白鯨な日々

アクセスカウンタ

zoom RSS マクドナルドプレミアムローストコーヒーのCM!

<<   作成日時 : 2008/02/17 01:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

マクドナルドのCM見ましたか?伊東さんと坂東君が出てますよ〜!
15日の伊東さんのライブでこのCMの事を知りました。
ライブの日にCM放送開始とはタイムリー!
伊東さん、ライブではキーを変えながら「パラッパッパッパー」を
何度も吹いて下さいました。
その都度横で「i'm lovin' it」のフレーズを続けて吹くツッコミ担当の
宮崎さんが面白かった!
CM収録時のエピソードも聞けて楽しかったです。
昨日からマクドHPでこれでもかと言うほど繰り返し見ていますが、
TVではまだCMに出会えていない私。東儀秀樹さん篇は見たんですが。
早く大きな画面で見た〜い!

そんなこんなで、伊東さんのライブに行って参りました!
東京・丸の内にあるコットンクラブ・・・以前から行ってみたかったのですが、
一人で行くにはなかなか敷居が高くて尻ごみするばかり。
昨年10月のフィリップ・セスのライブも伊東さんのゲスト出演が決まる前から
行きたいなと思っていましたが、上記の理由で諦めてしまいました。
当日のライブはかなり盛り上がったそうで、やっぱり行けばよかったと後悔。
(ちなみに坂東君はお客さんとして来ていたらしい・・・)
次に「これは!」というミュージシャンの出演が決まったら、
迷わず予約を取ろう!と決意したのでした。

そして、その日はすぐやって来ました!
伊東さんが5年ぶりのソロ・アルバム『メロウ・マッドネス』を引っ提げて
コットンクラブで一夜限りのライブを行うとの事。
昨年12月の受付開始日に速攻で電話予約。(^^)
それから2カ月・・・途中、楽しく感動的だったスクェアのカウントダウンLIVE、
そして坂東君と遭遇事件を挟み、待ちに待った2月15日がやって来ました。
何日か前にライブの夢を見てしまうくらい、本当〜に楽しみにしていたのですよ。

予約したテーブル席は先着順に選べる自由席なので早目に出かけた所、予想外に
たくさん並んでいて最前席は無理かな?と思ったのですが、大丈夫でした。
敢えて後方の席を選ぶ人が多かったようです。確かに後ろの方がステージ全体を
見渡しやすいですものね。
私が座った後も不思議と埋まって行かない最前テーブル席・・・(苦笑)
もちろん開演直前には全て埋まったようでしたが。

それにしても・・・スクェアKORGイベントの時もかなり前方の席でパニック状態
でしたが、今度は最前、しかもど真ん中です!
開演前ソワソワしながらステージを見回すと、床にセットリストの載った紙が!
危ないっ、ネタバレがこんな所に!(^^;
直視しなかったので演奏曲名は知らずに済みました。
その後、ライブ本番中に「ネタバレ見ないでよかった〜」と実感する事になります。


TAKESHI ITOH Mellow Madness Septet "Luxury & Gorgeousness"
COTTON CLUB 2月15日(金) 1stステージ 19:00〜

伊東たけし(sax)、宮崎隆睦(sax)、Luis Valle(tp)、安部潤(key)、
養父貴(g)、川崎哲平(b)、坂東慧(ds)
:以上、敬称略


今回はニューアルバムからの曲メインで、それ以外からは・・・三管編成だし
「THAT'S THE WAY」あたりで盛り上げてくれるかな?と予想していたのですが、
見事にハズれました。
1曲目が「MARBLES」でビックリ。『VISIONS』の曲が来るとは思わなかった!
3曲目で宮崎さんとルイスさんが登場し三管編成に。もうノリノリです!
「Pick Up The Pieces」なんて超ゴキゲン!!(←死語・・・^^;)

ニューアルバムからの曲が続いた後、伊東さんが次の曲を紹介。
「85年のアルバム『EL SEVEN』から」
〜〜〜〜〜!!
この言葉だけで涙が出そうになった!
私がスクェアのファンになった直後にリリースされた伊東さんのソロアルバム。
もちろんリアルタイムで聴いた、大好きな作品。
このアルバムがきっかけでフィリップ・セスのファンにもなった訳で・・・

「85年って坂東は・・・」
「2歳」
「・・・聞かなきゃよかった(苦笑)。」
という伊東さんと坂東君のやり取りを聞いて、元旦の出来事を思い出しました。
坂東君にスクェア聴き始めたのはいつからと聞かれて「85年です」と即答したっけ。
その後「坂東さんが2歳の頃ですね」と御本人に直接言ったか心の中でツッコミ
入れただけだったか、記憶があやふやなんですが・・・
出来る事ならもう一度あの時に戻りたい。坂東君ともっと色々お話したかった!
そして、懐かしい曲「OVERNIGHT」の演奏・・・ヤバイ、泣きそう。必死に我慢。

楽しい時間はあっという間に過ぎ、「最後の曲」と伊東さんが仰った時には
客席から「笑っていいとも!」のテレフォンショッキングみたいな
「え〜〜〜っ!?」という反応が。
フィリップ・セスの曲を演奏したのですが、伊東さん超お気に入りのこの曲、
他のアーティストに先を越されてしまって自分のアルバムに入れられなかった事が
凄く悔しかったんだそうで、せめてライブで・・・という事で今回披露されました。

アンコールで大好きな曲「WOLVERINE」を演奏してくれたものだから、
また涙が出そうになりました!この曲もフィリップ・セスの曲。
伊東さん、本当に彼の事が好きなんだなぁ。(^^)

演奏が終わって、メンバーがステージ前に集まって挨拶・・・と思ったら
安部さんの姿がない!
一人だけスタコラサッサと退場していた安部さん(笑)。
「あべちゃ〜ん」と伊東さんに何度も呼ばれる中、客席をかき分けながら
ステージに戻って行く安部さん。
宮崎さん、ルイスさん、川崎さん達がニコニコ顔で演奏していたのとは対照的に
演奏中ずっと無表情でニコリともせず、ちょっと恐いな(^^;という印象の
安部さんでしたが、最後の最後で笑いを取っておられました。

残念ながら私の座っている席からはギターの養父さんだけよく見えない
位置だったのですが、伊東さん、宮崎さん、坂東君は真正面。
もう「うわあぁぁぁ〜!」(←意味不明)でした。
坂東君・・・絶対私の顔を覚えていないはずだけど(あれから髪型も変わったし)、
妙に気恥ずかしくてまともに顔が見れませんでした。
そんな自分に「お前は女子中学生か!?」とツッコミを入れたくなりました・・・

21:30に始まる2ndステージも引き続き観たくて仕方なかったけれど我慢。
帰宅が物凄く遅くなってしまうので。
同様の理由で翌日のANDY'S(安藤さんのソロプロジェクト)のライブ観に行くのを
断念したんですよね。場所が横浜Hey-Joeなので。
横浜の場合、21時までに終演するライブじゃないと観に行けないのです。

ビルの外に出て丸の内の夜景が目に入った途端、大阪でバリバリ働いていた頃を
思い出して感傷モードに突入。
高層ビル、中央郵便局・・・この場所、少し大阪に似ています。
しばしの間ボンヤリしていましたが、現実に戻らねば!と東京駅に向かって
歩き始めました。そして、改札口に差し掛かった所でルーシー・ケントさん
すれ違い、「あっ、ルーシーさんだ!」とすっかり素に戻った私でした(苦笑)。
マスク着用でお顔が隠れていましたが、あの髪型、パッチリとした目は
間違いなくルーシーさんです。
CS(MUSIC AIR)の番組「ルーシーズ・ルーム」で伊東さんのライブ行くと
仰ってたっけ。今から2ndステージ観に行かれるんだな・・・(羨)
足早に去って行くルーシーさんの後ろ姿を静かに見送った後、満員電車に乗り
揉みくちゃにされて完全に現実に戻った私でした。
ライブの余韻が台無しです。トホホ・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おー伊東さんのライブ行ったんですね。
ウチも行こうかと思ったのですが、一人で行くのためらっちゃったんですよね。行けばよかった。

3/31の和泉さんのライブも曜日が月曜日なのでためらい中なんですよね><;。
お魚ちゃん
2008/02/17 20:32
お魚さん、こんばんは。
ライブ素晴らしかったですよ〜!

和泉さんのSTB139ライブ迷ってるんですね。
私は発売日に予約済みです。
と言っても、こちらもコットンクラブ同様自由席。
整理券取るために早い時間から並ばなくては・・・(^^;
とくぅ〜@管理人
2008/02/18 00:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
マクドナルドプレミアムローストコーヒーのCM! 白鯨な日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる