白鯨な日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 坂東君ピアノ演奏国内初披露!

<<   作成日時 : 2008/10/07 01:58   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 6

坂東君のバースデイライブ「この面子で坂東バンド復活させたいね」という話が
出た時、次があったら絶対行く!と心に決めていました。その後すぐ雄大君のブログで
ライブの日が決まったというお知らせが出て、それからはginzのライブスケジュールを
毎日チェック。そして9月初め予約を完了しホッとした日の晩、ginzに行って
坂東君ファンの方々と再会して喜んでいるという夢を見ました。
私、心配事や楽しみな事・・・思い描いている事がすぐ夢に出るんですよ。(^^;
そして、その夢は1ヶ月後正夢になりました!

様様な想いを抱いて臨んだ坂東君BDライブは、緊張しました・・・本当に。(>_<)
あれから約1ヶ月半ぶり、2回目のginz。
前回知り合った方々が来られるはずなので(10月1〜3日の坂東君御出演ライブに
連続参加の人もいるようです!)、ライブスタート前&休憩中に一人淋しい思いを
する心配はないんですが・・・やっぱり緊張します。ドキドキします。
ライブハウスで坂東君を間近に拝見出来ると思うと。

前回は19時過ぎに到着した所、既に10人くらいのお客さんが並んでいました。
それを踏まえて今回は19:10頃に行ってみると・・・あれ?誰もいない!
しかも演奏が聴こえる。えっ?もうステージ始まってる!?
階段を駆け降りて扉を開けると、客席はガラ〜ン・・・
しまった・・・
慌てて扉を閉めて外へ。しばらくして入口に出て来られたお店の方に
「OPEN遅れてまだリハやってるので、もうしばらくお待ち下さいね」と言われました。
ちょっと恥ずかしかったです。次に行く機会があったら19:30頃到着するようにしよう。
(今回の私と全く同じ事を、初めてginzに来た時にやってしまった人が
ライブ常連さんの中に一人いた事が、その後発覚・・・^^;)

少し経ってOPEN。この時点で、客は私と男女カップル(?)の3人だけ。
バンドメンバーの方々は、前回同様レジ奥のテーブル席に座っておしゃべり
されていました。今回の私の席は、そのテーブルに背中を向けた位置だったので
(こっち側でよかった!正面向いた席だったら、ついついメンバーをチラ見して
しまいそうだから)、そのまま座って・・・意味もなく携帯をいじったり、
ブログ用にあれこれメモしたり、落ち着かない時間を過ごしました。
・・・は、早く誰か来て〜〜〜〜〜!(T_T)
20分位経って常連さんの御一人が来られました。その後続々と常連さんが到着。
先日のスクェア野音の話とか色々語りました。

ライブが始まったのは、20時を過ぎた頃。
今回演奏された曲は、坂東君BDライブの時とほぼ同じで、あと新曲とカバー曲、
そして驚きの企画が用意されていました!(その企画については後で)
坂東君のMCは・・・今回も他のメンバーに助けを求める有様で。
でも前回と違って誕生日じゃないので、心なしか他のメンバーの皆さん、
坂東君をフォローしてあげようという思いやりに欠けている・・・ように感じたのは
私だけ?(^^;

この間のスクェア30th野音の話が出ました。
みくりや裕二さん、野音でもリハの段階から緊張されていたらしいです。
相変わらず「すいません」連発だったとか(笑)。自分の演奏のテンポが
早いか遅いか、物凄く気にされていたそうです。
そう言えば、先日UPした野音のレポでみくりやさんのエピソードを書きそびれて
しまいましたが、「Knight's Song」でのギターカッティング、よかったですよ〜!
みくりやさんの横に中村さんが来られて何気に・・・W裕二。(^^)

野音公演当日の昼間・・・空模様がヤバかったのは、青木社長のせいらしいです。
スクェアのコンサートがやたらと雨に祟られるのは、雨男である社長が原因。
社長が会場に姿を現した途端、みんな空を見上げたんですって(笑)。

MCの内容は他に何があったかな・・・菰口君が話を振られて「皆さんの趣味に
興味がある」と言った所から趣味の話が展開したのですが・・・
これがまた盛り上がりに欠けまして。(^^;
ちなみに各メンバーの趣味は・・・
坂東君:カメラ(←多分ファンはみんな知ってますよ!)
晋吾さん:最近買ったipod touchをいじる事
雄大君:KIOSKで売っているドラえもんの漫画(普通の単行本でない奴)集め
米田さん:合気道
菰口君:なし(ギターひとすじ)


あと、血液型の話も盛り上がらなかったなぁ〜(笑)。
坂東君がB型、雄大君がO型、残りの3人がA型だそうです。
いやでも皆さんのMC、凄く楽しかったですよ!
グダグダだった事は否定できませんが・・・(^^;

ここで今回の目玉コーナーについての話を。
なななななななんと!坂東君がピアノ演奏を披露して下さいました〜〜〜!!
DIMENSIONと共演した韓国公演で一度だけ弾いた事があるそうですが、
日本で人前で演奏するのは初めてだそうで。
曲名は「Dawn Blue」・・・このタイトルを付けた理由を語り始める坂東君。

(゚д゚) !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

坂東君の口から○○話が飛び出しました!!
伏字で書くと凄く気になりますよね・・・でも、ごめんなさい!自主規制かけます。

美しいバラード。メロディーに心打たれて涙を流している人もいれば、
さっきの話にショックを受けて心の中で泣いている人もいたようです。
そして、私はと言えば・・・

あれは大学の軽音サークル合宿での出来事。
夜中にバンド仲間達と一緒に外に出てワイワイ騒いでいました。
何の用事だったか(トイレ?)、仲間の一人とその輪から抜ける事になって・・・
すぐ戻るはずでした。なのに「このまま・・・どこか行こうか」突然彼に言われ、
二人夜の海へ。
当時彼も私も付き合っていた人から酷い裏切りを受け、心の傷が癒えていない
状態でした。(私についてはその後水面下で更に複雑な人間関係が形成されて
いたのですが、その説明は省略)
肩を寄せ合って色々話をしました。同じ痛みを抱えた者同士・・・
同情なのか愛情なのか微妙なラインで揺れ動いていました。
気付けば夜明け。うわぁ、夜明けの空ってこんな色をしてるんだ・・・

って坂東君、何書かせてるんですかぁ〜〜〜!? ←お前が勝手に書いたんだろが
Dawn Blue・・・夜明けの青い空というキーワードによって
突然大昔の出来事を鮮明に思い出し、激しく動揺していたのでした。
その後二人がどうなったかは想像にお任せします。
そんな訳で、夜明けの空は独特の青色をしているのです。←何?この締めは

自分が前に立っていると、グランドピアノの前に座っている坂東君が
ステージ正面席のお客さんから見えなくなってしまうので、両膝をついた
無理な姿勢で演奏してくれた雄大君。私はまさに雄大君が坂東君の姿を
遮ってしまう位置に座っていたので、雄大君の気遣いが嬉しかったです。
でもね・・・雄大君の譜面台が坂東君の指を隠してたの(爆)。
ううん、そんな文句言うの贅沢ですよね。
何と言っても本邦初公開の坂東君のピアノが聴けたのですから。

遠い記憶を呼び覚ましてくれた「Dawn Blue」の切ない演奏に続いて、
坂東君が激しいピアノのバッキングを。あ、これは「Stay Cool」ですね!
ピアノ演奏を雄大君にバトンタッチしてドラムの元へトコトコ戻る坂東君。
この曲は前回聴いた時とアレンジがガラリと変わって、リズムが跳ねてて
凄く攻撃的で、鳥肌が立ちました!

ピアノとドラムの両方を見事にこなす坂東君を米田さんが
「YOSHIKIに見えたよ!」と絶賛。
そして「次の曲は『紅』」と紹介・・・違います。(^^;
結局「紅」は演奏せず(笑)、ラスト、アンコールと前回と同じ曲で締め。
演奏はバシッと決め(でも時々「うわ〜っ!」って苦笑交じりの表情になる
メンバーも)、MCはユルユルで進行。BB、最高です!

終演後、雄大君が私の座っていた席の傍でステージの写真(ブログUP用?)を
撮っていました。
思えば、このブログに雄大君の名前が初登場した時は「佐藤さん」って
書いてたんだよなぁ。なぜ途中で「君」付けに変わったのか・・・
ぶっちゃけ、年齢が離れ過ぎているのが理由です!(爆)
晋吾さんも自分より年下だけど、そんなには離れていないので「さん」付け。
このルールを適用すると米田さんも「君」付けになるのですが、
何となく呼びにくくて今に至ります。

雄大君に和泉さんのライブDVD御覧になったか尋ねた所、まだとの事。
じゃあネタバレしちゃダメかなと思いつつ、最初の方は客席付近が真っ暗で
実はリハで収録しておいた映像と差し替えてて客席には誰もいないんじゃないか
疑ったとか、ラストにはしてやられたとか、余計な話をしてしまいました。
この和泉さんライブを観に行ったOさんとRiさんと私の3人は、偶然同じ日に
DVDを観て諸事情からメールで大騒ぎしたのですが、その29日晩、夢を見たのです。
ginzで雄大君に和泉さんのDVDがいかにヤバかったかを捲し立てるように語る夢を。

前述のginzへ行って常連さんに会う夢同様、これまた正夢になりました。
実際には夢のようにマシンガントークはせず、ほどほどのテンションで
会話しましたが。
自分がどんな風に映っているか(演奏がどんなか)心配だそうですが、
いやいや素晴らしかったですよ!(^^)
今の所オファーは来ていないそうですが、今後もSTB139でのピアノトリオ
ライブの時はサポートで参加されるようなので、またあの和泉ワールドを
包み込む雄大君の素敵な演奏が聴けるのを楽しみにしています。

そして・・・控えテーブル席に御一人で座っている隙をついて坂東君に近付くと、
「あっ、どうも!」
・・・・・・・・・
もっと早く勇気を出していれば、8月よりずっと前にこの言葉を聞く事が、
この笑顔を見る事が、それこそ何度もあったかもしれないのに。
馬鹿だったよなぁ、私・・・(>_<)
逆に言えば、8月に此処ginzに来なければ、今再びこの場に立ってお話する事も
なかったはず。ほんの少しの後悔と今目の前で起こっている幸せで胸が一杯に。

「お疲れ様でした」と挨拶した後、少しだけお話しさせて頂きました。
「野音感激しました!」と当たり障りのない事をお伝えするのが精一杯でしたが。
豊雪&長谷部時代のメンバーでの演奏が本当に本当に嬉しかったとお話すると、
坂東君も同じく感動されていたとの事。
おこがましいとは思うのですが、「ハワイへ行きたい」の長谷部さんの
フィルインで「うわあぁぁ〜」となった感覚・・・
坂東君もきっと私と同じ気持ちであの一瞬を味わったはず。

あと「Mistral」を選んでくれたお礼を言おうと思っていたのに、
野音のメドレーを選曲したのは伊東さんと河野さんだった事がここで発覚。
そ、そうか・・・坂東君が選曲係だと思い込んでいたのでションボリ。
(そう言えば、最近別の筋から『Wonderful Days』ツアーのメドレー曲の
叩き台を作ったのは坂東君じゃなくて伊東さんだったという事実を知って
これまた微妙にヘコんだ)

スクェアの年末公演、神戸と東京のメンバーはどうなるのかとか、
新作レコーディングの件とか聞いてみようかなと思いましたが、もう少し待てば
オフィシャルから詳細が発表されるだろうし、あんまり長話になるのも
申し訳ないので、「いつ来れるかわからないけど、また来ます」と言って
話を締めさせて頂きました。
その後「今回は自力で坂東君に話しかけに行けましたね」と常連さんに突っ込まれ
「なんとか・・・」と苦笑。(前回は坂東君の所までお姉様に付いて行ってもらった、
というか力ずくで連れて行かれた!^^;)

トイレから出たら、丁度目の前で晋吾さんとお姉様が13日に都内で行われる
平陸君のライブの話をされていたので、「私、ライブ行きます」と話の輪に
まぜてもらいました。
「陸君可愛いですよねー」「いい子ですよー」本人がいない所で大絶賛。(^^)
そして、この時は後で大変な事になるとも知らず「あー、ちょっとだけでも
晋吾さんとお話出来てよかった!」と思っていました。

前回は終電少し前の電車に乗ったのですが(でも1つ目の乗り換え電車が
遅れたため結局終電になった)、今回はギリギリまでginzに居座りました(爆)。
前回しそびれて悔いが残った坂東君へのお別れの挨拶もちゃんとして、
常連のお姉様の一人と一緒に駅まで歩きました。
ホームに着いて、お姉様から名古屋土産の味噌キャラメルを頂戴して
モゴモゴしていると・・・

フガッ!? ←キャラメルを喉に詰まらせそうになった音

我々に少し遅れて、晋吾さんと雄大君が同じホームに現れたのです!!
味噌キャラメルを御二人に渡すお姉様。そして4人でモゴモゴ・・・
「無茶苦茶な味ではない」「塩キャラメルみたい」と口々に感想を。
あり得ない・・・こんな光景あり得ない!
顔には出さなかったけれど、一人だけ動揺していた私。

電車に揺られながら、8月に晋吾さんに聞きそびれた事を思い出しました!
早速、坂東君BDライブの日に河野さんが何をしにginzにいらしていたのかを質問。
当日河野さんは坂東君にプレゼントを持って来たのだそうです!
用事があるとの事でOPEN前にお帰りになられてしまい、ライブのゲスト出演は
実現しなかった訳ですが・・・わぁ〜、そうだったんだ!
わざわざプレゼント渡しに来て下さるなんて、愛があるなぁ〜(*^^*)

お姉様、雄大君とは途中の駅でお別れ。あ・・・
エレクトーン世界一のくせに降りる駅間違えましたよ、この人!
雄大君が降車駅を間違えかけて、ちょっと恥ずかしい思いをされておりました。
(ごめんなさい、書いちゃいました・・・^^;)

そうして晋吾さんと二人電車内に取り残され、改めて「御一緒してしまって
すみません」と謝る私。
・・・元旦に坂東君に謝った時の記憶が蘇る。あの時と同じだ。
すると「一緒なのが坂東君じゃなくてすみません」と晋吾さん。
ブルブルブルブルブル!何をおっしゃるんですか〜〜〜!!
とんでもない!私は、私は・・・
坂東君の事も大好きですが、スクェアの皆さんが、もちろん晋吾さんの事も
大好きなんです!

野音を観に行けなかった晋吾さんに「楽しかったですか?」と聞かれました。
「それはもう!」と、さっき坂東君にお話した時と同じく感動の押し付けを
してしまいました。
中村さんが来られて1〜3代目ベーシストが揃いましたねという話をしていた時、
晋吾さんが正式メンバーとして迎えられる日を、4代目ベーシストになる日を
待ち望んでいるファンが沢山いるんですよ(*^^*)
、と心の中で晋吾さんに
語りかけました。
現在サポートメンバーとしてスクェアファミリーの中では微妙な立ち位置の
晋吾さん。なかなかデリケートな問題だと思うので、この気持ちを口に出す事は
出来ませんでした。そういう訳なので、神戸&年末公演には参加されるんですか?と
いう質問も出来ず。

晋吾さんは宮城純子さんと交流があるんだそうです。
純子さんが安藤さんの事をとっても可愛い名前で呼んでいるのを聞いた時、
天下の安藤さんをそんな風に呼ぶとは・・・!と、おののいたそうで。(^^;

そうこうしているうちに1つ目の乗り換え駅に到着。
降りる駅は晋吾さんと一緒でしたが乗り換え先が違うとの事で、電車を降りたら
晋吾さんとお別れです。
時計を見るとかなりヤバイ時間になっていました!
乗り換えに間に合わないかもと晋吾さんに話すと「僕に構わず行って下さい」と。
そ、それは出来ないです!と思いつつも、階段上で小走りになる自分。
(意味違うけど、これぞ「俺にカマわず行けbyオレカマ軍団」だったなと
帰宅してから苦笑)

最後は私が改札口まで無事辿り着くのを晋吾さんに見届けて頂くような形になり、
慌ただしくお別れの挨拶。
そして・・・○○線ホームどこっ!?あ、あった!ダダダダダダダダダダダダダダ
うわ〜電車来てる!!
ギリギリセーフでした。これに乗れなかったら都内の喫茶店かどこかで
始発電車を待つ羽目になっていた事でしょう。
一人になって、すっかり呆けてしまいました。ボンヤリして2つ目の乗り換え駅を
降り損ねたらさっき走った努力が水の泡になるというのに、なんて危ない・・・
(結局無事に帰宅出来ました)

2回目のginz、坂東バンド略してBBのライブ、
ドキドキワクワクキューンジワリソワソワショボーンビックリハラハラ・・・と
心の中が大忙しでしたが、とても素敵な時間を過ごせました。
何と言っても坂東君のピアノ演奏を聴けた事に感激!
いつかスクェアのステージでも披露して欲しいです。
そう言えば、ピアノ演奏時坂東君の緊張は伝わって来たのですが、不思議と
「弾き間違えたりしないかな」と心配な気分にはさせられませんでした。
この間50歳になったばかりの某ピアニストの演奏にはハラハラさせられっぱなし
なのにね・・・(爆)


坂東バンド(BB) Live
 10月2日(木) 調布ginz
<メンバー(敬称略)> 
坂東慧(dr、p)、田中晋吾(b)、佐藤雄大(key、p)、米田裕也(sax)、菰口雄矢(g)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして。いつも楽しく拝見させていただいてます。私は吉川晃司さんのファンで二年前の武道館ライブでばんちゃん(すみません、吉川ファンの間ではこう呼ばせていただいてます)を初めて見て「若いのにすごい!」とドラムに釘付けになり、それからファンになりました。といっても吉川さんのライブで見るだけでスクエアはもちろん、ライブハウスにも行ったことがなかったのですが、7月のJCBホールに初めて行ってすごーく感動しました。吉川ライブのロックなばんちゃんしか知らなかったのでとても新鮮でした。何より楽しそうに叩いているのが印象的でした。(吉川ライブではあまり笑顔がなかったので・・・激しい曲が多いから?)本当はライブハウスにも行ってみたいのですが、なんせ二人の子持ちなもので、なかなか行けないのです・・・(泣)いつか間近でばんちゃんのドラムを体感したいです。それまではこちらのブログのライブレポで間接的に楽しもうと思っています。これからも楽しいレポ期待してますね。

ダイカナ
2008/10/08 23:36
わたしも初めましてです。坂東さんネタからたどりつきました〜。BBライブレポ、読んでいるだけでドキドキしてきますね。。。勝手に楽しませていただきました!!
坂東クンのピアノ・・・はぁ〜、羨ましいです!!BBライブ行きたい!!
もともと宮崎さんファンですが、最近の坂東熱ったらありません(笑)札幌に住みながら年明けの銀河劇場にはじまり、@JCB、@コットンクラブ、@野音とかなりムチャをしてしまい、さすがにもう・・・。と、言いつつ来月また別なイベントで飛んじゃうんですが(笑)ちょうどWally'sが!!!なのに宮崎さん参加のベリメリも横浜・・・。どちらに行くべきか悩む毎日です(笑)ベリメリは12月札幌があるのでだったら・・・武田と哲也のバンドもすっごくかっこ良かったしWally'sに挑戦!と思いきや初めての場所に一人で乗り込む勇気が足りなくて。
このレポを読んでいるとまた坂東熱が上がってしまいますね。あぁ、どうしよう・・・。
何かすみません。個人的な話で長々と・・・。
また悩んでみます(笑)
これからもドキドキのライブレポ、楽しみにしています!!
yuu
2008/10/09 01:46
ダイカナさん、はじめまして!
今回のライブレポも余計な事を沢山書いてしまったかな、
色んな方からヒンシュクを買ってるだろうなとビクビクして
いたのですが、好意的なコメントを頂きまして安堵しました。
ありがとうございます!(^^)

スクェアキッズだった坂東君は、伊東さん達と一緒に
演奏出来る事が本当に嬉しいのだと思います。
私も7月の公演では坂東君そしてメンバー皆さんの笑顔を見て
感激しておりました!
吉川さんライブでの坂東君、ネットで少しだけしか拝見した事が
ないので、どんな感じなのか非常に興味があります。

私も色々やりたい事を我慢していた時期がありましたので、
ライブに行けず辛いというお気持ちよく分かります!
次に坂東君御出演ライブに行くのは来月の予定ですが、
今月末に早まるかも。現在大いに悩み中です。
今後もレポ書き頑張りますので、宜しくお願い致します!
とくぅ〜@管理人
2008/10/09 21:41
はじめまして!
yuuさんは宮崎さんがお好きなんですね!
私は宮崎さんスクェア在籍時はライブから離れていたので、
今年スーパーバンドや伊東さんソロライブで宮崎さんの生演奏を
聴いて、改めて宮崎さんの魅力に気付きました。
そして坂東君へのハマリ具合はここで説明するまでもなく(苦笑)。
そんな訳で、宮崎&坂東コンビの「Missin' You」には
胸を打たれました!

今年は札幌から東京に来られる事が多かったんですね。
私も声優さんとのふれ合いツアーで東京から札幌へ行くという
かなり無茶な事をしました。(旅費がね・・・凄かったんですよ)
武田と哲也、観に行かれたんですか?う、羨ましいです〜。
Wally'sは確かに一人で乗り込むには勇気がいります!
(乗り込んで撃沈した経験者は語る^^;)
BBのライブは可能な限り行くつもりで、レポも書けたら
書きたいなと思っていますので、宜しくお願い致します!
とくぅ〜@管理人
2008/10/09 22:13
とくぅ〜さん、メッセージありがとうございます。
私もあの曲大好きです!札幌で聴いたMissin'〜が忘れられず急遽@JCBツアーを決行してしまいました・・・。
来月の件ですが、明日宮崎さん参加のライブが札幌であるのでおそらくその勢いで横浜に行ってしまいそうな予感です・・・。
来年こそは!BBライブデビュー計画を立てたいと思っていますので、坂東クンとお話する機会と隙?!がありましたら『安い航空券が予約できるよう早めの告知をお願いしたい・・・』そんなファンがいた、なぁんてお伝えいただけると嬉しいです(笑)
年末スクエアも行く予定なのでBBデビュー実現までの道のりはちょっと長いですが、それまでは皆さんのレポを励みに頑張って節約したいと思います。
また楽しいレポ、どうか負担にならない程度に更新して下さいね。待ってます〜!
yuu
2008/10/13 22:03
yuuさん、こんばんは!
ツアーでの宮崎さんの「Missin'〜」の演奏、本当に
素晴らしかったです!
自分を含め、いてもたってもいられず急遽予定外の公演を
観に行ったファンは、今年のツアーでは多かったようですね。

BBのライブ、10月2日の次は11月3日・・・もしかしてこれから
月1回のペースでやる事に?と想像しただけで嬉しいような
弱ったような複雑な気持ちです。

数時間前まで、河野さん&晋吾さんがメンバーとして
参加されている、平陸君のライブを観ておりました。
思いがけず晋吾さんが目の前の席に案内されてしまい、
どうしたらいいのかわからなくなりました。
電車の一件があっただけに、物凄く意識してしまって・・・
そのあたりの挙動不審っぷりは、後日UPするレポで御覧に
なれると思いますので、笑ってやって下さい。(^^;

明日行かれるのは「札幌くう」での宮崎さんライブですね?
このライブハウス、名前が自分のハンドルネームに似ているので
ちょっと気になっていました。楽しんで来て下さいね〜!
とくぅ〜@管理人
2008/10/14 00:25

コメントする help

ニックネーム
本 文
坂東君ピアノ演奏国内初披露! 白鯨な日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる