白鯨な日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 50歳で最年少

<<   作成日時 : 2008/10/10 23:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

8日、Art Cafe Friendsに行って来ました!
今回もOさんとRiさんに付き合って頂きました。
御二人とは昨年末から都内でのスクェア&和泉さんのライブで何度か御一緒して
いるのですが、実は私が御二人と初めてお会いしたのが、今春場所を移転&
名称を変更する前のArt Cafe1107だったんです。
あれは昨年3月の和泉さんひな祭ピアノソロコンサート。
Oさん達は3人で、私は独り客として来店しました。和泉さんのピアノから
超至近距離の4人座りテーブル席に相席させてもらって、その時はお礼を言ったきり
皆さんの会話に交じる事なくおすましさん(爆)で席に座っていました。

それから数ヶ月経ち、11月横浜スクェアKORGイベントに行った人のライブレポを
読みたいと思いネット検索をした所、Oさんのブログに辿り着きました。
面白く拝見させて頂き、他にもスクェアのライブレポ書かれておられるのかな?と
過去の記事をチェック。

あっ、この人も和泉さんのひな祭コンサートに行ってたんだ。
読み進めて行くと・・・
「グランドピアノ前の最前列」
え・・・!?
そして、数ヶ月前にほぼ同じ距離&角度から見た記憶のある写真が目に入りました。
この人、3月のライブで一緒のテーブルにいた人だ〜!!

その後、お互いのブログを通じて交流が始まり、前回のスクェアの年末ライブで
再会を果たし、今に至ります。

今回のライブは、先月27日の野音会場で知りました。
急な話にも関わらず、行く事を迷わず決意する3人(笑)。
当日は現地集合という形をとったのですが、偶然にもほぼ同じ時間に3人が
到着しました。和泉さんライブDVDも全員同じ日に観ていたし(忙しくて
購入翌日には観れなかったというのも共通している)、シンクロ率高いなぁ。

伊東さん達がリハーサルしている様子が、店入口のガラス扉から見えました!
防音仕様の二重扉なので、音は扉が開閉される時しか漏れて来ません。
ほとんど無音状態でしたが、中の様子を見ているだけでとても楽しかったです。
伊東さんの帽子で季節の変化を感じます・・・(^^)
夏はバンダナ帽、冬はニット帽、そして今は中途半端な時期なので
バンダナではないけれども薄手の布地の黒い帽子を被っておられました。
和泉さん、グリッサンドしまくってるなぁ、指大丈夫かなぁ〜?
あっ、煙草口にくわえたままピアノ弾いてる
あっ、マイクを手に持って誰もいない客席に向かってしゃべり始めた!
・・・MCの練習ですか!?(声が全然聞こえないだけに、その光景は妙に面白かった)

来店時には止んでいましたが、この日は雨が降っていました。
ひょっとして雨男のヴィレッジミュージック社長青木さんが来られているのでは・・・
と店内を見ると、入口付近にお髭のダンディな男性が。
伊藤八十八さんだ〜〜〜!!
八十八(やそはち)さんは、CBSソニー時代にスクェアをはじめ多くの
ジャズフュージョン系アーティストをプロデュースされた御方です。
長年スクェアを支えて来られた超VIPな方として尊敬しておりましたので、
間近で御姿を拝見出来て感動してしまいました。

しばらくするとリハが終わったようで、ベースの河上さんが外に出られて
携帯でお話されていたり、入口の扉前から楽屋(←後でそこが楽屋だとわかった)へ
向かう途中の伊東さんが、我々に向かって手を振って下さったり。(*^^*)

そして18時入場。移転前は収容人数3、40人ほどのこじんまりとしたお店でしたが、
90人が入るかなり広い空間に生まれ変わっていました。
今回のライブは、10月6日から16日まで行われる
『Jazz It Up! マンガまるごとジャズ100年史』 刊行記念イベント&ライブのうちの
1公演。壁には『Jazz It Up』の版画や中平穂積さん撮影によるジャズの巨人達の
写真が展示されていました。

自由席なので、どのテーブルに座るかでしばし悩む事に。
今回は具体的な座席位置の明記はやめておきます。後々困るかもしれないので。
取り敢えず昨日UPされた和泉さんのブログではヤバイ事にはなっていませんでした。
・・・私はね(爆)。
開演まで1時間半あるので、ゆっくり食事をとりながらお話。
私はラザニアにするかパスタにするか迷って結局パスタにしましたが、
他の御二人はラザニア。また3人シンクロする所でした。(^^;

19時半開演。まず写真家中平穂積さんから御挨拶。
続いて伊藤八十八さんも御挨拶。そして伊藤さんが伊東さんを紹介(笑)。
さあ、メンバーの登場です。これから大人のジャズを聴かせてくれるんだわ〜と
期待していたら・・・

何をやってるんですか、このオジサン達は・・・(^^;

クリアファイルに入った譜面がメンバー毎に用意されていたのですが、
「あの曲の譜面がない!」とか「そっちに僕の譜面入ってませんか?」とか
譜面を手に押し合いへしあい大混乱の様子。のっけから面白過ぎる!
何とか収拾がついて、伊東さんの「始めま〜す」でユルくスタート。

演奏曲目はジャズスタンダードが中心でした。お恥ずかしながらジャズには
詳しくないので、聴いてすぐにタイトルが浮かぶ曲は「So What」とか
「男が女を愛する時」とか、全体の半分もありませんでした(爆)。
あと、「To You」(93年発表の伊東さんのソロアルバム『T.K.LA』より
住友紀人さん作のバラード)がここで聴けるとは思いませんでした!

ここで、出演メンバーについて一言ずつ。
伊東さんは、ここ最近はスクェア野音(フュージョン)、福岡のMUSIC CITY TENJIN
(吹奏楽部&ドナルドと共演)、そして今日(ジャズ)と、違うジャンルのライブが
続いて頭の切り替えが大変だと仰っていました。
・・・私も、電王イベントとライブが続いて気持ちの切り替えに苦労しています(爆)。
伊東さんの"ジャズ"生演奏を聴くのは今回が初めてでしたが、本当に贅沢な時間を
過ごさせてもらいました。
面白かったのが・・・伊東さん、しょっちゅう休みたがるんですよ。(^^;
和泉さんが次の曲を紹介しようとしているのに「休みます」と言ってステージから
退場しちゃうんです。そんで急遽サックスなしの曲に変更になるという・・・

マイケルさんは、ザ・スクェアの初代ドラマー。その後ソニーに就職して
プリプリやユニコーンのプロデューサーとして大活躍されました。
本業の傍らドラマーとしてライブ活動もされているのですが(安藤さんと一緒に
活動されているANDY'S、観に行ってみたいと思いつつまだ行けずじまい)、
そんなマイケルさんを和泉さんが大絶賛!良い意味で生業としていない、
アマチュアならではのノビノビとしたプレイが本当に素晴らしい!
と。
この間のスクェア30th野音そして20thと、私にとっては「10年に一度会える人」に
なりかけていましたが(笑)、こうやってすぐ、しかも間近でドラム演奏を
拝見出来て嬉しかったです!

このバンドの発起人は和泉さんなんだそうです。和泉さんがマイケルさんに
ジャズがやりたいと声をかけ、そしてマイケルさんが和泉さんに紹介した
ベーシストが重鎮、河上修さんだったのです。
ウッドベースに汗が滴り落ちる!ベース弾きながらスキャット、もう歌う歌う!
大迫力のプレイでした〜。
河上さんがベースをチューニング中に、後輩達が違うキーの音を出しまくって
意地悪する楽しい一幕も。(^^)

最後に和泉さん。
開演前にスタンウェイピアノの前に置かれた若干低めのピアノ椅子を見て、
ああ、今日は希望通りの高さの椅子を用意してもらえたんだな、とニヤリ。
(標準のピアノ椅子だと和泉さんには位置が高すぎるんだそうです)
そんな和泉さんが今回の司会を務めます。(あの場にいたお客さん全員が
MCは和泉さんだろうと思っていたに違いない)
なんと、このメンバーの中で和泉さんが最年少です!50歳で一番ペーペーとは。

今回は、和泉さんの指がもつれるんじゃないかとハラハラする事は有馬温泉
ありませんでした。やっぱりアレはピアノトリオorソロの時特有の現象と言いますか、
繊細さを要求される曲を演奏時は事故が起こりやすいようです。
今日のようなジャズやスクェアゲストの時は、ミスタッチがあったとしても
聴き手の我々は全然気付かない程度だと思います。
和泉さん、ノリノリでしたよ〜!(^^)もうしょっちゅう右足蹴り上げて激しい動きを。
この間観た野呂一生さんライブ時の扇谷ケントさんばりの蹴りっぷりでした。

このカルテット、当日の夕方集まって少し音合わせしただけで本番を
迎えたんだそうです。曲順はアバウトだし「譜面ないない!」で大騒ぎだったし。
それでも見事な演奏を聴かせて下さるのだから、やっぱり伊東さん達は凄い!と
つくづく思いました。
譜面と言えば、開演直後だけでなくその後も和泉さんの譜面(次に演奏予定の曲の)が
行方不明になり、大わらわになっていました。
そして、その騒動の中伊東さんがペンを御所望で、たまたまボールペンを
胸ポケットに挿していたOさんが伊東さんにペンを手渡してるぢゃないですか〜!
その後、伊東さんは河上さんの譜面に色々書き込んでOさんにペンを返却。
Oさんにとって普段使いのありきたりのボールペンが家宝となった瞬間でした。(^^)

あと、こんな事もありました。
グリッサンドをしまくっていた和泉さん。ライブの途中で指の皮が剥けてしまった
そうで、「バンドエイドお持ちですか?」と客席&スタッフに助けを求めます。
あぁ〜〜〜!即渡せる距離にいながら、肝心のブツを持っていなかった私。
和泉さんの指にバンドエイドを巻かせて頂ける絶好の機会を逃してしまいました〜。
次のライブからはバンドエイドを持ち歩く事にします!(爆)

第1部終了後の休憩中、Oさんから衝撃のニュースを聞かされました!
トイレに行った時に和泉さんが「スイートベイジルのスケジュールに穴が空いて、
僕が急遽来週出る事になった」と言ってマイケルさんに助っ人を頼んでいる
現場を目撃したのだそうです。えええぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!?(゚д゚)
私、10月前半はライブ4本+イベント2本行くんです。更にもう1本追加ですか・・・
そう、和泉さんファンのこの3人の頭には「ライブに行くか行かないか」という
第1段階の選択肢は存在しないのです!真っ先に出て来るのは「ライブの日に
仕事を休めるかor早く切り上げられるか」という第2段階なのです。
第2部で告知するみたいなので、休憩中はライブ何曜日だろう〜?と皆でソワソワ。

・・・16日(木)でした!よかった、行ける日だ。(^^)他の御二人も何とかなりそう、
というか何とかするとの事で、来週また3人でスイートベイジルに行って来ます。
なにぶん急な話なので告知期間があまりにも短く、お客さんの入りは寂しいものに
なると予想されます。ピアノソロライブを予定しているそうですが、もしかしたら
第2部でゲストが登場するかも!(現在必死で助っ人を探している最中だそうです)
いっその事アレキ三太夫(=御自分)をゲストに呼んでシンセ漫談をやって
頂いたらいかがですか?和泉さん!
興味のある方は是非16日、六本木へ!

アンコールの時、「チキン」をやりますと和泉さんが仰ったのに、伊東さんが
吹き始めたのは「我が心のジョージア」・・・(^^;
予定になかった曲だったのでしょうか?サビの途中で和泉さんの演奏が止まって
しまいました!じ、事故が起こってしまった〜!!
そして仕切り直しという事で、ここで見られるとは思っていなかった
テープ巻き戻し芸が和泉さんの口からピュルルルル〜と。
ジョージアの演奏が無事終わり、次は予定通りチキンを。
私にとってチキンは5月から約3ヶ月半トラウマ曲だったのですが、今はもう大丈夫!
他のお客さんと一緒に手拍子しながらノリノリで楽しみました。

終演後「和泉のCD、DVD販売してます」と宣伝する中村社長@和泉さん
マネージャーのお声が聞こえてきました。思わず噴き出しちゃったじゃないですか!
今回は販売はしないと思っていたのに。
ステージそばのテーブルに放置された伊東さん用譜面の写真撮影大会の後
店内を見渡すと・・・和泉さんは店の外でお客さんと話&サインをしていて、
伊東さんは楽屋前におられました。

この後とった行動。
1人で伊東さんに突撃。サインをもらう。→和泉さんの所に行く。他の人との話が
まだ続きそうだったので、3人で再び伊東さんの元へ。→伊東さんと写真撮影大会。
「年末公演行きます」と宣言。→和泉さんの所に。まだ他のお客さんが・・・
しばらく待って、写真撮影大会&お話。

振り返れば、6月のT-SQUARE SUPER BAND大阪公演の時、伊東さんや安藤さんとの
ツーショット写真をお友達に見せている人を目撃して「うわぁ〜いいなぁ〜」と
羨ましく思ったものです。いつかは私も!・・・という想いはあったのですが、
こんなにも早くその機会が来るとは思っていませんでした。
そんな訳で、ついに伊東さんとお話出来る時が!

何人かのお客さんとお話しているのを待って、さあいよいよ自分の番・・・と思ったら
横から雨男青木社長がヒョッコリ現れて伊東さんに業務連絡を始めたんです。
私はそんな中、持参していたとあるモノにサインをして頂いたのですが、
ソレは四隅をちゃんと引っ張って持っていないと書き難い代物で、
私と青木社長が手を添えている中、サインを書く伊東さん・・・今思い返すと
とっても奇妙な光景でした。社長、手伝って頂いてすみません。(^^;

伊東さんにはお話したい事一杯あったんです。でも緊張のあまり
「野音感動しました」と「年末行きます」の二言しか言えませんでした。
横で不敵な笑いを浮かべている青木社長にも色々と御意見をしたい所
だったのですが・・・言える訳がありません!
(経営陣に対する要望や文句が沢山あるので、事務所にメールを出したいと
思いつつ、未だにアクションを起こせないでいます)

すんごく待ちましたが、ようやく和泉さんの元へ。
今回はサインを頂かない代わり、一緒に写真を撮って頂きました。
実は、スクェアファミリーの中で和泉さんだけは何年か前に写真を撮って
頂いた事があったのですが、CD売れる機会のある時に売る!という和泉さんの
方針を見習って、撮れる機会のある時に撮る!・・・貪欲でごめんなさい。
3人で寄ってたかってツーショット写真をお願いした事もあり、それに加えて
長話をしてしまうと御迷惑だろうと思い、話は程々に。
でも「来週のスイートベイジル行きます!」と、それだけは念を押して。

あと、これだけは!という事で、12日鳥山さんのドコモコンサートにも行きますと
和泉さんに告げました。和泉さん「今度やる曲は難しいんですよ〜」と困り顔。
今年のコンサートは公開収録で、後日ラジオでオンエアされるそうです。
J-WAVEの鳥山さんの番組、毎週ラジカセと格闘しながら聴いていますが、
どんなにアンテナ伸ばしてもどの方向に向けても雑音しか入らない日が
あるんですよね・・・(泣)コンサートの放送日だけはそうならないで欲しいなぁ。
「12日の晩は別のイベントに行くので、コンサートの開始時間が押さないよう
切に願います」と言いたくて仕方ありませんでしたが、我慢しました。
そして和泉さん&鳥山さんと言えば、ピのつくバンド。
「ピラミッド、早く再始動して下さい!」これもお願いするのは我慢しました。

恵比寿でジャズを堪能し、オジサン達のテキトーぶりに爆笑し、そして
僅かな時間でしたが憧れの方達と交流出来、本当に幸せな夜でした!
Oさん、Riさん、お付き合い頂きありがとうございました。
そして、来週も(苦笑)よろしくお願い致します!


『Jazz It Up! マンガまるごとジャズ100年史』 刊行記念イベント&ライブ
 伊東たけし with Friends
 10月8日(水) 19:30〜  アートカフェ・フレンズ恵比寿
<メンバー(敬称略)>
伊東たけし(Sax)、河上修(Bass)、マイケル河合(Drum)、和泉宏隆(Piano)

画像
右は、伊東さんが使用していた譜面です。
青木社長、譜面の写真だったらUPしても大丈夫ですよね?
いや、青木さんがココを見ているはずないか。(^^;
T-SQUAREは版権がうるさそうなので、ちょっと気がかりです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
50歳で最年少 白鯨な日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる