白鯨な日々

アクセスカウンタ

zoom RSS カリフォルニア・ドリーミン

<<   作成日時 : 2005/07/01 18:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今週は月曜から3日連続で頭痛。風邪の前触れとかではなく、きっと気圧の変化が原因。
頭痛持ちの人ならわかってくれますよね!天気のせいで頭が痛くなる事ありますよね?
そんなこんなで体調不良。そしていよいよ昨日「カリフォルニア・ドリーミン」の観劇日を
迎えたのですが、頭はスッキリしていました。これなら大丈夫かも!と機嫌良く出かけたら・・・
事もあろうに電車に酔いました。子供じゃないんだから(--;しっかりせえよ、自分・・・
赤坂に着いたら軽く食べようと思っていたのですが、気持ちが悪いので何も食べずに劇場へ。
何とか開演時間までにしんどいのは治まりました。

さて、いよいよ開演です。
舞台の中心にはバスに見立てたセットが。そこに乗っているのは喪服姿の中年男女。
関さんは・・・いた!白髪まじりだ〜!登場人物は55歳という設定。
若い役者さんは老けメイクで、年齢通りの役者さんはそのまま・・・という感じ。
中学時代の英語教師「たぬき」の死によって久しぶりに集まった同級生達。
たぬきの骨壷を持ってバスは走ります。
バスの舞台装置が左右に動くのを目で追っていると・・・やばい!また酔ってしまいそうだ。
空腹なのも影響しているのかな。

バスの前に椅子が並ぶと、あっという間に中学時代の教室に早変わりします。バスの座席も
教室に溶け込んで。そんな感じでバスの中での会話(現在)と中学時代の思い出話(過去)が
クロスしながら歌と踊りのテンコ盛り!
今回聴いたアメリカンポップスの曲は、ほとんど知ってはいるものの、思い入れは無いです。
でも団塊の世代の人にとっては、懐かしくて熱い想いがこみあげるんだろうなあ。
前に勤めていた会社の上司が、こういう音楽が大好きだった事を思い出しました。
真夜中まで飲みに付き合わされ、カラオケでポップスメドレーを聴かされたものです。
別の上司には、メキシコ料理店によく連れて行ってもらったっけ。
そこでギターと歌の生演奏を聴きました。「ベサメ・ムーチョ」とか。
河野さんの「キサス、キサス、キサス」を聴いてうわ〜、懐かしい!と感動しました。

前半はコメディ調。ダジャレも飛び出します。隣や後ろの方では大受けしてたけど、
私はあまり笑えなかった・・・
後半は登場人物それぞれが抱えている問題が浮き彫りになったりして、
しみじみとさせられました。
海でたぬきの遺灰をみんなで撒いて、たぬきに語りかけるシーンにはホロリ。

ここで、関さんに注目して印象に残ったシーンを挙げてみますと・・・

運転中(最初運転手は坂口さんですが、途中から関さんが運転します)に
動揺する話題が出て何度もブレーキを踏むシーン

番長を張り倒してしまった後の怯えた姿(「んんんん〜!」という感じで
踏ん張っている小さな子供みたいな表情が、失礼だけどとっても可愛かったです!)

川島さんに心情を告白するシーン(ここでの関さんは、役者という概念を超えていました。
うまく表現できなくてもどかしいですが、本当に関さんってすごい!心に響くシーンでした。)

ソロ「Mr.lonely」(じっくり聴かせてもらいました。)

あと、関さんがタバコを吸ったシーンについて。私は大の嫌煙家でして、
(健康に良くないからというのは勿論、あの煙の臭いがとても苦手なのです。)
以前関さんが禁煙した事を知って心から喜んだのですが、こんな形で関さんの喫煙を
見てしまうとは。タバコを吸う姿は確かに素敵だったのですが、演出上必要なシーン
なのかもしれませんが、やっぱりショック。「吸っちゃダメ〜!」と心の中で叫んでみたり。
本物のタバコじゃなくシガレットチョコを使う・・・っていうのは無理ですか?^^;

「仇討」「ラブラブバディボーイ」の時みたいに号泣こそしませんでしたが、
人生色々あるけど前向きに生きて行こう!と思わせる良いお芝居(ミュージカル)でした。
歌いながら踊るという事、すごく大変な事を出演者の皆さんはバシッとキメられていて、
本当にすごいなと思いました。土曜日曜は昼夜2回公演で大変そうですが、
体調を崩される事なく無事に楽日を迎えて欲しいと思います。
え?「電車に酔うような奴がそんな偉そうな事言うな」って?

ここからは余談。
序盤のドタバタなシーンの時、いきなり客席に物が降ってきました!
目の前に何かポコポコ飛んできて、「痛くないけど硬い!何これ?」と
下を見たら作り物のナスでした。終演後確認したらナスの他にキュウリ、ピーマン、
オレンジなどが足下に落ちていました。拾っておいた方がいいかなあと思い、
舞台の上に置いて行きましたが、もしこれが関さんが手で投げてくれた物だったら
持って帰ってしまったかも(爆)。

終演後アンケートを書いて劇場の外に出ると、人だかりが。
ひょっとして・・・「出待ち」!?
行ってみると、弘中さんや伝坂さん、DC若手の皆さんの姿が!
スタッフらしき人が「お話は関係者の方のみとさせていただいております」
「ここは公道ですので通行の邪魔にならないように」とかお客さんに注意している。
今ひとつ状況をのみ込めずにボンヤリしてると、関さんと中尾さんが登場!
白髪メイクのままだけど服装はラフなTシャツ姿になっていた関さん。
頭が真っ白になりかけたその時、誰かが関さんに声を掛けて私の右横を通り過ぎました。

・・・・・・

し、し、し、しょ、しょ・・・・・・

祥ちゃん!?

多分森久保祥太郎氏です。完全にパニックです、私。
今までお芝居を観に行って、お客として来られている声優さんの姿を目撃する事は
結構あったし、祥ちゃんも何度か見かけた事があったのですが、さすがに間近を横切られると
心臓バクバクものです。
関さんや中尾さんが関係者とお話している姿をずっと見ていたかったのですが、
スタッフの方の言う通り車の通行の邪魔になるし、これ以上何かが起こると
心臓が爆発しそうだったので早々にその場を離れる事にしました。

自分のブログとはいえ、えらい長文になってしまいましたね(汗)。
ここまで読んで下さった方、ありがとうございます!(^^)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
カリフォルニア・ドリーミン 白鯨な日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる