事があったばかり。
晋吾さんには今回のライブに行く事を告げていたし、あれから10日ほどしか
経っていないから顔は忘れられていない・・・はず。
しばらくその場に立ち尽くしていた私ですが、覚悟を決めて着席。
最前エリアは「4テーブル×2人分の椅子」だったのですが、4テーブルとも
独り女性客が座り、余った椅子は荷物置き場になっていました。
トイレに行って鏡を見ると・・・ヒドイ顔。
私普段から顔色が悪いんですが、この日は輪をかけて酷かったのです。
体調はすこぶる良かったのに、どうも前日のイベントハシゴの疲れが
顔にだけ出たようで・・・
こんな顔で晋吾さんの真ん前に居続けないといけないなんて、罰ゲームだよ〜。

憂鬱な気持ちを抱えつつも、ライブ自体はとても楽しみでワクワクしながら
開演を待っていました。そして・・・
7月21日の河野さんリーダーセッションライブの時と同じSEが流れ始めました。
という事は、1曲目は・・・当たり!(^^)
河野さんのオリジナル曲「Across From The Sky」でライブがスタート!

陸君がドラムを叩く姿、実は私の座っている場所からは平家さんの陰に隠れて
見えなかったんですが、見えないだけに平家さんの後ろで叩いているのは
大人のドラマーなんじゃないか?
と錯覚してしまうくらいの、そんなスゴイ
演奏でした!(ドラムソロの時見せてくれた、自分の頭をポカポカ叩く
パフォーマンス
は、鼻血が出そうなほど可愛かった〜!)
あ、平家さんの事「陸君が見えなくて邪魔」とは全然思いませんでしたよ!
サックスがお休みで平家さんがステージから離れる曲がいくつかあったので、
その時に陸君の華麗なドラムさばきを堪能させて頂きました。

マサさんは初めて拝見します。知り合いに似ている人がいる・・・というのは
どうでもいい事ですね。(^^;
普段はこういった"カッチリコピー"のフュージョン曲はあまり
演奏されないんだそうで、今回はギター大活躍の曲が多くて大変そうでした。

そして我らがT-スクェアの癒し系コンビ(←また勝手な命名してますよ、この人)
河野さん&晋吾さん!
結局開演から終演まで、私は晋吾さんと一度も目を合わせませんでした。
晋吾さんからしてみれば「あ、この間の人、来てくれたんだな」程度にしか
思っていないはずなので、フツーにしてりゃいいのにホントに馬鹿です、私。
自意識過剰な中学生みたい・・・(苦笑)
でも、演奏中は譜面を見るかメンバーの皆さんの方に視線を向けるかだったので、
結構油断して晋吾さんの指使いとかを凝視しておりました。
(ちなみに「Truth」では譜面台をとっぱらっておられました)

一方で、河野さんとはどんなに目が合おうがヘッチャラ。
この御方には私、完全に忘れ去られていますからね。気楽なものです(爆)。
晋吾さん同様、河野さんの指使いも凝視。
スクェアではキーボードパートをPCから出している事が結構多いようですが、
7月21日のライブ時同様、河野さん終始弾きまくりでした!

MCの話。まず、陸君が御挨拶。演奏は大人顔負けですが、しゃべるのを聞くと
あぁ〜12歳の男の子だなぁと。(*^^*)
今回は、河野さんが場を仕切りつつ、押さえるべき所は陸君にしゃべって
もらいましょうという感じで進行しました。

フジテレビ系「とくダネ!」に10日スクェアが生出演&「Truth」を演奏した時の
話が出ました。
河野さんが晋吾さんに「君、一番目立ってた」とか言って、晋吾さんが
「違う違う」と答えておられましたが、私も心の中で「違う違う!一番
目立ってたのは河野さん、アナタでしょう!?」とツッコミ入れてしまいました。
皆さん、御覧になりました?演奏後の河野さんの眠そうなお顔を!
小倉さんが話を坂東君に振っているのに、なぜかテレビカメラは河野さんの方を
向き、「けいぞーちゃん、おねむ〜」な御姿が全国に流れた瞬間、
私はどうしたらいいのかわからなくなりました。(^^;

今回のライブで、あの時の河野さんは本当に眠かったのだという事が判明。
前日大阪でのライブに出演していた河野さんは、終演後関西空港へダッシュ。
最終便で東京に戻り、そのまま眠らずテレビ収録に臨んだんだそうです。
確かに河野さんの場合「テレビ局行く前にちょっと家で一眠り」なんて事したら
絶対遅刻しそう(爆)。
晋吾さんと坂東君は晩、日付の変わる頃から事務所で準備を始めてその後
フジテレビ入りをしたそうです。なので、少なくとも5人中3人のメンバーは
あの時ネムネムな状態だったという訳ですね。本当にお疲れ様でした!

演奏曲は、半分くらいが7月の河野さんライブの時に演奏された曲。
なので、私にとっては"あの日の感動再び・・・!(T_T)"という感じでした。
スクェアの曲は「明日への扉」「Moon Over The Castle」(←正確にはスクェアの
曲ではないですが「Knight's Song」という事で)と「Truth」が演奏されました。

陸君のお師匠様、そして坂東君のお師匠様でもあり、坂東君と共通のお師匠様を
持つ人でもある(←ややこしい・・・^^;)菅沼孝三さんが飛び入り参加を!
・・・ちっちゃい!
あ、失言してしまいましたね。ごめんなさい!でも、陸君と菅沼さんが
並んでいるのを見て、背同じくらい?と思ってしまったのは本当です。
ぷらっと来たら「叩いて下さい」と言われたんだそうで、ぶっつけで演奏された曲は
ウェザーリポートの「Teen Town」
菅沼さんの生ドラムを拝見、拝聴出来て光栄でした〜!

坂東バンドで演奏された晋吾さんのオリジナル曲「Cm(マイナー) Funk」
聴く事が出来ました。平家さんの出だしのサックスが米田さん(BB)より
1オクターブ高かった!同じ曲でも雄大君と河野さん、菰口君とマサさん、
そして陸君と坂東君ではアプローチの仕方が違ってて面白いなぁと思いました。
晋吾さん、河野さんに「晋吾君もスクェアに曲を提供して夢の印税生活を」
勧められていました(笑)。河野さんはサポートメンバーの時にスクェアに曲を
書いて、その後晴れて正式メンバーになったんですよね。晋吾さんも同じような
流れでスクェア正社員になってくれたら・・・

河野さんがスクェアのアルバム用に書いた曲の中で私の一番のお気に入りは
「Rondo」、そして「Rondo」と同じくらい好きな曲がスクェア以外のバンドの曲で
もう1曲あります。それは安達久美クラブパンゲアの「X-Wing Fighter」
「果たしてこのメンバーで失敗せずに演奏出来るのか!?」という河野さんの
前フリの後でこの曲が演奏されました。うわ〜〜〜〜〜い!!(^^)
いや、ホントに凄いですね、陸君。この難曲をサラリと叩くとは。
危なっかしい所が全くないプレイ。その年齢で約2時間のステージをこなすパワー。
私ハタチ前後の頃、ライブで30分、6〜7曲弾いた程度でグッタリでしたよ。
更に遡って、中学1年の時なんて何もしてませんでしたよ。
ちなみに、河野さんは中1の頃、エレクトーンコンクール地区予選で敗退という
哀しい日々を送っていたそうです。

陸君以外のメンバーのミスは結構あったように思いますが(爆)、
何かやっちゃった度に河野さんと晋吾さんが顔を見合せて笑っているのを見て
「あぁ、御二人仲良しなんだなぁ〜」と幸せな気持ちになりました。(*^^*)
陸君が中学生の間はなかなか大変かもしれませんが、また東京でライブが
ある事を期待しています!



S-PROJECT & Bflat Specal Present's 平陸〜FLAT LAND LIVEツアーin東京〜
  2008年10月13日(祝・月)  渋谷 JZ Brat
<メンバー(敬称略)>
平陸(dr)、河野啓三(key、p)、マサ小浜(g)、田中晋吾(b)、平家徹也(sax、EWI)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
とくぅ〜さん、はじめまして。
私もスクェアファン(と言っても、今年のJCBホールが実に数年ぶり)で、いろいろ検索していたら、ここにたどり着きました。
実は、私は最前列の4人の1人です。とくぅ〜さんって、私の隣の隣に座っていた、一生懸命メモを取っていた方では?私もてっきりカウンターかと思っていたら、最前列に案内されてビックリしました。
7月のブルース・アレイにもいらしたんですね。あの時は、最初立見だったのですが、席が空いているとの事で、プラス525円で、何と最前列に案内されたのです。あの時は、河野さんはちょっと遠かったのですが、豊雪さんはバッチリ見えました。
平陸くんは、ブルース・アレイの時よりもたくましくなったかな?しゃべると少年だけど、演奏中は、立派なドラマーでしたね。
とくぅ〜さんとは、またどこかのライブでお会いできるかも知れませんね。私は今度、24日に「Hey-JOE」に行きます。

HIRO-WAN
2008/10/18 20:23
はじめまして!(^^)
隣の隣という事は、HIRO-WANさんはギターのマサさんに近い
テーブルにおられた方でしょうか?
前過ぎて緊張しましたが、陸君達の演奏を堪能出来て
嬉しかったです。
陸君、お話している時のあどけなさと完璧なドラムプレイの
ギャップがたまりませんでしたね!

Hey-JOE、河野さんゲストの須藤さん企画に行かれるんですね!
ウチからは遠いので、横浜のライブハウスにはなかなか足を
運び辛いのですが、いつか行けたらなぁと思っています。

都内で行われる和泉さんのライブには頻繁に出没していますが、
最近は他のスクェアファミリーの方々が出演されるライブにも
色々行くようになりました。
ライブ1人参加の時は、開演前&休憩中に当日の出来事とか
まだブログにUP出来ていない別のライブorイベントレポの
下書きをしている事が多いです。もしどこかでメモっている奴が
いたら私の可能性が高いので、是非声かけてやって下さい。
とくぅ〜@管理人
2008/10/18 22:55

コメントする help

ニックネーム
本 文
静岡のドラム王子、東京に進出! 白鯨な日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる