白鯨な日々

アクセスカウンタ

zoom RSS SQUAREアーカイブ 87 年5月

<<   作成日時 : 2008/09/28 22:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

今日は和泉さんの誕生日。昨日行われたスクェア野音のライブレポを
デビュー30周年記念!メンバーの誕生日にスクェアを語る企画第8弾にする事も
考えたのですが、野音レポはUPするまでに相当時間がかかりそうだし、何よりも
この企画を思いついた時に「和泉さんの回は絶対アレを書く!」と決めていたので、
事前に用意していたネタ(これまた書くのにスゴイ時間を費やした^^;)を
公開させて頂きます。
今から21年前、私が初めて和泉さんの生演奏を聴いた日の話です。

国産初の完全16ビットサンプリングシンセサイザーとして注目を浴びた
CASIO FZ-1というシンセが当時発売されました。
キーボードマガジンを購読されていた方は御覧になった事があるかもしれません、
FZ-1の広告に和泉さんがイメージキャラクター(?)として載っていたのを。
そしてCASIO FZ SPECIAL HIROTAKA IZUMI LIVE!というイベントが1987年の春に
東京と大阪で開催されました。FZ-1の単独"楽器ショウ"といった感じでしょうか。
オペレーターさんによるFZ-1の機能紹介&和泉さんのミニライブという構成でした。

当時の事は割と覚えているつもりだったので、何も見なくても色々書けると
思ったものの、折角ブログにUPするなら正確な方がいい、ライブレポを確か日記に
書いていたはず・・・と、押入れ発掘作業を始めました。
日記の在処はハッキリしていたのです。8年前実家建て替えの際に中学生〜20代半ば
まで書いていた日記をひとまとめにしてダンボールに詰めてこっちに持って来た事を
記憶していたので。ただそのダンボール、押入れの一番奥の非常に取り出しにくい
場所に保管していたんですよ・・・取り出すのが大変でした。(^^;

ライブレポ、2ページに渡って書かれていました。久しぶりに読み返して・・・
当時の自分の記憶力が今と比べて桁違いに良い事にビックリ!
和泉さんがどんなお話をされてたか、こんなに正確に書いていたなんて。
(もちろん録音なんてしていませんよ〜)
そして、何よりもこれだけの文章を一晩(多分2時間位)で書いたらしいという
事に驚愕しました!(日記に書かれた日付が当日の午後11:02)
今の私だったら、倍以上の時間がかかると思います(爆)。

それでは、21年前の記念すべき初ライブレポをお送りします。
途中、赤面モノのイタい文が出て来ますが、思い切って原文通り載せる事にします!
(和泉さんを「彼」と呼んでいる事に、今は物凄い違和感を感じる・・・^^;)
一部ひらがなで書いていた所を漢字に直していますが、それ以外は当時のままで。
そして、色々注釈orツッコミを入れてみました。

                                                  

5月10日日曜日、梅田へと向かう。センタービル(1)には既に何十人(2)かの行列。
3:40開場、席を確保!!(すごい人数だったのに座れるなんて早く来てよかった
そして4:00−そこに現れたのは・・・和泉宏隆、まさにその人であった−

しょっぱなから「昨日道頓堀で・・・」
「飲み過ぎてまだ酔いが醒めきってないんです」
「いやー伊東さんには負けますね、いつも飲み比べするんですけど」
「九州に行くと焼酎でしょ?東北へ行けば日本酒があるし・・・
ビールが水の毎日を送っています」
「ツアー中に2kg太ってしまいました(3)
・・・とまー酒に浸った生活(4)をしているそーです(汗)。

アルバム(5)については「いつもはアルバムが出る頃にはもーみんな飽きちゃってて、
発売されて家に持って帰っても絶対聴かないという・・・(汗)
それが今回のはアルバムを持って帰って『わーいできた』って喜んで聴きました。
そんな訳で、飽きが来るのが遅かったという・・・これは初めての事です。
みなさんも是非貸しレコード屋さんには行かずに、買って下さい!おすすめです」
との事です・・・

そして演奏が始まりました。ホールに響き渡るFZの音・・・今更ながら
今、目の前に本当に和泉さんがいるんだな・・・って・・・体を大きく揺らして
滑らかに指を動かして行く彼の姿はとても・・・とてもステキでした。
スクェアのキーボーディストから離れた1人のジャズピアニスト・・・
そんな彼の一面が見えました。
ウッドベース(6)とチックコリアの「スペイン」(7)という曲を演奏してくれました。
それで前半が終わり、後半でオリジナルの曲を・・・という事になりました。

「伊東さん、安藤さんという大将がそれぞれソロアルバムを出していますが、
僕もそろそろ来年頃に出そうという事になりました」
(ここで「ひょぉー」という歓声と拍手、もちろんその中に私もまじっています)
「是非とも30になる前に出したい(8)と思うので(ここで私達笑)9月21日発売と
勝手に決めているんですが・・・(笑)曲書きを始めて行かなくちゃならないんですけど
ま、スクェアでボツになった曲もたくさんありますので、ね(笑)」

待ってました!!とうとう出されるんですね、ううううれしいっっっ
「まず1曲目が『ピアセブン』という曲でこれは昨年のハワイツアーでえらく
気にいってしまったホテルの名です。この曲は絶対天気予報の音楽になると
言われてしまいました。そして次の曲は『ソウル○○○』(9)(えーん忘れてしまった)で、
3年前に則竹君がピットインで初めて演奏した時1回きりやった曲です。
これはジャズだ!!スクェアには似合わない!という事でそれから演ってません(汗)」
−という訳で、私にとって初めて聴く彼のオリジナル曲でしたが
私はもうただボーッとしていて夢か現実がわからない所をさまよっていました。
だってほんの5m先(10)に彼がいるんですよ!!信じられます!?
初めて会うという機会がコンサートでも何でもなく、こんな近くでのライヴ
だったなんて・・・いいんでしょーか?

ひたすらこの「運命の人」を見つめ続け、あっという間にライヴは
終わってしまいました。
和泉さんは、このクリスタルホール(11)がえらく気に入ったそうで
ソロのライヴも大阪では是非ここでやりたいとおっしゃっていました。
−思えば4月5日に見た夢、和泉さんが目の前でMCしてくれた夢(12)は今日の
このライヴのOMEN(13)だったのかな・・・

うそっぽいけど、これホント!彼と目が合った!!一瞬じゃない、しっかりと!!!
和泉さーん好きです(14)
母の日だったからカーネーションの花束を持ってけばよかったかな?
和泉さんってお母さんタイプ(15)なんだもん。
(伊東さんがお父さんで、安藤さんがお兄さん、則竹さんがクラスメイト(BF!?)で
須藤さんが先生!)
−本当にあなたに出会えてよかった。(16)
出来る事なら伝えたかったな、この気持ち−

さて、和泉さんのライヴの前半と後半の間に行われたCASIOのお兄ちゃんによる
FZ講座ですが、すごかった!!感心!!こんなすごい事が出来るなんて
(メガ・ミックスなんて最高!!)、音色も個々の楽器そのものの音って感じだし
(ギターの音がちゃんとギターに聴こえたのはこのFZ-1が初めて
オーケストラ、ストリングス・・・す、す、すごい!!感動!!
私の大好きな音だーっ!!!!!たちまち欲しくなってしまった
298000は安いよっ(17)、こんなすごい事が出来るのに!

<注釈orツッコミ>
(1)センタービル
大阪市北区にある梅田センタービルの事。
まさか6年後にこのビルの中で働く事になるとは思いもしませんでした!

(2)何十人かの
後に出て来る「早く来てよかった」と矛盾するので、
「十何人かの」の間違いかもしれません。

(3)太ってしまいました
太ったといっても、今と比べたら超スリムでしたよ〜!(爆)
この時の和泉さんは85→86年の減量成功からさほど月日が経っておらず、
スリムな体型を維持されていました。
減量にチャレンジした時ダイエットスーツを使用したという話を
ここで聞いた記憶があるのですが、なぜか日記には書いていませんでした。

(4)酒に浸った生活
確かこの話をしている時「かんこうへんに気を付けないと」というような事を
和泉さんが仰っていたのですが、私は「?」
そう、当時の私は肝硬変という病気を知らなかったのです。

(5)アルバム
1987年4月1日に発売されたTHE SQUAREのアルバム『TRUTH』の事。

(6)ウッドベース
ウッドベースを演奏・・・といっても本物のベースを演奏したのではなく、
FZ-1のウッドベースの音色を使ったデモ演奏をして下さったのだと思います。

(7)スペイン
当時はチック・コリアの事は知っていて、エレクトリック・バンドは
聴いていたのですが、恥ずかしながら「スペイン」はまだ知りませんでした。
この日一人で行くのが心細かったので高校の友達に付いて来てもらったのですが、
ジャズフュージョンには詳しくなくてアルフィーやTMネットワークのファンだった
彼女がイベント終了後「スペイン聴けるとは思わなかったよ」と言った事が
今振り返ってみると驚きです。
ちなみに、現在私の携帯メールの着信音はこの曲です。(^^)

(8)30になる前に出したい
結局和泉さんの1stソロアルバム『AMOSHE』は88年11月21日に発売されました。
20代のうちにリリース出来ず残念でしたね、和泉さん。

(9)『ソウル○○○』
「ソウル・トリップ」の事ですよ!もうビックリです!!
「Spain」と「Pier7」が演奏されたのは覚えていたのですが、今回日記を
読み返すまでこの曲も演奏されていた事を完全に忘れていました。不覚!
それに、スクェア加入が決まった則竹さんの初ライブ(これ、3年前じゃなくて
2年前の間違いですね)の時に演奏されていたなんて、スクェア用に書いて
ボツった曲だったなんて、記憶に残っていなかった!
20年以上前の自分に教えてもらう形になるとは。不思議な気持ちです・・・
「Pier7」「Soul Trip」は現在活動中の和泉さんピアノトリオで頻繁に
演奏されています。
しかも私が知る限り『AMOSHE』の中から他の曲が演奏された事はないのでは?
この2曲は、和泉さんにとって特別な思い入れがあるのかもしれませんね。

(10)ほんの5m先
昔の私へ・・・甘いな、将来もっと至近距離で演奏を聴く事になるよ。覚悟しなよ!

(11)クリスタルホール
センタービルの横にある多目的ホール。
私がセンタービル内で働いていた頃はライブ会場として使われる事はあまりなくて、
就職博とかのイベントがよく行われていた記憶があります。
ちなみに、センタービルの夏祭りで会社バンドの一員としてホール内で演奏した事が
ありました。和泉さんと同じステージに立てた事が嬉しくて嬉しくて。(^^)

(12)和泉さんが目の前でMCしてくれた夢
当時はスクェアのメンバーが出て来る夢を頻繁に見ていました。
4月5日はTRUTHコンサートツアーの初日だったようです。
「コンサート行ってみたいなぁ」という願いがそのまま夢に出たらしく、
夢の中で当日券を買ってコンサートを観ていました。
念願叶って現実のスクェアのコンサートに行けるのは、1年後です。

(13)OMEN
なぜここだけ英語で書く?(苦笑)日本語に訳すと「前兆、きざし」
和泉さんの名曲「Omens Of Love」に引っ掛けて書いたものと思われます。

(14)好きです
記憶力が良い事は褒めてあげたいのですが、
「うそっぽいけど〜なんだもん」のくだりはアホ丸出しで目もあてられません!
当時の私はコドモだったという事で、どうかご容赦を。(^^;

(15)お母さんタイプ
あれ?今思い返すと、当時の私にとってスクェアのメンバーは
 伊東さん:パパ
 安藤さん:憧れの人
 和泉さん:師匠
 則竹さん:萌えの対象(当時は「萌え」という言葉を知りませんでしたが)
 須藤さん:お兄ちゃん
だったように思います。微妙に違う事書いていますね。う〜む。

(16)あなたに出会えてよかった。
この日から膨大な月日が流れ、和泉さんとお話出来る機会が訪れました。
「今日あの曲が聴けて嬉しかった」とライブ後にお伝えした事はありますが、
出会えてよかったと面と向かって言うのは照れ臭くて・・・
多分今後も伝える事はないでしょう。

(17)298000は安いよっ
アホか〜!高いよっ!!(^^;
でも、FZ-1は当時ホントに話題になっていたようです。
和泉さんもコンサートで使用されていた時期がありました。
 
                                                  

膨大な量のツッコミを入れて、物凄く疲れました・・・
でもあともう少しだけ書かせて下さい。

それは21世紀に入ってからの話。
都内のCDショップのインストアイベントで、このライブの時と同じ近さで
和泉さんの生演奏を聴きました。その後にCD即売&サイン会が。
今じゃすっかり「ライブ後の恒例行事」と認識しており、回を増す毎に緊張感が
薄れて行く私ですが、初めてのサイン会の時はかなりドキドキしていました。
でも「ずっとファンでした」という事ぐらいしかお話する内容が浮かびません。
折角の機会、何とかインパクトを残したいと思った私はFZ-1イベントで貰った
テレホンカードを持参する事にしました。

私はテレカを和泉さんに見せて「コンサート以外のこういったイベントで
和泉さんを間近に拝見するのは、FZライブ以来なんです」とお話させて頂きました。
和泉さんはFZ-1イベントの事は覚えておられましたが、大阪でのライブ会場を
バナナホールと記憶違いされていました!
クリスタルホール気に入ったと仰っていたのに。(^^;

和泉さんとの初会話を果たしたこの日からライブ常連への長い道を歩き始めた私。
最近じゃライブレポで失礼な事を書きまくり、ついには御本人を前に説教まで
してしまいましたが、「あなたに出会えてよかった」という気持ちは昔から
ずっと変わりません。

 9月28日、和泉宏隆さん50歳のお誕生日おめでとうございます!

伊東さん、安藤さんに続いて大台に乗ってしまわれましたが、どうかお身体には
気を付けて。ダイエット続けて下さい!お酒と濃い食事は控えめに!!
うるさいファンだという事は自覚しておりますが、本当に心配なんです〜。(><;

画像
ここまで恥ずかしい文章を公開してしまった以上、もう何も怖くない!(^^;
21年前のライブレポの横に描かれていた和泉さんの似顔絵も
公開しちゃいます。
写真では字が薄く小さくて読めないと思いますが、
「白黒の服の上に茶色のガウンと茶色のズボン
演奏にあわせてしぶくキメてます」と書いてあります。




画像


コレ今も大事に持っている人は果たしているでしょうか・・・?
激レアアイテム!和泉さんのテレカです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
先日はお疲れ様でしたー。
和泉さんのコンサート、5mどころか1mとかありえないですよね・・・><;。
DVDはあんなことなってるし(^_^;。
でも、とくぅ〜さんのお陰で良い席をGETできたので、本当に感謝しております。
今後ともよろしくです。まずは8日ですが(^_^;ハヤ。
お魚
2008/09/30 08:42
野音ではありがとうございました!
1mの至近距離でピアノが聴けるとか、ましてや御本人と
お話出来る機会があるとか、21年前の私が知ったら
卒倒するでしょうね。(^^;
昨晩は鈴藤さんと3人メールで大騒ぎしてしまいましたが、
和泉さんのライブDVD本当にヤバイ事になってて参りましたよ〜。
でも、あの席を選んだ事は後悔していません!
ではでは、来週もよろしくお願いします!(^^)
とくぅ〜@管理人
2008/09/30 23:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
SQUAREアーカイブ 87 年5月 白鯨な日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる