白鯨な日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 森の石松外伝2〜石松と土佐のよばれたれ〜 18日公演

<<   作成日時 : 2006/05/19 21:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

劇団岸野組公演、観に行ってきました!
関さん客演のお芝居は1公演だけ観劇、というマイルールに従い今回も1公演。
初日か千秋楽が良いに越した事はないのですが、出来るだけ前方の席で観たいので
いつも平日に行く事にしています。
月、火曜は「岸野組劇団員と撮影会」があるので岸野組ファンが殺到する。
水曜はノー残業デーの企業が多い。
金曜は難癖付けて早く退社する事が比較的容易な曜日。
・・・という訳で、消去法で木曜日を選びました。(^^)

それでは、感想を箇条書きしてみます。ややネタバレあり。
超ネタバレ部分は( )で伏せてあります。答えは全公演が終了した後に
書く予定。





関さん演じる若侍の正体が(1)なのは、土佐の侍という事と姉さんの名前で
確信していたが、(2)だった。髪型でモロバレ・・・
でも、(3)でなかったのが残念!

くじらさんの登場シーンは衝撃的だった。振り向いた時のあのお顔・・・

くじらさんコスプレショーに爆笑&悶絶。夢に出てきそう。

右から左、右から左・・・・・・・・・移動が大変そうだ。

関さんが舞台上で慌てふためく様は(4)先生のようで、とても可愛らしかった。

リアル(5)子さんを拝む事ができた。
ノリの良さはどちらかというと(6)子だった。

焚き火の前で石松に夢を語る(1)にグッと来た。

薬売りが登場した時「仇討」を思い出した。
そして、薬売りの正体は(7)だった。

劇中さんざん投げられた大倉さん。どうか楽日までお怪我のないように・・・

岸野さん(石松)のお馬鹿ぶりがとても良い。

渡辺さんと飯塚さんは、立ち振る舞いが凛としていて素敵だった。
お2人共小柄だなあ〜。

関さん、また(1)を演じる事が出来て喜んでいるだろうなあ〜と勝手に想像。

上役の真似っこをするシーンで関さんが私の座っている席の目の前に!
うわ〜〜〜!!雑念が押し寄せてきてお芝居に集中できなかった私。
このバカチンが!修行が足らんな・・・

パンフレットで関さんが書いていた「好きな歴史上の人物」は真田信之。
渋いセレクトだ!私も好きだ!信之(信幸)といえば、「真田太平記」ね。
NHK水曜大河ドラマで信之を演じていたのは、渡瀬恒彦さん。
今舞台上の関さんは渡瀬さんに似ていた・・・ような気がする。

今回もロビーに速水奨さんからのお花がドーンと。
速水さんってば、ホント関さんの事大好きなんだなあ・・・



感想は、ざっとこんな感じです。
「半次とお銀の悪党家業〜心ならずも人助け?〜」から2年ぶりの
岸野組公演観劇だったのですが、岸野さんを中心とした人情味溢れる
楽しいお芝居という路線は変わらず。
今までネット上で拝見した感想では「今回の方が面白かった!」という
意見が多いようですが、私は・・・同じ位かな?

役者さん達の細かい表情を見るには前方の席が良いのですが、
今回みたいな動きの激しい、皆が走り回り立ち回るシーンが多いお芝居の場合は
間近で観ていると目が回りそうになるので、後ろの席の方が楽しめたかも。
実は、ちょっと疲れました。「なんやとぉ〜!?最前列座っといてこの贅沢者が!
役者さん達の方がよっぽど疲れてるっちゅうねん!バシバシバシバシ!!」と
皆さんから引っ叩かれそうですが。(^^;

いや、もちろん楽しかったんですよ。大満足だったんですよ〜!
唯一文句があるとしたら、(7)が悪役(嫌な奴)扱いだった事でしょうか。



<追記>ネタバレ部分、公開します。

(1)坂本竜馬
(2)やっぱり竜馬
(3)土佐弁
(4)土井
(5)土井半
(6)山田伝
(7)武市半平太

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
森の石松外伝2〜石松と土佐のよばれたれ〜 18日公演 白鯨な日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる