白鯨な日々

アクセスカウンタ

zoom RSS ネオロマンス・ライヴ2005Winter 11日

<<   作成日時 : 2005/12/12 19:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

行って来ました、「ネオロマンス・ライヴ2005Winter」11日昼夜公演!
生バンド演奏のネオロマライヴには初参加。過去のDVD、CDも持っていないので
当日までこんなに歌メインのイベントだとは知りませんでした。
全然期待せず、すんごくローテンションで横浜に向かったのですが・・・
行ってよかった!こんなに楽しいとは思わなかったぁ〜〜〜!!

ライヴ以外にミニドラマ、愛のメッセージコーナー、アンジェ&遥かのニュース、
「遥か」台湾ゲスト紹介コーナーがありましたが、「フェスタ」と比べると
それらに割り当てられた時間は短く、ライヴ中心のステージでした。
お目当ての声優さんが少なくて、大音響が苦手な人にはちょっと辛いイベント
だったかもしれませんね。
私は途中頭が痛くなったものの、予想に反して大いに楽しめました。
「遥か」「コルダ」の曲はほとんどが初聴きでしたが、
さも曲を知っているかのようにペンライト振りまくってました。(^^)



<関俊彦さんについて:歌>

関俊彦さんが歌われたのは、最も原曲に近いイメージでバンド演奏が
できそうだなと思っていた「Flower Shower〜さよならの花〜」でした。
この曲を生で聴くのはアンジェ10thに続いて2回目。その時はボロボロボロボロ
涙が止まらないほど感動したのですが、今回昼の部では泣かずに済みました。
(って言うのも変ですが^^;)
でも、生バンド演奏で関さんの歌を聴くのは初めてだったので、ジンワリと感動。
昼の部、関さんにしては調子悪い?と思いましたが、そんな発言は贅沢ですね。
すみません・・・

夜の部では、関さんの歌の順番がなかなか回って来ない〜。
歌と歌の間で、先に歌った声優さんと次に歌う声優さんがトークをするという
場面が何度かあったのですが、残りあと3人になった時「関さんはホッシーの
後かな?」とちょっと期待しました。(関さんの保志さんイジメトークが
聞ける事を^^;)しかし、保志さんが呼んだのは谷山さんでした。
この時点で関さんのトリが確定。しかも大トリ!!
という事は、関さんは谷山さんとトークするのか・・・関さんって谷山さんと
お仕事の接点がほとんど無いのでは?そんなお2人がどんなトークをされるのか
ドキドキしていましたが・・・
「僕も谷山君の事、紀章って呼んでいい?」
「僕の事をとしさんと呼んで(はあと)
としさ〜ん!(^^) 本当、楽しいトークでした。
昼に続いて「Flower Shower〜」を歌われた関さん。今度は涙が出ました。
(結局いつも泣いてるなあ、私。)

ラストにみんなで歌う「僕たちのAnniversary」はWinterバージョン。
イントロで鈴が鳴って、クリスマス仕様って感じ。
わ〜い!今回は関さんのソロパートがあったよ〜!

もし関さんが次のネオロマライヴに出演されるとしたら、アコギ一本の演奏を
バックにして「ジャスミンの丘」を歌って欲しいなあ〜。

<関俊彦さんについて:その他>

「遥か」のミニドラマは、笛の音にまつわるお話。
バンドのキーボーディストがその場で笛の音色を出して演出のお手伝いをしていました。
この時、関俊彦さんファンの100%が「関さんが生でタテ笛を演奏したらいいのに」
と思ったに違いない!

「愛のメッセージコーナー」のルヴァ様の可愛さに悶絶。

オープニングとエンディングでは成田さんと石川さんの間に立っていた関さん。
背の高いお2人の間に挟まれると、とても小さくて可愛い!
(ゴメンナサイ〜〜〜!失礼ですよね、本当に。でも可愛かったんです〜。

保志さんに向かって誰かから何かしらツッコミが入ると、相変わらず体を
大きく曲げて笑いまくる関さん。私、保志さんの言動に過剰反応している関さんを
見るのがものすごく好きです!

夜の部で歌う前にバンドメンバー達に「こんな私のために演奏してくださるなんて
本当にすみません〜」とペコペコ頭を下げて回る関さん。いやいや、とんでもない!
私だったら関さんのためなら喜んで弾きますよ〜!

アンコールメドレー(?)で歌い終わった後に関さんの口から出た
「エブリバディー セァンキュー!」にはちょっとビックリ。ルヴァ様だったら
絶対に言いそうにないセリフだ・・・

昼の部の最後の挨拶で、順番を待っている間、関さんが何度か眼鏡を外して
顔をぬぐっていました。ひょっとして関さん泣いてる!?
関さんの挨拶の番が来た時は「休みが取れたら行き先は台湾にしようと思います!」
と普通(?)のコメント。声色も落ち着いていて特に感極まった感じでは
なかったので、汗が眼鏡に入ったとか、目が痒かっただけだったのかも。
う〜、気になる。

<アンジェリーク ビッグニュース発表!>

「今度の最遊記アンジェリークではありえない事が起きる(by三蔵)」
上は、このニュースを聞いた時の私の反応です(笑)。

1) 新作ゲーム「ネオアンジェリーク」発売決定
2) 「アンジェリーク」TVアニメ化決定

1)は予想通りのニュース。
シミュレーションでなく、アドベンチャーゲームなのが嬉しい!
恋愛対象キャラ一新ですか〜!今の所4人発表されていますが、もう少し
キャラが増えるのかな?
新作ゲームが出るとしたら、キャラクターが一新されて、ゲーム中の恋愛対象は
10人前後で、CVは今までのアンジェ声優さんの半分が担当すると
予想していたのですが、半分当たって半分外れましたね。
声優さんが増えた・・・嬉しいような悲しいような複雑な気分。
小野坂さん?小野坂さんが!?えええ〜〜〜小野坂さん??
フハハハハハ・・・(なぜ笑う?)
小野坂さんがアンジェファミリーの仲間入りするなんて考えもしなかったよ。

2)を聞いた時は、上の三蔵さんのセリフじゃないけど「ありえない事が起きたな」
と思いました。ええ、本当に。
作画への不安とか、エンジュが出るとしたら変な声優にはあてて欲しくないとか
諸々の文句はアニメが始まった時にブツクサ言うとして、今はこのニュースを
素直に嬉しく受け止めています。
それにしても、関俊彦さんがTVアニメ化を知ったのが今公演のリハーサルの時
だったとは!

<生バンド演奏>

う〜っ!いいなあ。私もあのステージに立ちたいよう!元バンド娘はウズウズしました。
キーボーディストは2人いました。ピアノパートとその他(白玉&オカズ装飾系音色)
パート。キーボードが1人だけだと両手じゃ弾ききれない場合が多くて、フレーズを
減らしたり苦労が多いのですが、2人がパートを分け合って弾くと断然楽になります。
今回演奏した曲、キーボードパートは難易度低くて私でも全曲完コピできそうでした。
飯塚さ〜ん、私を雇ってください!オカズパートの方で。・・・冗談です。ごめんなさい。

長年バンド活動をしていて大音量にさらされる事には慣れていたはずの私ですが、
今回は音圧に負けた・・・会場の空気がモワッと生暖かくて具合悪くなりやすい
環境だった事もプラスして、夜の部の中盤あたりから頭が痛くなってきました。
足下がふらつく。まずいなあ、吐きそうだ。そんな状況下にも関わらずペンライトを
振りながら「○○さん、ステキだ〜」とみなさんの歌に聞き惚れている自分が
奇妙でした。
不思議な事に、谷山さんが次に歌われる関俊彦さんを呼んだ時、痛みがスッと
おさまりました。関さんが歌われている間、心だけでなく頭の痛みも癒されて
とても心地よかったです。

<座席>

昼の部は、優先販売の第1希望で取ったS席。
A(1階前方)ブロックを期待していたのですが、B(1階後方)ブロックの
真ん中辺りから舞台に向かってやや左側(下手側)の席でした。
ちなみにアンジェ10thの時は、昼夜とも第1希望のSS席は外れて第2希望のS席に
なったのですが、この時の方が今回より前の席でした。
今回は、席種に関わらず第1希望の抽選に外れた時点で第2、第3希望は残席なし
という過酷な状況だったのかなあ?

夜の部は、優先販売でSS席を希望したら抽選で外れ、ぴあでA席のチケットを購入。
1列 1番
・・・席番号を見てひっくり返りそうになりました。
座席表を確認せずとも場所がわかってしまうという(汗)。
3階席のい〜っちゃん左です!最前列とはいえこんなに端っこではステージが
見えにくいに違いないと落胆していたのですが、いざ席に座ってみると、
なんて見晴らしがいい事でしょう!
上から見下ろす形でステージ全体がよく見える3階前方席の方が、
1階Bブロックよりも断然いいや!人物の豆粒加減もたいして変わらないし。
(決してチケットを取れなかった負け惜しみではありません)
もうひとつ、3階席にいて嬉しかった事は・・・
1階席のみなさんが振るペンライトの光が波となって渦となってステージへ向かって
押し寄せるのを見れた事。感動しました!キレイだったなあ・・・

<その他、嬉しかった&楽しかった&驚いた事>

神奈さん&岩田さんの「I don't know how〜世界で一番大切な君に〜」が聴けた事。

昼の部のラスト。締めの挨拶担当の智一さんによる出演者挨拶総パクリ。

夜の部のラストの挨拶。保志さんの挨拶が全然まとまらなくて、客席のみんなが
ペンライト回して「巻き」に入った場面。

宮田さん人気の凄さ。「遥か3」の曲での黄色い声援はタダ事ではなかった!

男性コスプレイヤーのルヴァ様がいた!


他にも色々ありましたが、この辺で。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ネオロマンス・ライヴ2005Winter 11日 白鯨な日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる